catalog image

人心を繋ぐ「挨拶と感謝」の表現

心と心を繋ぐ、「挨拶と感謝」の表現とポイント      =アフターコロナ社会挨拶・会話力を身に着ける第一歩は、先ず基本となる礼の形、言葉、仕草を覚えることです。次に相手に合わせた、あなたにしか出来ない、あなただけの個性的な挨拶を身に着けることです。また、忘れてはならない大切な心構えとして、感謝(有難い・嬉しい)と奉仕 (見返りを望まず・求めず) の心を持たなければなりません。特に大切なのは、感謝の伝え方...

catalog image

「信頼」と「絆」

信頼を築き、絆を創る様々な情報が満ち溢れ、変化の早い現代に於いて、私達が人として優先してしなければならないことは、誰からも「信頼」される人創りと社会から信頼される働く環境(店・会社)作りです。また、震災復興やこれからの少子高齢化時代の生活の場や社会、職場において、一人ひとりが人としての「心」を育み、他者との「信頼の絆」を築くことは大切なです。今の時代は、ともすれば、個々人が自分の見た目(外見・表面上)...

catalog image

自分の「役割」ってなんだろう?

自分の役割を知り、認識する 心に響きいつまでも心に残る感動や余韻の「おもてなし」や質の良い「仕事」は、 <させる・やらせる・やらせられる>のではなく、 自然体で積極的(自主的・自発的)にすること、 前向きに取組むことが何よりも大切です。 その為に自らの果たすべき役割を認識しなければなりません。 ⦿夫々の役割を明確に知る《三つのステップ》 ◇第一のステップ 「誰のためにするのか?」 必ず誰かのためになる、との強...

catalog image

「心の感性」ってどんなこと?

「思いやり」の感性を磨く美しいものを「素敵だ、美しい」と感じる取ることができるのは人間だけです。今の時代は“感性の危機”とも言われている状況です。人は豊かな感性を備え持っていて、更にそれを磨くことが出来るのが人間の本質です。また、同じ人間でも心が歪み、荒んでいる時は、自然界や美術の美しさを感じ取れません。詰り、精神状態が正常さを失っている時は、感性(感受性)も鈍ってしまいます。今、日本の社会の中枢とな...

catalog image

人と「向き合う」—信頼は「絆」の礎

「絆」は、信頼関係の構築から近年、東日本大震災を始めとして大雨などの想定外の自然災害、原発事故による災害に見舞われ、多くの大切な命や様々な財を失ってしまいした。私達日本人は、このような厳しい環境に晒されながらも、震災後の夏の節電で明らかになったように夫々が生活や思考の仕方を変えたり、今迄の当たり前を見直したりして対処してきました。同時に少子高齢化社会に入り、一日も早い復興に向かうこれからの日本のた...

catalog image

「信頼」って、どんなこと?

「信頼の礎」→報告と連絡社会生活に必要なコミュニケーションに報告・連絡があります。それは、公私の義務と責任を果たすための人の心を支える二本の足とも言えます。※心の気付きやリアルなことのメモを残しておくことをお勧めします。報告/連絡力が身についていると、思考や仕事の確認作業に他人の視点や評価を加える事が出来る為、仕事達成の可能性が高まります。(参考・注意点) 個人的な判断のもとにする無断の行動は誤解を招...

catalog image

幸せを紐解く

「幸せ」って、どんなこと?現在まで生きてきて、数えきれない人と出会い、触合いました。そのような中で、「あなたは幸せですか?あなた幸せだと思うことは?」と言う問いかけをし、人それぞれに様々な答がありました。また、「自分に素直なっている時に、幸せを感じます。」との答えも多くありました。私の今迄の体験から、「自分に嘘をついたり、言い訳をしたり、偽った時は心から幸せを感じられない。」と学び知りました。現代...

