#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「礎」の御案内&お知らせ

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2016・6


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載せてる記事は、現在までの実体験と人生後半の学び、その中で得られた自心の気付きや知恵です。
コミュニケーションや人財育成のポイント、自心の持ち方などがありますが押し付ける内容ではありません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は、人と触合いでの参考資料にお使い下されば幸いです。

尚、私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。教材-営利を目的とした無断での引用転載は禁止します。
使われる場合は、記事の右、Categoryの上にある「問合せMail」で、お名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

“人は、独りでは生きられない”

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

モラル心軸人間は、

人は多く人々に支えられて生きていられることの自覚を!

見ず知らずの人とのコミュニケーションの礎人としての“モラル”の修得。
今の日本の社会は個人生活を重んじることが浸透してきているせいか
恥ずかしいのか(シャイ)、人の目を気にするのか、
独り下を向いてスマホを見ているよう振る舞う
仲間にイジメの事由にされる目立つ活動を避けている
このように推測される行為、態度、活動が見られます。
最近バスの中で、混雑したバスなとの公共交通機関内での、
マナーやモラルの個人主義的な行為を優先する態度を目のあたりにしています。
例えば、混雑したバスの中程が空いているのに出入り口付近で
床に足の置き場の無い位バックや荷物を置き大声で話す若者達、
年配者が立っていても気づかない振りをして席を譲らない学生さん、
また、計画停電で混雑したバスで奥が空いていても詰めない学生や、
歩いて数分の所でも歩かずに乗車する若い方々、
子供に席を譲って貰った母親が、挨拶が無く、しても仕方なく形だけ、
このような光景を見ると「モラル」やマナーの低さに心が痛みます。
また、現代社会を築いて下さった先人達を敬う心も活動に表して欲しいことです。

“モラルのレベルアップ”

「モラルの徹底」は、自らの心に起きるものであり、
人に求めたり望んだりするものではありませんが、
人々の心に自覚を促す為に勇気と情熱を持って、
徹底ように働きかけて行かなければなりません。

此処まで「モラル」について書いて来ましたが、明日からの日本の為に、
私達一人ひとりが今直ぐに出来ることの一つとして、前の大震災を機に、
現在までの「モラル」をもう一度見直し、新たに高い水準の「モラル」を構築すること、
即ち「モラルのレベルアップ」が何よりも大切ではないか考えます。
また、レベルアップにより、日本の復興に必要な「心」も育むことになるのではないかと考えます。

その為に、温故知新の心で、先ず日本の独自の文化であり、
伝統である「おもてなしの心・精神」を再認識すること、
その中にはモラル向上に役立つ答えが数多く存在すると確信します。

“モラルは、社会人常識力に不可欠”

モラル(Moral)は、「道徳・道義的な教訓」などを意味する英語から来ています。
大きく捉えると、現実社会や実際に生活をする上での態度や気持ちの有り様を言い、
「マナー」を含めた「道徳・倫理・良識」のことを指しています。

そして、日常生活上の人との交わりや人間関係で必要とされ、道徳、倫理意識とも言える
「善悪の是非、判断を伴う感性、意識」を指しています。
モラルと言う時は、特に「現実の社会生活に即した道徳」と言う点が【ポイント】なのです。

立場転換や思いやりの心と言う、自らの気持ちや意識が「モラル」の大きな部分を占めます。
他人が見ていても見られていなくても、正しいことは正しいと判断出来ることが「モラル」なのです。
人は、「道徳を守ることは正しいことである」と広く考えられており、
私達は、直接自分に関係がない場合でも他人の行動を気に掛け、道徳と規範に従っているかを注視します。

道徳に反する行為は、通常、本人に罪悪感を、それを目撃した第三者には嫌悪感や怒り、
報復など強い感情的反応を引き起こします。
更に、違反者に対して寛容な態度を取る者へも同様の憤りを引き起こします。

人は非道徳的な行為の犠牲者になったり、それを目撃したりした場合に、
一般的にその行為者を処罰したいという強い願望を持っています。

マナーやエチケット、慣習的規範への違反は人々から軽率で粗野な行為であると
見なされますが、道徳的規範への違反は、処罰の欲求を呼び起こします。

「モラル」を大きく捉えてみますと、次のようなことだと思われます。

親しみ・思い遣り≒親切さ、他人に親切にすること、害を加えないことの意識

〇平等性≒公平公正さ、公正さを保ち、不公平な扱いを気に掛け罰する意識

〇協調性・奉仕≒集団性、家族、集団への忠誠さ(誠実)、自己犠牲の言動や態度の違反意識

〇権威・継承≒伝統の継承や権威への服従、従わない時の意識

〇純粋・美化意識≒純粋さや清潔さを好み、汚れた物や不純な物を嫌う意識

〇規律性・コンプライアンス≒規律・ルール・規定などの遵守意識と守らない行為に対する意識

〇物を大切にする≒物品を勿体ない意識で取扱う意識、汚したり傷つけたりする行為の意識



    ブログパーツ
    スポンサーサイト
     

    一人ひとりが心身共に飛翔出来ますように

    2017-1-1.jpg
     

    本年を顧みる【会話力】

    お薦め度【★★★★】全業種、業態用
    会話診断

    (※自分のことを振返り診断する他に、同僚などと互いに評価し合う際にも使えます。)

    【採点例】大変良く出来た=3・出来た=2・まあまあ(一部)=1・出来なかった(不足)=0

    [  ]誰に対しても平らに会話しましたか?
    [  ]自分の心に嘘をついたり偽ったりして会話しませんでしたか?
    [  ]適切なアイコンタクトを交えながら会話をしましたか?
    [  ]自らの発した言葉の重さを認識して会話しましたか?
    [  ]言行一致になるように努めしましたか?
        (自分の発した言葉に責任を持てましたか?)

    [  ]相手に伝わる口調で会話しましたか?
    [  ]相手が話すキッカケを作る為の話題を予め準備しましたか?
    [  ]相手の理解度に合わせ、目的を明確にした解り易い言葉で会話しましたか?
    [  ]内容を、状況に合わせ6W3Hで組立て会話しましたか?(主語・述語・目的など)
    [  ]先入観を持ち相対しないようにしましたか?

    [  ]費やす時間の大切さを自覚しましたか?(相手の大切な時間を大切にする)
    [  ]相手を思い遣る心で聞く(聴く)ようにしましたか?
    [  ]お互いの立場を認め合いながら話しを進めしましたか?
    [  ]同じ目線で話し合いをしましたか?
    [  ]未知なことを聞く、学ぶ心を持って会話しましたか?

    [  ]一つの基準を持ち会話しましたか?(基準の有無)
    [  ]同じ目標を共有しながら会話をしましたか?
    [  ]言葉使いや態度を明元素になるように心掛けしましたか?
    [  ]其の場の感情を交えながら聞きましましたか?(感情が優先しませんでしたか)
    [  ]相手が話し易く、聞き入れ易い雰囲気作りに気配りしましたか?

    [  ]こちらが話すことより、相手の話を聞く(聴く)事に重点を置きましたか?
    [  ]頷き(相槌)やひと言を加えて、相手が気分良く話せるようにしましたか?
    [  ]相手を認める言葉や態度をしましたか?
    [  ]何故の心を以って、相手に合い対しましたか?(目的・動機・意志・志向・要望など)
    [  ]自らの好き嫌いで態度を変えないようにしましたか?

    [  ]会話の内容に合せた身振り手振りを交えてをしましたか?
    [  ]見返りを求める話し方をしましたか?
    [  ]褒め言葉や質問を上手に使って、相手の話が弾むようにしましたか?
    [  ]相手の話に途中で割り込んだり話の腰を折ったりしませんでしたか?

    [  ]話しをポジティブに捉えようとしましたか?
    [  ]ネガティブで気が滅入るような暗い話題や悪口などを口にしましたか?
    [  ]出来るだけ多くの情報を集めるよう、普段から気をつけていましたか?
    [  ]相手の役に立ちたいという気持ちで、誠意を持って話をしましたか?
    [  ]誠実に相対しようと意識して会話をしましたか?

    [  ]元気に明るく相手に伝わる様に話をしましたか?
    [  ]聞き手に応じた相手が理解できる言葉で分かり易く話す努力をしましたか?
    [  ]話の焦点を絞って、順序立てて話すように気をつけましたか?
    [  ]専門用語や自社の社内用語などを使わないように気をつけましたか?

    [  ]報告・連絡の徹底がなされましたか?
    [  ]切磋琢磨する習慣がありましたか?(勇気を持つ、注意し合う体質を作る)
    [  ]お互いに不足している所をサポートし合いながら会話しましたか?
    [  ]先ず認め、次に意見の交換をすることを意識して会話しましたか?
    [  ]いつも、相手や周りのことを考え自己中(利己)にならないように会話しましたか?

    [  ]相手の立場、人格を考えた会話をしましたか?
    [  ]自分の印象や評価を聞くことはありませんでしたか?
    [  ]集めた情報を分析し加工して、情報の持つ本質を掴む努力をしましたか?
    [  ]自分の能力に合わせた言葉で会話しましたか?
    [  ]下心を持ち相対さないように自制しましたか?

    [  ]大切な人に真の心を以って会話しましたか?
    [  ]結論や答えを無理強いしないようにしましたか?
    [  ]場面に合わせた役割を意識して会話しましたか?
    [  ]自らの会話内容を振返りながら話しましたか?
    [  ]内容によって信念が窺えるように会話を組立てしましたか?
    ・・・・・など。



      ブログパーツ
       

      謙虚な心で!

      お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

      謙虚な心和紙
        ブログパーツ
         

        管理指導者の対内「対人関係力」-8.

        お薦め度【★★★★】全業種、業態用

             ◆指導管理担当者の能力◆
        対人関係力(管理指導者)

        どの職場でも、仕事だけでなく人望のある管理指導者を育むことは必要なです。
        指導する者は、育成対象者に対し、先ず「」として認め、
        その対象者の人間性を重んじられる人材が求められます。

        教育指導する対象者に、無理に高い技術や優れた能力を求めず、
        日々の教育指導する側から与える活動と育成意識の積重ねは、
        育成者とその対象者にお互いの「信頼関係」と「絆」を創り出します。

        育むプロセスにおける指導管理する者の心得として、
        相手の能力に合わせ、思いやりと立場転換の意識を持ち
        その場その時の空気を読みつつ行うことが求められます。

        教え育むことは、お互いの学びや成長に繋がると共に、
        豊かな人間関係を生み出す心の繋がりにもなります。

        【ポイント】☞ 指導内容をパーソナルデータ化しておく。

        「受ける側は自分一人、管理教えする側は複数。                
         故に、記憶に頼らず記録=データとして残す。」


        【能力の自己診断項目】-抜粋

        [自己] 自信あり=4、やや自信あり=3、多少あり=2、僅かにあり=1、無=0  [重要度] 自己=S・A・B・C  

        1. 予め教える内容の理由と目的を明確にし、それに沿って内容を組立てていますか?
        2. 対象者の、人としての心の姿勢と心のポジションを掴んだ上で教えていますか?
        3. 指導育成者として確固たる信念と自信を持ち「魂」を込め「本気」で真剣に教えていますか?
        4. 教えを受ける側の立場に立ち、些細なことでも対象者を認めながら教えられますか?
        5. 押し付けではなく、教えを受ける対象者へのコーチングが出来ますか?

        6. 目的や得られる結果・成果を伝えながら教えていますか?
        7. 対象者自身の、「気付き」に結び付けられるような内容で教えていますか?
        8. 対象者の経験、能力に合わせて教えていますか?
        9. 一方的に教えるのではなく、対象者に考えさせる手法で教えていますか?
        10. 対象者が出来ないからと言って、決して感情的にならずに教えていますか?

        11. 対象者の「物差し」知り、教える側の「物指し」で計らず、教えていますか?
        12. 教育ではなく、お互いに共育(共に育つ)の意識を持ち教えていますか?
        13. 対象者の実績は度外視して今のスキル、能力の診断が適切に出来ますか?
        14. 対象者の長所、短所を適切に掴んでいますか?
        15. 対象者の意思を尊重出来、意思決定のサポートが出来ますか?

        16. 上記したスキルと能力の現時点での発揮度を適切に診断出来ますか?
        17. 対象者の経験や知識を適切に評価出来、能力、経験や知識に合せた育成が出来ますか?
        18. 対象者と目標を共有管理出来ますか?
        19. 対象者の心理状態、精神状態をいち早く察知出来ますか?
        20. 育成内容や状態を育成メモなどに控えてありますか?

        21. 教える内容について、その都度何故の心を持ち目的を伝えていますか?
        22. 自らが常に上を目ざす意識と意欲を備え持ち教えていますか?
        23. 実際に本人にさせてみてアドバイスするようして教えていますか?
        24. 更に良くなるヒントや方法を具体的に示しながら教えていますか?
        25. 内容修得に合わせ、認め、褒めることを行い、やる気と自信を持たせ教えていますか?
        ・・・・・など。


          ブログパーツ
           

          婚活にも活かせめる人間力を身に付けよう-1

          10月9日(日)開始時間が14時~に変更になりました。

          まだ空席があるそうです。上越市の近くの方お見えになりませんか?

          ※申込みは、025-546-7610 シェトヤ結婚塾へ。


          お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

          個性的な魅力を創る「心」と「知恵」

          「個」の社会で輝く個性を磨く無地白s金

          この度、以前より「おもてなしは心の礎」のブログを御覧戴き、記事の内容に共感され、
          度々コメントを頂戴しておりました新潟県上越市の【シェ・トヤ結婚塾藤結婚塾】様からの
          御依頼で婚活だけなく人と繋がりにも生かせる以下のような講座を開くことになりました。
          この「心の礎」のブログを御覧戴いている一般の方も参加出来ますので御案内します。

          開催日-2016年10月9日() 午後3時~5時 場所 上越市ワークパル
          お申込み受講料などは、前記のシェ・トヤ結婚塾をクリックして御覧ください。


          <開講意図>

          社会や様々な職場で多くの人々に出会いの御縁に支えられ、
          一般社会人として多くの方々に生かされ生きて来られて四十数年、
          若年から中年まで間は、接客やもてなしの現場実務中心の活動、
          壮年以降は、実務に関する様々なこころの学びをして参りました。

          そして、その道程で数えきれない多くの学びや教え、
          日常生活での生きる知恵、その活かし方を身に付けることが出来ました。

          同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、
          人と人との繋がりの大切さ、触合う人を大切にすること、
          感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、と言った多くのことを、
          自らの心の大切で貴重な気付きや学びとして沢山頂戴致しました。

          また、心の闇を持っている人への様々な対策や活動、幼児虐待、
          いじめによる傷害・自殺、社会生活でのハラスメントの多様化、
          人として成すべきでない事件・犯罪の増加に伴い、サービス業に限らず、
          一般社会でも、個々人の他者を「思いやる心」の育成が急務です。
          そのために今の自分に出来ることとしてこの講座を開きお伝えします。

          〇先ず、自分自身に興味をもとう!

