おもてなしは「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 接客・接遇の仕事は

おもてなしは「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

他者を想い、思う気持ち、『思いやる心』は、人の「心の礎」です。それは「おもてなし」・「マナー」の礎です。
17-3-照らす横


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s「思いやり」ってどんなこと?ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載っている殆どの記事は、現在までの実体験と学び、その中で得られた気付きから投稿しています。
思いやりや感謝・誠実など心に関する項目は、様々な人と触れ合う時の知識や一つの目安とし御利用下さい。
私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。無断での教材や営利を目的とした引用は禁止と致します。
使う際は、記事右、Categoryの上にある「問合せMail」でお名前・連絡先を必ずお知らせ下さい。

接客接遇を紐解く
接客接遇の語意と捉え方について、私見を交えて解説します。

接客接遇を辞書検索すると下記のようにあります。
接客客をもてなすこと。客に応対すること。客を接待すること。

接遇もてなすこと。応接すること。接待すること。
共通する言葉は「もてなす」「接待」です。

私なりに「客」「遇」の各々の語彙にヒントがあると解釈しました。
【遇する】は辞書検索すると「人をもてなす。待遇する。扱う。」とあります。

大切な人やお客様を始め、人との触合いにおいて、もてなしたり、接待したりすることは、
仕事上は勿論のこと、生きていく上でも、日常生活においても、避けて通れないことです。

「もてなす」「接待」をする上で相手への「思いやり=思いやる心」なしでは出来ないことです。

接遇の辞書検索の解説にある「応対」については、以前の記事「応対と対応」にある通り相手を
中心に意識し、言動することを言います。

接客は、言葉の通り、会社、お店や家庭へ見えたお客様に接する大切な場で必要とされる
もてなし=おもてなし」の心であり、その心を伝え現す会話や態度です。

一方の「接遇」は、人として生活して行く全ての場で不可欠な人との触れ合いに必要とされる
もてなし=おもてなし」の心と言動と解釈できると考えられます。
従って大きく捉えると接遇は全ての場で言える「もてなす」ことを意味し、わたしたちが人として
生きる上で大切なことを指すと言えると考えています。

この「接遇」と言う言葉は、現在は医療やキャビンアテンダント(C・A) の仕事の場で多く使われていますが、前記した通り、実は日常の場で大切なことを意味するのです。
職業や年齢、性別に捕われることなく幸せを掴むために大切なことが「接遇」なのです。
これは実に「深イイ」ことですし、生きる為に疎かには出来ないことです。

そして、相手の心に響き、感動や感謝を表わし伝える接客、接遇をする為には
「マナー」=「思いやり」の形を身に着けることが求められます。

■接客、接遇を解するキーワードはもてなし」「思いやり」「心・技・体です。

思いやり(思い遣り)

思いやり」は一般的に「その人の身になって考える事、察して気づかう事」
「思い遣り」は優しさと勘違いしかちですが、優しさだけではありません

「思い」は相手の気持ちになって考えたり、共感したり、同情したりすること
「やり(遣り)」届ける・差し向ける・行うこと

「思い遣る心」で接することが人として生きて行くために必要なことで
「思い遣る心」は「思い遣り」と言われています。

☆おもてなし(=思いやり)の三要素「心・技・体

《心》=思いやる心の要素
・愛情(愛)
・優しさ
・誠実さ
・信頼
・立場転換
・自己犠牲(奉仕の精神)
・感謝
・お世話
・親切
・寛大さ(心の大きさ)
・安心感(不の解消)
・意識の共有・・・・・・・・・・・等々があり
《技と体》=思いやりを表わし、伝えるために必要な技(スキル)と実際の形
・行動力
・迅速さ
・会話力
・表現力
・姿勢
・態度
・身嗜み
・観察力(察知力)
・目配り・手配り・身配り・・・・等々があります。

思いやりのそれぞれの意味を知り理解し、あなたの大切な方に伝えていますか?

皆さんは、この心・技・体の何を優先していますか?


接客マナーを修得することは、人としての幸せを得る為にも接遇マナーを身に着ける
近道とも言えますし、幸せを掴む第一歩であり、心創りの「礎」と言っても過言ではないでしょう。

「おもてなし=思いやり」を知り、身に着け、様々な場所での人々との触合いに生かしましょう。
このようなことも含め「接客マナーは心の礎」と言うブログタイトルに致しました。

ブログパーツ
スポンサーサイト
 

接客(接遇)お仕事は

接客の仕事(再認識する)

接客は、あなただけの素敵な輝きが得られる深くて、とってもイイお仕事です。
人はどんなに着飾っても心の美しさに勝るものありません。
外見からの美しさ綺麗さには限度があります

人と接することで磨かれ、楽しみながら成長出来るのは接客の仕事だけです。
接客の仕事は人を中から綺麗にし、そして周りの人々に幸せや感動を与えられます。
お客様から沢山の心のサプリメントや感動のエネルギーを頂けるのが接客の仕事なのです。


◆接客とはこんな仕事です。

人間にしか出来ない仕事

様々な人との心と心の触合いがあり、生きている事を実感でき、豊かな心が持て
幸せを掴める近道になります。

人との出会いのある仕事

様々な出会いがあり、同時に色々なコミュニケーションスキルが身に着けられます。
小さな些細な出会いが大きな力を与えてくれます。

自分自身の心を育んでくれる仕事(心の創造)

人として大切な感謝、思い遣り、誠実、優しさ、奉仕の心と表現の仕方などを
身に着けられ、自己啓発にもなる仕事です。

人生の生き方を教えてくれる仕事

相手の立場で物事を考えられるようになり、信頼され愛される人になれます。
また、身に付いた忍耐や寛容さを自分の生き方のプラスに出来ます。

感謝と感動のキャッチボールのできる仕事

お客様と接客することから「認められ」「感謝され」「信頼される喜びを味わえます。

沢山のエネルギーを貰える仕事

お客様や仲間から心のエンジンを動かす沢山のエネルギーやサプリメントを頂けます。

マナーが学べる

生きて行く上で大切な、人と接する際の色々なマナー(思い遣り)を身に着けられます。
対人関係に自信が付き、心豊かな生活が出来るようになります。

数値では計れない深イイ仕事

お客様との接客から、数値で計れない無限の感動を味わえ、信頼が生まれる仕事です。

自分自身の「人間性=心」がモノを言う世界です。

おもてなしは形だけでは出来ません。
接客の仕事はあなたのお客様を思い遣る心が大切なのです。
そして多くの感動を与えるのです。

楽しみながら「おもてなし」が出来るお仕事です。

お客様からのあなたへの「ありがとう」のひと言は、私達に他の仕事では味わえない
とっても温かな心を与えてくれます。
「おもてなし」から得られるお客様の笑顔は、働くあなたを楽しい気持ちにしてくれます。


ブログパーツ