catalog image

職場に合ったマナーとその心

職場や環境に合ったマナー見直す接客・接遇マナーには一般的な飲食店やホテル旅館・水商売の接客や接遇、物品販売業、医療・介護・美容ネイル・エステなど様々な業種など、夫々に用いられるものがあります。そもそもマナーは人間が自らの心を触合う相手に表現し、伝達する「思いやりの形」です。人間に十人十色の顔と心があるのと、同じようにマナーにも人や職場の心と顔があります。マナーは、人としての躾、常識、ルールが備わっ...

catalog image

社会人力「聴く力」&「挨拶力」

「聴く力」&「挨拶力」のUP社会人力として求められる挨拶力、会話力、感謝力、信頼力、報連相、意思伝達力、寛容・受容さ・誠実さなど、このような様々なスキルや技は、1. 形や活動から知る 2. 文字の語彙と心を知る どちらが我が身に素直に落とし込め実際に活かせるでしょうか?例えば、「聴く」の傾聴力の場合、具体的な行動や形として身に付けた傾聴力は、同環境の下だけでしか生かされません。「聴」の文字の旁、「直」と「心」をタテ...

catalog image

五感を磨こう-1 視覚☞(心眼・人眼力)

にんげん力-1.視覚 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  「人眼力」⇒人をみる眼(=心眼・眼力☜人原力) ※人眼力=人を見る(診る・覧る・観る・看る・視る)目や能力・眼力を称した自作の語句です。     いかに他人と違う人眼力を持ち、それによって異なった捉え方や動きが出来るかが勝負。 【眼力】 目で物を見る力。視力。ガンリョク。 物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能力。 人や物事を理解する気持ち 理解のあること...

catalog image

姿勢に何が表れるの?

 美しい姿勢は、「心」を表わす お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  姿勢とは、心身の姿とその勢いであると解します。 姿勢は、その人やお店(会社)の心と取組を現す「にんげん力」のひとつ「人現力」です。 それは、大切な人やお客様に対する「思いやる心」を表現する手段です。 〇美しい姿勢は、お客様への思いやり お客様は、スタッフの礼節を感じる姿勢、態度から次のような様々な期待感を抱きます。 ・心地よい満足で...

catalog image

思いやる心に気づく

心の『礎』思いやり お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用数十年に渡りサービス業界でプロデュース、接客指導や研修などの仕事をし、今日まで沢山の方々におもてなしや接客についてお話したり、伝えたりして参りました。初めて従事した業種が給料は僅かばかりで、日々お客様から頂くチップで生活を支える、今風に言えば実力型報酬の業界で、仕事であるもてなしの技や表現の形を覚え一人前にチップを頂けるまでは毎日毎日が真剣勝負でし...

catalog image

人間力=「にんげん力」(4)

「にんげん力」(4)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 にんげん力漢字の「人間」の元となる要素のことを、ひらがなの「にんげん」と捉え、『人間の保有能力』である知情意を、私見ながら以下の四つにまとめて「にんげん力」と定義します。日々色々な人との触合いのある社会生活勿論のこと、おもてなし、接客サービスや接遇の場に無くてはならない「にんげん力」を学び知り、知識として確りと認識し、生きるための知恵として生活に...

catalog image

人間力=「にんげん力」(3)

「にんげん力」(3)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 にんげん力漢字の「人間」の元となる要素のことを、ひらがなの「にんげん」と捉え、『人間の保有能力』である知情意を、私見ながら以下の四つにまとめて「にんげん力」と定義します。日々色々な人との触合いのある社会生活勿論のこと、おもてなし、接客サービスや接遇の場に無くてはならない「にんげん力」を学び知り、知識として確りと認識し、生きるための知恵として生活に...

catalog image

人間力=「にんげん力」(2)

「にんげん力」(2)  お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 にんげん力漢字の「人間」の元となる要素のことを、ひらがなの「にんげん」と捉え、『人間の保有能力』である知情意を、私見ながら以下の四つにまとめて「にんげん力」と定義します。日々色々な人との触合いのある社会生活勿論のこと、おもてなし、接客サービスや接遇の場に無くてはならない「にんげん力」を学び知り、知識として確りと認識し、生きるための知恵として生...

catalog image

人間力=「にんげん力」(1)

「にんげん力」(1) お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用漢字の「人間」の元となる要素のことを、ひらがなの「にんげん」と捉え、『人間の保有能力』の知情意を、私見ながら以下の四つにまとめて「にんげん力」と定義します。日々色々な人との触合いのある社会生活勿論のこと、おもてなし、接客サービスや接遇の場に無くてはならない「にんげん力」を学び知り、知識として確りと認識し、生きるための知恵として生活に、生かすことは...

catalog image

にんげん力(—部改訂)

