post image

自利利他の行

利他-他者に与えるコロナウイルス感染防止は、先ず自分を守る結果としてこの活動は、人のため(利他)と成る!仏教には、人に対し、行動(活動)行為をしたり、物を与えたりする時は、自分に今出来る、最高な心と最大のものを与えることが大切だと教えがあります。その様な時には、利己を意識せず、出し惜しみや物惜しみをしてはいけないともあります。例えば、人に何か仕事や個人的なことを頼まれた時に、他人に頼まれるということは...

post image

五常の徳-「仁」「義」「礼」「智」「信」

※以下学びのメモより転載五常の徳-『仁』『仁』人を思いやることに、素直にあれ 儒教では、仁、義、礼、智、信の徳(=五徳)を拡充することで、父子、君臣、夫婦、長幼、朋友の五倫の道を全うすることを説いています。その孔子の教えは、利他主義であると解します。また、あくまで私見ですが、現在の日本人は行き過ぎた利己主義(egoism)、自己顕示を見直すべきではないかと考えます。そして、戦前の人々が確固として心に持って...

post image

自我・自欲との戦う

挑戦【=人・事象・目的】・戦い【=感情・欲・期待心】最近,少しずつ他人と触れ合う機会が増えました。実際、ある著名な会社との依頼事項のやり取りの中で依頼事項についてクライアントに対する敬意や気遣いが感じられるメールを数回に渡り頂戴出来ました。社会から信頼される会社には心ある人が居ます。一方、この事例と逆に次世代を担う方の中には「人の心の温もり」を感じられない若手の方にも出会いました。例えば、実際に会話し...

post image

当たり前の「判断・決断基準」を見直す!

自分の「心の基準」を見直す!ビジネスでも日々生きる上でも、瞬時に出会った人物を見極め、思考、行動しなくてはならない場合に度々遭遇します。また、仲間同士や恋愛などのように長い時間をかけて人を見極め、この人と付き合っても良いか、否かを判断し、活動することもあります。最近では、心理学や人間学の様々な本やセミナーが注目を浴びています。人の心に目を向けることはとても素晴らしいことです。しかし、そう言ったもの...

post image

「思いやりの三要素」と「心遣い・気遣い」

「心遣い」と「気遣い」の心目配り、気配り、心配り、手配り、身配りの五配りと気遣い、心遣い、気働きは、日常の人との触合いを始め、おもてなしや接客・接遇に欠かすことの出来ない心身の活動です。或る時に、日本料理店で、もてなしの接客の仕事をしている方から、『心遣いと気遣いの違いは何ですか?』と、質問されました。わたしは、自分の考え方として「それは<心>と≪気≫の持つ意味を知ることです。<心>は、言うまでもな...

post image

日本人らしさを認識しよう

何故必要なの?「思いやり」の拡散!今私たちの住む日本は、毎年のように地球温暖化により度重なる自然の様々な脅威に見舞われています。生社会活では少子高齢化社会となり、様々な格差が広まっています。そして、今、新型コロナウイルスの脅威に晒されらされています。周りの人と個々人を守るための活動(モラル・自粛)をしています。日本は、憲法により外出や活動禁止がされず人間性(人としての尊厳)を重んじ個々の判断に委ねられ...

post image

大切な人へ「言葉遣い」

覚えておこう-大切な方への言葉遣い(サンプル)〇一般用語と敬語これだけは知って置きたい「言葉遣いと敬語」■会話時のチェックポイント1.声量(声の大小)は相手に伝わる程度ですか?-----------------はい・いいえ2.語彙(言葉の意味)を理解して話していますか?---------------- はい・いいえ3.適切なイントネーションで話していますか?--------------------はい・いいえ4.判り易いスピードで話していますか?-------------------...

post image

【外面と内面】素の姿に勝る物なし!

人は見かけに依らぬもの-【表裏一体】人間の持つ、外への自分=外面と中の自分=内面の統一、即ち「表」と「裏」の顔について考えてみます。人には個性があり、その性格や能力は、外見だけでは判りません。人は、多少なり外面と内面が違うのは仕方ありません。人との触合いやお付き合いも実際に月日をかけて触合い、リアルにその人の心と向き合う体験を重ねてみなくてはその人の本当の姿は解らないのだと体験からも思います。です...

post image

.筋を通す!

感情に左右されず【筋を通す】心ある人として「筋を通す」人には、色々な感情あり、その場その時の状況によって変化します。公私共に対人関係でポジティブな感情が生まれる例としては、自分の話したことで嬉しそうな笑顔を見せた時、感謝の言葉やその気持ちをもので頂いた時、自分の活動の成果や実績を周りの皆が認め、褒めて貰った時など、ネガティブな感情が生まれてしまうことでは、後で連絡すると言われて待っていても何の音沙...