catalog image

「聞く」と『聴く』-傾聴力

「聞く」と『聴く』の活動【傾聴力理解診断-項目】※夫々の≪キク≫に該当する文字、「聞く」「聴く」「訊く」を当て嵌めながらお読み下さい。1. 相手の個性に合わせて≪キク≫2. 相手の話すことを思いやりの心で察しながら≪キク≫3. 相手の話の内容の主旨や目的を知ろうとして≪キク≫4. 何故の意識を備え持ち≪キク≫5. 立場転換意識を以って≪キク≫6. 謙虚な心身の姿勢で≪キク≫7. 椅子に寄りかからないように心掛け、背筋を伸ばして≪キク≫8....

catalog image

傾聴力チェック

自他の傾聴力を診断する (姿勢・態度) 「聞き」『聴き』方の良し悪しによって会話やコミュニケーションの度合いが変わります。 と共に、上手い下手が、日常生活、接客接遇仕事上でも信用や信頼に繫がります。 同時に、その人の人格=人現力が表れることを認識しておき、忘れないことです。 会話した相手に、また話してみたくさせる傾聴力を身に着けて、接客接遇の場、おもてなし、 人との触合いに生かしましょう。 一方、「聞く」...

catalog image

会話(傾聴時)の姿勢、態度

「聞く」と『聴く』診断リストお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【ポイント】この≪聞く・聴く≫活動には、相鎚、言葉だけでなく、相手を思いやる姿勢・態度(目・表情)・気配り、心配り、心遣いが必要です。 傾聴力を生かすには、「思いやる心」のキャッチボールに無くてはならなりません。 また、≪聞く・聴く≫活動のいずれにも、受容力と何故?の洞察(推察)力が要ります。※大事だと思う≪聞く・聴く≫の何れかを「〇」で囲んで下さい。...

catalog image

傾聴力を顧みる

コミュニケーション&チームワークに欠かせない傾聴力お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用コミュニケーションとチームワークを意識した傾聴力は人間関係に欠かせないスキルです。聴の文字は「耳」へんに「直き心」と書きます、文字通り素直に耳を傾けて会話することが傾聴です。人とのコミュニケーションや仲間との会話は、先ず相手の話を聞く(聴く)ことがスタートです。この聞くこと≒傾聴力が大切だと、誰もが自覚していることだと思...

catalog image

傾聴力を診断する-1(意識)

傾聴力診断-1(意識)お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用職場や社会での会話やコミュニケーションは、聞く≒『聴く』ことからスタートします。聞き『聴き』方の良し悪しによって会話やコミュニケーションの度合いが変わります。聞き『聴き』方の上手下手が、日常生活、接客接遇仕事でも信用や信頼に繫がります。会話した相手に、また話してみたくさせる傾聴力を身に着けて、接客接遇の場、おもてなし、人との触合いに生かしまし...

catalog image

自らの傾聴力を振返る(2)

傾聴力チェックリスト(姿勢、態度編)お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用【記入採点方法】各項目を①A、Bに分け、次に②重要度を記入した後、下記の③で採点し、1と0の付いた項目は④優先順位を付ける。①A.「聞く」=自分中心、B.「聴く」=相手中心②(重要度)重要=◎・要=〇・随時=△  ③出来ている=3・大体出来ている=2・僅かに出来ている=1・出来ていない=0④優先順位) 最優先=1・優先=2・やや優先=3※(  )内は参...

catalog image

自らの傾聴力を振返る(1)

傾聴力に人間力が表れるお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用人との触合いの会話やコミュニケーションは、『聞く・聴く・訊く』ことからスタートします。同時に必要とされるのが己の心を無にして相手を受け入れる謙虚さです。会話上で、自分の意見を発信するよりも『聴く』ことに重点を置くのは、相手の心を自らが一度は受け入れることの表れです。そうした聞き『聴き』方の良し悪しによって会話やコミュニケーションの度合いが変わり...

人として豊かな「傾聴力」を、備え持つ

「聴くと聞く」は相手を「思い遣る心」でお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人と人との会話やコミュニケーションは、話すことからではなく『聴く』「聞く」ことからです。豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を備えることは、出合い触合う相手への「思い遣り」です。それは最も身近であり、多くの時間を費やす活動でありながら、意外と疎かになりがちです。そして、「聞き」『聴き』方の上手下手が、日常生活や仕事の場でも、会話をするお...

姿勢と態度に心が表れる

人として恥じない姿勢と態度を育む お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用傾聴力1.人を惹きつける姿勢見た目の姿勢は大切な役割を果たします。それは信頼の礎を作る第一歩です。背筋が伸び、あごを僅かに引き、手を前で軽く組み、かかと揃えつま先をハの字に広げた安定感を感じる足元の姿勢は、安心感があり、大切な方をお迎えしたり、大切な人からの話しを聴いたりしようと思う心の表れです。即ち、心の通うおもてなし(接遇・接客)をし...

人としての「傾聴力」を、備え持つ

豊かな傾聴力は、「思い遣り」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用人と人との繋がりや結び付き、お付合い、チームワークなどでの会話やコミュニケーションは、話すことからではなく『聴く』「聞く」ことがスタートです。豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を備えることは、出合い触合う相手への「思い遣り」です。それは最も身近であり、多くの時間を費やす活動でありながら、意外と疎かになりがちです。そして、「聞き」『聴き』方の上手...