にんげん力の解説お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在の日本社会では、困難や苦境に立ち向かう強い心を備えた「人間力」が求められています。その「人間力」を別の角度から捉えた「にんげん力」について以前載せましたが、今回は、前の記事内容を改定したものを再度掲載致します。漢字の「人間」の元となる、ひらがなの「にんげん」を、私見ながら「人間力」の原点と捉え、『人間の保有能力』である人間力を含む、以下の五つをま...

catalog image

「にんげん力」は、人間力の原点

「にんげん力」?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私見ですが、漢字の「人間」の元となるのは、ひらがなの「にんげん」と捉え、『人間の保有能力』である以下の5つをまとめて「にんげん力」と定義致しします。日々色々な人との触合いのある社会生活勿論のこと、おもてなし、接客サービスや接遇の場に無くてはならない「にんげん力」を学び知識として確りと認識し、生きるための知恵として日常生活に、生かすことは人と企業の成長...

catalog image

「人眼力」=心眼

人を視る眼「人眼力」※人眼力=人を見る(診る・覧る・観る・看る・視る)目や能力・眼力を称した自作の語句です。お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用今の日本の社会環境では、経歴を重視したり、或はスキル資格を重んじたりする社会になりつつあり、その人の人物を見る「眼力=心眼」が乏しくなってきているように思えます。即ち、相手や物事を察知する「眼力=心眼」を備えた人が少なくなりつつあると考えられます。普段の生活でも、...

catalog image

『仏教』と「にんげん力

にんげん力『無財の七施』と「八正道」 お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用私達は行き先の見えない社会環境の中に在り、古より伝わる素晴らしい日本の文化を、【温故知新】の心で見直す必要があります。 その一つは、お釈迦様の仰っている「仏教の教え」であると考えます。いつの世も、人は自分を含め誰もが幸せに成りたいと考え、そして願っています。本当に幸せに成りたければ、日々幸せの種を蒔き続けねばなりません。幸せの種の...

役割認識と「にんげん力」

夫々の役割認識は三現主義と「にんげん力」を以ってお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用三現主義を実践するには、それ対象となる三つの“現場”“現物”“現実”の夫々を、自らに与えられた役割認識と「原義(原点)」を踏まえた上で「原理」※①「原則」※②であらゆる方面から思考し、対処することが必要とされます。その為には、“現場”“現物”“現実”の夫々を分析できる能力である優れた「にんげん力」※③と夫々の職位に合った役割認識を備え持たな...

catalog image

「にんげん力」とは-(新)

 「にんげん力」の定義-(新版)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用『人間の保有能力』である以下の七つをまとめた力≪にんげん力≫と、私は定義します。社会生活を始めとして、人との触合い、おもてなし、接客・接遇に無くてはならない「にんげん力」を確りと見つめて、認識し、見直すことは、人と企業の成長に繋がり、必ず役立ちます。☆印は、仏教の教え八正道を各々の「にんげん力」に当て嵌めてみました。1.人元力「磨かれた五感...

三現主義 ・・・採用関連のリスクアセスメント

採用に関わるリスクアセスメントの方法※採用時の三現主義とにんげん力に関するリスクアセスメント項目です。お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用〇リスク単元項目と想定される原因-抜粋Ⅰ.三現主義“現場”“現物”“現実”に依る場合A.内部管理環境システムのリスク(組織=部署の内部・労務管理関連)  1. 各採用システムの不備 2. 採用する者の人選(適切か否か) 3. 採用時の各基準の明確化 4. 採用される者の各職務の適正診断と方...

三現主義のリスクアセスメント

「三つの現」と「にんげん力」のリスクアセスメントお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用会社や店舗で起こっている各々の問題点や課題を速やかに解決するために行うべきことは、先ず“現場”“現物”“現実”夫々についてリスクアセスメントを行わなければなりません。実際にリスクアセスメントをする際に必要と思われる項目を拾い出してみました。皆さんの店舗や会社、施設などの夫々の環境に合わせて必要な項目をお選び下さい。1.アセスメ...

三現主義と人原力

三現主義と思い遣りの三要素-2.気配りお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用2.三現主義と気配り三現主義は、“現場”“現物”“現実”この三つの“現”を重んじ、思考上の論理や机上での空議・空論ではなく、実際に現場となる現地(店舗・職場・得意先など)に赴きその“現場”で“現物”を自らの目(人眼力)を以って観察し“現実”であ(現状や現況を認識した上で、今後のビジョン構築や施作、問題の解決、改革改善を図り、行わなければならないと言う...

三現主義と人眼力

三現主義と思い遣りの三要素-1.目配りお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用1.三現主義と目配り日本国内の三現主義の実践は、一流企業と言われるホンダ、トヨタ自動車、花王、P&G、セブン-イレブンなどが、三現主義の原理原則に基づきモノづくりを行っていることは知られていてそれに関連する本なども数多く出版されています。この三現主義は、“現場”“現物”“現実”この三つの“現”を重んじ、思考上の論理や机上での空議・空論ではなく...

東日本大震災の学びと教訓(新)-7.

