catalog image

思いやりの[三要素]と[気遣い・気働き]の意識と活動

思いやりの[三要素]と[気遣い気働き]の活動あなたなら、この五つの要素の其々を主観と客観のどちらを優先し思考し、各々の活動しますか?💛主観 アイデンティティ-個性(オリジナル)・独創性など💗客観 コミュニケーション-立場転換・共感・協働などおもてなしや接客・接遇をする上で、おもてなし・思いやりの三要素[目配り・気配り・心配り]と《気遣い・気働き≫、この五つの心身の活動は実に奥が深く大切です。◆目配リ(その場や...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) [2]

主観・客観と目配り・気配り・思いやり-2.(主観)---------主観の図---------主観を備え持ち結果を出している人は?[それは、実際に出会った人、様々なプロの世界で活躍している人、人の上に立つ人など] 一日一生の心を備え、その心の活動が出来る 自らの足りなさを自覚認識し、不足していることを補うよう努めている 他人の批評批判は、己に還るとの心で行わない 私的なフィルターをかけて人物、事象、物事を観ない(⇔無私の心...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り)-[1]

主観・客観と目配り・気配り・思いやり-1.【掲載意図】この「心の礎」に現在まで載せました投稿内容の殆どは団塊の世代の過当競争の中で生き抜くため人生前半に於いて接客サービスのテクニック向上、我欲と言える他人に負けない、異性にモテたい、との思いが先立ち人間として大切な人の持つ「心」のことなど微塵も考えることなく、今、この時だけ良ければとの思いが先立ち刹那な生き様をしてしまいました。寂しがり屋で一人っ子の...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-人生の学び

当たり前はどのようにして知るの?情報過多の社会環境で、人として豊かに生抜く心(知恵)と活動💕基礎知識と活動項目【解説】現代のようなネットが普及して手に入れようと思えば子供でも簡単に得たい情報が得られる社会環境です。また、少子高齢化が進み個人中心の個の社会環境になり一方ではIT化・スマホが普及し正しい情報選択が難しく時に誤った情報や知識を得がちになっている現在の私達です。このような情報過多の社会環境で...

catalog image

目配り&5.S.のポイント

目配り&整理・整頓・清掃・清潔・習慣は心の表れお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【目配り&5.S.のポイント】 (こんなことを意識しましょう) 人や物を大切にする心と活動には, 目配り&5.S.が欠かせないと自覚しましょう。 目配り&5.S.のスキルは,仕事は勿論のことプライベートにも大切なことと心得ておきましょう。 御客様や相手の目が届かない所も目配り&5.S.しましょう。 なぜ目配りや5.S.が必要なのか?を知...

catalog image

♯コミュニケーションと【目の表情】

目に感情と心が表れる大切な人や仲間とのコミュニケーションには、触合うその人の目(お客様・相手)の感情や心と身体の状態を目(視線)から素早く察知し言動に移すことは社会生活・サービス業・《おもてなし》に必須です。また、【心眼】とも言われるバーチャルなことも、視覚と五感が必要です。(≒個々の持つ感性)相手の気持ちを察知するには、『立場転換意識』=【客観意識≒顧客目線で思考する】ことも必要です。「目は口ほどに物を...

catalog image

客人ファースト意識と活動の基礎

日本のおもてなし心を表し伝える!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用先ずお客様を慮る≒(客人)ファースト意識※【慮る】 の意味  出典:デジタル大辞泉[動ラ五(四)]《「おもいはかる」の音変化。「おもんばかる」とも》周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす。「相手の体面を慮る」<活動の心得>もてなす側(主人)⇒表現伝達スキル(会話など)・客人の目的理解・歓待意識・・・・などもてなされる側(客人)⇒一見・人種・人...

catalog image

人的付加価値で売上UP-7. 「観察」と「目配り」の実践

プロのアンテナを張るお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用「観察」と「目配り」の活動-抜粋1. お客様の来店目的をいち早く知ろうとするアンテナを備えて行動する2. お客様の特長や仕草を覚えるよう観察や目配りをする3. お客様の言動に合わせて接客応対する4. お客様の現在の精神的、肉体的状況を察知する5. お客様の置かれている公私の立場や環境を察知する6. お客様の召上り物(飲食物)とその順序を覚えられる7. お客様の召上り物(...

catalog image

もてなしの[五要素]とその活動

もてなしの[三要素]と[気遣い気働き]の活動お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用おもてなしや接客・接遇をする上で、おもてなし・思いやりの三要素[目配り・気配り・心配り]と《気遣い・気働き≫、この五つの心身の活動は実に奥が深く大切です。◆目配リ(その場やお相手の表情や心理状態様子などの情報をキャッチする活動)⇔観察力◆気配り(状況を察した言動する)⇔察知力◆心配り心の状態を察した言動する)⇔推察力◆気遣い(来店動機、目的...