          誰でも自分を愛し、一番理解しているのは自分自身のはずです。
          その気持ちと裏腹に、自分自身の心を無視し、偽り、騙し、裏切り、
          或いは、自らの言行態度を正当化するために言い訳をしたことがありませんか?

          また、自分の弱い心と闘って楽な方に逃げたり、
                         誘惑に負けてしまったことはありませんか?


          自分も負けてしまったり、自心に背を向けてしまったことがあります。
          その結果として、大切な人を失ったり、信頼を無くしたりしました。

          その体験から、こう言った行為(活動)を少なくするには
          「素直に正直に自心と向き合い自分らしい本当の自分をよく知る」
          ことが大切だと思われます。
          そして、その自分の本質を心に落とし込み、自信にするのです。

          では、そのためにどうすればいいのでしょうか?
          下図のようなステップも方法の一つとして考えられます。

          2016-8-29和紙

          誰にでも少なからず「認められたい」気持ちがあります
          個人的にも仕事上でも「認められたい」との意識で何かの活動をすることは、
          良き友・仲間・素敵な伴侶や素晴らしい結果・成果を得られ難いと思います。

          何故なら相手から自分に対する見返りを求める心が存在するからです。
          でも、ちょっとした「一言」や「心掛け」で好感を持って貰え、
          認められる方法があり、それはあなたの個性に合わせて出来ます。

          マズロー五段階欲求図6-29

          このようなことから、婚活や大切な人だけに活かすのではなく、
          幸せで豊かな人生を歩むための人間力を身に付ける心の学び知恵
          具体的に実体験から得られた実生活に役立つ秘訣をお伝えします。

          1.総ては「認める」から
           イ) 「認める」と「向き合う」
           ロ) 自信を付ける
           ハ) 素直に自心と向き合う

          2.文字の心を婚活に生かす・・・自然な魅力
           ・夫々の持つ語彙を意識する(言・聴・優・想・思・子・親・我・和・忙など)

          3.「はい」の返事と「たい」の思い
           イ) 一言の返事「はい」に表わす心
           ロ) 愛され・認められ・褒められ「たい」の願望
             「たい」=体・帯・泰・態・対・大・隊・耐・退・待・滞・怠・台・逮など

          4.一人称~三人称の三つのステージ
           ① 自分が選んだ人だから
           ② あなたの笑顔が見たいから
           ③ 皆が口を揃えて同じこと言うから

          5.言葉や態度に表れる自他の心
           イ) 個性的な挨拶力を身に付ける(言葉・表情・態度)
           ロ) 思いやりの「ものさし」
           ハ) 会話≒対話時の位置(対人空間)
           ニ) こんな言行・態度は要注意!
           ホ) 折り返す(レス)の言葉に相手への思いが表れる(K.S・無視)

          【講座総括】

          婚活の目的・・・・・婚活をしながら自心を育む
          人との触れ合いから知恵と心を豊かにする。
          「自分のためより、誰かのために」の心を学び、実生活に生かす。
          なお、お話する主な内容は、数十万人の人々と触れ合った
          無数の実体験から得られた「人間力」を生かす学びや知恵です。

          なお、講座の内容は、多少変更がある場合がありますので前以てお知らせします。

          2015-6月高知
              上の写真「やる気を起こす」の講座から約一年ぶりに公に開く「心の礎」に関する講座です。

          追記
          この講座は、御希望があれば日本国内どちらでも開きます。(最低8~10人程度)
          ※詳しくは、右Category上の「質問・問合せ」でお問合せ下さい。


            ブログパーツ
             

            imagesCA2UZJHEs.jpg「気遣いと「心遣い」

            お薦め度【★★★★】全業種、業態用

            気遣い」は、相手へあれこれと気(神経)を使うことです。
            この「気遣い」はある程度定められたルールが記載されたマニュアルに沿ったものであり、
            サービス業などで対人関係として教わり習う、最低限の対人関係上のルール(マナー)です。

            気遣い」の意味は、基本的に 相手に必要とされる言行をすること。
             →(ルール・マナー)
            例を挙げると、温かい「気遣い」と言う表現は適しません。
            「お世話になっております」や「お忙しいところ」
            という言葉が気遣いを表現します。

            心遣い」は、相手の気持ち(心)を 思いやる心(想像・洞察)です。
            それは、心、想い、思想、精神を思いやりとして相手に表現する心の活動です。
            「〇〇〇〇を戴き、お心遣いに感謝いたします」
            というように使い方をします。
            それは、相手の気持ち(心)や助けになることを思考(想像)し、
            対人関係上で積極的に行う思いやる心の活動です。
            相手のことを心から思いやり、相手の立場で思考する言行が「心遣い」です。
            従って堅苦しいルールやマニュアルは存在しません。
            その場、その時の状況に合わせ相手の心を想像・推測した上での言行と言うことです。

            心身の活動・虹枠
            ※以下に簡単にまとめてみました。

            目配り(お客様の心身、店舗や施設の隅々迄見る) 観察力

            気配り(状況を察した言動する)⇔察知力

            心配り(心の状態を察した言動する)⇔推察力

            気遣い(来店動機、目的、精神状態を配慮、推察して言動する)⇔洞察力

            心遣い(相手を思いやり相手の立場に立つこと。心・想い・思想・精神)⇔配慮・洞察力

            気働き(温かな口調、心の篭ったマナーで お客様に合わせ積極的にお世話する)⇔創造力

              ブログパーツ
               

              お陰様で八年書き続けられました。

                      心から厚く御礼申し上げます。



               

               認められたいなら、先ず自心を認めよう

                 自心と向き合う時間の取れない方

                ・個性的なコミュニケーション力を備えたい方

                ・部下を持たれている方(経営・管理者)

                ・人と繋がる力に自信を持ちたい方

                ・承認欲求に関心のある方


                ※このように考えている皆さまにお勧めの講座です。長年の人生経験を元にお話します。

               “自分らしい自分を見付ける”和紙 

               自分らしい自分を知りたいと思い
               
                 ☆実際にやろうとして考えてみると面倒!

                 ☆自分の時間が取れない、そんな暇ない!

                 ☆それよりもすぐに役立つことに時間を取る!
              ・・・・・


               なんて考えて、当たり前だと思います。
               私も現場でみんなと汗を流していた時はそう考えていました。

               しかし、今のような多種多様な情報の選択や判断に迷う社会生活になり
               自分の意思決定や個性を輝かせるためには「個」の活動が必要だと思われます。

               色々な情報発信やキャッチがスマホなどのIТ機器の普及により、
               何処にいても手軽に出来る社会になりました。

              マズロー五段階欲求図6-29

               この講座の目的の一つは、上図の承認欲求を満たすです。

              人も物も知らなけれは認められない

              【他人を知りたいなら、先ず己を知れ】

               外に向けられ、或いは外からの情報に向けている意識が
               強くなればなるほど人は外からの情報を適正に判断し、敵切に選択する
               自らの心に目を向け、その心を育んで行かなければなりません。

               自分を愛し、一番理解しているのは自分自身です。
               また、自分の知らない良いところを知らずに生きている人もいます。

               その気持ちと裏腹に自分自身の心を無視し、偽り、騙し、裏切り、
               また自らのした言行を正当化するために言訳をしたことがありませんか?

               そういった行為を少なくするには「自分らしい本当の自分をよく知る」ことです。
               そして、その自分を心に落とし込み、自信にするのです。

               では、どういうことをすれば、

               ”自分らしい自分”を見付けられるのでしょうか?

               それを知れば生き方に役立つとわかっていても、
               日々の仕事や生活に追われ、目を向けられません。

               誰でも少なからず「認められたい」と言う気持ちがあると思いますが、
               ただ、個人的にも仕事上でも「認められたい」との意識で何かの活動をすることは、
               良き友や良い結果・成果を得られ難いと思います。

               何故なら、相手に何かしてあげたのから自分にもして貰いたい
               と言う「見返りを求める心」が存在するからです。
               こういった相手への気持ちを持ちがちですが、
               相手のことだけを考え、活動するようにし
               出来る限り意識しないで言行することです。

               【認められたいなら、先ず認めよう】

               この文言を、いつも心の片隅に置いておくと人との和、繋がり(コミュニケーション)に役立ちます。

              【講座概要】

               “自分のことを知り自信を付ける”
               
                誰もが自分の心と向き合うことの良さが解っていても、いざ行動に移そうと思うと中々できません。
                自分を一番理解し愛しているのは自分です。
                その自分らしい自分を短時間で簡単に見付け出し、理解する方法を知り、学ぶワークショップです。
                講座の最後に実社会で人と触合いに直ぐに役立つ個性的な『認める』活動も実習して戴きます。

               -内容-

               自信-1 

               【ステップ№1】自分の良いところを知る

                ①自分の良いところのリストアップ(個人・仕事上=公私)
                 候補シート(+自分で作る)から選び座標軸に付ける
                 (身近な人に選んで貰う=公私共)
                ②能力(出来る・出来ないorしたい・したくない). =得意なこと・意思の有無

               【ステップ№2】自分の良いところを認める.

                 ①自分が自分自身にしている(出来る)認める活動(行為)
                  候補シート(+自分で作る)から選び出す。
                 ②座標軸に仕分け解り易くする。

               ◆今から出来る個性的な『認める』活動-ロールプレイ(20分)

                ・挨拶でのひと言
                ・返事
                ・メールで・・・など。

               ⦿日時 16年7月21日(木) 昼の部 14時~16時 / 同日・夜の部 19時~21時
               ★お申し込みは、昼の部・夜の部をクリックしてされて「コクチーズ」からお申込み下さい。

               ⦿開催場所  ルノアールマイスペース 銀座6丁目店
                       (〒104-0061 東京都中央区 銀座6-12-10 旭ビル1階及び2階)

               ⦿参加費  5,000円(税込)  内テキスト代2,000円 (当日ご御持参下さい。)
                     ※喫茶室ですのでお飲物一点注文お願いします。
                    
               ⦿持参して戴きたいもの
                 筆記用具・ノートPC(持参可能な方のみ)


                ◆参加人数が【5名様】に至らない場合は順延とさせて戴きます。
               
               ★この講座については、個性を生かして楽しく生きる-1.個性を生かして楽しく生きる-8.に解説してあります。
               

                ブログパーツ
                 

                <素敵な和顔和心の源>人間関係力の基礎を学ぶ

                熊本震災支援講座&ワークショップ

                人と和し繋がる心&活動”講座

                お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

                自然災害は、私達に何を伝えたいのか?人と和しと繋がる心と活動

                普段の生活は勿論、何かあった時、今回のような自然災害に見舞われた時

                【人との繋がりは、心を温め、勇気、元気を与えてくれます。
                 それは、高齢化社会になくてはならない互い心を結ぶ『』を創り出します。】


                あなたの心を生かした」と「繋がり」に、直ぐに役立つ≪心技体≫をお伝えします。


                【講座概要・内容】

                人との和(コミュニケーション)・年齢立場に適したマナー・礼節と言ったスキルが
                充分に備わってないで、若しくは発揮出来なくて

                「人との和や繋がりが苦手」、
                「未知の友人や大切な人が欲しい」、
                「大切な人や愛を失ってしまった」
                 

                と言った体験や想いのある方、
                また、個優先の高齢化社会で人としての
                「モラル」「ルール」の重さを自覚している方、
                人の上に立つ人間として自分を顧みたい方。

                明日からでも直ぐに役立つ、このようなことについての『心や技』を講話やみんなで学び知る場です。

                人と和し繋がる

                今迄国内で起きた各地の災害、今回の熊本震災時でも被災者の皆さんの
                『失ってしまった大切な人やものへの悲しみ、痛み、苦しみ、辛さ
                この心の痛みは、災害を体験した当事者にしか解らないものだと思います。

                そして一か月経った現在、多くの被災者の皆さんの心に在る
                終わりの見えない余震への不安、先の見えない様々な生活設計など
                そのような中で過ごされ、明るく前を向き歩んでいる姿には頭が下がります。
                熊本や大分で被災された皆さま、改めて心よりお見舞い申し上げます。

                この心の礎のブログやFacebookへの色々な記事や名言などの投稿は、
                御覧戴いている多く方々に、仕事をしながら学んだこと、
                大企業の経営者、著名人、賢人、と言った方々との出会い
                多くの波乱万丈の人生で失敗や挫折を実体験して知り得たこと、
                人生後半で気付いた心の学び、数万人超の関わりからの数々の知恵
                身勝手な生き方をしてしまった報=「因果応報」から気付いたこと、
                このような様々なことを、僅かでも恩返しが出来たらとの思いから
                その時点で私の出来ることとして六年余書き続けています。

                今迄行ってきた講座や勉強会などでも、お伝えしています。
                参加された方々に「気付き」が生まれるよう皆様の目線でお伝え出来るよう努めます。


                ◎講座の内容

                A.自分自身について(講話&ワークショップ)

                [内容抜粋]

                ・自分の個性特長を掴んでいるか?=性格の認識
                 (長所短所・強みと弱み・内向的か外向的か・外面と内面の違い・主か従か
                 積極的か消極的か・会話が好きか嫌いか・プライドの強弱・感情の制御など)
                ・自分の心に素直に向き合わなかったり、言い訳したり、嘘をついたりしていないか?
                ・他者の目や思惑を意識するか?・・・など

                B.触れ合う他人について(ワークショップ&講話)

                “和し繋がるための気持ちの持ち方と活動”

                [内容抜粋]

                ・先ず、相手が「人」であるという前提で触れ合っているか?
                ・報連相や返事(メール含)は適時、適切にしているか?・・・など

                C.自他の当たり前とその「ものさし」(ワークショップ&講話)