catalog image

思いやり➡「感謝を表す」

「感謝」-思いやりの表現心にいつまでも残る余韻があり、思い遣りのあるおもてなしは、豊かな「人間力の源」です。その為の一例として、感謝を取上げてみました。〇感謝の表現・伝達【採点】良く出来る=4・出来る=3・大体出来る=2・一部(時々)出来ない=1・出来ない=01. 感謝を表し伝える必要性の認識と目的の自覚がありますか?2. 「有難う」と「有難い」の意識を分けて、感謝の表現をしていますか?3. 感謝を伝達する上...

catalog image

心を繋ぐ当たり前の【報・連・相】

報・連・相&感謝の「ひと言」当たり前のことですが、【報・連・相】は、公私共にとても大切な活動です。特に危機管理(自然災害・ウィルス対策・事件事故など)に徹底しなければなりません。「報・連・相」は与えられた仕事に責任を持ち円滑に進める上でも、社会生活上の人の繋がりに絶対に必要なことです。そこに、相手に対するの「思いやる心」が表れます。この活動には【感謝の「ありがとう」のひと言(=心)のキャッチボール】が...

catalog image

Ⓢ日本人の心『道徳』-(9)智(知)

智(知)を紐解く徳の一つ智(知)については、様々な文献に以下(※印)のように記されています。ここでは私見を交え違った角度から紐解いてみます。〇智(知)を智慧として実社会で活かす【智・知】のテクニカルスキルは、知識とか知性などに相当する領域、知っているか、知らないのか?の自覚、出来るのか、出来ないのか?の認識であると解して以下を記します。実社会での普段の生活、会社や組織、店舗などでは、「技」と言われるテクニ...

catalog image

自分の本質は、どうしたら解るの?

本質を知るための活動?≪本質を知る≫活動自分の心に嘘や言い訳をせず、また、人の目や思惑を意識せず素直に正直に認め、信じ、受容れるために自分と「向き合う」活動をする。 日本の人的社会環境は昭和から平成に移り、 人との触れ合いや社会生活は大きく様変わりしています。 そして私達の生活環境は、数多くの豊かな物に溢れ、 数えきれない程の情報がありその選択に戸惑ってしまいます。 個々人を優先して物事を思考し行動...

catalog image

魅力はどうしたら身に着けられる?

グローバル社会の個性的な人間力育成 【人としての生き方、コミュニケーション力、        人間力はいくつになっても育てられる。】 自分の人生後半の実体験からこのように思います。日本の社会は、個人中心に動き始めています。同時に、少子高齢化や人口減少が表れ始め、その対策や効率化を図るためAIの開発導入も始まりました。このような社会に必要なのは「個性的な心豊かな人間力」です。自分の個性に合った「人間力」...

catalog image

何故?自分と向き合うの!

 自心と向き合う「目的」は?  人は、誰よりも自分が好きですし、最も愛していると思います。 歳を重ねると、自分の心を偽った嘘をついたり、言行をしたり、 何らかの間違った行動をしてしまったりした時など、 自分の心に都合の良い言い訳しながら生きていくようにもなります。 そんな時が、自分の心と真剣に向き合うチャンスです。 自分の心と素直に向き合い本当の姿を知るためには まず、「何のために自己洞察するのか...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(8)-日本人の特質-断る勇気

#Nippon人力の体得-「断る勇気」  ※【#Nippon人力】 世界中から賞賛されている#Nippon人ならではの♥心♥を言い表す自作の語です。 古より多くの日本人は、他人の思惑を気にし過ぎ、 気遣うばかりに断ることが苦手な人が多いように思えます。 これは昔から、曖昧さを美徳としている日本の国民性に依ることかも知れません。 日本人ならでは特質は、自己主張が苦手でまず相手ありきを考え、 相手が居るから自分が在るという感...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(6)-日本人の特質(表裏一体)

 表裏一体の自然体に努める 表裏・裏表のある人 表裏のある人、裏表のある人、両者に共通しているのは 「言行や態度と内心(本質)が異なる」ということであると解します。  人の心、性格や能力は、外見だけでは判りません。 人は、多少なり外面と内面が違うのは仕方ありません。 人との触合いも実際に月日(時間)をかけて触合い、 相手の心と心から向き合う体験を重ねなくては その人の本当の姿(本質・実像)は解り得ないの...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(11)-感情と💗心の礎&軸

