catalog image

企業と人の「心の礎」

日本人&企業の「心の礎」目に映らないバーチャルな「日本人の心の礎」 1.企業の「礎」=Company Cornerstone  現代社会は、数多くの物や溢れるばかりの様々な情報に恵まれた社会環境になり 欲しい物や知識、スキルはお金さえ出せば何でも手に入る時代となりました。  しかし、社会の文字構成(体が土地に在り人でと会う)にあるように、 会社や組織は人の存在無しでは成り立たないとかんがえられます。 この人の心だけは、お金やど...

catalog image

幸せの源「思いやり」

幸せを引き寄せる源-想像力「思いやり」 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用   幸せの源「思いやり」を心に育むには、 自分の体験・経験を元に、相手の“痛み”を 自らの体験であれこれと想像する力、 即ち、想像力持つことが大切であると思われます。 他人が実際に味あわなければ分からない“痛み” その総てを自分が体験することはできません。 人それぞれの幸せの受け止め方、感じ方も多彩です。 幸せは、相手の幸せが礎と...

もてなし・対人関係力を育む

隙と心技体(自然体)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用スポーツでも対人関係上、もてなしでも初心者の段階は多くの隙がある。また、何事に於いても一流、上級者、達人と言われる人にも隙がある。そのような彼たちの隙は、初心者の無防備な隙と異なります。対人関係やもてなし・接客の初心者は自分の隙が一体どんなことなのか?具体的に何が足りないのか?も自覚さえできないで活動しています。それを知るために、どこが隙なのかを知...

catalog image

「和」のもてなしの礎-(序章) 抜粋-3.

「和」のもてなしの礎-3. 副題≪心の礎の手引き≫より抜粋  「もてなす」ってどんなこと?「もてなす」の語源は「以て成す」ですが、この「もてなし」に丁寧語のついた「おもてなしの心」を殆どの日本人の持っているのではないか、と思います。それは、象徴天皇崇拝の心、親切心、礼儀や規律正しさなどに表れています。この「おもてなしの心」は、茶の湯千利休が世に広めたと言われていますが、その心は聖徳太子の「和を以て貴しとな...

catalog image

「和」のもてなしの礎-(序章) 抜粋-1.

「和」のもてなしの礎-1.     副題≪心の礎の手引き≫より抜粋お薦め度【★★★★★】全業種、業態用序 「和」のもてなしの理解と認識◎「和」のもてなしの理解認識の必要性現代社会に求められる日本の「和」のもてなしの心美しいものを「素敵だ、美しい、綺麗だ」と感じ取れるのは人間だけです。豊かな感性を備え持ち、更にそれを磨いて行くことが出来るのが人間です。また、同じ人間でも、心が歪み、すさんでいる時は、心にゆとりが持て...

catalog image

もてなし・接客力診断 

もてなし・接客力診断リスト-抜粋 お薦め度【★★★★★】【診断項目】初中級者向(採点)出来ている=3/やや出来ている=2/どちらとも言えない=1/出来ていない=01.「もてなし」はどんなことなのかを理解、実践していますか?2. 「もの」と「コト」のどちらを主にもてなしているか、を意識していますか?3. 心身の自己管理をしておもてなしをしていますか?  (その時その場の感情や健康状態に左右されず)4. もてなしに適切な...

catalog image

感動を超える「余韻」

心に残る「余韻」を大切にお薦め度【★★★★★】全業種、業態用お客様満足の「礎」にも世界各国からの非ジネスや観光て来日されるビジターの皆さんが、日本ならではの、お「もてなし文化」を称賛されています。日本の「おもてなし」は、伝統や慎ましく細やかな気配りがある日本独自のものです。と共に、この「おもてなし」は、海外に誇れる日本人独自持つの重要な文化とも言えます。また、思い遣り、心尽くし、気遣い、気働き、何気な...

catalog image

余韻・感動の源は?

