catalog image

「謙虚な心」って?

謙虚な心とは『謙虚』※謙虚の辞書検索 控え目で、慎ましいこと。遜って、素直に相手の意見などを受け入れること。また、その様。※謙虚の類語 謙譲(の美徳)・控えめ・誠実・虚心に・素直に・謙遜する・(自らを)抑える・目線を低くして慎ましい気持ちで・ 肩肘張らない・偉ぶらない・寛容な・開かれた(感覚)〇諺では、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」「能あるタカはツメを隠す」〇私見としては、「思いやり・愛」と「敬意」、...

catalog image

潔い人!

潔く生きている人人は他人をさげすむことで自らを勝ち誇るのは、実は己の自我に打ち負かされていることです。しかし一方で、自ら潔い人が、公正を期す目的で他人の過失を本人にだけ指摘するのは、むしろ奨励されるべきことであると考えます。その際に、どんな方法でも良いと言う訳ではなく、なるべく相手を辱めぬよう心して出来るならその相手自からがそれに気づくように、さりげなく仕向ける思いやりの配慮こそ肝要だと考えます。...

catalog image

信頼と魅力の源-「謙虚さ」と「五配り」

「謙虚さ」と「五配り」の修得個人生活においても、仕事上でも信頼と魅力の【源点】は、何事も自らが遜り受け入れる「謙虚さ」と、人としても、職業人としても「気が利く」と言われる「五配り」であると考えます。では、「謙虚さ」や『五配り』と言われる「目配り」「気配り」「心配り」「手配り」「身配り」と言ったことは、どうしたら身に着けられるのでしょうか? 「謙虚さ」や「五配り」は、自らが能動的に心を動かさない限り...

catalog image

「信頼」の元って、どんなこと?

「信頼の礎」→報告と連絡社会生活に必要なコミュニケーションに報告・連絡があります。それは、公私の義務と責任を果たすための人の心を支える二本の足とも言えます。※心の気付きやリアルなことのメモを残しておくことをお勧めします。報告/連絡力が身についていると、思考や仕事の確認作業に他人の視点や評価を加える事が出来る為、仕事達成の可能性が高まります。(参考・注意点) 個人的な判断のもとにする無断の行動は誤解を招...

catalog image

「信頼」と「絆」

信頼と絆の関係先ず原義を知るため大辞泉により検索すると「絆」とは、<人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。>「信頼」は、<信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。>とあり、信頼と深く関わる「信用」については、確かなものと信じて受け入れること。それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与えるそのような評価。とあります。「信用」は、実...

catalog image

信頼と信頼関係の心を知ろう!

心と心を繋ぐ「絆」-信頼人と人、会社と人、会社や店と取引先との「信頼関係」、「絆」の≪礎≫は、触合う相手を思いやる心で相手の立場に立ち物事を思考し、行動することです。それは、取りも直さず「対応」意識ではなく「応対の心」ですと同時に、お互いの心の知能指数(.E.Q.)とも言える、「心の体力」が備わってこそ成り立ちます。「絆」の文字は組立てから、「糸」は<人≒心の体力>を表わし、「半」は<互いの心>が半分と言...

catalog image

信頼の原点-報告・連絡力

信頼のスタートー報告力【報告力】「報・連・相」は、与えられた仕事に責任を持ち円滑に進める上でも、人の繋がりにも絶対に必要です。それには、相手に対する思い遣る心が表れます。それには【感謝のキャッチボール】が不可欠です。特に上司から部下に対する感謝の気持ち、部下から上司へ「お陰様で心」があるのとないのでは、信頼関係や心の繋がり方に大きな差が出てしまいます。お互いが謙虚に心からの「ありがとう」「お陰様で...

catalog image

依頼されたことを受ける、断る

「受ける決断」と「断る勇気」(新)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇依頼されたことを分析し、判断する先ず、依頼内容を何故の心で相手の言葉の端々や態度から冷静に受け止め思考することです。受ける際、断る際に重要なことは、「自分自身の受けられる限界を確り弁えておくこと」です。その「自分の限界」を知るには、ある程度仕事をこなすことでの経験値も必要ですが、常に自分に「出来るか否か」という想像力を働かせて、判断...

catalog image

信頼される人に成る!

【安心感の原点】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 「報告・連絡」の重さを自覚する★安心感(安信感)の発信 今の日本は社会全体が「個」を優先し、 個人の安心・安全を大切にする傾向があります。 このような利己的な要素や要因を如何にして解決し、様々な個の弊害を解消して行くかが、これからの社会全体の課題ではないかと思われます。 この為のキーワードとして、 「安心・不安(心配)」と言う語が挙げられます。 また、その手段...

catalog image

「信頼」と「絆」を築く

おもてなしで「信頼」と「絆」を築くお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用~人として備えておきたい人間関係の「知恵と心」~様々な情報が満ち溢れ、変化の早い現代に於いて、私達が人として優先してしなければならないことは、誰からも「信頼」される人創りと社会から信頼される働く環境(店・会社)作りです。また、震災復興やこれからの少子高齢化時代の生活の場や社会、職場においては、一人ひとりが人としての「心」を育み、他者と...

catalog image

信頼を築く

自分と「向き合う」-信頼を築くお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「信頼」は、大辞泉に信じて頼りにすること。頼りになると信じること。また、その気持ち。とあります。私見ながら、信頼の文字を分解すると、「人」「心」「口」「束」「頁」の文字で構成され、この五文字を人間、仕事、組織・会社の夫々に当て嵌めて考えみます。先ず「頁」は、信頼を紐解く上で大切なキーワードと考えられ、以下のように解釈出来ます。人間的な信...

catalog image

信頼は人源力!