〇復興の街造りは、人創りと共にお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【復興の街造りは、人創りと共に】は、昨年の大震災に合った被災地ばかりか、 今後の日本の健全で豊かな社会をつくる為の大切な≪キーワード≫であると考えます。 我が国では少子高齢化が進み、経済状況が悪化し、格差社会になりつつあるのが現状です。このような社会環境の中で、日本は東日本大震災の被害に遇ってしまいました。 この人創りの≪キーワード≫の一つは、...

「にんげん力」と「三現主義」

三現主義に必要とされる「にんげん力」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用三現主義“現実”“現場”“現物”を実施する為には、確りとした「にんげん力」が必要です。その「にんげん力」により、現場で、現物を、現実的に視ることは、どんな職場でも大切なことです。即ち、現在起きている事実の原因・起因、今後想定されるであろう出来事の要因・要素を調査し、それに関するあらゆる知識を学び得ると共に、それに関連する情報を集収し、マ...

三現主義とにんげん力-其の7.

「にんげん力」を発揮するお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用三現主義“現実”“現場”“現物”を実施する為には、確りした「にんげん力」が不可欠です。その「にんげん力」を以って現場で、現物を、現実的に視ることはどの様な職場でも大切です。即ち、現在起きている事実の原因、今後想定されるであろう出来事の要因・要素を調査し、それに関するあらゆる知識を得ると共に関連情報を集収し、適切な判断と的確な施作を思考・討議した上で...

三現主義とにんげん力-其の5.

<にんげん力>で“現実”“現場”“現物”を視るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用リスクアセスメント及びあらゆる角度から現場に限定せず企業(店舗)診断を実施する上で、最も大切な要素は、<にんげん力>そのものであると考えます。この<にんげん力>は、企業理念の元、営業及び施策・目標設定・ソリューションなどの源であり、心の体力であるとも言えます。確りと“現実”“現場”“現物”を視るためには、各々の成すべき役割と行うべき実...

三現主義とにんげん力-其の4.

三現主義とにんげん力≪リスクアセスメント例≫お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用実際のリスクアセスメントの例として、8月17日のホ)カフェでの体験を元にアセスメント項目について考えてみることにします。<カフェの現況=ホ)カフェでの体験>そのカフェはテ―ブル数が10卓、客席数が30程度のお店で、客席の七割程度にお客様がいらっしゃいました。まだ新人と思われる、化粧気のない一人のウエイトレスがレジの中に無表情で腰...

三現主義とにんげん力-其の3.

三現主義とにんげん力のリスクアセスメントお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨日体験談として三現主義とにんげん力の現実的な例を載せました。その例にあげたイ)~ホ)の店舗や会社のような場合も該当することですが、各々の問題点や課題を速やかに解決するためには、先ず“現場”“現物”“現実”夫々についてリスクアセスメントを行わなければなりません。実際にリスクアセスメントを実施する際に必要と思われる項目を拾い出してみまし...

三現主義とにんげん力-其の2.

三現主義とにんげん力の体験お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用では、次のような場合はどのように捉え、思考し、対処・対応をすれば良いでしょうか。最近体験したことを例に、考えてみることにします。イ)スーパーのレジでの体験。或る日、お弁当とフルーツゼリー、ジュースなどを買いレジで支払いを済ませました。お箸とゼリー用のスプーン、ストローが付けてくれないので会計をした50前後の女性に付けてくれないので貰えるように...

三現主義とにんげん力-其の1.

三現主義とにんげん力の解説お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇三現主義三現主義は、“現場”“現物”“現実”の三つの“現”を重視し、机上での空議や空論ではなく、実際に現地に赴きその“現場”で“現物”を観察して、“現実”(現状・現況)を認識した上で、今後の施作や問題の解決を図らなければならないと言う考え方のことです。現地、現場、現実を見ず(触れず)、机に向かい思考しているだけでは、現場での様々な問題点や改善点は何も見えて...

「にんげん力」の可能性を引き出す-4.(相談力)

にんげん力≒ライフスキルの可能性を引き出す-4お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用対人関係力(相談力=人現力)相談力は対人関係に於いて時により大切な意思伝達の技とも言えます。そして、互いが思い遣る心のキャッチボールに心掛けなければなりません。何らかの邪心を抱き、相談したり答えたりすることは避けなければなりません。また、寛容さ、包容心や優しさは場合により相手を甘やかし成長を妨げる結果になることを心して相談に...

「にんげん力」の可能性を引き出す-3.(対人関係力)

にんげん力≒ライフスキルの可能性を引き出す-3お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用対人関係力-リーダーシップと意思決定対人関係力の一つ、周りを動かすリーダーシップは、何かの目的を達成しようとしている個人や部署・部門・グループを道案内し、方向を示し教え、モティベートすることです。経営者や管理者が大切なのは部下の才能を探すことで、教育することではありません。同時に、部下が「何を知っているか、何が出来るか」と...