post image

日本の「和」を見直そう!

「和を以て貴しとなす」何処に行ったの?日本人らしさ「和」「礼」「義」一部の国政を司る方達の保身や原点を忘れた言行をはじめ、国技の一つである相撲界や様々なスポーツの監督・責任者のプロアマ問わず人としてあるまじき言行や取り組み姿勢の乱れ、一方では、大げさなパフォーマンスや過大な個人主張・保身、セクハラ・パワハラ・モラハラなどの拡大と被害者の保護不足、こういった一連の事例の根幹にある起因・要因・原因は、...

post image

言葉は言霊微!

「言霊」=言葉に魂が宿る会話には、言葉だけでなく、相手を思いやる姿勢、態度、心遣い、気遣いが必要です。 聞き方・話し方の良し悪しが、日常生活、仕事の上でも貴方の信用や信頼に繋;がり、 意識しないでも何となくその人の人格が表れて易いものです。 正しい言葉遣いでの感じの良い話し方は、好ましい態度と共に行われてこそ活かされるのです。相手を「思い遣る心」を表わす表情、姿勢、動作が伴ってこそ、言葉は生かされ、伝わ...

post image

「恩」の認識!

受けた恩は心に刻み、かけた情けは水に流す古より、日本人は受けた恩や情けについて意識が高い国と言われています。そこで、「恩」について記してみることにします。※「恩」とは、めぐみ、いつくしみのこと。自分が恵みを受けていることを自覚することを「知恩」と言い、また、恵みに報いることを「報恩」誰かから受けた恩を、自分は別の人に送ることを「恩送り」と言います。そしてその送られた人が更に別の人に渡す。そうして「...

post image

「人」と向き合う

本気で「人」と向き合う※今回の岩手であった事件や少し前にあった「いじめ」について、私見で書きます。自ら積極的に【いじめ】のSOSや様々なハラスメントに遭っていることを上手く発信できない人が被害者には多いようです。全て方とは言いかねますが、ネットなどで見る限り、マナーを教えている、子供を持つ親である先生方は今回の事件のようなことがあってはならないと仲間や境遇同じ人と話題にしますが自分達に出来る、真摯に「...

post image

安心感と安信感

自他と「向き合う」⇔安心感と安信感※安信感は、安心と信用・信頼を自ら発信すること言い表す自作の熟語です。 この安信感も、人生の後半になってからその重みと大切さを感じた言葉です。安心感は、優しさと同様に与えられた人の心の中にいろいろ形で芽生えます。そしてその人への※安信感(≒安心の発信、信頼、信用)は、思い遣りと同様に、相手に自らの思いを相手に伝え届けることであり、様々な思いを発信することを表わした言葉で...

post image

自分の「役割」ってなんだろう?

自分の役割を知り、認識する 心に響きいつまでも心に残る感動や余韻の「おもてなし」や質の良い「仕事」は、 <させる・やらせる・やらせられる>のではなく、 自然体で積極的(自主的・自発的)にすること、 前向きに取組むことが何よりも大切です。 その為に自らの果たすべき役割を認識しなければなりません。 ⦿夫々の役割を明確に知る《三つのステップ》 ◇第一のステップ 「誰のためにするのか?」 必ず誰かのためになる、との強...

post image

一人の人として「筋を通す」

「筋を通す」ことは当たり前?社会や一般生活上、対人関係に於いて、自分の話に人としての“筋”がなければ、その場その時の気分(感情)や成り行きで話をしているように相手に聞こえてしまい、信用性や説得力に欠け、相手に不快な思いや費やした時間を無駄にさせてしまいます。この“筋”がどんなことかを知り、それ備えて活動しない人は、人としても信頼されません。それは、自分の基準【心の軸】をどこに置くか、自分自身が解らないか...

post image

#思いやり【#仁の心】を知ろう!

#思いやり、慈しむ心【#仁】「仁」について孟子は、「仁は人の心であり、義は人の道である。その人の道を捨てて顧みず、その心を見失って、探そうとしないのはなんとも悲しむべきことか。人は鶏や犬を見失っても探し出す方法を知っている。しかし、心を失えばその探し方が判らないのだ。」と述べています。それは、主に他者を思い遣る心、即ち「他人に対する親愛の情、優しさ」を意味しており、儒教における最重要な「五常(仁・義...

post image

「覚える」活動!

アンテナを張り巡らし、#覚える人付き合いの上手な人、おもてなし、接客や接遇のプロは、相手やお客様様々な情報を覚え、細かな記禄として持っています。【覚える活動項目】  【採点例】有=〇/ 無=×/ どちらとも言えない・解らない=?  ※お客様を、触合う人、クライアント、患者さんなどと置き換えられます。1. お客様の来店目的をいち早く知ろうとするアンテナを備えて行動する2. お客様独自のアブローチ法を覚える3. ...

post image

心の「ものさし」 ➡時間

「時間」にあなたの思いやる気持ちが現れる人の心の中にある思い遣る心を計ることなど、到底正確に計ることなど出来ませんが、敢えて、この思い遣る心を計るとすれば、それは、【時間】であると思います。また、このものさしの目盛には、五常の義、信認度、感謝、尊敬、真摯さ、誠実さなどと言った心も表します。※解説・・・五常の義『大切な人』や『お客様』、『クライアント』を思う(想い)時間、その人と関わり合う時間、+++お互...