#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 接遇用語

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2017-夏


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

ここに投稿してある「人の心」や「対人関係」の記事は、壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の楽やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方等を過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから、書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かし使えません。

お読み頂く異なった心やSkillを持たれている個々人に見合った内容を選択して生かして頂ければ有難いです。
コミュニケーション思いやりなどの人の心に関する色々な記事は決して押し付ける意図で投稿しておりません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。教材-営利を目的とした無断の引用転載は禁止しています。
使われる場合は、記事の右、Categoryの上にある「問合せMail」で、お名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

大切な方への言葉遣い(サンプル)

〇一般用語と敬語
言葉遣いと敬語についてアクセスが多いので記事にしました。
以前に載せましたものと重複する項目もありますがまとめておきます。

■会話時のチェックポイント

1.声量(声の大小)は相手に伝わる程度ですか?-----------------はい・いいえ
2.語彙(言葉の意味)を理解して話していますか?---------------- はい・いいえ
3.適切なイントネーションで話していますか?--------------------はい・いいえ
4.判り易いスピードで話していますか?-------------------------はい・いいえ
5.相手の正面(アイコンタクトをして)で話していますか?------------はい・いいえ
6.相手を思い遣り、心を込めて話していますか?------------------はい・いいえ
7.T (時)・P (場所)・O (目的)に合った挨拶・会話をしていますか?----はい・いいえ
8.その場や相手に合わせた口調(声の表情含)で話していますか?----はい・いいえ

[尊敬語とは]
話し手が聞き手、又は話題の中の動作主、その動作・状態・事物などを高めて言う表現。

[謙譲語とは]
自分または自分の側にあると判断されるものに関し、へり下った表現をすることにより、
相対的に相手や目上の人に対して敬意(敬う意識)を表すもの。
謙遜語、敬譲語とも言います。


■一般用語・[敬語]・[尊敬語]・[謙譲語]

▽一般用語「する」
[敬語] される
[尊敬語] なさる(なされる)
[謙譲語]いたす・させていただく

▽一般用語「いる」
[敬語]いらっしゃる
[尊敬語]おいでになる(なられる)
[謙譲語]おります

▽一般用語「行く」
[敬語]いらっしゃる
[尊敬語]行かれる
[謙譲語]伺います・参ります

▽一般用語「来る」
[敬語]いらっしゃる
[尊敬語]お見えになる
[謙譲語]おいでになる(なられる) 参る

▽一般用語「着く」
[敬語]お着きになる
[尊敬語]お着きになられる
[謙譲語]伺う

▽一般用語「入れる」
[敬語]お入れになる
[尊敬語]お入れになられる
[謙譲語]お入れする

▽一般用語「言う」
[敬語]言われる
[尊敬語]おっしゃる
[謙譲語]申し上げる

▽一般用語「食べる」
[敬語]召し上がる
[尊敬語]お召し上がりになられる
[謙譲語]いただく

▽一般用語「持つ」
[敬語]お持ちになる
[尊敬語]お持ちになられる
[謙譲語]お持ちする

▽一般用語「見る」
[敬語]ご覧になる
[尊敬語]ご覧になられる
[謙譲語]拝見する

▽一般用語「聞く」
[敬語]お聞きになる
[尊敬語]お聞きになられる
[謙譲語]伺う・お聞きする

▽一般用語「会う」
[敬語]お会いになる
[尊敬語]お会いになられる
[謙譲語]お目にかかる


■普段語(  )内と「接客・接遇用語」「  」内 

【ポイント】
話す内容によって口調を変える必要が有ります。
また「・・・でしょうか」の言葉は相手に同意を求める言葉になるので出来る限り避けた方が懸命です。


(そこにかけてお待ち下さい)       
そちらにおかけになりお待ち下さいませ

(そう言っておきますので)      
そのように(申し)伝えますので

(失礼ですが、どなたですか)
失礼でございますが、どちら様でございますか

(誰を呼ぶんでしょうか)          
どなたをお呼び致しますか

(こちらで、しておきます)  
こちらでさせて頂きます

(その通りです)
おっしゃる通りでございます

(わかっています) 
存じ上げております

(すみませんけど、ここは予約席です)
申し訳ございません、こちらはご予約席でございます

(こっちの間違いでした)
こちらの手違いでございました

(後で行きますから)
後ほどお伺い致します(ので)」

(どなたですか)
どちら様でございますか

(何の用ですか)
どのようなご用件でございますか

(今、なんて言ったのですか)
「恐れ入りますが、もう一度お願いできますか

(こちらに来てくれませんか)
恐れ入りますが、こちらにお越しいただけますか

(出来ません)
申し訳ございません。言われる通りに(その様には)出来かねます
誠に申し訳ございません。 おっしゃる通りに(その様には)致しかねます

(それでいいです)
それで結構でございます

(わかりません)※内容によって使い分ける
申し訳ございません、わかりかねます
存知上げません

(ここに座ってもらえますか)
こちらにお掛けいただけますか

(これですか)
こちらでございますか

(はい、わかりました)
はい、かしこまりました

(これで良いですか)
こちらでよろしいですか」「こちらでよろしゅうございますか

(こちらを見て下さい)
こちらをご覧下さいませ

(どっちにしますか)
「どちらになさいますか

(確かめて下さい)
ご確認下さいませ

(急ぎますか)
お急ぎでいらっしゃいますか(お急ぎでございますか)

(どうですか)
いかがでございますか

(わかりましたか)
ご納得いただけましたか」「ご理解いただけましたか

(私から言っておきます)
私から申しお伝えておきます

(繰り返します)
復唱させて頂きます

(私が聞きます)
お差支え御座ませんでしたら、私〇〇がお伺いさせて頂きます

(また来店して下さい)
またのご来店をお待ちしております

(気をつけて帰って下さい)
お気をつけてお帰り下さいませ

(失礼がありましてすみませんでした)
不行き届きor不手際がございまして、誠に申し訳ございませんでした

(店長ですか、ちょっと待って下さい)
〇〇(店長)でございますか、少々お待ち下さいませ

(店長は、いまいないんですが)
〇〇(店長)は、只今席を外しておりますが
店長は離席しておりますが

(私から言っておきます)
私〇〇からお伝えしておきます

(繰り返します)
復唱させて頂きます。私〇〇が承りました

(私が聞きます)
お差支えござませんでしたら、私〇〇がお伺いさせて頂きます

※店舗や業種、業態に合わせて実際に使う言葉は、まだまだ沢山ありますが以上にしておきます。

ブログパーツ
スポンサーサイト