「余韻」「感動」の源「思いやる心」お薦め度【★★★★★】全業種、業態用感動には、相手やお客様の内面的な心や外見的な形と言った様々な期待感が付き物です。お客様や相手に対し、期待以上のことを受けた時や感じた時に心に生まれる感動の特質から、極端に言えば、一度味わった感動は二番が無いということを意識しておかなければなりません。従って、より高い感動のレベルを追い求めてしまう結果になり不自然なものとなってしまいま...

catalog image

「日本のもてなしの礎」を学ぶ会 (第一回)-大阪

(第一回) 「日本のもてなしの礎」を学ぶ会-大阪お薦め度【★★★★★】全業種、業態用         この度私どもの投稿おもてなしの心に共感された大阪平野区にあるオシャレな和処 Re 楽さま         と御縁を頂き、,この度下記の講座を開催することに至りました。           独自の味創りをなさる調理人の御主人、女将が伝える和食の作法のセミナー、           日経新聞の読み方・活かし方セ...

catalog image

「モノ」と「コト」を楽しむ

もてなしは、リアルな「モノ」から目に見えない「コト」へお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用皆さん御存知の通り、戦後日本では「モノづくり」に大変大きな力を注いで来ました。その結果一時GDPでも世界一になりましたが、現在は他国に追い越されてしまいました。世界に類のない日本独自の「モノづくり」が全く無くなったという訳ではありません。去年今年ともにノーベル賞を受賞したことでも明らかなように、様々な日本独自の素...

catalog image

和の心「懐石料理」

懐石料理(茶懐石)の由来お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「懐石料理」(茶懐石)は、安土桃山時代に、茶道の創始者としても有名な「千利休」が、禅の精神を追究し確立した料理を言います。当初は、空腹状態で茶を飲むことを避け、茶をより美味しく味わうことが目的の質素な料理でした。しかし、大正時代に入ると、諸外国から多量の肉などを容易に手に入れられるようになり、徐々に今日に見られる豪勢な懐石料理となってきました。一...

catalog image

「おもてなし」の語源と語彙

日本の文化「おもてなし」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「おもてなし」を表すものとして、社会生活や家庭での客人への歓待、接客や接遇などがあります。接遇は、様々な場や場面で人をもてなすこと、応接すること、接待することであり、接客は文字通り、会社、店や家庭へ、訪ね見えた相手である客人に応対し、その客人を接待することを指します。接遇と接客に共通するのは、おもてなしの心と、その心を伝え現す会話や態度です。「おもてな...

catalog image

おもてなしの本質

「おもてなし」の本質を紐解くお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今年、富士山が世界文化遺産、和食が世界無形文化遺産に登録されました。その和食と茶道は、共に日本の独自文化「おもてなし」を表わすもの素晴らしいものです。 また、今年オリンピック誘致で滝川クリステルさんが使って以来、数多くの話題になっています。その時「お・も・て・な・し」と言った後に手を合わす姿に日本の心が表れていると解します。その心を現した仕...

おもてなしと立場転換のCheck

おもてなしと立場転換をチェックする(意識と行動)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用(採点)出来ている=◎・やや出来ている=〇・どちらとも言えない=△・出来ていない=×1. おもてなしは相手がより心地良く過ごせるよう思い遣ることだと認識していますか?2. 相手に合わせたもてなし方が出来ますか?3. おもてなし自体を商品と考えて行動していませんか?4. 相手別に「モノ」と「コト」のどちらを主にもてなすのかを考えていますか...

おもてなしのまちづくり-2

「おもてなし日本一のまち」 宇都宮の創造に向けてお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用一連のおもてなしのまちづくりの記事は、様々な活用が出来ます。一般事務の方を始め、おもてなし、接客接遇に関る方も、お読み頂くことをお勧めします。3.おもてなしを紐解くおもてなしを表現する言葉として,接遇と接客がある。接遇とは,人をもてなすこと,応接すること,接待することであり,接客とは文字通り,会社・商店や家庭へ訪ね見えた...