post image

どうすれば相手を立てられるの?

対応 or 応対 相手を立てるのはどちら? 【相手を立てる心の活動】そのキーワードは#承認 #応対 #明元素 #応対 #感謝 #受容 #利他心 #向合う #自制心📚古の名言から学ぶ◎相手を立てる意識&活動あなたは、触れ合いやコミュニケーション時問-1.他人称You・Your・You、一人称I・My・Me    どちらで捉え思考・言行していますか?問-2.他人称の#応対、一人称の#対応    どちらで捉え思考・言行していますか?問-3....

post image

心の通い合う【相談力】は!

公私に生かす【相談力】 💕思いやる心💕を大切に!⦿組織内での相談⦿私生活でも職場でも円滑なコミュニケーションには相談力が必要です。相談にお互いの人間力が表れることを確りと自覚認識しておきましょう。この相談力は対人関係に於いて、時により大切な意思伝達の技です。それは、心と職務能力の育成、成長に大切にすべき対人関係力の一つです。会社でも私生活でも相談する側と受ける側は、互いが相手の心に寄り添う思いやる心の...

post image

信頼の原点-報告・連絡力

信頼のスタートー報告力【報告力】「報・連・相」は、与えられた仕事に責任を持ち円滑に進める上でも、人の繋がりにも絶対に必要です。それには、相手に対する思い遣る心が表れます。それには【感謝のキャッチボール】が不可欠です。特に上司から部下に対する感謝の気持ち、部下から上司へ「お陰様で心」があるのとないのでは、信頼関係や心の繋がり方に大きな差が出てしまいます。お互いが謙虚に心からの「ありがとう」「お陰様で...

post image

今求められる「#心の体力」 ≒#利他心

【心の体力】を基礎から身に付けましょう!◎「利他心」≒「思いやり」を学び知り、修得する皆さんは、人を思う利他心、思いやり、感謝、誠実、立場転換、自己犠牲などと言った人としての心を形成する要素について家族や会社の仲間に問われた時、夫々の言葉の意味と具体的にどのようなことなのかを、自信を持って答えられますか?私は、今迄生きて来て、取り返しのつかない大変な過ちをしてしまったと後悔していること、人生の後半に...

post image

心の基礎を身に着ける-教材

教材リスト≪無料配布≫-初回は各ドリル・テキスト教材から№1~10それぞれ一種類とさせて頂きます。互いの心が繋がり相手を和やかな顔に出来,個性(感性)を生かした心の基礎作る教材類を無償で提供し,活用法をサポートを始めました。公私に於いての人間関係でも人や事象の本質を掴む上でも,心の基礎となる要素の理解と具体例を確り備え置く必要があります。例えば「思いやりって何?」とその表現法「信頼って何?」とその表現法「...

post image

#奥ゆかしさ-日本の女性らしさ

#奥ゆかしさ時代は変わっても、日本女性のいい所は残したいですね。「おくゆかしい」は女性に対して使う言葉で、日本では、謙虚でいることは美徳とされ誉め言葉です。👤奥ゆかしい女性(1) 相手を立てて、さりげない気遣いができる 「常に相手を気遣い、ちょっとした変化に気づいてくれる人」(2)言葉遣いが丁寧 「正しい日本語を用いて、丁寧に話す人」(3)所作が美しい 「半歩下がって男性を立てる」(4)発言は控えめだが...

post image

WHY何故?の意識で人・事象を観る訳

WHY?(何故)の心を大切に!一般社会で生活する人は勿論、私達のようにサービス業に従事する者も「何故の心を意識し、思考する」ことは、人と接する上でもとても大事なことです。その為に必要なことは、「何故の心を以って、物事を思考し、見聞きすること」であり、同時にその人物、事象を色々な角度から注視、分析することだと考えます。何故の心で思考し、多くの物事や現象を見聞きすることは、その経験を積み重ねることで自らの...

post image

ブレない心の軸を作ろう

ブレない心の軸の作り方1.「心・技・体」の意味するもの。「心・技・体」を私たちのビジネスや日常生活に置き換えてみると次のようになります。「心」…志、精神力、心の強さ、使命、構想、価値観「技」…技術、スキル、マ-ケッティング、セ-ルス、コミュニケ-ション「体」…身体能力、取り組みの姿勢、挨拶、返事、掃除スポ-ツの世界では心技体が三位一体となって身につくことにより、一流になれるとされています。スポ-ツに限...

post image

日本人の「心の軸」

思いやる心の育成と表現「和以尊為」        認める(≒共有・共感)活動と共に、人を思い遣る心の軸 などと言うことを、日々自省し、己の心と自問自答しながら生きることでもあります。私たち日本人の「心の軸」を支えている「礎」は、相手を「認める」(≒共有・共感)活動と他者との『調和』の心であると思います。私たち日本人は、【和を以って尊し為す】即ち、「自らが謙虚に遜り人を許し、 人を生かして、共に調和して生...

post image

「思いやる心を育む」心のイノベーション

人を思いやる心を育む活動 「自分と向き合う」社会で生活する人々の意識と活動は、外へ向かう意識と活動と内に向ける意識と活動があり多くの人に優先されるのは、心の負担がなく楽に取組める外に向けられることではないでしょうか。それは、日本独自の国民性とも言える外見や人の目、他人の思惑を気にし過ぎることや自分のことよりも他人との関わりを重んじると言った日本人の特質によると考えられます。しかし、個々人を重んじる...

post image

令和社会 “教師たるもの10者たれ”

“教師たるもの10者たれ”今迄の社会で、“教師たるもの五者たれ”とされて来た、と学び知りました。この5者は以下のことを表します。(学びのメモより転載)1.「学者」…豊富な知識を有すること。卓越した問題解答能力を有すること。2.「役者」…強い信頼関係、良好なクラス環境を構築する力を有すること。3.「易者」…最新の様々な情報を分析し、的確な指導ができること。4.「芸者」…励まし、やる気にさせる力を有すること。5.「医者」…精神面...

post image

今日の名言・ひと言 -2019年7月6日

人の一生※栃木市駅前の石碑その場凌ぎで無茶苦茶をして来た私でしたが、以下のことだけはいつも忘れないように心掛けました。“見ず知らずの人との御縁を作って下さった方への恩義”これは別の捉え方をすると「生かされている自覚」「筋を通す」ことではないでしょうか。御縁や繋がりをのキッカケを作って頂いた方への恩義と生かされ生きていられることへの感謝の心の大切さを何時までも心にシッカリと刻んで置きましょう。目の前に...