感情と「生き方」と「心の在り方」 人は感情の動物と言われ、この感情は主にその人の「生き方」と「顔付き」に表れます。一流と言われる人、エンターテナー、メダリストやプロのスポーツマン、社会から信頼される経営者などの皆さんは、彼らを支えてくれる人やファンに対し、決して自分の感情を出さずファンへの感謝の表現を忘れません。そして彼らは、自分自身や仲間に対し、目いっぱいの感情を表現しています。その人達に共通すると...

catalog image

【大切な人】はどんな人?-定義

大切な人を定義する日々の様々な人との触合いやおもてなし、接客・接遇、クライアントとの豊かな人間関係を構築する上で、『源』となる【キーワード】があります。それは、 愛する人のため、 日々触合う相手のため、 お客様や患者さんをもてなすため、 施設や会社、職場の仲間のため、 今後の日本社会全体のため・・・等々。といったことに当て嵌まり、これから直面するであろう様々な自然災害、厳しい2050年問題と言われ...

catalog image

「信頼」と「絆」

信頼と絆の関係先ず原義を知るため大辞泉により検索すると「絆」とは、<人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。>「信頼」は、<信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。>とあり、信頼と深く関わる「信用」については、確かなものと信じて受け入れること。それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与えるそのような評価。とあります。「信用」は、実...

catalog image

身に付けよう❕ 「思いやりの心」 

拡散しよう !「思いやる心」 【拡散の目的】①国内外へ日本人の魅力UP-GDP工場・和心で国民性向上②個人中心の社会で幸福度UP≒少子高齢化社会で幸せに生きる知恵③心の闇を少なくする=個々の承認欲求満足④人として残念な犯罪、事件を減らす⑤感情(心)のコントロールで円滑な人間関係構築⑥公共のマナーを徹底する(コンプライアンス意識向上)⑦格差社会でも皆が助け合う社会環境作り⑧対応意識の高まりを抑制し、応対意識の拡散・...

catalog image

≪与える活動≫-自然震災から学ぶ

ボランティアは無欲無心の活動近年の自然震災や原発事故の被災地への支援やボランティア物質的援助をしている殆どの方々は、何らかの見返りを望みで行動や活動をしているとは到底思えません。そのような中で、スポーツマン、芸能人や著名人のそうした支援活動を、ごく一部の方々が見返りを求めた売名行為だと評していますが、決してそのようなことで活動しているのではないと信じたい気持ちで一杯です。また、それが喩え売名行為で...

catalog image

「感謝」はどんな言葉で伝えますか?

感謝の言葉を工夫する 1. 感謝と礼儀の心を知る礼儀は思いやりと感謝を表す「形」です。その本質は【心】に在ります。相手を思いやる礼儀は感謝の気持ちを生みます。礼を示されれば、礼を示すのは形からの作法ではなく、感謝を示し伝えてくださった人に対して、真摯に感謝を感じる人間の本質からです。中でも「ありがとう」は礼儀の本質を表す言葉です。『御礼』という言葉が、礼儀を示すこともその証明です。2.“感謝の表現と伝...

catalog image

働き易い職場を作ろう(職場のイノベーション)

職場環境改善-チェックリスト☑職場現況診断項目【採点】良く出来ている=◎.出来ている=〇.時々=△.最低限=☆.出来てない=×.1. 出勤時、退出時に自分から進んで元気よく挨拶をしますか?2. どんなことでも一所懸命(or 一生懸命)行うことが出来ますか?3. かかってきた電話のメッセージは必ずメモを取っていますか?4. 興味のない話でも、話す人のことを思い遣ってキチンと聴いていますか?5. 率先して感謝を表現する言葉...

catalog image

コミュニケーションは【認める】から

「認める心」「褒める」と活動と意識人は誰でも周りの人から認められたい意識を持ち、自分のしたことを褒められれば、嫌やな気持にはなりません。多くの組織では、近年「ほめ育」という活動が多くなりました。日本人はシャイで褒めることが苦手と言われてきました。現在ようなパフォーマンスになり積極的にチャレンジする方も多いようです。出勤時に、「○○さん、おはようございます。」と挨拶し「おはようございます△△さん」と相手...

