三現主義とにんげん力-其の1.

三現主義とにんげん力の解説お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇三現主義三現主義は、“現場”“現物”“現実”の三つの“現”を重視し、机上での空議や空論ではなく、実際に現地に赴きその“現場”で“現物”を観察して、“現実”(現状・現況)を認識した上で、今後の施作や問題の解決を図らなければならないと言う考え方のことです。現地、現場、現実を見ず(触れず)、机に向かい思考しているだけでは、現場での様々な問題点や改善点は何も見えて...

大震災の復興に向けて「今、私達に出来ること」-9.

豊かな社会の当たり前とその「ものさし」を見直す-8.『心』の「ものさし」を見直す-6.お薦め度【★★★★★】全業種、業態用【誠実の定義】改訂版<※印1.~15.は、今回の大震災で、特に見受けられた誠実さ>※1. 自らの苦難や危機を省みず、自己犠牲の心で考え、行動出来る※2. 確りした使命感を言動で示し、実践出来る※3. 自らの行うべき義務と責任を認識し、強い義務感、責任感を持つ※4. 自己犠牲意識を強く持ち、行動や態度で示せ...

大震災の復興に向けて「今、私達に出来ること」-6.

豊かな社会の当たり前とその「ものさし」を見直す-5.『心』の「ものさし」を見直す-3.お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用2.大切な人(2)◆『源』となるキーワード「大切な人」を知る人との触合いやおもてなし・接客・接遇の場で、全ての『源』になる【キーワード】があります。この【キーワード】は、潤いのある人間関係構築の為、愛する人の為、お客様をおもてなしする為、会社(店・施設)の発展成長やお店で共に働く仲間の為、...

大震災の復興に向けて「今、私達に出来ること」-4.

豊かな社会の当たり前とその「ものさし」を見直す-3.『心』の「ものさし」を見直す-1.お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用東日本大震災の被災地では、復興に向けて多くの方々が不眠不休で自らを省みず、懸命に活動され様々な支援をされています。その姿や情報をテレビや新聞などで見ると、本当に頭が下がります。また、人災とも言われている原発の事故により避難されていたり、政府の規制や風評被害によって深刻な状態に陥っていた...

大震災の復興に向けて「今、私達に出来ること」-3.

豊かな社会の当たり前とその「ものさし」を見直す-2.(接客・接遇業種用-改訂版) 昨日載せました当たり前の「ものさし」を見直す対象は何かを項目にしました。見直す「ものさし」の項目お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用1.外観美化⇒(店舗・広告・アピール度)2.店内環境⇒(インテリア・居住性・居心地)3.清潔さ・清潔感⇒(人・店内外・会社・職場・倉庫収納)4.身嗜み・第一印象⇒(心・身体・見た目)5.姿勢・態度⇒(接客・接遇時待機時...

大震災の復興に向けて「今、私達に出来ること」-2.

豊かな社会の当たり前とその「ものさし」を見直す-1. お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用世界各国から震災時の様々な行動や活動、日本人のモラルは認められ、称賛されています。しかしながら、このような全世界からの評価に甘んじている場合ではないと考えます。私達日本人は、今迄持ち続けて来た豊かな社会生活での当たり前の「ものさし(基準)」を復興や今後の厳しい社会に対処して行く為にも見直さなければならなりません。東日...

「当たり前の物差し」を振返り、見直す

自らと自店舗の「当たり前の物差し」を指差す(今年を振返る) お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用様々なサービス業界で、多々見受けることですが、顔はお客様に向けずに口先だけで、言えばいいだけと思われる接客用語「いらっしゃいませ」「有難う御座います」や通路ですれ違っても、歩きながらの形ばかりの会釈や挨拶等々をよく見聞きします。接客用語だから、言わなきゃいけないから、言うのが当たり前だから、挨拶やお辞儀をしな...