信頼の絆「人源力」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用情報が満ち溢れた現代に於いて、成長する企業や店舗に於いて、最も優先しなければならないことは、お客様やクライアントからの「信頼される人創り」=「人源力」であると考えます。また、これからの少子高齢化時代の生活の場や社会、職場においては、一人ひとりが人としての「人源力」を育み、「信頼の絆」を築いて行くことも大切なことです。激しい競争のある現在の企業や店舗...

catalog image

人源力「信頼と絆」

         「信頼」と「絆」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用現代社会は、ともすれば、個々の人々が外見や表面上を飾ったり、磨いたり、スキルや資格の取得などと言った外見や実績、スキルに捕らわれがちです。だからと言って、表面上の自分磨きや資格などの修得を否定しているわけではありません。多くの方々と触合う場や接客・接遇の場に於いても、表面上の形だけで『心』の感じないマナーやマニュアル通りで作業的に感...

catalog image

『信頼』と『絆』

『信頼』と『絆』の原点 お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用「仁」は、愛(思いやり)。 「義」は、正しい人の道と判断力。 「礼」は、礼儀・礼節と言った秩序。 「智」は、知識と経験を通じて変容させた智恵。 「信」は、信頼、信仰といった敬虔さ。 「道」は、人として歩むべき道程。生き様。 「徳」は、人格力と魂の総合力 「信頼」1.結果が得られなくてもその責任を自分に求めることが出来る状態2. 小さな信用の積み重ねが大きな信...

catalog image

【信頼】

信頼の絆お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 信頼は文字通り、≪信じることを頼ること≫です。 故にその対象の人に、 信じるに足りる根拠になり得るところが無ければ、 その相手を信じることも頼ることも出来ません。 人としての本当の信頼関係は、 表面上の仲良しや明るく振舞ったり、 心を開いたりするだけで築かれることではありません。 それは、相手を認めることから始まり、 思い遣り、誠実さ、厳しさ、自分を指差し、 他人を批...

catalog image

信頼の「礎」-傾聴力(新)-心得

「聞く」と『聴く』の心得お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【傾聴力の項目】※夫々の≪キク≫に該当する文字、「聞く」「聴く」「訊く」を当て嵌めながらお読み下さい。1. 相手の個性に合わせて≪キク≫2. 相手の話すことを思いやりの心で察しながら≪キク≫3. 相手の話の内容の主旨や目的を知ろうとして≪キク≫4. 何故の意識を備え持ち≪キク≫5. 立場転換意識を以って≪キク≫6. 謙虚な心身の姿勢で≪キク≫7. 椅子に寄りかからないように心掛け...

絆度をチェックする

自らの絆度をチェックしてみるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用東日本大震災に見舞われた2011年は『絆』の一文字で表現されたように、私達日本人ひとり一人が私生活や職場での人との繋がりの大切さに気付かされ、「自分の為より、誰かの為に」と言った、他者を思い遣る心(人間関係力)の大切さを改めて再認識させられた昨年でした。現在の厳しい社会を生き抜く為、幸せに成れる心を育む為にも「絆」は大切です。今までの自分自...

「絆」と思い遣り

思い遣りを現すマナーは、「絆」の原点お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今年は、昨年の一文字「絆」を作り、その絆確りと結び固めるための年であると思います。震災後、多くの人々の心に芽生えた、「自分の為より、誰かの為に」の心を、ひとり一人がより具体的な行動として表し、少しずつでも結果として残す一年ではないでしょうか。この「誰かの為に」は、以下の言葉にも置き換えることが出来ます。「大切な人のため」「あなたの...

人として大切な「信頼」と「絆」

信頼を築き、絆を創るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用様々な情報が満ち溢れ、変化の早い現代に於いて、私達が人として優先してしなければならないことは、誰からも「信頼」される人創りと社会から信頼される働く環境(店・会社)作りです。また、震災復興やこれからの少子高齢化時代の生活の場や社会、職場においては、一人ひとりが人としての「心」を育み、他者との「信頼の絆」を築いて行くことも大切なことです。今の時代は、と...

catalog image

信頼は「絆」の礎

「絆」の礎は、信頼関係の構築からお薦め度【★★★★★】全業種、業態用 (写真はみんなの経済新聞ネットワークより引用)今年私達は、東日本大震災を始めとして大雨などの様々な自然災害、原発事故による災害に見舞われ、多くの大切な命や様々な財を失ってしまいした。また一方では、異常気象による災害、ヨーロッパを起点とする世界的な経済危機とそれに伴う円高など多くの苦難を受けている状況の中に在ります。私達日本人は、この...

