catalog image

【自利利他】の取組み

「求める」と「与える」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「求めよ、さらば与えられん」「与えよ、さらば与えられん」この二つの言葉は、キリスト教に限らず仏教にも同様な内容の教えがあり、宗教を度外視して修めておくべきことだと思います。「求めよ、さらば与えられん」☞ 自利新約聖書「マタイ伝」の一節から多くの人々に知られている言葉です。『求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん』...

catalog image

【自利利他】&「克己」

自利利他と克己の関係お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用【自利利他】とは、「自分の本当の利益は、人々の幸せを図っている行為そのもの」を表わします。また、「自利とは利他を言う」とも言われ、他人に利益を与えて行くことが、結果として自分の利益に繋がると言うことも意味しています。この自利利他の理念は、平安時代に、天台宗の創始者である最澄薯「顕戒論」の文中にある「大乗の菩薩の道にはすべて自利なし、利他を以って即...

catalog image

自利利他、愛他の心

自利利他、愛他の活動お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用自利の「謙虚さ」、利他の「感謝」、愛他の「施し」多くの人々から愛され信頼されている人、成長し続けている企業のトップ、或は一流人と言われる人、成長し続ける中小の会社経営者、信頼され人望のある指導者、ベストセラーを出し続ける著者、世界で活躍する様々なエンターテナーやプロスポーツマン総てに共通しているのは、利他の「感謝」、自利の「謙虚さ」、愛他の「施し...

catalog image

感謝の心を、与え続ける

感謝と情けを常に与えるお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用『与えよ、さらば与えられん』【出典。故事ことわざ辞典より】 ひたすら神に祈れば、神は必ず正しい信仰心を与えてくれるだろうということ。転じて、何事も進んで努力する姿勢が大切だという意味。この言葉は、『新約聖書。マタイ伝』の山上の垂訓にある言葉で、「求めよさらば与えられん、叩けよさらば開かれん」 に基づいていると言われています。「さらば(然らば)」は...

catalog image

自利利他の行い

他者に与えるものお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用仏教には、人に対し、行動(活動)行為をしたり、物を与えたりする時は、自分に今出来る、最高な心と最大のものを与えることが大切だと教えがあります。その様な時には、利己を意識せず、出し惜しみや物惜しみをしてはいけないともあります。例えば、人に何か仕事や個人的なことを頼まれた時に、他人に頼まれるということは、自分に出来ると言うことですから、その時は、いい加減に...

catalog image

仏教十の徳目「畏」

「畏」「畏れ」 (オソレ)【my学びメモより引用】お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用 「畏怖」「畏敬」という熟語があるように、特に「かしこまる気持、敬う気持」が含まれる場合はこちらが適しています。「神をも畏れぬ行動」などと使います。 仏教では「畏」を、五怖畏(ゴフイ)と示します。それは不活畏、悪名(アクミョウ)畏、悪道畏、死畏、大衆威徳(ダイシュウイトク)畏と言われ、人間が生きていく中での五つの畏れです。 私達は健康で長生きした...