catalog image

主観と客観 (5) 個人の主観

主観と「思い」『想い』個々人の主観(≒自心)を紐解く上で「思い」『想い』の理解認識はとても大切です。「思い」は、どちらかと言うと一人称でり、自分自身の心の領域を表す「田」と「心」、『想い』は、多人称の二人称である相手や相対する物事などを表す「相」と「心」この夫々の語は、異なった二つの文字から組み立ててあると解します。「思い」『想い』の心の占有率は個々人の主観的・客観的な思考力、想像力の大小によって差異が生じます。そ...

catalog image

決して忘れない!3月11日

東日本大震災の学びと教訓 【2018】私は30数年前、仙台に在住した時に、一見、排他的と思っていた東北の人達が、実はとても心が温かで、素朴で実直、本当に「優しい」人達が多いということを知りました。それは、東北人の持つ独自の行動や活動から信頼する、感情を表に出さない、話すと親しみ易く、忍耐強く愚痴を言わない、辛抱強く粘り強い、遠慮がちで口が重い、心を開くには時間がかかる、知らない人に積極的な行動をしない...