catalog image

モラル・マナー・礼儀と調和

モラル、マナー(躾)、礼儀を見直す(調和の認識)この記事は、『誰よりも愛し、大切にしている自分を見失わないで欲しい!』そんな想いで記しました。「世界中が日本の文化、日本人の素晴らしさを認め賞賛しているのに、日本人はその良さを失いつつある、それを若者たちに気付いて欲しい」と、世界で一番貧しい大統領と言われ親日家である元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏も訪日の際に多くの場で話されています。現代社会は、自己保身...

catalog image

社会人の礼儀作法-6.礼儀・礼節

日本の心「礼節」と「お辞儀」私達は、日々様々な人々と社会で生活をしながら多くの人やモノに支えられ、生かされつつ、生きています人は社会生活を営む上で、人として互の心を大切に考え思い、生活の場での秩序を保つために、色々な知恵や工夫をして来ました。しかし、個人優先の少子高齢化に変わりつつある現代社会では「自己都合」「無視」「曖昧」「自心への言訳・嘘」「倫理観の欠如」など自己優先の時代になり、人として互い...

catalog image

礼儀と行儀の違い?

「礼儀作法」&現代社会の「恥の文化」-(2)〇礼儀作法と行儀「礼儀」は対人関係での気配りや敬意、 慎みの気持ちに基づく行動の規範。「作法」は対人関係に限らず、 礼儀にかなった一定の行動の仕方。例えば「年賀状をもらったら返事を出すのが礼儀だ」は「作法」では言えないし、「お茶の作法を身に着ける」を「礼儀」とは言えません。また、「作法」を知らないと言うことは単にその知識がない場合も多いですが、「礼儀を知ら...

catalog image

マナーとエチケットの違いは?

「礼儀作法」&現代社会の「恥の文化」-(1)長年に渡り、もてなしやサービス業に携わってきましたが人生半ばに「思いやりの心」を知るまでは、「礼儀作法」は心を伴うと理解ができず、他人の眼や外見優先の上辺だけの「形だけ」でした。人に恰好良く見せたい、人に好かれたい、人前で恥はかきたくない、出世したいなどといったことから、強い感受性でその形を磨くことだけをして来てしまい、「礼儀」の語彙である、人の心が係わる...

catalog image

礼&挨拶

礼儀・礼節&挨拶お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今の日本は、即効性と利便性の時代が終り、作法やマニュアルなどの定型で表現できない感動と互いの絆を確かめるための心と心の繋がりと個々人の精神的満足感を味わう社会となりました。現代は変化が激しく予測が困難な時代、価値観が多様化している社会と言われますが、「心の礎」となることはいつの世も変わりませんし、必要不可欠です。それを支える土台は人としての『品性』即...

catalog image

お辞儀の心

礼か?見た目か?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用『お辞儀は誰に対し、何の為にする』飲食店、スーパーや物販店では、会計時にレジに向かってお辞儀をする人、医療機関では、仲間とお喋りしながら患者さんにお辞儀をする人、パーラーでは、誰もいない遊戯台に向かってお辞儀をする人、会社では、机に向かってお辞儀をする人など、対象や「何故するのか?」と言った目的を認識(自覚)せずに、お辞儀をしている場面を目にします。き...

catalog image

感謝の心と表現

感謝と礼儀の関係お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用感謝の言葉「ありがとう」は、「有難い」「お陰様で」の語彙「感謝の気持ち、身にしみて嬉しい」から由来しています。感謝は考えていたり、思っていたりしているだけでは伝わりません。その心は態度や仕種、言葉で初めて生かされ、その気持ちを物や形に置き換える時もあります。礼儀は思い遣りと感謝、遜る謙虚な気持ちを表す「形」です。その本質は、【己の心】に存在します。自...

手を組むスタイルの変化?

何故、胸の前で手を組むのでしょうか?エレガントや美しさを見せる手組みのスタイルは、礼を表わすマナー? お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用最近ある大手のI・Toと言うフランチャイズのレストランチェーンで会食しました。びっくりしたのは、食事を運んできたウエイトレスがテーブルに注文した料理を置いた後、肘をL字型にするようにして、手を胸 (胃の前) で組んで立礼をしている姿を見た時です。その時、肘が横を通ろうとして...

「ありがとう」のひと言の重さを見直す-2

感謝は人を動かし、自らの気分を良くするお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用バスに乗って降りる時、今まで他の乗客に無愛想な態度をしていた運転士さんに、「お世話さまです」と言って声を掛けて降りると運転士さんの方が、「ありがとう御座いました」と言って軽く会釈をしてくれることが多々あります。その時は、とても気持ち良くバスを降りて目的地に向かうことが出来ます。これこそ、まさに感謝の言葉の魔力であり、人の心を動かす...