                人と和し、繋がりは、自らの当たり前で相手の心や言行を判断しない”

                [内容抜粋]

                イ) 人としてのルール(礼儀作法)&社会人としてのルール(コンプライアンス)
                ロ) 当たり前を見直す
                ハ) 当たり前の「ものさし」

                D.挨拶で和し繋がる (講話&ロールプレイ・ワークショップ)

                “挨拶に互いの心が表れる、挨拶は人と人との潤滑油”

                [内容抜粋]

                【姿勢態度と言葉の実習有】

                今迄数知れない方々にその人に合った個性的な「挨拶力」を身に着ける為の
                研修やトレーニングをして来たことを生かし個々人の資質に合せてお話します。

                イ) 心を通わし合うための挨拶法(姿勢のトレーニング)
                ロ) 個性に合わせた挨拶力(トレーニング)
                ハ) 挨拶とポジション≒空間活用(トレーニング)
                 (挨拶をする位置や距離で微妙に変わる印象)=心を伝える(好感)ポジショニング

                (備考)上記内容は、多少変更がある場合があります。

                【開催詳細】

                ・開講日時

                ・定員8名~20名位

                ※19.20日【A・AP・M・MP】各々の参加人員が≪8名未満≫の場合は開きません。
                また、会場の手配もありますので当初の締切は6月12日迄と致します。

                6月19日(日)・・・【A】昼13時~15時 夜【AP】18時~20時        

                6月20日(月)・・・【Ḿ】昼13時30分~15時30分 【ḾP】夜18時30分~20時00分

                ・場所 
                   会場は参加人数によって決定致します。開講日7日前迄に通知いたします。

                   銀座松屋裏 ルノアールマイスペース 銀座マロニエ通り店を予定しております。  

                参加費・義援金】(都内)

                講座参加費(会場費・講座テキスト代など緒経費)として、

                義援金参加の方   お一人様1,500円
                     一般の方   お一人様3,000円                      

                諸経費を除き、残りました金額は総て義援金に当てます
                義援金は、一口1,000円(お一人何口でも)

                ★義援金に御協力戴けた方に、私からの御礼として下記の何れかをプレゼントします。
                 ・心を繋ぐ「心の礎の手引き」(A5・60頁Word版)
                 ・日本のおもてなしの教科書(A4・50頁Word版)
                  (それぞれ御指定のメールに添付し送付、或いはP.C持参の方はDownload)

                ≪お申込み方法≫

                5月中は、このブログ右カテゴリー上の「問合せメール」でお申込み下さい。
                日時にある参加可能な時間【A・AP・M・MP】から選択連絡先・お名前は必須です。
                締切日-6月12日-(定員になり次第締切ますのでお早目に)
                ※尚、講座のお申込みやお問合せは、minoru.motoi@gmail.com でも承ります。

                主催】 心の礎の会

                講師】 Humane Adviser 基みのる


                御希望があれば、講座後、時間の取れる限り、懇談の場を設けます。
                また、今回の内容をより深く学びたい方人間力の基礎を学びたい方
                おもてなしを学び身に着けたい方には別に講座を設けますのでお知らせ下さい。


                下の続きを読む無いに講座の開講意図を記しましたのでご覧ください。

                  ブログパーツ
                   

                  人間力おもてなしの「礎」を築く講座 (1)

                  お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                  おもてなし人間力富山研修横

                  ⦿講座のコンセプト

                  一人の人として社会で生き抜く上で必要とされる、
                  豊かな人間力おもてなしの心と技を身に付けるために、
                  自分自身と「向き合う」ことが必要だと感じていても、目の前の仕事や
                  日々の生活に追われ中々時間が取れないのが現況ではないかと思います。

                  また、社会人として当たり前の人間力や人との触合いに
                  必要な「もてなす心」の礎とも言える「思いやり」について
                  学ぼうとしても、そのような機会や場が少ないようです。

                  みんなから親しまれ、愛される人に共通しているのは、
                  「自分のためより、誰かのために」の心で自利を後回しにし、
                  先ず人を「思いやる心」と「感謝の心」を備え、
                  それを人との触れ合いや日常生活に生かしていることです。

                  現在、国内外で活躍し良積をあげているエンターテナーや著名な経営者の方々、
                  プロスポーツマンで結果を出している方、その皆さんに共通するのは、それぞれの人が
                  自分と向き合う」活動に自ら進んで取組み楽しみを見付けながらしていることです。

                  人間力おもてなしを自分に生かすためには、先ず、己の心を知り、理解する方法として、
                  この自分自身と真摯に「向き合う活動」に取組むことから始めることです。

                  このような人間力ともてなす心の「礎」を築き、それを生かす知恵や技を学ぶ講座です。

                  【講座の特長】

                  今自然環境が想定外の活動をする中、
                  私達は人との結付きや繋がりをより強くすると共に、
                  どの様な状況下でも挫けることなく、
                  果敢に立ち向かって行ける強靭な心を育みながら、
                  周りの人々との繋がる「絆」を創って行かなければなりません。

                  様々な人生体験をしてきた今だからこそ、
                  個々人の個性に合った「強い心」を育むために、
                  細やかながら何かのお手伝いが出来るのではないかと考え、
                  この「人間力&おもてなしの礎を築く」講座を開くことにしました。

                  学びの方法は、流れが速く、溢れるばかりの情報の
                  選択が難しい時代に合わせ一過性にならない【新しい形】で行います。

                  この講座では、受講されたその時の印象や感情よりも、
                  参加されたひとり一人の皆さんが、偶々時間が取れたり、
                  調べたいなぁ、知りたいなぁと思ったりした時に、
                  自学自習出来る教材(ドリル・テキストデータ)などを用いて学びを進めます。

                  “「心」も「技」も、基礎が確りしていれば、
                        総ての人間関係に役立ち、結果も出せる。”


                  これは、長年に渡り人に関わる仕事(サービス業)に
                  携わって来た中で得られた私なり答です。
                  地元の高校を卒業し、社会に出て40数年、
                  前半から中盤は実務中心、後半は知識の学びをして参りました。

                  同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、
                  人と人との繋がりの大切さ、人を大切にすること、感謝の多大な影響力、
                  思い遣る心の重さ大事さ、自己開示の必要性、
                  自他と向き合うことの大切さ、と言ったことを、
                  自らの気付きとして沢山頂戴しました。

                  数多くの人々に生かされ、生きて来られた人生で、
                  多くの人々が当たり前に弁えていると勘違いしている
                  「信認」・「思い遣り」・「感謝」「謙虚」・「誠実」・「立場転換」
                  と言った心を構成する要素の知識を備えていたら
                  豊かな人間関係作りに大変役立つと確信しました。

                  このような要素を心に備えて置くと、
                  他者や物事を観る心眼を育め、理解、認識出来、
                  深く心に落とし込めると多くの人々との交わりで気付かされました。
                  前以てこのような知識を理解し、備えて置くと、即座に物事が理解出来、
                  同時に人間の心の分析や人として正しい行動が理解出来、
                  確りと心に身に着けられると実感しました。

                  このような体験からの学びや体得出来たことを、
                  これからの日本を担って行かれる皆様方にお伝えして行くための講座です。

                  ◎講座のあらまし

                  この講座は、今月より月一回開催(全8回)の予定で、以下のテキスト(データ)内容を学んで行きます。

                  【初回講座内容】

                  1.人間力を知る

                   ・人間力とはどんな力?
                   ・自分と向き合い自分自身を知る
                   ・直ぐ役立つ人間観察法と社会人の心得

                  2.おもてなしとサービス

                   ・おもてなしは思いやり
                   ・おもてなしに必要なスキルは?
                   ・直ぐに出来るおもてなしの活動

                  □日時 10月18日(日)/10月25日(日) 
                       時間は共に13時~14時30分
                       二回目以降は、初回参加された皆さんと御相談の上、場所時間を設定致します

                  □定員 学びの精度を高める為に【6~8名様程度】

                  □参加費(お一人様)

                  ・初回受講料・・・・・・・・・・・・・・・¥1,000 (税含)
                    ※二回目以降の受講料・・・・¥2,000 (税含) 
                  ・毎回教材代(ドリル・テキスト)・・・¥1,000 (税含)
                  ・基本教材(初参加特典40%引) 
                   テキストデータ入りC.D(カスタマイズ可)・・・特典価格¥3,000 (税別) 
                   ※テキスト(データ)を御希望の方には講座の前に、メールに添付してお送りします。
                    内容=おもてなし・心の礎の各手引き、語彙・熟語解説=A4.400頁程度 

                  開催場所 
                  〒320-0032 栃木県宇都宮市昭和2-2-7  TEL:028-623-3455
                     ◇とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」
                     ◇ぽ・ぽ・らの地図

                  講師  Humane-Adviser  基みのる

                  主催「心の礎の会」
                  ********************************
                  □お申込み方法
                   右のカテゴリー上にある問合せメールにて、
                   18日か25日のいずれかの日を選択の上
                   お名前と連絡先、メルアドを記入され申し込み下さい。
                   
                   あるいは、こちらの「こくちーず」からもお申し込み頂けます。
                   *こくちーず
                   受付人数が少ないので、お早めにお申し込み下さい。
                  ********************************
                   【締め切り】18日開催分は、16日18時まで。
                          25日開催分は、23日18時まで。 
                          なお、参加者が、「3名様」に満たない場合は後日に順延します。
                  ********************************
                  この講座では、以下(下の続きを読むに記載)のような人間力とおもてなしの基礎となる
                  知識と知恵・技などを、体験を元に解説します。



                    ブログパーツ
                     

                    基礎から学び身に着ける

                     「おもてなしの人材育成」講座

                    お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                    この講座は、4~5人りの少人数でも、出前講座として全国どちらでも開講致します。
                    詳しくは、右カテゴリー上の【問合せメール】か、080-5491-3067(基みのる)まで問合せ下さい。


                    基礎から学ぶ「おもてなしの人材育成」

                    おもてなしの活動は、相手に心から喜んで頂き、触れ合う人に笑顔に成って貰いたい、
                    といったことを表すことで、それはもてなす側の人の心に生まれます。
                    即ち、「仁の心」や「利他心」とも言われる相手を「思いやる心」から生まれるのです。

                    その活動は、人が人に行うことを重んじ、相手によって変化しますのでサービスのように
                    一定の形をマニュアルに出来ないことが多々あります。

                    この講座では、「先心後妓」の心の元、様々なもてなす側の人のマインドと技を育むために、
                    所作と言われる作法、基礎となる信認や挨拶、姿勢態度、感謝の表現などを学びます。

                    また、人として大切な心の軸とそれを支える礎、安心感、様々な当たり前、筋を通す、
                    言葉の重さ、平らな心、心のエンジン、会話時の言葉と態度なども共に学びます。
                    このようなもてなす人と心を育てるだけでなく、人としての心も一緒に育めます。

                    「何事も基礎となる心と技を備えていれば、
                                   総ての人間関係や仕事にも生かせる。」


                    これは、長年に渡り人に関わる仕事に携わって来て得られた私の学び(答)です。

                    この講座は特に、指導的立場のリーダーや監督管理職(人材育成に関わる方)、
                    おもてなしや接客・接遇業の管理者及び経営者の方に受講をお薦めします。

                    ★どんなことが学べるの?

                    初回は、「おもてなし」に関する基礎知識、
                    おもてなしに必要とされるマインドと技(スキル)、
                    もてなす人に求められる「人間力の基礎」を学びます。

                    【初回講座の内容】

                    ★日時 9月27日(日)
                     時間  15時30分~17時30分

                        ・終了後ご希望がございましたら懇親会も用意致します。
                        ・お申込み頂いた人数が4名様に達しない場合は順延とさせて頂きます。

                    ★日時 10月13日(火)昼夜とも同じ内容で致します。
                     時間  【昼の部】 14時00分~16時30分
                          【夜の部】 19時00分~21時30分

                    (備考)27日・13日どちらも定員6名様です。お早めにお申込み下さいませ。

                    ◆おもてなしを学び知る
                     おもてなしとは?(日本とホスピタリティの語源と原義など)

                    ◆おもてなしの基礎「人間力」を育む
                     おもてなしを表す形は人によって様々ですが、その心はみな同じです。
                     この講座では先ず基礎となるおもてなしの心(マインド)から学びます。

                    1) バーチャルなおもてなしの「人間力」
                      おもてなしのマインド診断と解説(必要なスキル)

                    2) リアルなおもてなしの「人間力」(夫々のポイントと解説)
                      笑顔と口角・目線・姿勢(待機含)・身嗜み・歩行


                    講座の特徴

                     私どもの講座は、今迄参加されたから「後からじわじわ効いてくる」との声が御座います。
                     「おもてなし」も「学び」も、後々体験した人々の「心に残る」ようにしなければなりません。
                     何時迄も心に残り、「心の通い合うおもてなし」を大切に考えた講座です。
                     このような主旨を講座後に生かすために、受講日別学習解説テキストを用意しております。

                    ※このテキストをご希望される方に、お分け致します。   
                     新・おもてなしの教科書(仮名)/テキストデータCD → ¥3,240


                    【お申込み方法】
                     ※以下をクリックし、なさって下さい。 

                    10月13日(火)開催講座の御案内・御申込み・こくちーず

                    【開講意図と目的】

                     四十数年人に接したその体験や波乱万丈の人生から得た
                     「おもてなし」をする人材の育成に関する学びや人と触れ合う知恵を
                     独自体験をもとに独自の視点で「人間力の基礎」からお伝えする場です。
                     社会生活や様々な職場で多くの人々に出会い支えられ生かされて、
                     若年~中年は実務中心、壮年以降晩年に至る今日まで実務に関する知識を学びました。

                     そして、その道程で数えきれない多くの学びや教え、生きる知恵を得られました。
                     同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人と人との繋がりの大切さ、
                     人を大切にすること、感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、と言った多くのことを、
                     大切な自らの心の気付きとして頂戴致しました。

                     現在に至る迄に学び会得した「おもてなし」の知恵や技、波乱万丈の人生で味わって来た実体験に、
                     人生後半での様々な学びを加え、少子高齢化社会の心の育成に貢献できればと考え、
                     今迄得られたその「心と技の基礎」と「生かし方」を、皆さんにお伝えする場です。