「信用」と「信頼」

「信用」と「信頼」を学び、知るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「信用」の言葉は文字通り、「信じて用いる」ことを言います。「信用」する為には、信じる為に必要だと思われる幾つかの客観的根拠の有無、信じるに値すると判断できる対象の人との実際の体験、また自らの体験や知識から明らかであると判断出来るもの(自らが保有する現時点の常識や当たり前) これらの条件が備わったことに対し信じることを「信用できる」であること...

信頼と絆の源、あなたの誠実度は?

「人原力」≒誠実度を測るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用[誠実さのチェックリスト](誠実さの定義としても活用出来ます)【採点】出来る=3.時々出来る=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.1. 応対や接する相手を大切な人と意識していますか?[  ]2. 真心を持ち人や物事に対していますか?[  ]3. いつ、誰に対しても礼節(礼儀・節度)を弁え接していますか?[  ]4. 其の場しのぎの為の言い訳や嘘をつかないようにし...

人源力「信頼」を知る

信頼関係の構築は、「絆」の礎お薦め度【★★★★★】全業種、業態用信頼は文字通り、≪信じることを頼る≫ことです。故にその対象の人に信じるに足りるべき根拠になりうるところが無ければ、その相手を信じることも頼ることも出来ません。人としての本当の信頼関係は、表面上の仲良しや明るく振舞ったり、心を開いたりするだけで築かれることではありません。それは、相手を認めることから始まり、思いやり、誠実さ、厳しさ、自分を指差...

「信頼」と「人源力」

信頼を築き、絆を創る「人源力」お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用情報が満ち溢れた現代に於いて、先ず優先しなければならないことは、「信頼される人創り」=「人源力」であると考えます。また、これからの少子高齢化時代の生活の場や社会、職場においては、一人ひとりが人としての「人源力」を育み、「信頼の絆」を築いて行くことも大切なことです。ともすれば、個々の人々が外見や表面上を飾ったり、磨いたり、スキルや資格の取...

「信頼」を学ぶ

信頼を学び、理解するお薦め度【★★★★★】信頼とは疑う余地が無く、信頼した結果が得られなくてもその責任を自分に求めることが出来る状態をも言い表します。ですから、人は信頼するために、相手を徹底的に疑ってかかる場合も多々あります。さて、此処で『信頼』を、少し突き詰めて考えてみることにします。信頼の頭の文字「信じる」とは、真実と思う。信仰する。という意味があります。「真実」ではなく「真実と思う」ことを示して...

「信頼」を紐解き、知る(2)

「信頼の礎」を知るお薦め度【★★★★★】信頼の礎は1.いつでも感謝の心の伝達が出来ること2.思いやりの心で人と触合い、思いやりの伝達出来ること3.誠実であること4.人を大切に出来ること  (立場転換意識で触合う・相手を守れる)5.奉仕の精神で何事も行えること (何事に対しても見返りを求めない.計算しない言動が出来る)6.日々自分を省み、陰日なたなく自己啓発(己を磨く)すること7.確固たる信念と豊かな知識を持ち、    ...

「信頼」を紐解き、知る(1)

「信頼」とは・・・?お薦め度【★★★★★】お客様や触れ合う相手を、大切な人と意識した上での、思いやり、おもてなしの心と言動は「信頼の絆」創りには、なくてはならない大切なことです。そこで、この「信頼」について紐解いてみることにしました。まず、信頼を紐解く上で、信用と信頼の関係を知っておくことは大切です。信用は文字の示す通り、信用は信じて用いると書き、信頼は信じて頼ると書きます。大辞泉によると「信用」は確...

ひと言が「信頼の礎」を築く

 「信頼の礎」を築く、ひと言の伝達言葉の伝達は「心」を言葉に載せて伝えることです。この場合も、「声の表情」には意識しなければなりません。対面や電話の会話は言っていることの内容と共に、対面の場合は顔や声の表情で、電話では声の表情で、あなたに対し、相手の抱く感じ方、即ち印象は全く変ります。心の伝達の出来る人は、労力や気遣いを感じると、些細なことでも敏感に受け止め「恐れ入ります」「有難う御座います」「申し...

信頼を創る自立心

信頼を創る自立心自立心(自主・自発心)は、物事を行ったり、判断する場合に命令を下されなくても、出来るということです。自立心(自主・自発心)には目標の選択、その目標の達成過程のプロセス・手法と言う実用的な計画を建てることまで含まれています。 1.目標を明確に具体的に決定すること。   「私は達成したい」と抽象的に捉えないで、具体的に6W3Hで目標達成を正確に述べることです。2.目標達成のための実際的な計...