catalog image

支えられ生された学び

忘れまい人との繋がり源➡縁(原点)その場凌ぎで無茶苦茶をして来ましたが、これだけはいつも忘れないように心掛けました。“見ず知らずの人との出会いや繋がりを作ってもらった方への恩義これは別の捉え方をすると「筋を通す」ことです。御縁や繋がりをのキッカケを作って頂いた方への恩義は何時までも心にしっかりと刻みこんで置きましょう。目の前にいる人との縁は、どうして出来たのか?その御縁を繋いでくれた人のことをいつも忘...

catalog image

仏教「十の徳目」は日本人の原点!

心を養い育む「十徳」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本人の心の原点とも言える仏教の十の徳目をまとめてみました。仁・・愛。人を思いやる心。慈しみ。最高の徳   身近な家族→親戚→社会 と、近くから遠くへと秩序立てて広める。義・・正義を貫く心。善悪、正邪、真偽。人道に従うこと、道理にかなうこと。    仁を広める形。親への孝、兄や年長者への悌、君主への忠、社会には礼。これが道義・正義。礼・・敬意を表す心...

catalog image

「にんげん力」は、人間力の原点

「にんげん力」?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私見ですが、漢字の「人間」の元となるのは、ひらがなの「にんげん」と捉え、『人間の保有能力』である以下の5つをまとめて「にんげん力」と定義致しします。日々色々な人との触合いのある社会生活勿論のこと、おもてなし、接客サービスや接遇の場に無くてはならない「にんげん力」を学び知識として確りと認識し、生きるための知恵として日常生活に、生かすことは人と企業の成長...

役割認識と「にんげん力」

夫々の役割認識は三現主義と「にんげん力」を以ってお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用三現主義を実践するには、それ対象となる三つの“現場”“現物”“現実”の夫々を、自らに与えられた役割認識と「原義(原点)」を踏まえた上で「原理」※①「原則」※②であらゆる方面から思考し、対処することが必要とされます。その為には、“現場”“現物”“現実”の夫々を分析できる能力である優れた「にんげん力」※③と夫々の職位に合った役割認識を備え持たな...

運行乗務員の意識改革-1. 

「人が人を運ぶ」原点に立ち返る ※異業種の方も、この記事の内容を自分の職業に置き換え読まれるてください。お薦め度【★★☆☆☆】運行業務会社用当たり前なことですがバスやタクシーと言った「人」を運ぶ業務に直に携わる「人」、それをサポートし、管理するのも「人」、当然ながら会社を運営しているのも「人」です。当然ながら、その「人」には、夫々に異なった感性や心があり、また温もりがあります。即ち、バスなどの顧客運行の...

手を組むスタイルの変化?

何故、胸の前で手を組むのでしょうか?エレガントや美しさを見せる手組みのスタイルは、礼を表わすマナー? お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用最近ある大手のI・Toと言うフランチャイズのレストランチェーンで会食しました。びっくりしたのは、食事を運んできたウエイトレスがテーブルに注文した料理を置いた後、肘をL字型にするようにして、手を胸 (胃の前) で組んで立礼をしている姿を見た時です。その時、肘が横を通ろうとして...

三現主義とにんげん力-其の8.

三現主義の取組みに必要とされる知能お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用以下、三現主義を徹底する上で大切と思われる主な能力の項目です。 ※昨日の記事内にある、にんげん力を発揮する為の【ポイント】と併用してお使い下さい。1. 何事に対しても人が源、原点と言う認識で現実を視られる。2. 何事にも動じない強靭な心の体力を備えている。3. 思い遣りと感謝の心で現場のスタッフに接しられる。4. 確固たる信念を持ち、現実を注...

三現主義とにんげん力-其の6.

三現主義は「五現」と「五原」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用三現主義には、現場・現物・現実と共に、二つの現である現況・現状(現状認識)はどうしても切り離せないことです。同時に、人眼力とも言える原義・原点=原点回帰・原因・原則・原理の五つの要素で物事や現場を視ることもとても大事なことです。このことを私見ながら「五現」と「五原」と表現しております。〇現実に感じた現況、現状を正確に把握し、その現実を 原義...

三現主義とにんげん力-其の5.

<にんげん力>で“現実”“現場”“現物”を視るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用リスクアセスメント及びあらゆる角度から現場に限定せず企業(店舗)診断を実施する上で、最も大切な要素は、<にんげん力>そのものであると考えます。この<にんげん力>は、企業理念の元、営業及び施策・目標設定・ソリューションなどの源であり、心の体力であるとも言えます。確りと“現実”“現場”“現物”を視るためには、各々の成すべき役割と行うべき実...

東日本大震災からの学びと教訓-1.

今回の大震災での学びと教訓-1.  <6W.3H.とT.P.O.>お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今回の地震に関する国や報道機関からの様々な告知、連絡、報告に於いて改めて知らされたことは「6W.3H」の夫々の大切さ、及びT.P.O.=[Time.Place.Occasion]を弁えた発言の重要性ではないかと思われます。特に、地震の詳細やそれに関するあらゆる情報伝達や対処方法、状況など、また原子力発電所の被害状況や経緯、対策と言...