                     同時に、生きて行く上で最も大切で、いつ迄も心に残る「心の学び」と「気付き」の元を
                     「おもてなし」を通して、皆様にお伝えする場でもあります。

                     形ばかりの「おもてなし」「虚飾の姿」「自利」の言動や態度が持て囃される現在社会で、
                     本当に必要とされるのは、先ず人を思う「思いやりの心」の拡散ではないかと思われます。

                     「人生死に至る迄学び」との心の下、一人でも多くの方々に、
                     心豊かで幸せな生活を得て頂ける「源」を共に学べればと考え、この場を設けることにしました。


                    備考)・・・全講座は、以下の内容を皆様の御意見や御希望を取入れながら六回~八回程度で行う予定です。
                      1. 人間力の基礎
                      2. 社会人の基礎
                      3. おもてなしの特質(主客一体・心技体)

                      4. 目に映る、映らないおもてなし
                      5. おもてなしのスタート(心技体)
                      6. おもてなしと一期一会・守破離・わびさび・利休七則

                      7. おもてなしの「しつらえ」とは
                      8. 日本のおもてなしとホスピタリティのおもてなし
                      9. 大切な人へのおもてなし

                      10. 現代社会とおもてなしの心
                      11. おもてなしの二極分化
                      12. おもてなしの感銘と余韻

                      13. おもてなしの察知力
                      14. おもてなし応対と自分の気づき
                      15. サービス業と日常と非日常のおもてなし

                      16. 商品力だけでは出来ないおもてなし
                      17. サービス業・飲食店の色々なおもてなし(料理店・カフェ・高付加価値店別)
                      18.顧客に合わせたおもてなしの所作と応対のポイント・・・など。

                      ブログパーツ
                       

                      「やる気度UP講座」

                      お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                      003.jpg


                      ※こちらは、高知県から依頼され今年3月~6月に数回に分けて行った
                       高知市内で建築・解体業をされている会社での初回講座の概要です。


                      ●講座テーマ[人間力と職場]

                      会社の文字は、人が出会う場所と書き、≪企業は人なり≫と言われます。
                      それは、働く人が人間としても企業人としても心豊かであらなければなりません。
                      会社が成長し、業績である労働生産性をアップするには、人的要素が不可欠です。

                      中でも、人としての<三つの気>の要素、
                      即ち、人間としての【やる気】、働く人の「元気」、
                      大人として社会人としての「勇気」が大切です。

                      同時に、会社全体のチームワーク、ES(従業員満足度)と言われ、
                      人として力を発揮出来る職場環境の整備、
                      言い換えるなら【働き易い職場作り】が必要とされます。
                      そのために、社内での適時適切な【報・連・相】は欠かせません。

                      今回の講座は、以下の3つに焦点を当て、数々の体験を元にお伝えします。
                      1、やる気-「心のエンジン」を動かす
                      2、働き易い職場 
                      3、報告・連絡・相談


                      講座タイムスケジュール&内容

                      18:00~18:05   挨拶・自己紹介

                      18:05~18:10   講座概要&説明

                      18:10~18:50 

                      1、やる気-「心のエンジン」を動かす
                      〇やる気・モチベーションの心のエンジン
                      〇※やる気を出す・妨げる10要素
                      〇ワークショップ・・・自己診断

                      18:50~18:55   休憩

                      18:55~19:20 

                      2、働き易い職場  挨拶・返事・表情
                      〇当たり前の挨拶と返事
                      〇自分の発した言葉に責任を持つ
                      〇ワークショップ・・・働き易く心の通う職場を作る
                      予備(〇ワークショップ・・・勤務状態診断)

                      19:20~19:50

                      3、風通しの良い報告・連絡・相談(報連相)

                      〇社員が報連相のし易い環境を作る
                      〇報・連・相の役割
                      〇ワークショップ・・・報・連・相の診断 

                      19:50~20:00

                      〇総括

                      〇感想・アンケート記入


                        ブログパーツ
                         

                        “「おもてなし」の礎と技” を学び身に着けませんか?

                        2015おもてなし講座

                        「おもてなし」の基礎とも言える原点は、相手を「思いやる心」です。
                        「マナーを表す形」と言われるこの心は、サービス業に限らず、人間関係の構築にも大切です。
                        そして、この「思いやる心」を知得することは、
                        あなただけにしか出来ない「もてなし」をするための「礎」となると共に、
                        心豊かな人間性を育む「礎」にも成ります。

                        「おもてなし」を基礎から身に着け修得するためには、おもてなしの心、
                        その語彙、原義など知識や伝え表わすための所作(スキル)を修めなければなりません。

                        古から諺にある「人形作って魂入れず」の如く、
                        心とそれを表わす技(所作)が必要不可欠です。
                        それには、先ず関連する心と技の知識を知り得た上で、
                        スキル(技)である所作(作法)の原点(原義)や
                        その目的を学び、個々人の資質や心、環境やT.P.Oに
                        合わせた「おもてなし」の表現と伝達方法を学び、
                        身に着けて行くことが最も重要です。

                        その「おもてなし」に必要とされる心を学び知り、
                        基礎となることを確り修得することで、その人物、
                        様々な環境に合った様々な形の「おもてなし」が出来るようになります。
                        結果を出している人やプロスポーツ選手は、いつでも原点である基礎を重んじています。

                        「心も技も【基礎】が確り出来ていれば、仕事も総ての人間関係に生かせる。」
                        これは、長年に渡り人に関わる仕事(サービス業)に携わって来て得られた私なりの答です。

                        実社会に出て40数年、社会や様々な職場で多くの人々に出会い支えられて生きてこられ
                        壮年までは現場の実務中心、40半ばからは「思いやり」や「利他心」などの心についての
                        学びと先達の知恵を学んで参りました。
                        そして、その出合った方々や書物から、数えきれない学びや教えを得ることが出来ました。
                        同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人と人との繋がりの大切さ、
                        人を大切にすること、思い遣る心の重さ、感謝の多大な影響力、と言った多くのことを、
                        大切な心の気付きとして頂戴致しました。

                        この講座は、現在に至る迄に実体験から学び修得した「おもてなし」の知恵や技、
                        波乱万丈の人生で知った対人関係で役立つ知恵と技に、
                        人生後半での様々な先人からの学びを加え、
                        今後の少子高齢化社会を生き抜く心の育成や人財育成に
                        僅かでも貢献できればと考えて、その「心と技の基礎知識」と
                        生かすスキル(技)」を、皆さんと共に考え、お伝えする場です。

                        〇「おもてなし」の心と技(1)の内容 全5回

                        今回(初回)内容

                        A.「おもてなし」の基礎 (礎)
                        ※座学・おもてなしの基礎知識

                        1. 日本とホスピタリティのおもてなしの語源と特質(お世話・主客一体) (テキスト)
                        2. おもてなしと思いやりの関係(認める心・思いやる心) (テキスト)
                        3. おもてなしの心の表現(想像力・観察察知力) (テキスト)

                        B.プロのおもてなしの実践と実務
                        ※ロールプレイ・ワークショップ
                        1. 認める活動 (お迎えからお帰り迄の活動・その空間管理)
                        2. 覚える活動(具体的な活動&プロはこんなことを覚える)
                        3. 目配り・気配り・心配り(プロの観察と推察察知力)

                        Cおもてなしの.振り返り・ 自己診断=テキスト&ドリル(チェックリスト)
                        ※テキスト&下記ドリルを使用してのワークショップと振返り
                        1. 認める活動
                        2. 目配り・気配り・心配りの活動
                        3. 覚える活動


                        ≪2回目以降の座学≫概要

                        1. 目に映る、映らないおもてなし「モノ」と「コト」
                        2. おもてなしマインド(ホスピタリティ・直き心)
                        3. おもてなしのスタート(心技体)
                        4. 大切な人へのおもてなし(定義)
                        5. おもてなしの感銘と余韻
                        6. おもてなしは応対と気づき
                        7. 高付加価値のおもてなし
                        8. ひとり一人の顧客に合わせた様々なお世話と応対のポイントetc.

                        <2回目以降の実践と実務>概要

                        1. おもてなしの認める活動
                        2. おもてなしの挨拶力
                        3. おもてなしの会話力(口調・傾聴)
                        4. おもてなしの応対力(姿勢態度)
                        5. 信頼されるおもてなしの活動
                        6. 魅力溢れる個性的なもてなしのマナー
                        7. おもてなし・接客接遇力診断(チェックリスト作成)
                        8. C.S・E.S診断(チェックリスト作成) etc.
                        ※座学、実践・実務は、参加された皆様の御要望を取入れながら行います。

                        時間/13時30分~16時30分

                        日時/2月21日(土) 2回目以降の講座は【毎月第三土曜日】に開きます。

                        ※御要望により、平日の【昼or夜の部19時~21時、】も開講致しますのでお知らせ下さい。

                        場所/喫茶室ルノアール銀座6丁目店マイスペース3号室

                        3回以上参加された方に、以下の原稿データを差し上げます。
                        ・[新版]おもてなしの教科書A4.150頁程度(原稿データ)
                        ・[新版]心の礎の手引きA5.120頁程度(原稿データ)

                        ◆受講料(一回) :¥5,400(税込)

                        ◇初回:教材&テキスト代¥2,160(税込)
                             :各回の内容により変動¥2,160~(税込)

                        ◆定員:8~10名様
                        ※最低開催人数・・・3名様以上

                        締切2月17日(火)

                        ※キャンセル料 
                        前日・2日前:受講料の50%¥2,700
                        当日:受講料の100%¥5,400


                        講座のお申込みはこちらからお願いいたします。☟

                        コクチーズ・講座申込み
                         

                        基礎から学ぶプロのおもてなし講座(1)

                        お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                        基礎から学ぶプロのおもてなし講座(1)2

                        第一回目の今回は、おもてなしの基礎知識や対面時の空間の使い方知識と具体的な仕草についての講座です。

                        ⦿基礎知識と実践

                        数十年間で学び知った体験を元に、日本とホスピタリティのおもてなしの基礎知識と、
                        おもてなしや接客接遇のプロの極意をお伝えします。

                        サービス業に限らず、普段の生活でのお付合いや
                        大切な人と触合いに役立つ内容で構成しました。

                        ⦿講座の特長

                        どんな学びでも身に着けられ、継続しなくては無駄になってしまいます。
                        体験から講座の数時間でお伝え出来るのは、二.三割程度だと思います。
                        そして、学びを覚えていられるのは良くて数ヶ月だと思われます。
                        この講座ではこのようなことを踏まえ、学んだことを何時でも
                        自分自身で振返られる受講内容に合せたテキスト・ドリルを用意致しました。
                        ワークショップやロールプレイなどを交えて学び合います。

                        A.おもてなしの基礎知識編

                        おもてなしの礎・・・・・60分

                        1.日本とホスピタリティのおもてなし(テキスト)
                        2.おもてなしは思いやり(テキスト・ドリル)
                        3.思いやり、優しさは想像力(テキスト)
                        4.情と理の空間管理の仕方(基礎知識と使い方)

                        B.おもてなしの実践

                        応用編(ロールプレイ有)・・・・・60分

                        1.おもてなしの空間の使い方
                         (個性にあった魅力的な挨拶の仕方)
                        2.対面会話での情と理の空間の使い方
                         (会話に合わせたポジショニング)
                        3.個性を生かす魅力的な大人のマナー

                        ◆総括・・・・・30分
                         まとめと質疑応答

                        ★開催日 2月-2015年2月18日(水)
                        ※以降3月より、第または、第3水曜日に開催します。

                        A.昼の部 13:30~16:00

                        B.夜の部 18:30~21:00


                        ※開始時間5分前までに会場にお越し下さい。

                        会場:京王線幡ヶ谷駅前 ポエム 幡ヶ谷店

                        会場地図:ポエム 幡ヶ谷店

                        ※会場が喫茶店ですので、お飲物の注文をお願い致します。

                        ○ 受講料(昼夜共)
                         :¥4,000(税別)
                         :教材&テキスト代¥2,000(税別)

                        ☆定員:8名様
                        ★最低開催人数・・・昼夜共に3名様以上

                        ◆締切2月15日(日)

                        ※キャンセル料 
                        前日:受講料の50% ¥2,000(税別)
                        当日:受講料の100%¥4,000(税別)

                        御申込みは、facebookをお持ちの方はこちらへ

                        A基礎から学ぶプロのおもてなし講座(1)  昼の部
                        B基礎から学ぶプロのおもてなし講座(1)  夜の部

                        お持ちでない方は、minoru.motoi@gmail.comまで、
                        お名前・連絡先(電話)・参加希望時間【AorB】を必ずご記入の上、お申し込みください。


                          ブログパーツ
                           

                          おもてなし&プロの接客講座(1)

                          昼の部・夜の部、共に講座の受付終了致しました。

                          お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                          おもてなし&プロの接客講座(1)

                          第一回の今回は、対面時の挨拶と空間の基礎知識と具体的な仕草についてお話しします。

                          ⦿基礎知識と実践

                          数十年に渡って学び知った体験を元に
                          おもてなしの原義・知識と共に、 具体的な接客のプロの極意をお伝えします。
                          サービス業に限らず、普段のお付合いにも役立てられます。

                          ⦿講座の特長

                          どんな学びでも身に着けられ、継続しなくては無駄になってしまいます。
                          体験から講座の数時間でお伝え出来るのは、二.三割程度だと思います。
                          そして、学びを覚えていられるのは良くて数ヶ月だと思われます。
                          この講座ではこのようなことを踏まえ、学んだことを何時でも
                          自分自身で振返られる受講内容に合せたテキストを用意致しました。
                          実践・応用では、実際にロールプレイなどを交えて学び合います。


                          A.おもてなしの基礎知識編

                          おもてなしの礎・・・・・60分
                          1. 二種類のおもてなし
                          2. おもてなしは思いやり
                          3. 思いやり、優しさは想像力
                          4. 空間管理の基礎知識
                          (挨拶のポイント・お迎えの言動・対面会話など)
                          5. 魅力の原点「認め覚える活動」

                          B.おもてなしの実践・応用編・・・・・60分
                          1. おもてなしの空間管理
                          2. おもてなしのお迎えと誘導・挨拶力
                          3. 対面会話でのポジショニング
                          4. 思いやりのマナー・・・個性を生かす魅力的なマナー

                          ◆総括・・・・・30分
                                  まとめと質疑応答

                          開催日 2015年1月20日(火)

                          ☆昼の部 13:30~16:00 
                          ※開始時間5分前までに会場にお越し下さい。

                          昼の部会場
                          :喫茶室ルノアール ニュー銀座店マイ・スペース
                          ※会場が喫茶店ですので、お飲物の御注文お願い致します。
                          住所:東京都中央区銀座2-8-15 共同ビル銀座通り2階
                          電話番号03-3567-3655 
                          地図:ニュー銀座店マイ・スペース

                          ★夜の部 18:30~21:00 
                          ※開始時間5分前までに会場にお越し下さい。
                          夜の部会場
                          :住所 東京都中央区銀座6-12-10 旭ビル1階
                          電話番号 03-3574-7876 
                          地図 喫茶室ルノアール 銀座六丁目店マイ・スペース

                          〇受講料(昼夜共)
                          :4,000(税別)
                          :教材テキスト代2,000(税別)

                          ◇最低開催人数・・・5名様以上

                          ※キャンセル料 
                          前日 受講料の50%2,160
                          当日 受講料の100%4,320

                          お申込みはこちらをクリックしてお申込みください。☟
                          昼の部:13:30~16:00
                          夜の部:18:30~21:00


                            ブログパーツ
                             

                            おもてなし挨拶力が身に付く「出前講座」

                            日本国内ならば、お一人様でも都合の良い日時、場所に伺います。

                            お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

                            個人向け「心の礎塾」挨拶

                             ~挨拶にあなたの人物が現れる!~ 

                            おもてなしの登竜門、相手の心に響く挨拶は、簡単なようで大変奥が深いものです。

                            挨拶なんか「当たり前」に出来る、と勘違いしていませんか?

