catalog image

心の基礎って何?

心の基礎 「#心の礎」を知ろう心を支える土台石礎は、どんなものなのでしょうか?「礎」は、一般的に土台石。物事の基礎となる大切なもの。また、その人。のことを言います。それは、思いやる心に溢れ心豊かな人、個性的で魅力的な人間力を育む土台石です。これからの少子高齢化社会の日本になくてはならないもの大切なものです。その「心の礎」は、日本人としての大和魂、武士道、道徳、モラル、人として正しい判断、認める、筋を...

catalog image

生き方の知恵

「生き方」「在り方」と感情 人には異なる個性・感性があり感情の動物と言われ、この感情は主にその人の「生き方」と「顔付き」に表れます。一流と言われる人、エンターテナー、メダリストやプロのスポーツマン、社会から信頼される経営者などの皆さんは、彼らを支えてくれる人やファンに対し、決して自分の感情を出さずファンへの感謝の表現を忘れません。そして彼らは、自分自身や仲間に対し、目一杯感情を表現しています。その人達...

catalog image

「心の礎」って?

人として、企業人として「心の礎」を築く体験を元に組立ててみました。随時、自分自身と向き合うことを心掛けましょう。お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用...

catalog image

「人として正しい」って何?

『正しい判断』お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 日本の民主主義の社会制度は、 それぞれの人によって『正しいと考え、思うことは異なる』 と言うことを大前提にして作られ、実生活の中で生かされています。 社会人として弁えて置くべき、当たり前の知識や人として成すべきことを『正しいこと』と話すと、 年長者は、「押し付けがましい」とか、「今の時代に合わない」と言われることも度々あります。 これは、『正しい』と...

catalog image

人と触合う仕事

「志望動機と仕事を通して学ぶ」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用こちらに記してある内容は、仕事に対し悩んだり、やる気がおきなかっりした時など、初心(原点)に還って、自分がこの仕事をとするキッカケなどと「向き合ってみる」ことにも繋がります。何人、何事「初心忘るべからず」の心は大切だと思いますので改めて投稿しました。なぜ接客、もてなしの仕事をするの? 〇志望動機(主な項目)1. 親や知人の勧め 2. 世の為、人の為にな...

catalog image

人として「正しい」こと!

『正しい判断』正しいと言うことお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本の民主主義の社会制度は、人によって『正しいと考え、思うことは異なる』と言うことを大前提にして作られ、実生活の中で生かされています。社会人として弁えて置くべき、当たり前の知識や人として成すべきことを『正しいこと』と話すと、年長者は、「押し付けがましい」とか、「今の時代に合わない」と言われることも度々あります。これは、『正しい』という判...

catalog image

明言素と暗病反

ポジティブな明元素&ネカティブな暗病反の言葉お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用A.明元素の言葉は、「現状打破」の為のチャレンジ語です。 ※明元素=【明るさ・明朗、元気、素直】B.暗病反の言葉は、「現状維持」の為のメンテナンス・キープ語です ※暗病反=【暗く、病んだ、反する】と言う語彙。細かな解説は、☟此方にあります。明元素と暗病反 ...

catalog image

自他を守る「決断」&「勇気」

信頼の礎-「受ける決断」と「断る勇気」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用相手からの依頼されたことを、まず、何故の心を以って言葉の端々や態度、依頼主の人格、経路などを冷静に受け止め、分析思考してみることです。受ける際、断る際に重要なのは、「自分自身の受けられる限界を知っておくこと」です。出来もしないことをその場の成り行きや情で安易に受けてしまい、結果として、相手に不信感を与えてしまわないようにすることで...

catalog image

人生を豊かにするために

「心」を変え育み、人生に活かすお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  現在まで数多くの店舗や会社などで、もてなし、接客を始めとし、社是・ビジョン、企業理念、テーマ、コンセプト、給与規定類営業指針や管理指導テキストなどを作ったり、実施するためのサポートアドバイスをしたり、講座などで色々な話をして参りました。その中での企業や店舗指導活動に伴い、行ったことの一つに、職場の意識改革や心を育む活動があります。ま...

catalog image

幸せを紐解く

「幸せ」って、どんなこと?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在まで生きてきて、数えきれない人と出会い、触合いました。そのような中で、「あなたは幸せですか?あなた幸せだと思うことは?」と言う問いかけをし、人それぞれに様々な答がありました。また、「自分に素直なっている時に、幸せを感じます。」との答えも多くありました。私の今迄の体験から、「自分に嘘をついたり、言い訳をしたり、偽った時は心から幸せを感じら...

catalog image

知恵のイン・アウトプット.

