post image

謙遜とは?

心の活動「謙遜」を知る謙遜は、目上の人、同輩に対して必要なばかりではなく、むしろそれら以上に、年長者や目下の人に対する場合に必要なことだと思います。目上の人に対して下心があり、卑屈な人間は、目下に対して多くは傲慢に成り易いと思います。「謙遜」とは、単に遜るということばかりではなく、相手との関係に於いて、どのような相手に対しても常に己の心を失わないことであると考えます。謙遜は、勢いが盛んな者であって...

post image

偽りの謙遜をする人は

偽りの謙遜偽った謙遜は、【謙遜=遜ること。控え目な態度をとること。また、その様。】を無理に作ること。偽った謙遜をする人は、心のコップの中にある程度の何かしらの水が入っている状態なのに空だと偽り、自分に都合の良い或はオイシイ水を注いで貰うこと。傲慢で自分中心(利己的)な意識を言う。【偽りの謙遜をする人はこんな人】1. 愛他意識の乏しい人 2. 心の貧しい人3. 下心がある人     4. 素直になれない人5. 嘘の...

post image

謙虚さの診断(2)

謙虚さ診断リスト-2.採点)有=2.?=1.無=0.51.[ ]触合う相手に遜り、温かな優しい眼差しで接しられますか?52.[ ]見返りを望まず、求めずに情けの施しが出来ますか?53.[ ]自分の精神状態の良し悪しに関わらず、思い遣りの篭った温かな言葉をかけられますか?54.[ ]自らを犠牲にし、人の為、社会の為に懸命に働けますか?55.[ ]利他の意識で発言、行動出来ますか?56.[ ]他者に明るい笑顔、柔和で優しい微笑をたたえた笑...

post image

謙虚さの診断(1)

謙虚さ診断リスト-1.採点)有=2.?=1.無=0.1.[ ] 己の真の心身の姿を知っていますか?2.[ ] 素直に自分の総てを認められますか?3.[ ] 謙虚の語彙「謙は下へ下へと遜る、虚は一番下から総てをプラスに受入れる」を弁えて行動出来ますか?4.[ ] 謙虚さとは、心の器が空っぽのことを言うと理解していますか?5.[ ] 総べてを受け入れられる寛容な心が持てますか?(平等・寛容の精神で人と接しられる)6.[ ] 自分は人に支えられ...

post image

「謙虚な心」って?

謙虚な心とは『謙虚』※謙虚の辞書検索 控え目で、慎ましいこと。遜って、素直に相手の意見などを受け入れること。また、その様。※謙虚の類語 謙譲(の美徳)・控えめ・誠実・虚心に・素直に・謙遜する・(自らを)抑える・目線を低くして慎ましい気持ちで・ 肩肘張らない・偉ぶらない・寛容な・開かれた(感覚)〇諺では、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」「能あるタカはツメを隠す」〇私見としては、「思いやり・愛」と「敬意」、...

post image

「日々精進」継続!

自らの役割を知り精進するための【三ステップ】心に響き余韻の残る「おもてなし」や質の良い「仕事」は、<させる・やらせる>のではなく自ら進んで積極的(自主的・自発的)にすること、前向きに日々精進し取組むことが何よりも大切です。◇第一のステップ「誰のためにするのか?」 必ず誰かのためになると信念を持ち、同時に「利他の心」を自覚し、認識すること。A) 大切な人のためB) 仲間のためC) 知人や友人のためD) 恋人のためE...

post image

心を動かす-自立心(自主性)

自立心を築こう!自立心は、自分自身の心を磨き、築くためばかりか、仕事を成功させるための「礎」にもなります。また自立心は、対人関係の対立や仕事上の競争、様々な不遇に耐え抜く「心の体力」とも言われ、様々な障害から心を守り、心を支えるバックボーンを指しています。と同時に、重大な義務と責任を果たすための様々な能力を授けてくれます。自立心を持つ為に先ず、「〇〇をする時間が足りなくて困る」と決して言わないこと...

post image

心の活動-ポジティブ(プラス)思考

>ポジティブ(=プラス)思考-明元素プラス思考は、自分や自分の周りに起こる出来事を常に前向きに捉える心の活動を言います。それは心に余裕が生まれ、様々な事にスムーズに対応出来る思考です。勿論、プラス思考はストレスも溜まり難いのでメンタルヘルスも良好な状態になります。今、心の病気で悩んでいる人達は増え続けています。仕事の悩み、人間関係、育児、心にストレスを溜めてしまう人はとても辛く苦しい気持ちになりがち...

post image

お客様ファーストの実践-診断

顧客ファーストの実践診断お客様には、顔と同様夫々異なった『心』(≒個性的な感性)とその時の「感情」があります。その心の通い合いと感情察知は、おもてなし・接客の「礎」です。お客様ファースト意識の実践は、認める、立場転換、覚える、変化を読む、礼節を弁える、洞察力、といった意識を常に磨きながら、おもてなしや接客をすることです。------------------------------------------------------------------------【分類】...

post image

出会いは御縁「会縁期縁」

“御縁”に大切な感謝と礼●合縁奇縁・愛縁機縁 ※読みは共に(あいえんきえん) 【会縁期縁】合縁奇縁(愛縁機縁)の持つ意を一期一会と合体させ、『会縁期縁』としました。★「会縁期縁」の解説 古より、日本に伝わる「一期一会」の持つ心、 「こうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ない一度きり、だから、 この一瞬を大切に思い、今出来る最高のもてなしをする。」 と言うことを御縁に置き換え頂いた御縁は、 生涯自分を...