                            年末・年始も含め、普段の生活でも直ぐに役立つ魅力的な「挨拶」が身に付けられ
                            講座です。
                            長年の体験から、おもてなしや日常生活に生かせる魅力的な挨拶法と心の表し方をお伝えします。

                            名様これから迎える年末や年始は、特に日頃の御礼と感謝を込めて
                            様々な方へ「挨拶」する機会が多くなって参ります。
                            挨拶をしても形だけで肝心な「」が伝わらなくては徒労となってしまいます。

                            「感謝」や「礼」を伝える個々人に合った「挨拶力」を備えることは、特にこの時期必要不可欠です

                            今迄数知れない方々にその人に合った個性的な「挨拶力」を身に着ける為の
                            研修やトレーニングをして学んだことを生かし、皆様にお伝えする機会を企画しました。

                            年末の貴重な時間を使い、この機会に御自分の挨拶力アップのため、
                            魅力溢れる個性的な「挨拶力」を身に着けてみませんか?


                            【講座の詳細】

                            年末・年始に直ぐに役立つ魅力的な「挨拶力」が身に付く
                            挨拶にも人の顔と同じように夫々の個性があります。
                            個々人に合わせて、個性的で素敵な挨拶が出来るよう指導致します。

                            ◆解説30分程度

                            〇挨拶の目的と役割
                             何事も原義原則を備えていなくては応用できません。
                             その原義原則を知り、ぶれない挨拶力を身に着けましょう。

                            ○心を通わす挨拶を!(礼と挨拶の関係)

                            〇挨拶・お辞儀の原義とその応用

                            ○心を通わし、心を繋ぐ「ひと言」の挨拶に心を込める!
                             ※「一声≒一言」と「ひと言」の挨拶

                            おもてなしの挨拶実践60分程度

                            〇個性に合わせた挨拶力(トレーニング)

                            〇挨拶とポジション≒空間活用(トレーニング)
                            *挨拶をする位置や距離で微妙に変わる印象 
                             心を伝える(好印象が与えられる)ポジショニング
                             イ) 社会人としての挨拶(理性)
                             ロ) 礼節としての挨拶(理性)
                             ハ) 親しい方への挨拶(情)
                             ニ) 職場での挨拶(理性と情)
                             ホ) 家庭での挨拶(情)
                             ヘ) ТPОに合ったポジション(距離) ≒一身体~

                            〇挨拶言葉とお迎え言葉 (トレーニング)

                            ◆診断&修得30分程度
                            ※挨拶力修得ドリル使用(自己診断含)

                            ◆受講料・・・交通費実費+御一人様1時間当¥2,000円×所要時間(税別)

                            ◆教材 ・・・¥2,000円(税別)
                            【挨拶力修得テキスト&ドリル】附) 様々な年末・新年・冬の挨拶言葉集
                            この一冊さえあれば、自分自身で魅力溢れる「挨拶力」が身に付けられる!

                            受付期間】 2014年11月16日~2015年3月31日迄

                            詳しくは、右カテゴリー上の「問い合わせメール」又はminoru.motoi@gmail.com
                            基みのる携帯 080-5491-3067までお御知らせ下さい。

                              ブログパーツ
                               

                              「もてなす心」、それは他者を「思いやる心」



                              お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                              このような方々にお薦めします

                              おもてなしやサービス業に関わる方
                              〇教育や指導に携わる方
                              〇企業の経営や管理をしている方


                              【開講意図と目的】

                              おもてなし」の基礎とも言える原点は、相手を「思いやる心」です。
                              この心は、あらゆるサービス業に限らず、日常生活の人間関係でもとても大切です。
                              この「思いやる心」を知得することは、あなただけの「もてなし」をする基礎です。

                              現在に至る四十数年の波乱万丈な人生、社会生活や様々な職場で人々と出逢い、
                              その人々に支えられて生きられ、生きて来ることが出来ました。
                              そして、出合った方々から、数えきれない程の学びや教えを体得することが出来ました。

                              同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人を認めることの重さ、
                              人と人との繋がりの大切さ、人を大切にすること、感謝の多大な影響力、
                              思い遣る心の重さ、と言ったことを大切な自らの心の気付きとして頂戴致しました。

                              これからの少子高齢化社会を担う方達が、謙虚に先人や年配者に感謝し、敬い尊ぶ心、
                              直な心」で先達や賢人の心、その人達の知恵を謙虚に受容する意識を持つ必要があると思います。

                              人生死に至る迄、学びである」との志を基に、
                              一人でも多くの方々に心豊かで幸せな生活を得る「」をこの機会に学んで頂ければと思います。

                              「心も技も【基礎】が確り出来ていれば、総ての人間関係にも対応対処出来る。」

                              これは、長年仕事に携わり得た私の答です。
                              現在に至る迄に学び会得した「おもてなし」の知恵や技、
                              波乱万丈の人生で味わった実体験に、人生後半での様々な学びの知識を加え、
                              少子高齢化社会の心の育成に貢献できればと考えました。

                              おもてなし」を通し、今迄得た「心と技の基礎」と「生かし方」を、
                              皆さんにお伝し、同時に、生きて行く上で最も大切でいつ迄も心に残る「心の学び」と
                              気付き」の元となることを皆様にお伝えしたいと考え開講致します。

                              この講座では、ホスピタリティの「おもてなし」、「日本独自のおもてなし」を基礎から学ぶと共に、
                              人間力の礎となる「思いやる心」を学び、身に着けられます。


                              【今回の講座テーマ】

                              ♥「相手の気持ちで考える」-立場転換
                               ※実体験や学びの実例からお話しします。

                              1.立場転換の原義

                              2.感情と立場転換

                              3.日常生活での立場転換

                              4.サービス業、おもてなしでの立場転換
                              (C.S・茶道・苦情処理・顧客目線・E.S)

                              5.相手の立場で考えることの効用

                              ◆講座の日時  

                              9月10日(水)PM19:00~PM21:30

                              ◇参加定員 15名様位迄

                              ◇参加費 講座当日に御持参下さい。
                               受講料一回5,000円(当回教材・税含)

                              ⦿お申込み
                               右カテゴリー下の問合せメールにて御願い致します。
                               又は、minoru.motoi@gmail.com 迄。

                              □講師 接客マナーは心の礎著者 Human-Adviser 基みのる

                              会場の地図はこちら☟

                              滋賀県近江八幡市鷹飼町北4丁目1-16みやび建設BLD


                                ブログパーツ
                                 

                                2050年ジャパンシンドロームに備える

                                お薦め度【★★★★】全業種、業態用



                                おもてなしの心を育む「心の礎塾」”

                                この講座を行う目的は、
                                古から日本独自の文化「おもてなしの心」、即ち「思いやる心」を見直すこと。
                                それは、来るべき20年の東京オリンピックでの震災支援を頂いた世界各国へ恩返しに繋がり、
                                そして、小高齢化社会を生き抜くための「心の礎」となる。
                                と言った主旨の元に開講します。

                                日本の珈琲店は、茶道の「おもてなし」の影響を強く受けています。
                                珈琲の味は、感情に左右される嗜好品なだけに、夫々の店の「人・物・店」の三味一体にして、
                                如何に美味しく召上って頂けるか大切です。

                                人と物、即ち、目に見えない人の心である「コト」と目に映るリアルな「モノ」とで、
                                其の場を心地良い環境に創り上げなければなりません。
                                中でも、「コト」にあたる人の行う接客の善し悪しは、感情から生まれる味識や心地良さ作りに影響します。

                                このように美味しく召上って頂く源は、個々人の「心の礎」と言える心の豊かさです。
                                この「心の礎」は、ひとり一人が社会で幸せに生き抜く知恵と言えるでしょう。

                                また、少子高齢化社会に入った現在の日本で「ジャパンシンドローム」と世界から注目され
                                2050年に労働人口が、今の半分になる対策として、その厳しい時代を担う今の子供達の強い心、
                                即ち、確りした「心の礎」を育む活動も求められます。

                                私達はその人口減少に打ち勝つ対策として、他者を「思いやる心」の育成をしなければなりません。

                                この先ず人を想う「思いやり」の心の育成は現代社会を心豊かに生き抜くためだけでなく
                                前記した2050年問題への礎にもなります。

                                その心を身に着けるために、心の要素の解説と自己診断リストを記した「心の礎の手引き」を使い、
                                人と人との触合いに必要な心と知恵を学ぶ場です。

                                この手引きには、誰もが当たり前に知っていると思っている「思いやり」「優しさ」「誠実」「謙虚」
                                「感謝」などと言った【心の要素】の解説と共に、自己診断リストも記してあります。

                                どんなに素晴しい資格やスキル、技を身に着けていても、自分自身のマインド、
                                即ち心の軸「心の礎」が確りしていなくては付け焼刃になってしまいます。

                                自らの心を動かす起因となるこのような「心の礎」を修得しておくことは、
                                豊かで幸せな生き方の源であり、人と関わる社会生活や仕事上は勿論のこと、
                                小高齢化社会を生き抜く子を持つ親としても大切です。

                                相対する人を、先ず「思いやる心」、それは『おもてなし』の心です。

                                ★このような方にお薦めします
                                ・「おもてなしの心」と心の原点「思いやり」の知識と知恵を身に着けたい方
                                ・あらゆる接客サービスに関わる方
                                ・子育て世代の方
                                ・日々の人と触合いを大切にしたい人
                                ・営業などに関わる方
                                ・指導者や管理職の方・・・など

                                ★どんなことが身に着くの?
                                ・個々人に合わせたおもてなしの心
                                ・日々の仕事上や生活に役立つ知恵
                                ・対人関係の基となる心眼を育み人間力を向上できる

                                ★学びの成果は、どんなことに生かせるの?
                                ・おもてなし、接客接遇サービスの現場
                                ・愛され、信頼されるようになれる
                                ・自分自身をより深く知り、向き合える
                                ・豊かな対人関係力が備えられる
                                ・他者が多角的にみられるようになる

                                ≪講座の形態≫ 
                                 何時までも、心に残すためにテキストと講話・ワークショップ。

                                〇どんなことを学ぶの?
                                以下にある人として大切な心の礎とその実践方法を5~6回に分けて学びます。


                                今回第2回の講座概要

                                各回【心の礎の手引き】と【テーマテキストドリル】を用い行います。

                                №1.にんげん力と人間力
                                〇人間力 〇人間力の5つの要素 
                                〇「にんげん力」人間力の原点 〇心・技・体 
                                〇自分を知り、認める為の「五現」と「五原」

                                №2.自分と向き合う
                                〇自分自身を知り、認める! 〇自分と向き合い、知り、認める
                                〇『自分自身』と、自分の中にいる『もう一人の自分』を知る
                                〇『自分』と『他人』に分ける
                                〇自分と向き合う≒内省する 〇自分の二つの心と向き合う

                                ★第3回予定内容
                                ※第3回以降の概要(多少変更がある場合もあります)

                                №3.全ては【認める】から始まる
                                〇「認め、認め合う」心 
                                〇総ては自分と他人を【認める】から始まる
                                〇自らを知り、認めることで生まれる意識
                                〇「認められる」ことで相手の心に生まれる意識
                                ☆「認める」ステップ ☆「認めない理由」の色々

                                №4.思いやりと優しさ (思い遣り)
                                〇思いやりの原義を知る 〇思いやりの【ものさし】☞ 時間 
                                〇思いやりの語彙 〇思いやりの具体例 
                                〇「優しさ」を知り、認識する〇思い遣りと優しさの自己診断
                                ◆男性と女性の関係の優しさ◆与えてくれる優しさ

                                ★第4回予定内容

                                №5.立場転換
                                〇人生、ビジネスに役立つ「立場転換」 
                                〇立場転換は【自他一体】
                                〇立場転換の仕方 〇立場転換の具体例と診断

                                №6.感謝
                                〇感謝と礼儀 〇感謝の表現と伝達 〇感謝の伝達法 
                                〇「感謝」の恩返し〇感謝の心得と伝達

                                ★第5回予定内容

                                №7.謙虚さと謙遜
                                〇謙虚と謙遜 *偽りの謙遜をする人 
                                〇謙虚と謙遜のまとめ〇謙虚・謙遜の心得と活動 
                                〇偽りの謙遜をする人は

                                №8.信頼・絆
                                〇信頼を築き、絆を創る 〇信頼される人
                                〇信頼を築き、「絆」を作る心得と活動

                                ★第6回予定内容

                                №9.礼節とけじめ
                                〇礼節 〇義務 〇責任 〇けじめをつける、とは? 
                                〇けじめ度自己診断

                                №10.傾聴力
                                〇豊かな傾聴力は、「思い遣り」 
                                〇<キク>活動◇自覚しておきたいこと
                                〇「聞く」と『聴く』の態度 〇傾聴時の心得と活動


                                日時 初回 5月14日(木) 

                                ⦿ 「A」 午後の部 15時~17時
                                 初めて参加される方・・・14時~17時

                                ⦿ 「B」 夜の部  19時30分~21時30分
                                 初めて参加される方・・・18時30分~21時30分
                                 「A」「B」共に同じ内容です。

                                開催場所・・・住所: 〒151-0072東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目8−10 リッシェル幡ヶ谷1F
                                 「ポエム」幡ヶ谷店---電話:03-3374-7288

                                定員 学びの精度を高める為に【各10名様以内】

                                受講料 3,000円(解説テキスト含)(税別)
                                ※ 初めて参加の方は、4,500円(税別)
                                 (A・Bの講座 一時間前に受講の場合)
                                ※別途基本教材 
                                 初参加時 心の礎の手引き 2,000円(税別)

                                お持ち頂く物 筆記用具

                                講師  Humane-Adviser  基みのる

                                主催 「心の礎の会」 ☎080-5491-3067 

                                お申込みはこちらをクリックして下さい。 


                                  ブログパーツ
                                   

                                  おもてなしの「心の礎」を築く 

                                             (家庭・カフェ・飲食店向け)

                                  お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                                  ポエム4-17-11

                                  何気なく飲んでいる“一杯のコーヒー”に隠された心!