catalog image

社会人の礼儀作法-挨拶-5 (言葉と語句-1)

挨拶時の言葉と語句-1〇応え易い挨拶言葉&応え難い挨拶言葉挨拶には、「いらっしゃいませ」「ようこそ」の言葉のような挨拶された側が応えの言葉に困る一方通行の挨拶言葉と、「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」のように挨拶のキャッチボールができる挨拶言葉があります。心の通い合いの挨拶が必要とされる親しい間柄、知人、大切な人、お客様や患者さんなどには、挨拶のやり取りが出来る言葉を考えて使うこと...

catalog image

「彼岸」は自心と向き合う日

彼岸に【自分と向き合う】彼岸の中日と言われる今日は、先祖に感謝し、残る六日間は、自分と真摯に向き会い、更に徳を積みつつ己の悟りに努める、ことだと晩年になり学び知りました。即ち、人として生きる為の内観(自省)の期間なのです。それは、他者を思いやる利他の心と自らの心の礎を築くために自らを顧み、「命の元の先祖に感謝し、己の徳を積む日」であると解します。※【自利利他】(自行化他・自益益他)  自らの悟りのために...

catalog image

カーリング娘「そだねー」に学ぶ!

「そだねー」はコミュニケーションツール先月の平昌オリンピックで活躍した選手の皆さんから学ぶことが沢山あります。カーリングの選手からは、仲間とのコミュニケーションテクニック、地元の大切さ、感謝の表現、沢山の人々のお陰(支え)に対する思い、笑顔の大切さ、ポジティブな言行、敗者への気配りなどです。私は話し手の立場での体験から会話や講義(セミナー)、ミーティングなどで人の話を聞く時に「そうですね」と頷きながら...

catalog image

決して忘れない!3月11日

東日本大震災の学びと教訓 【2018】私は30数年前、仙台に在住した時に、一見、排他的と思っていた東北の人達が、実はとても心が温かで、素朴で実直、本当に「優しい」人達が多いということを知りました。それは、東北人の持つ独自の行動や活動から信頼する、感情を表に出さない、話すと親しみ易く、忍耐強く愚痴を言わない、辛抱強く粘り強い、遠慮がちで口が重い、心を開くには時間がかかる、知らない人に積極的な行動をしない...

catalog image

感謝は「人を動かす」! 

心を動かされた感謝の活動 (研修での体験) 感動を生む「感謝」の力過去に行った研修の実体験からのことですが、感謝の力の大きさと影響力を痛感し心を動かされたことがあります。それは、三日間に渡り新学卒者の研修をした時のこと、初日の七時間に渡る長い研修が終了した時のことです、受講した八人全員が、突然立ち上がり、気をつけの姿勢で「本日は、お疲れ様でした。明日もよろしくお願いします。ありがとう御座いました。」...

catalog image

会計レジスタッフの心得&実務-サンプル

会計・レジ応対の心得&テキスト【会計・レジ】は三味一体のまとめ役会計・レジ応対は三味一体の思いやり、もてなし・接客や感動を味わって頂き、全員の代表として最後の締め括りの感謝と礼を表わし伝える重要な役割を果たします。一言一句に誠心誠意を込めて応対することが大切です。[会計・レジ応対]-サンプル基本応対例① お客様が伝票を持ってこられたら、会釈してお礼の言葉を言う  『 ありがとうございます 』  『 伝...

catalog image

「御縁」の継続は心なり!

「御縁」を生かす(活かす)社会生活での人との触合いや「おもてなし」の第一歩は、折角出合えた「御縁」を大切にすることから始まります。人と触合う仕事や様々な接客やもてなしの仕事をしていますと、人と人の「御縁」は不思議で、運命だと感じることが多々あります。日本の住宅には、御縁を繋ぐ縁側がありましたが個人中心、少子化、人口減少などから今は減少しています。人は一生懸命生きていると「善き御縁」努力を怠り刹那に生...