学びを生かす【思いやる心】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用社会がどんなに進化し、発展しても社会を構成する人の『心』は変わりません。人は、日々生活しながら様々な学びや生き抜く知恵を体得しています。そして、どんなに素晴らしい学びや知識であろうとも、それを自らの心の中に確りと落とし込め(インプット)なくては何の役にも立ちません。落とし込んだことを自らの力で消化し、己の血肉とし、生きるための知恵としてそれを...

catalog image

心の「在り方」に目を向けよう

心の「在り方」「生き方」&【礎】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※以下、人の目(外見・形)や自らの「生き方」だけを大事にし、周りの人々の心を考えなかったこと、 それは人として大変な「過ち」だった、との気付きや多くの反省から記します。現在の日本は、「個」優先社会となり良し悪しに関わらず、国政を司る政治家・公務員、個々人の生活や人との関わり、様々な職場の人間関係や仕事にもその現象が多く見られるようになりま...

catalog image

ひとつ一つの御縁を大切に

“御縁に欠けせない感謝と礼”お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用●合縁奇縁・愛縁機縁 ※読みは共に(あいえんきえん) 御蔭様で、当ブログ「接客マナーは心の礎」を、08年9月から現在まで様々な内容について書き続けることが出来ました。つい最近、今迄生きてきて数えるほどしか経験していないリアルな貴重な体験として、合縁奇縁(愛縁機縁)を実際に体験出来ました。もしかすると、今年がうるう年に当たるからかもしれません?(笑)そ...

catalog image

心を育む仕事

人と関わる仕事お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人と関わる仕事をしている人は、触合う相手やお客様を心から笑顔にしたい、触合う相手やお客様に喜んで頂きたい、触合う相手やお客様に温かで美味しいものを提供したいなどと言ったことで、人と関わる仕事をしている人も多いようです。サービス業と言われる私達の仕事は全て人との関わりや人との触合いから成り立っています。仕事に限らず人との触合いは、人間性を育くむ道と言って...

catalog image

領域と境界線(4) マナーとルール(所作)

マナーのパフォーマンス化?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用そもそもマナーとは、相手への「思いやり」を表す「形」です。従って、その人の持つ個性や感性が多少なり滲み出るものです。ルール(所作・作法)は、極端に言えば窮屈で型に嵌められ、このようにすべきであると言う従うべき決まりごとが多々あります。最近実体験したことですが、Dと言う大手のレストランで、お手洗いに行っている間に、まだ半分以上残っている珈琲とテー...

catalog image

領域と境界線(3) 接客業

「おもてなし・接客業」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用情報溢れる現代社会で生き残り、成長する店舗や企業になるためにはお客様に喜んで頂くことは勿論、常に新たな感動を与えられるよう努めなければなりません。そのために、どのようなことが喜びや感動を与えるのか、具体的に把握しなければなりません。【心の境界線で自店・自社を見つめる。】◇どうしたら、感動していただけるのか?◇どうしたら、好感を持っていただけるのか...

catalog image

領域と境界線(2) 安心と不安

「安心」と「不安」の境界線お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用豊かな対人関係のために、自らの意識や物事の捉え方を【領域と境界線】として思考する。「安心と不安」について大まかに記してみました。実際にどう言った言動や態度なのかを、具体的な事例として分けてみることも必要です。...

catalog image

領域と境界線(1) 当たり前と見返り

人としての当たり前と見返りを求める心の境界線お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用一人の人間として、介護する人として大切にしたい心人は、好かれたい、認められたい、愛されたい、信じてもらいたい、信頼されたい、感謝されたい、このようなことは、多少に関わらず、その相手に何らか見返りを望み求めることの表れだと思います。・人として相手にされたことに対し、当たり前に返すべきことは見返りなのか?・人としての当たり前と...