                                  機械化が進んだ現在、珈琲店やカフェ、家庭でも改めて手作り志向が見直されています。
                                  訪問した家庭で何気なく出される手作りの一杯の珈琲に、大切な客人を思いやる気持ち、
                                  即ち、おもてなしの心が表れます。
                                  お見え頂いた大切な客人の好みを察した味や器の選択、
                                  一緒にお出しするお菓子やデザートに至るまで細かな気遣いが成されます。

                                  そして、「えっ!!これ同じブレンドなの?」と言われるように
                                  同じ種類のブレンドであっても、珈琲の味は淹れる人の心と技が如実に表れるのです。
                                  その味は、気持ちにゆとりがある時とない時の味は微妙に異なります。

                                  また、珈琲を淹れるプロは元気のいい人には少し苦めに、
                                  疲れていると感じられる人には、やや甘めに抽出し、提供します。
                                  珈琲は嗜好品と言われていますが、それは、提供する環境、
                                  人の心が飲まれる方の味覚に微妙に影響すると言うことです。

                                  実は、日本における珈琲店は茶道の「おもてなし」の影響を強く受けているのです。
                                  嗜好品なだけに、如何に美味しく召上って頂けるかを人と物、
                                  即ち目に見えない人の心である「コト」と目に映るリアルな「モノ」とで、
                                  其の場を心地良い環境に創り上げなければなりません。

                                  中でも、人の行う接客・接待の善し悪しは、心地良さ作りに大きく影響します。
                                  例えば、淹れたスタッフの何気ない「お待たせ致しました。」ひと言、
                                  珈琲を運ぶスタッフの「かしこまりました。」と言った受け言葉のやり取りは、
                                  目に見えない言葉の「BGМ」と言っても過言ではありません。

                                  また、お客様に接するスタッフの笑顔や態度、言葉遣いも大切な要素です。
                                  そう言ったことを支えるのが、個々人の「心の礎」とも言える心の豊かさです。
                                  この「心の礎」は、ひとり一人が社会で幸せに生き抜く知恵の元と言えるでしょう。
                                  それを身に着けるために「心の礎の手引き」を使い、接客と私的な知恵を学ぶ場です。

                                  この手引きには、誰もが当たり前に知っていると思っている
                                  「思いやり」「優しさ」「誠実」「謙虚」「感謝」などと言った
                                  心の要素の解説と共に、自己診断リストも記してあります。
                                  どんなに資格やスキル、テクニックを身に着けても、
                                  マインド即ち「心の軸」が確りしていなくては付け焼刃になってしまいます。

                                  現代社会で心豊かに生き抜くために、自らの心を動かす起因となる
                                  このような「心の礎」を修めておくことは、幸せになるための源であり、
                                  様々な人と関わる社会生活や仕事上は勿論のこと、親としても子育てに大切なことです。

                                  おもてなしの心って何?」それは、相対する人を「思いやる心」です。


                                  ★このような方にお薦めします
                                  ・あらゆる接客サービスに関わる方
                                  ・「おもてなしの心」と心の原点「思いやり」の知識と知恵を身に着けたい方
                                  ・日々の人と触合いを大切にしたい人
                                  ・営業などに関わる方
                                  ・子育て世代の方
                                  ・指導者や管理職の方・・・など

                                  ★どんなことが身に着くの?
                                  ・個々人に合わせたおもてなしの心が身に着けられる
                                  ・日々の仕事上や生活に役立つ「心の礎」の知恵が身に着けられる
                                  ・対人関係の基となる心眼を育み人間力を向上できる

                                  ★学びの成果は、どんなことに生かせるの?
                                  ・おもてなし、接客接遇サービスの現場
                                  ・愛され、信頼されるようになれる
                                  ・自分自身をより深く知り、向き合える
                                  ・豊かな対人関係力が備えられる
                                  ・他者が多角的にみられるようになる

                                  講座の形態≫ 
                                   講話と何時までも心に残すためにテキスト活用 

                                  〇どんなことを学ぶの?
                                  以下の目次にある人として大切な心の礎とその実践方法を5~6回に分けて学びます。
                                  初回内容(解説)おもてなしの心「まとめ」&心の礎の手引きより

                                  ⦿基礎教材 【心の礎の手引き
                                  ~ 目 次 ~
                                  №1.にんげん力と人間力
                                  №2.自分と向き合う
                                  №3.全ては【認める】から始まる
                                  №4.思いやりと優しさ (思い遣り)
                                  №5.立場転換
                                  №6.感謝
                                  №7.謙虚さと謙遜
                                  №8.信頼・絆
                                  №9.礼節とけじめ
                                  №10.傾聴力


                                  〇日時 初回4月17日(木) 
                                  「A」午後の部15時~17時
                                  「B」夜の部 19時~21時

                                  〇定員 学びの精度を高める為に【10名様以内】

                                  □受講料 3,000円(税別)(解説テキスト含)
                                   ※別途基本教材 初参加時 心の礎の手引き 2,000円(税別)

                                  □お持ち頂く物 筆記用具

                                  □講師  Humane-Adviser  基みのる

                                  □主催 「心の礎の会」☎080-5491-3067 


                                  □開催場所 「ポエム」幡ヶ谷店 幡ヶ谷駅徒歩1分  電話:03-3374-7288
                                  住所: 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2丁目8−10 リッシェル幡ヶ谷1F

                                  お申込みはこちらからコクチーズ「一杯の珈琲におもてなしの心を込めて」
                                  受付締切:4月15日


                                    ブログパーツ
                                     

                                    ~波乱万丈の人生で味わったココロの学びをお伝えします~

                                    お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                                    講座心の礎塾1

                                    【講座の特長】

                                    それぞれの幸せを掴むために、本気で自分と「向き合う方」をサポートします。

                                    この講座は、
                                    人生中盤までに味わった数々の失敗から得た学びと、
                                    社会に出て40数年に渡り、現場でお客様と接した
                                    カフェ・飲食店や銀座の高級クラブ、ホテル、旅館、医療サービスの仕事から得た
                                    おもてなし」の学びや、多くのVIPと接し得られた貴重な体験からの学びの数々を
                                    心の原点に戻り、具体例を交え解り易くお伝えする講座です。

                                    ★このような方にお薦めします
                                     ・自他と真剣に向き合い、人との触合いを大切にしたい方
                                     ・おもてなしや接客サービス業に関わる方
                                     ・営業や対人関係の仕事に関わる方
                                     ・子育て世代の皆さん
                                     ・指導者や経営・管理職の方・・・など

                                    ★学びの成果は、どんなことに生かせるの?
                                     ・自他をより深く知ることで、人と向き合えるようになる
                                     ・自分の足りないものを自覚出来、自己啓発に繋がる
                                     ・愛され、信頼されるようになる基礎が身に付く
                                     ・豊かな対人関係力を育め、備えられる
                                     ・他者の言動や心が見えるようになる
                                     ・他者や仕事が多角的にみられるようになる

                                    ≪講座の形態≫ 
                                    講話を主に、何時までも心に残り、確り身に付けるためのテキストなどを活用

                                    【講座内容】
                                    ~明日から活かせる人とココロを繋ぐ、もてなしの「知恵」と「技」~ 

                                    以下の人の心の基礎項目とその実践方法を、体験談を交え何回かに分けてお話しします。
                                    初回(以下の1.~3.を予定)

                                    1.今迄の人生で得た貴重な学びと気付き
                                     数々の体験から学びと気付きの色々
                                     (我欲と煩悩、感情的思考の弊害)

                                    2.先ず、自分を知る(自分と向き合う)
                                     自他と向き合うために何をするの?
                                     (自分から逃げない・自己開示)

                                    3.マナーとモラル(道徳と倫理)
                                     社会人として正しい判断をするには?
                                     (正しい基準を持つ・心眼を養う)
                                     ・誰もがしている絶対してはいけない間違いのマナー10

                                    4.心の要素を知る?
                                     心って、なんだろう?
                                     (1~3人称思考ってどんなこと?)
                                     (好き嫌いや感情のコントロールの仕方)

                                    5.人間関係や仕事は「無から有を創り出す」
                                     信頼と絆はどうして作るの?
                                     (和と信頼、絆って何?)

                                    6.人間関係力とその基礎は?
                                     認める、認め合う効用(自他の認識)
                                     (心のエンジン「勇気」、「やる気」、「元気」。)

                                    7.もてなす心は?
                                     おもてなしの原義と由来は?
                                     (おもてなしは人間力から)

                                    8.利他心って何?
                                     自利利他を紐解く
                                     (施しと徳?)

                                    9.大切な人のために何をするの?
                                     大切な人を定義してみよう
                                     (大切にする言動と態度の例)

                                    10.感性を磨く・共感力
                                     豊かな感性を育む方法?
                                     個性に合った感性を磨くためには?


                                    [以下予定講話項目]
                                    11. おもてなし(サービス)マインドとその修得法
                                    12. 優しさ(厳しさ)と思いやり
                                    13. 相手の心に寄添う立場転換
                                    14. 挨拶の達人になるためには?四種の「はい」の返事?
                                    15. 引き寄せの元、感謝とその恩返し
                                    16. 誠実な人はどんな人?(至誠)
                                    17. 謙虚に受け入れる効用(謙遜)
                                    18. 親切・奉仕・お世話(ホスピタリティ)の心を知る
                                    19. 五配りと自然な所作を身に着けよう(身嗜み態度・仕草)
                                    20. 魅力は、相手を知り覚えることから
                                    21. あなたの傾聴力を磨く
                                    22. あなたの会話力を磨く
                                    23. 電話応対のポイントとタブー
                                    24. 不の要素とその解消法は?
                                    ・・・など


                                    ⦿日時 
                                    【A】初回3月25日(火)受付終了
                                    【B】初回3月30日(日) 
                                     
                                     ※以降は二ヶ月に3回、または月2回(隔週)開講予定

                                    ⦿開催場所

                                    【A】25日(火)19時~21時  受付終了
                                     開催場所  喫茶室 ルノアールニュー銀座店マイ・スペース
                                     住所    東京都中央区銀座2-8-15 共同ビル銀座通り2階
                                     アクセス  地下鉄銀座線銀座駅A12出口徒歩1分銀座松屋デパート左手裏
                                     電話番号  03-3567-3655


                                    【B】30日(日)  11時~13時 
                                     開催場所 喫茶室ルノアール 神田南口駅前店マイ・スペース
                                     住所    東京都千代田区鍛冶町2-1-4 東和ビル2階
                                     アクセス  JR神田駅南口を出てすぐ前
                                     電話番号 03-5289-8456

                                    【B】*初回タイムスケジュール
                                     ※会場には、10分前までにお越し下さい。
                                    ・講話11時~11時50分
                                    ・休憩11時50分~12時00分
                                    ・講話12時00分~12時45分
                                    ・まとめ12時45分~13時00分位迄
                                    ※懇親会(希望者のみ) 13時30分~15時位

                                    ◆定員 学びの精度を高める為に【8~10名様程度】

                                    ◆受講料 

                                    ◇初回 3,000円税別(テキスト類含)
                                    ◇二回目以降受講料  3,000円税別
                                        テキスト類 1,000円税別
                                    ※別途基本教材 初参加時 【言葉・熟語の解説】 1,000円税別

                                    ◆お持ち頂く物 筆記用具

                                    ◆講師  Humane-Adviser  基みのる

                                    ◆主催 「心の礎の会」☎080-5491-3067


                                    お申込みの受付は【A】3月22日  【B】3月27日迄

                                    お申込みは、こちらまでminoru.motoi@gmail.com 迄
                                     
                                    E.Mailで、【お名前・連絡先】を必ず御記入の上、お早めに御申し込下さい。


                                    【開講意図】

                                    三年前の震災後、「自分の為より、誰かの為に」
                                    と言った意識が国民の多くに芽生えました。
                                    そう言った思いはと五に行ってしまったのでしょうか?
                                    昨今、国内に心無い悲しい殺人事件や幼児虐待、
                                    いじめなど人としてあるまじき多発しています。

                                    このようなことを少なくするためには、
                                    私達一人ひとりが、互いが人として「認め合い」、
                                    先ず、人を「思いやる心」、感謝で繋がる「信頼の絆」を、
                                    より深め築いて行かなければならないと思います。

                                    同時に、触合う人達と円滑な人間関係を創るために、
                                    日本人の心とも言える「おもてなし」や
                                    人としてのモラル(道徳・倫理)の見直しも必要とされます。
                                    一方、私達は、東日本大震災を始めとして、
                                    大雨などの想定外の自然災害、
                                    原発事故による災害に見舞われ、
                                    尊い大切な命や様々な財や物を失ってしまいした。

                                    私達日本人は、このような厳しい社会環境に晒されながらも、
                                    震災後の夏の節電でも明らかになったように
                                    それぞれの人が生活や思考のあり方を変えたり、
                                    今迄の当たり前を見直したりして対処してきました。

