catalog image

現代社会は「8W5H」で考える

仕事やプランは「8W5H」でお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用報告業務、思考・プランや物事が5W1Hや6W3Hだけでは整理出来ない日本の社会環境です。そこで、様々なことに対処出来、思考をする為に必要とされるのが「8W5H」であると考えます。【5W1H】  When/Where/Who/What/Who/How (何時、何処で、誰が、何を、何故、どのように)【6W3H】  When/Where/Who/Whom/What/Who How to/How Matc...