catalog image

人間関係力の原点「心の礎」

当たり前の「心の礎」を見直すお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用心の礎を築く!現代社会では人間心理学や人間学の様々な本や研修セミナーなどが注目を浴びています。このような人の心に目を向ける素晴らしいことだと思います。しかし、そう言ったものはあくまでスキルであり、意思を明確にし、先ず、相手を認め、人としての道理を弁える、筋を通す、自分の発した言葉に責任を持つ、義・礼を知るなどと言った人としての「心の礎」が...

catalog image

幸せを紐解く

「幸せ」って、一体何でしょうか?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用辞書大辞林に【幸せ・仕合せ・倖せ】は ① めぐりあわせがよい・こと(さま)。幸運。幸福。  ② めぐりあわせ。運命。 ③ ことの次第。始末。とあります。私見ながら、中でも仕合せには、心を以って仕合う相手が必要だと解します。幸せの源は、それを引き寄せる想像力「思いやり」でもあると思います。その「思いやり」の心を育むには、自分の体験や知恵を元に、相...

catalog image

心の礎を築く!

見直そう!当たり前とされる「心の礎」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用ビジネスでも日々生きる上でも、瞬時に出会った人物を見極め、思考、行動しなくてはならない場合に度々遭遇します。また、仲間同士や恋愛などのように長い時間をかけて人を見極め、この人と付き合っても良いか、否かを判断し、活動することもあります。最近では、心理学や人間学の様々な本やセミナーが注目を浴びています。人の心に目を向ける素晴らしいこと...

catalog image

「心」を変える

心を変え、人生を変えるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用自分を含め、人の心を変えることは言葉で表現すことは安易です。しかし、実際に自らの心や人の心を変えることは、強い信念と意思、努力と精進が必要です。私見ですが、この言葉の前に、次の1.~10.迄に記したことが必要であると考えます。1.人として、躾と常識を身に着ける(分別力)2.人として、社会のルールを知り、認識すること3.人として、何が正しいことなの...

catalog image

見直そう自社の当たり前の「ものさし」

リアル&バーチャルな「当たり前のものさし」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人によって異なる当たり前の「ものさし」は、言うまでもなく個々人の感性の元に、リアルな物・事象やバーチャルなものを計る見方・尺度・捉え方・定義上・意識上などの基準です。別な捉え方をすると、人としてのその人の【心の目≒心眼】であると解します。この【心眼】とも言える己の「ものさし」を自分と真摯に向き合い、改めてこの「ものさし」指さし...

catalog image

心の礎「十の徳目」

心を豊かにし、育む「十の徳目」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用仏教の教えには、生きていく上で学ぶことが沢山あります。そして、その教えは、日本人としての心おもてなしの原点「思いやる心」です。また、この「十の徳目」と「和を以って尊しと成す」の言葉は連動していると解します。この「十の徳目」の実践には「和の心」が不可欠だと思います。※徳の文字は「悳」(とく)とも書きます。=「直き心」即ちね素直で実直なことを語...

catalog image

「気」と「心」の違い?

【心遣い・心配り】&【気遣い・気配り】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用五配りと言われる【目配り、気配り、心配り、手配り、身配り】と観察・察知・洞察が必要とされる[ 気遣い、心遣い、気働き ]は日常の人との触合いには勿論のこと、人的付加価値が大切とされる「おもてなし」や「接客・接遇」に欠かすことが出来ない人的要素です。或る時に、接客の仕事をしている方から、『何となく解っているつもりでいるのですが、 気配...

catalog image

褒めてのばすか?勇気付けて育てるか?

褒める活動と勇気付ける活動お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇褒める活動=依存的で、優れている点を評価し、称賛する評価的態度です。 〇勇気付ける活動=対等で自立性を伸ばし、苦境や困難を克服する活力を与えます。ただ褒めるのみの活動は、これでいいのかなぁとずっと違和感を、覚えておりました。褒めて伸ばすことだけでは、確りとした心の礎は築くことが難しいと思っています。褒めることは、相手を評価する上下の関係の活...

catalog image

人生と愛

人生「運命と宿命」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用【以下宮本辰彦氏の人生論より抜粋】 人生の目的は人格完成にあり、それは「愛」を身に着けることと、「創造力」を養うことにある。 人生には自らの力で変えることの出来る「運命」の部分と、変えることのできない「宿命」の部分で成り立っているが、「運命」は創造力を養うため、「宿命」は「愛」を学ぶためにあると言う。個々人が幸せになるには、先ず自らが自分自身をきちん...