                                    現在の日本は、少子高齢化の社会に入り、
                                    私達は今迄持っていた既成概念や当たり前、
                                    常識や習慣をただ行い、続けているだけでは、
                                    これから迎える厳しい時代の備えにはならないと考えます。
                                    現在に至る迄、社会生活や様々な職場で無数の人と出逢い、
                                    多くの人に生かされ、支えられ生きて来られました。
                                    そして、その出合った方々から、数えきれない位
                                    社会で生きるための学びや教えを得られました。

                                    同時に、自らの欲望や感情を自制することの大事さ、
                                    人と人の繋がりの大切さ、人を大切にすること、
                                    感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、
                                    と言った多くのことを、心の気付きとして得られました。

                                    この講座は、人様の体験出来ないどん底の生活や惨めな心、
                                    銀座の高級クラブ勤務時や社会生活で出会った高い地位の方に
                                    運よく巡り合えた波乱万丈の人生と失敗の学びで学んだ、
                                    人として必要とされる感謝の表現、謙虚さ、思いやる心の大切さ、
                                    日常生活やコミュニケーションに役立つ様々な「知恵」や「技」を
                                    日本人の心「おもてなし」を通してお伝えする講座です。


                                      ブログパーツ
                                       

                                      日本人の心「おもてなし」を身につけましょう。

                                      お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                                      基礎からおもてなしL

                                       「もてなす心」、それは他者を「思いやる心」

                                      ★このような方々にお薦めします

                                      〇サービス業に関わる方
                                      〇医療介護に携わる方
                                      〇子育て世代の方
                                      〇教育や指導に携わる方
                                      おもてなしに関心のある方
                                      〇企業(店)の経営や管理をしている方

                                      ★このようなことが学べ、身に付きます

                                      ●日本人としての心が身に付く
                                      ●企業や店舗の営業や集客に貢献できる
                                      ●豊かな人間関係力の基礎と技が修得できる
                                      ●他人の心や行動が「見えるようになる」
                                      ●魅力度・モテ力がアップする
                                      ●利他心の基礎の修得ができる・・・・・等々。

                                      【開講意図と目的】

                                      おもてなし」は日本独自の素晴らしい文化であると共に日本人の心です。
                                      その「おもてなし」の基礎とも言える原点は、相手を「思いやる心」です。
                                      この心は、あらゆるサービス業に限らず、日常生活の人間関係でもとても大切です。
                                      そして、この「思いやる心」がどんなことかを知得することは、
                                      あなただけにしか出来ない「もてなし」をするための基礎となります。
                                      その基礎を確り自らの心に落とし込んでさえすれば、どんなことにも対応対処出来応用できます。

                                      形ばかりの「おもてなし」「虚飾の姿」「自利」の言動や態度が持て囃される現在社会で、
                                      本当に必要とされるのは、先ず人を思う「思いやりの心」の拡散ではないかと思います。
                                      社会に出て、現在に至る四十数年の波乱万丈な人生、社会生活や様々な職場で数えきれない
                                      人々と出逢い、その人々に支えられて生きられ、生きて来ることが出来ました。

                                      そして、その出合った方々から、数えきれない程の学びや教えを体得することが出来ました。
                                      同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人と人との繋がりの大切さ、
                                      人を大切にすること、感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、と言った多くのことを、
                                      大切な自らの心の気付きとして頂戴致しました。

                                      これからの少子高齢化社会を担う方達が、謙虚に先人や年配者に感謝し、
                                      敬い尊ぶ心、「直な心」で先達の心や知恵を一度は謙虚に受容する意識を持つべきだと思います。
                                      「人生死に至る迄、学びである」との志を基に、
                                      一人でも多くの方々に、心豊かで幸せな生活を得る「源」を学んで頂ければと考えております。

                                      また、今後の震災復興や少子高齢化社会を担わなければならない今の子供達の為にも、
                                      子育てをする大人が、この「思いやる心」をより深く学び知ることは自らが幸福を掴み、
                                      引き籠り、いじめや犯罪の減少にも必ず繋がると確信致します。

                                      日本でのオリンピックの開催が決まり、思いやる心溢れる「おもてなしの国日本」として、
                                      震災後の世界中から支援に恩返しをする為にも、
                                      また、心豊かな日本人の心を創造する為にも「おもてなしの心」と
                                      その基礎となる他者を「思いやる心」を身につけましょう。

                                      心も技も【基礎】が確り出来ていれば、仕事も総ての人間関係にも対応対処出来る。」
                                      これは、長年に渡り人に関わる仕事(サービス業)に携わって来て得られた私なりの答です。
                                      現在に至る迄に学び会得した「おもてなし」の知恵や技、波乱万丈の人生で味わった実体験に、
                                      人生後半での様々な学びを加え、少子高齢化社会の心の育成に貢献できればと考えました。
                                      「おもてなし」を通して、今迄得られた「心と技の基礎」と「生かし方」を、皆さんにお伝し、
                                      同時に、生きて行く上で最も大切で、いつ迄も心に残る「心の学び」と「気付き」の
                                      元となることを皆様にお伝えしたいと考え開講致します。
                                      この講座では、ホスピタリティの「おもてなし」、
                                      日本ならではの「おもてなし」の基礎から学ぶと共に、
                                      人間力の礎となる「思いやる心」を学び、身に着けられます。

                                      講座内容】

                                      初回(年4回開講)
                                      1.おもてなしの心とは?
                                      2.おもてなしの語源と由来
                                      3.おもてなしの本質
                                      4.一期一会とおもてなしの特質
                                      5.もてなしのしつらえ
                                      6.もてなしの流れ・挨拶
                                      (診断)おもてなしのマインド(採点用)
                                      (診断)ドリル-おもてなし(採点用)

                                      講座の日時  3月26日(水) PM19:00~PM21:30

                                      ◇参加定員 20名様位迄

                                      ◇参加費 講座当日に御持参下さい。
                                       受講料一回 5,000円(当回教材・ドリル含)

                                      お持ち頂く物 初回分&当回配布教材・筆記用具、その他メモなど。
                                       補助資料類などのdataをお渡しします。
                                       初めての方はUSBメモリーをお持ち下さい。

                                      開催地と地図
                                      〒523-0896滋賀県近江八幡市鷹飼町北4-1-16 みやび建設BLD3F会議室JR近江八幡駅徒歩10分位

                                      講師 Human-Adviser 基みのる
                                       大阪府教育委員会「足袋の季節」の接客マニュアル、
                                       大阪マツダ自動車「ホスピタルカード」に『おもてなしの解説』を書いております。
                                      ブログ『接客マナーは心の礎』著者


                                      お申込みはこちらからコクチーズ

                                        ブログパーツ
                                         

                                        Human-Project「」の活動【御案内】 礎ロゴ-green
                                          

                                        お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                                        接客マナーは心の」には、サービス業やおもてなしの原点や基となる内容を柱に掲載してあります。
                                        現場の皆さんが一番役に立つ、夫々の店や個人に合ったプロセスや所作については載せてありません。
                                        それは、何故か?と言うと、人の顔や心と同様に、夫々のお店や職場にも独自の個性があるからです。
                                        どの様な物を作成するにしても、適切な答えや資料類は現場によってマチマチです。
                                        実際に現場を拝見し、皆様の声をお聞きしながらその答え導き出さなければなりません。

                                        お客様の心に響くおもてなしや接客は、夫々の現場にピッタリとマッチしたサポートやアドバイス、指導こそが、
                                        先ず皆様の利益を考える「利他心」であり、皆様への本当の「おもてなし」であると考えます。

                                        Human-Project「」は、このようなことに真摯に取組み、進めて行くことが使命だと考えます。
                                        心の通う真心のおもてし」の心で、少人数での講座や研修、職場サポートなどの
                                        講座や指導、人財育成の各種資料作りを皆様の予算に合わせリーズナブルな料金で致します。

                                        また、折角大切なお金をかけた研修や指導を受けても数ヶ月すると忘れてしまうことの無いように
                                        教材として、テキストドリルを使う新しいシステムを用いて参ります。

                                        先ずは、右カテゴリー下"問合せメール"又はコメントでお知らせ下さい。
                                        また、質問、ご相談、お問合せは無料ですので気軽に御相談下さいませ。
                                        3日以内に、こちらからお返事させて頂きます。
                                         

                                          ブログパーツ
                                           

                                          “技だけでは為せない「日本の文化おもてなし」”

                                          お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

                                          基礎から学ぶ日本の心小3

                                          「思いやり、って何?」・・・それは「おもてなしの心」

                                          大人の誰もが「当たり前」に知っていると思っている
                                          「思いやり」「優しさ」「誠実」「謙虚」「感謝」などと言った心の要素を、
                                          お子さんや部下に訊ねられたら何と答えますか?

                                          現場最優先で、このような心の知識の乏しかった私は、何となく解っていると錯覚したままで、
                                          人生の後半まで生きて来てしまいました。

                                          ところが、或る時、何気なく指導先のスタッフから訊ねられた、
                                          「思いやりってどんなことですか?」 の質問に答える為に、
                                          偉人や賢人の書かれた書物などからこの「思いやり」を学び、知ることの大切さに気付かされました。

                                          それを学び知り得たことで、様々な人物や行動が理解出来るように成れました。
                                          そして、このようなことを知ることはサービス業の「接客」や「おもてなし」ばかりか、
                                          人財育成や子育てをする為にも不可欠だとも気付きその後の人生に大変役立ちました。

                                          「先心後技」どんなに資格やスキル、テクニックを身に着けても、
                                          マインド即ち「心の軸」が確りしていなくては、ぶれてしまいます。

                                          ただ心の中で、「もてなしたい」と思っていても、実際に言葉で表現したり、
                                          リアルな行動に移したり、態度で表さないと、その相手に伝わらないのです。
                                          このような「もてなしの心」は、その場、その時で相手の器や感情を推し量り
                                          素早く察知し、その相手に合わせて伝え方で、
                                          相手が受け取り易い言葉や受入れ易い態度を尽くしてこそ、初めてその人の心に伝わるものです。
                                          そして、そのおもてなしの心は、奥ゆかしく、丁寧に、繰り返されることで洗練されます。

                                          現代社会で心豊かに生き抜くために、
                                          自らの心を動かす起因となるこのようなぶれない心の知識を修めておくことは、
                                          幸せになるための礎であり、
                                          様々な人と関わる社会生活や仕事上は勿論のこと、
                                          子育てをする親としても大切なことだと思います。

                                          これからの少子高齢化社会で生き抜き、20年のオリンピックで世界各国の人々をもてなす為、
                                          震災時の世界中からの支援に恩返しをする為にも、この『心の礎』となる「思いやる心」を
                                          より多くの方々に知って頂きたいと言う思いから、
                                          40数年の実社会生活の体験から得られた知恵なども交え、
                                          【基礎から学ぶ和の心「日本のおもてなし」】の講座を開くことに致しました。

                                          接客・接遇」や「おもてなし」に関わる方は勿論、子育て世代の方々にも参加をお薦めします。

                                          基礎から学ぶ和の心「日本のおもてなし」講座・・・・2月1日18:00~

                                          ★このような方にお薦めします

                                          ・日々人と触合う方
                                          ・接客サービス業に関わる方
                                          ・営業などに関わる方
                                          ・子育て世代の方
                                          ・指導者や管理職の方・・・など

                                          ★どんなことが学べるの?「学びの概要」

                                          ・おもてなしの「礎」を学び、人として大切な「思いやる心」、
                                          ・社会で生きて行く知恵や人として大切な「心の礎」を共に学びます

                                          ★どんなことが身に着くの?

                                          ・日々の仕事上や生活に役立つ様々な心と知恵が身に着けられる
                                          ・対人関係の基となる心眼を育み人間力を向上できる
                                          ・「おもてなしの心」と心の原点「思いやり」の知識と知恵

                                          ★学びの成果は、どんなことに生かせるの?

                                          ・自分自身をより深く知り、向き合える
                                          ・自分の足りないものが自覚出来る
                                          ・豊かな対人関係力が備えられる
                                          ・他者の心や言動が見えるようになる
                                          ・仕事が多角的にみられるようになる
                                          ・愛され信頼されるようになれる


                                          ≪開講意図と目的≫

                                          「心も技も【基礎】が確り出来ていれば、

                                                仕事も総ての人間関係にも対応対処出来る。」


                                          これは、長年に渡り人に関わる仕事(サービス業)に携わって来て得られた私なりの答です。
                                          社会に出て40数年、前半から中盤は実務中心、後半は実務の学びをして参りました。
                                          その中で、社会生活や様々な職場で多くの人々に出会い支えられて生きてきました。

                                          そして、その出合った方々から、数えきれない程の学びや教えを得ることが出来ました。

                                          同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人と人との繋がりの大切さ、
                                          人を大切にすること、感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、と言った多くのことを、
                                          大切な自らの心の気付きとして頂戴致しました。

                                          現在に至る迄に学び会得した「おもてなし」の知恵や技、波乱万丈の人生で味わって来た実体験に、
                                          人生後半での様々な学びを加え、少子高齢化社会の心育成に貢献できればと考え、
                                          今迄得られたその「心と技の基礎」と「生かし方」を、皆さんにお伝えする場です。

                                          同時に、生きて行く上で最も大切で、いつ迄も心に残る「心の学び」と「気付き」の元を
                                          おもてなし」を通して皆様にお伝えする場でもあります。

                                          形ばかりの「おもてなし」「虚飾の姿」「自利」の言動や態度が持て囃される現在社会で、
                                          本当に必要とされるのは、先ず人を思う「思いやりの心」の拡散ではないかと思われます。

                                          そして、これからの少子高齢化社会を担う方達が、謙虚に先人や年配者に感謝し、
                                          敬い尊ぶ心、「直な心」で先達の心や知恵を一度は謙虚に受容する意識を持つべきだと思います。

                                          人生死に至る迄、学びである」との志を基に、一人でも多くの方々に、
                                          心豊かで幸せな生活を得る「源」を共に学んで頂ければと考えて開講致します。