おもてなしの言動と意識-CH

おもてなしの言動と意識をチェックするお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 [採点]自信有・良く出来る=4・出来る=3・大体出来る=2・一部出来ない(時々出来る)=1・出来ない=0 1. おもてなしとはどんなことなのかを知っていますか?2. T.P.Oの認識の元、「もの」と「こと」のどちらを主におもてなしをするのかを考えていますか?3. 心身の自己管理をして、おもてなしをしていますか? (その時の気分や健康状態に左右されな...

「五配り」+「気働き」

接客・接遇マナーの基本「五配り」+「気働き」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用おもてなしや接客サービスは、もてなす相手やお客様と私達の間でリハーサルなしで一発勝負のリアルタイムで行われるものです。其のため、常に緊張感を持ち本気で真剣に取り組む必要があります。もてなす相手やお客様は私達にとってなくてはならない大切な人ですが、その大切な人に対する利他心である「思い遣り」や「感謝の心」を言葉や態度、行動で表...

プロのおもてなし(接客)の態度と仕草

プロのおもてなしの意識と仕草【100選】お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用プロのおもてなしや接客は、自然さと対価に見合う付加価値を持たなければなりません。お見え頂いたお客様への、自然な仕草の中に目配りや気配り、心配り、気遣い、心遣いの感じられる適度な店内の巡回は、色んな安心感を味わって頂く為の大切な要素の一つです。歩きながら目配りするという基本的な動作にも、利他の心、思い遣りの心が必要なのです。美しい姿...

プロの心尽くしの「おもてなし」

プロの心尽くしの「おもてなし」と状況・状態の把握(掌握)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用お客様、触合う相手への「おもてなし」(思い遣り)に必要とされる心とプロの所作を拾い出しました。●お客様・触合う相手へ、プロの「おもてなし」 (ア) 観察と目配り・気配り・心配り・心遣い・気働きの行動とその応対、対処、対応をする (イ) 観察、察知の行動とその応対、対処、対応をする (ウ) 態度、仕草と表情(目・顔・声)に表わし...

おもてなし度を自己チェックする

自らおもてなし度を測る(飲食店用)   (お客様への思い遣り度を測る)お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用【自己採点】良く出来る=4.大体出来る=3.一部出来ない=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.1. お客様への挨拶を積極的に進んでする2. 一度でもお見えになられたお客様には、言葉に気遣いし挨拶をする3. お客様の心と身体のコンディションを表情や仕草から出来る限り早く汲み取る4. お客様の特長、お顔やお名前を覚える5....

「思い遣り」と「顧客満足(C.S)の提供」

思い遣りの伝達と顧客満足(C.S)の提供に大切なこと お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 人に触合う仕事や日常生活に於いて、触合う相手に自らの思い届ける(思い遣り)為に大切なことは、 思い遣りの[三要素]である目配り・気配り・心配りと心遣い・気働きの五つです。 また、接遇、接客、様々なおもてなし、ホスピタリティ(医療・介護・美容・施設など)の場では、 目配り⇒気配り⇒心配り⇒気遣い⇒気働きの五つのステップがとても重要...

おもてなしの態度 (プロの歩行)

プロのおもてなしの態度「歩行と目配り、気配り」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用おもてなしの応対や接客接遇は歩くこと、即ち目配りし、観察することから始まります。これは、触合う相手やお客様に対する気遣いのスタートでもあるのです。歩くことから思い遣りの様々なサービス、お世話やおもてなしが生まれるのです。お客様にとって、目配り気配りの感じられる適度な店内の巡回は、安心感を味わって頂くための大切な要素の一つ...

仕事と作業マニュアル

仕事と作業マニュアルの関係お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用最近は分煙化が進み多くの会社やホテル、施設などで喫煙スペースが設置されています。最近、あるシティホテルで体験したことです。分煙スペースに置かれている灰皿やゴミ容器に、吸殻やタバコの空箱が一杯でした。そこで新人と見られるベルボーイに「吸殻が一杯で使えません」と処理をお願いしました。その方は、直ぐに灰皿の吸殻は処理し、「失礼します」と丁寧に挨拶...

大切なお客様への思いやり

思いやりの「心」「技」「体」 (大切なお客様編) 大切なお客様への思いやりとマナー内容を解り易くまとめてみました。大切な方 (=お客様・患者さん・ビジター) への思いやり思いやり⇒形で表し伝える手段⇒接客、接遇マナー    ⇓ おもてなしの心と言動思いやりの意識は・愛情を持つ・共感し合う・共有し合う  などの「コト」を指す。思いやりの三要素+手配り・身配り=五配り一、目配り⇛お客様を見る(見守る)・お客様...

苦情処理時の言葉遣い

[苦情(クレーム)処理の基本用語] ※目線は相手より下の位置で応対するように心掛けましょう。 ・「大変失礼致しました」  ・「申し訳ありません」  ・「申し訳ございません」  ・「どうかお許し下さいませ」 ・「誠に申し訳ございません」  ・「ご不快な思いをお掛け致しまして、誠に申し訳ございません」 ・「大変ご迷惑をおかけ致しました」  ・「(私共に)不手際が御座いまして、誠に申し訳ございません」 ・「今...