post image

ウイリアムジェームス名言+α で実生活に生かす

「変われば」の名言+α で体得する 人は誰でも、自分の心を変える活動を言葉で表すことは安易ですが、 それを育て、変える、などといった心の活動は、人心や進む方向が 異なるのが当然ですから決して容易ではありません。 実際に自らの心や人の心を動かすには、 本当の心(本質)を知り、認め、許し受入れるなどし、 それを実行に移し、顧み、補うなどの活動をするための 強い信念と意思、努力と精進が必要...

post image

情報過多社会を「生き抜く力」=識別判断力 

判断基準=識別判断力をどうして身に着ける方法●情報過多の社会環境下で人として  豊かに生抜く心(知恵)と活動 ●弁えて置きたい心の知識とその活動(知恵) 日本の社会環境は二十世紀に 入る前までは仲間(ご近所さん)意識が 高く町内会や祭り、イベントなとの コミュニティの場や集会も多くありました。 また、親の子供に対する躾や礼儀、 道徳観念と言ったことも社会全体に 風習としてあったように思えます。 二十一世紀...

post image

心の礎「思いやり」-心の姿勢&プロセス)

心を遣わす「思いやり」【活動-心の取組み姿勢】 〇心の位置と応対意識 下図のような意識で取組みましょう。 💗「思いやり(遣り)」💗の解説 「思いやり(遣り)」は「その人の身になり考えること、察して気づかうこと」で 人を「思い遣る心」は「思い遣り」と言われます。 この思いやる心は、相手の心を自分のことのように感じる取り色々と思いを巡らし、 それを相手のために成すことであり、そのためには豊...

post image

「ひと言」に心の温もりを!

ひと言に「人間」👪の温もりを!他人を認める活動は様々ありますが日々の生活や仕事上などでの身近な人や周りの人々との触れ合いで「大切な」のは返事、認証、感謝、お詫び、挨拶など積極的な【ひと言】の発信と相手と向き合う心身の姿勢です。[一(音)声]ではなく、人の温もりの感じられる[ひと(人)声]を意識することです。※例えば以下のようなことです。○受諾、承認、配慮など目的に適した「はい」の返事、○謝意「有り難うございます」「...

post image

日本の文化「和のおもてなし」

日本の「和のおもてなし」の心-解説相手をもてなすために必要なマインドの持ち主は、  「直き心」(=素直さ・受容・謙虚)である「和」の心を持ち、  触合う相手(客人)から求め、望まれるアクションをされる前に  その相手(客人)の心をいち早く察知(洞察)することが出来、  それを相手に合わせて、自発的且つ一歩踏み込んだ言動や態度に移せ、  相手(客人)に和やかな心、満足感(≒C.S)の提供出来る持ち主であり、  それを自...

post image

高級クラブ(お水)の「おもてなし接客」

高級クラブの「おもてなし」-ホステス編※コロナで大きな打撃を受けた飲食店を少しでも応援出来たらと考え再投稿します。東京の銀座や大阪の北新地に代表される高級クラブの「おもてなし」は、 茶道や日本旅館の「おもてなし」と同様に大変奥が深い日本を代表する文化です。 このような高級クラブは、ママを代表として、売上制のホステス、それをサポートするヘルプ、 ホステスやスタッフをスカウトする渉外担当者、ポーター、...

post image

プロのもてなし・接客「心尽くし ののおもてなし」

心を尽くすプロのおもてなしお客様や触合う相手への「おもてなし」(思い遣り)に必要とされる心とプロの所作を拾い出しました。⦿お客人へプロならではの「おもてなし」   (ア) 観察と目配り・気配り・心配り・心遣い・気働きの行動  とその応対、対処、対応をする   (イ) 観察、察知の行動とその応対、対処、対応をする   (ウ) 態度、仕草と表情(目・顔・声)に表わし、伝える   (エ) 会話の内容を察知する為の※読唇術・読...

post image

「心を変える」名言+α で実生活に生かす

💖心を変え、🌈生き方を変える活動「人の心を変える」と言葉で表現すことは安易です。 しかし、実際に自心や人の心を少しでも変えると言うことは、 強い信念と意思、日々の努力とたゆまぬ努力と精進が必要です。 現在までの様々な対人関係や社会生活の体験から 心を変えるには、実直に自他の備え持つ多種多様な心を如何に【リスペクト】≒敬意の表現伝達が出来るか?がとても大切なことである、と思います。現在世界的な活躍をし...

post image

【当たり前】(≒常識)の判断=識別判断力

心のイノベーション=激変する取組み姿勢! 命がけでコロナウイルスと戦っている医療従事者の方、また、コロナウイルス感染症で自粛に取組んでいる方、 孤独や様々なネガティブ要素と日々戦っておられる方々、 など、このような得体の知れぬウイルス(病原菌)との戦いと共に、私達ひとり一人は自分の情欲や溢れる情報選択に迫られ、 それらと、戦わなければならなくなってしまいました。  人間は、「...

post image

自粛期間に顧観る-取組み姿勢【診断】

取組み姿勢-診断現場スタッフ(社員・アルバイト)の取組み姿勢のチェックリストです(評価) 3.=良い/2.=まあまあ良い/1.=一部良い/0.=劣る [  ]内は定義1.規律性 [服務規律の遵守度]① 職場内の約束事を、正当な理由無く破ることはなかった。(  )②上司の指示、命令を無視したり、守らなかったりしたことはなかった。(  )③自分の怠慢を正当化するための言い訳はしなかった。(  )④店内の整理整頓を、きちんと行った...

post image

💞感謝💞の表現伝達-ひと言

感謝を表す(表す)ひと言「有り難い」、「お陰様で」と言う感謝のひと言は人を動かします、そして自らの気分を良くします 。感謝の伝達 様々な環境や人に生かされている現実、相手在ってこその自分、即ち支え合う【人】の文字です。 円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、先ず人を「認める」ことと、何事何人にも「感謝」を意識し、夫々を表現する謙虚な言行です。その大切さを認識し、平らな気持ちと謙虚な心で感謝の心...

post image

対人関係力-筋を通す【解説】

己の本質を認める活動「筋を通す」人との触合いで、あの人の話は「筋が通っている」とか、 彼は「筋が通らないつまらない話をする」とか言います。 話に人としての“筋=心の軸”が存在しなければ、その場その時の気分や感情で話をしているように相手に聞こえてしまい、信用性や説得力に欠けてしまいます。“筋”とは、人間の精神の指標を指しそれはその人が持つ判断基準=識別判断力です。 人は、日常生活や仕事上で夫々の立場で判...

post image

筋を通す=識別を判断し活動する(識別判断力)

「筋を通す」=識別判断力  社会や一般生活上、対人関係に於いて、自分の話に人としての“筋”がなければ、 その場その時の気分(感情)や成り行きで話をしているように相手に聞こえてしまい、 信用性や説得力に欠け、相手に不快な思いや費やした時間を無駄にさせてしまいます。 この“筋”がどんなことかを知り、それを心に備え以って活動しない人(特に政治家や経営者など)は、公私にわたり人としても信頼され...

post image

今日は彼岸の中日-先祖に感謝し自分と向き合う日

今日23日は【彼岸の中日】彼岸の中日と言われる今日23日は、先祖から授かった命の有難さを感謝する日です。生かされている自覚 と認識 今、生きていられるひとり一人(自分)の命は、自分だけの力で生きていられると言う個人主体観でなく周囲の人や物からの様々な支えや祖先の恩恵を受け、「先祖や他人に支えられながら、生かされている命」と受け留めて、日々の生活をすることである思います。  それは、支え合う「人」の文字...