                                          講座概要≫

                                          おもてなし」は日本独自の素晴らしい文化であると共に日本人の心です。
                                          その「おもてなし」の基礎とも言える原点は、相手を「思いやる心」です。
                                          この心は、あらゆるサービス業に限らず、日常生活の人間関係でもとても大切です。
                                          そして、この「思いやる心」がどんなことかを知得することは、
                                          あなただけにしか出来ない「もてなし」をするための基礎となります。

                                          その基礎さえ確り自分自身の心に落とし込んでさえすれば、どんなことにも対応対処でき、応用できます、
                                          日本ならではの「おもてなし」の基礎から学ぶと共に、
                                          人間力の礎となる「思いやる心」を学び、身に着けましょう。

                                          無数の人と出逢った四十数年の波乱万丈な体験と晩年の学びを元に、
                                          もてなしの心、挨拶、感謝、誠実、立場転換などと言った項目を柱に、
                                          大切な人への思いやりとおもてなしの心の表現方法や傾聴、会話などの心得や
                                          所作のポイントなどの解説と共に個々人の個性に合わせた個人指導(カウンセリング)などを
                                          初心者から指導的立場の皆さんにお伝えしていく講座です。

                                          日本の文化おもてなし」は、「モノを持って成し遂げる」と言うことを表わす語です。
                                          古からの「和を以って、尊しと成す」の心を大切にして来た日本人に心とも言えます。
                                          日本人が、お客様や大切な人をお迎えする行動とその心構えを言います。
                                          主客一体の心で、お客様や相手に心から敬意を払い、それを行動で表すことです。 

                                          日本独自の文化「おもてなし」は、人間に依存する処が極めて多く、大変奥が深いものです。
                                          そのおもてなしには、先ず相手を想う「思いやる心」が何よりも大切です。
                                          同時に「おもてなし」を基礎から身に着け修得するためには、おもてなしの心、
                                          その語彙、原義など知識や伝え表わすための所作を修めなければなりません。
                                          古から言い伝えられる「人形作って魂入れず」の諺の如く、心とそれを表わす技(所作)が必要不可欠です。

                                          それには、先ず関連する心と技の知識を知り得た上で、
                                          技である所作(作法)の原点(原義)やその目的を学び、
                                          個々人の資質や心、環境やT.P.Oに合わせた「おもてなし」の表現と伝達方法を学び、
                                          身に着けて行くことが最も重要です。

                                          その「おもてなし」に必要とされる心を学び知り、
                                          基礎となることを確り修得することで、その人物、様々な環境に合った様々な形の
                                          「おもてなし」が出来るようになります。

                                          講座の内容 【全講座6回】

                                          いつまでも心に残り、確り身に付く「新しいシステム」 導入

                                          [初回]基礎講座

                                          (講話)
                                          1. 日本人の特質から生まれた「おもてなし」
                                          2. おもてなしの心(マインド)直き心
                                          3. 日本独自の文化「おもてなし」
                                          4. おもてなしの語源と由来・「モノ」と「コト」
                                          5. おもてなしと思いやりの関係(思いやる心)
                                          (心のドリルワークショップ) 思いやり
                                          講話・テキスト配布 (日本のおもてなしの教科書-基礎編)・予習通知&そのアンケート

                                          ※初回講座は、学ぶ為の知識の解説の講話が主です。
                                          二回目以降参加の方は参加前にお送りするテキストで自習をして頂きます。
                                          また、二回目以降は、参加されたいお好きな講座をお選び頂けます。

                                          ※全講座教材
                                          受講内容に合せた当回資料と、ドリル(自己診断リスト)は、
                                          御自身でカスタマイズが出来る関数入りエクセルシート配布。
                                          受講時(PC持参の方)、或は後日メールにてお送り致します。

                                          [二回目]初級講座

                                          6. おもてなしの特質(主客一体・心技体)
                                          7. 目に映る、映らないおもてなし
                                          8. おもてなしのスタート(心技体)
                                          (心のドリルワークショップ) 認める・挨拶
                                          =講話・テーマのドリルで自己診断・ディスカッション・予習通知&そのアンケート

                                          [三回目]中級講座(1)

                                          9. おもてなしと一期一会・守破離・わびさび・利休七則
                                          10. おもてなしの「しつらえ」とは
                                          11. 日本のおもてなしとホスピタリティのおもてなし
                                          (心のドリルワークショップ)誠実・謙虚

                                          [四回目]中級講座(2)

                                          12. 大切な人へのおもてなし
                                          13. 現代社会とおもてなしの心
                                          14. おもてなしの二極分化
                                          15. おもてなしは演出?
                                          (心のドリルワークショップ)感謝・大切な人

                                          [五回目]上級講座(1)

                                          16. おもてなしの感銘と余韻
                                          17. おもてなしの察知力
                                          18. もてなす側ともてなされる側
                                          19. おもてなしは応対と気づき
                                          (心のドリルワークショップ) 立場転換・傾聴力

                                          [六回目]上級講座(2)

                                          20. サービス業と日常と非日常のおもてなし
                                          21. 商品力だけでは出来ないおもてなし
                                          22. サービス業・飲食店(料理店・カフェ・高付加価値店)のおもてなし
                                          23. ひとり一人の顧客に合わせた様々なお世話
                                          24. 顧客に合わせたおもてなしの所作と応対のポイント
                                          25. 総括 (心のドリルワークショップ)おもてなしのマインド

                                          ☆日時 初回2月1日(土)[以降隔週予定] 【18時00分~21時00分】

                                          ☆定員 学びの精度を高める為に【8~10名】

                                          ☆受講料 3,000円(テキスト・ドリル含)
                                          ※全て受講又は次回講座を予約された方は二回目から2,500円で受講出来ます。
                                          ※別途基本教材 初参加時のみ 「日本のおもてなしの教科書」 1,000円

                                          〇お持ち頂く物 
                                            筆記用具・ノートPC(お持ちの方)・二回目以降教科書とアンケート

                                          〇講師 接客マナーは心の礎 著者 Humane-Adviser  基みのる

                                          〇主催 「心の礎の会」  ※御質問などはこちらへ☟ 
                                            Email: minoru.motoi@gmail.com     ☎ 080-5491-3067

                                          ★申込みはこちらから☟
                                          基礎から学ぶ日本の和の心「おもてなし」の講座



                                            ブログパーツ
                                             

                                            思いやり、って何?」・・・それは「おもてなしの心」

                                            お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

                                            基礎から学ぶ日本の心小3



                                            大人の誰もが「当たり前」に知っていると思っている
                                            思いやり」「優しさ」「誠実」「謙虚」「感謝」などと言った心の要素を、
                                            お子さんや部下に訊ねられたら何と答えますか?

                                            現場最優先で、このような心の知識の乏しかった私は、何となく解っていると錯覚したままで、
                                            人生の後半まで生きて来てしまいました。

                                            ところが、或る時、何気なく指導先のスタッフから訊ねられた、
                                            思いやりってどんなことですか?」 の質問に答える為に、
                                            偉人や賢人の書かれた書物などからこの「思いやり」を学び、知ることの大切さに気付かされました。

                                            それを学び知り得たことで、様々な人物や行動が理解出来るように成れました。
                                            そして、このようなことを知ることはサービス業の「接客」や「おもてなし」ばかりか、
                                            人財育成や子育てをする為にも不可欠だとも気付きその後の人生に大変役立ちました。

                                            どんなに資格やスキル、テクニックを身に着けても、マインド即ち「心の軸」が確りしていなくては
                                            人形作って魂入れず」になってしまいます。

                                            現代社会で心豊かに生き抜くために、自らの心を動かす起因となるこのような
                                            ぶれない心の知識を修めておくことは、幸せになるための礎であり、
                                            様々な人と関わる社会生活や仕事上は勿論のこと、親としても子育てに大切なことだと思います。

                                            これからの少子高齢化社会で生き抜き、20年のオリンピックで世界各国の人々をもてなす為、
                                            震災時の世界中からの支援に恩返しをする為にも、この『心の礎』となる「思いやる心」を
                                            より多くの方々に知って頂きたいと言う思いから、
                                            40数年の実社会生活の体験から得られた知恵なども交え、
                                            【基礎から学ぶ和の心「日本のおもてなし」】の講座を開くことに致しました。

                                            接客・接遇」や「おもてなし」に関わる方は勿論、子育て世代の方々にも参加をお薦めします。

                                            詳しくはこちらから☟
                                            基礎から学ぶ和の心「日本のおもてなし」講座


                                              ブログパーツ
                                               

                                              心の基礎体力講座(大阪)

                                              555557_459995467443079_763027154_n.jpg

                                              マナー、おもてなしの原点『思いやりの心』を基礎から学びませんか?

                                              【講座概要】
                                              “学んだことが、実生活や仕事に直ぐ生かせます”
                                              この講座は、今迄に例のない新しいスタイルの講座です。
                                              この講座は気付きに結びつける為に参加前の「教材自習」、
                                              「講話」と「課題ドリル」を使って行うワークショップ方式です。
                                              一般のセミナーや研修は、素晴らしい内容でも時が経つと忘れ易いものです。

                                              この講座は、次のようなプロセスで行います。
                                              教材予習➜受講・ワークショップ➜復習(ドリルで自己診断・自己課題設定)

                                              このように自習を柱としていますので、受講後にじわじわと効いてきて、
                                              自らの様々な気付きに結び付き、仕事上や実生活の対人関係にも役立ちます。
                                              御申込み頂いた時点で、皆さんの大切な時間を有効に使う為に自習教材をMailでお送り致します。

                                              ⦿受講後の効果

                                              ●豊かな人間関係力の基礎が修得できる
                                              ●他人の心や行動が「見えるようになる」
                                              ●企業や店舗の引寄せに貢献できる
                                              ●モテ力がアップする
                                              ●引き寄せ効果が生まれる
                                              ●利他心の基礎の修得ができる・・・・・等々。

                                              ◆今回の内容【誠実・傾聴力】&前回「挨拶」「おもてなし」の補足

                                              ◆講座の御申込み方法

                                              御申込みは、11月5日迄に右カテゴリー下の「問合せメール」又はminoru.motoi@gmail.comへ。
                                              お名前と連絡先、【メールアドレス】を必ず記入され御申込み下さい。

                                              ★初めて参加される方には 以下の教材類を御申込み時Mailでお送りします。
                                              1.心の基礎体力-(解説)
                                              2.テキスト№0.-仁・思いやり
                                              3.テキスト№1-.認める
                                              ※途中参加の方は、必ず「初回用教材」を御読み下さい。

                                              ◆講座の日時  11月7日(木) PM18:20~PM21:30

                                              ◇参加定員 

                                              12名様以上18名様位迄 (参加人数が12人未満の場合は順延と致します)

                                              ◇参加費 

                                               講座3,000円(当回教材・ドリル含)講座当日ご持参下さい。
                                              [初回用教材]Mailの場合800円、初回印字教材1,500円です。

                                              □講師 HumanAdviser 基みのる

                                               大阪マツダ自動車「ホスピタルカード」に、『おもてなしの解説』を載せております。
                                               大阪府教育委員会「足袋の季節」に「接客マナー」についての記載記事転載。

                                              □お持ち頂く物 初回分&当回配布教材・筆記用具

                                              □開催地と地図

                                              〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1丁目5−30堂島プラザビル 6階会場


                                                ブログパーツ
                                                 

                                                "自分のためより、誰かのために" 

                                                        思いやり「心の基礎体力」の修得


                                                思いやる心大阪

                                                ◆思いやる心「自分の為より、誰かの為に」

                                                ❤「七転び八起き」転んでも起き上がれる、
                                                  子供と大人の強い心を育むココロの基礎体力、「思いやりの心」を学び、身に着けませんか?


                                                <開講意図>

                                                阪神大震災が起こってから間もなく20年、東日本大震災から二年半を迎えます。
                                                その他にも、色々な地域で想定外の様々な自然災害に見舞われている日本です。
                                                私は、1978年6月に発生した「宮城県沖地震」の恐ろしさを仙台で実体験しました。
                                                危うく命を落とすところでした。地震や自然災害の恐ろしさは凄まじいものです。

                                                今自然環境が想定外の活動をする中、私達は人との結び付きをより強くすると共に、
                                                どの様な状況でも立ち向かって行ける強い「心の基礎体力」を育みながら、
                                                周りの人々との繋がりを持ちながら「絆」を創って行かなければなりません。
                                                その強い「心」を創る為のお手伝いが出来たらと考えこの講座を開くことに致しました

                                                <開催主旨と講座概要>

                                                人として幸せになれる元、人との触合いの基礎となる心は「仁」、
                                                「仁」の心、人を思いやるココロとは、どんなことを言うのでしょうか?


                                                それは人間関係力(コミュニケーション力)の原点です。
                                                スポーツでも勉強でも基礎体力がとても大切。
                                                その基礎体力をつけるためには、日々の小さな積み重ねが必要です。
                                                その基となる「ココロの基礎体力」を学んでみませんか?
                                                「思いやりのココロを一緒に育てる勉強会」です。

                                                皆さんは
                                                「誠実さ、感謝、優しさ、思いやりってどんなこと?」
                                                と、お子さんや部下などに訊ねられたら、どう答えますか?
                                                その問いに答えられるようにするで、心が豊かに成り、
                                                同時に人の色々なものが見えるようになると、今迄の人生体験から思いました。

                                                社会人としても、子を育てる親としても、他人や大切な人達と「向き合う」時に必要とされる
                                                誰もが当たり前に知っているようで以外と知らない、

                                                対人関係コミュニケーションの基となる【思いやり・誠実・謙虚・感謝・礼節など】について
                                                皆さんと一緒に考えながら、学ぶ場です。

                                                また、今後の震災復興や少子高齢化社会を担わなければならない
                                                今の子供達の為にも、子育てをする大人が、
                                                この思いやる心を学び知ることは自らが幸福を掴み、
                                                いじめや犯罪の減少にも繋がります。

                                                <講座の特長>

                                                “学びが、後々の生活や仕事に生かせます”
                                                一般のセミナーや研修は、素晴らしい内容でも意外と忘れてしまうものです。
                                                この講座は、自習することをメインとしておりますので、自分自身の成長に繋がります。

                                                <概要とテキスト類>

                                                〇講座に参加する前

                                                御申込頂いた時点で、以下のテキストとシートをお送り致します。
                                                皆さんの大切な時間を有効に使う為に、参加される前に御読み下さい。
                                                お手数でも、P.Cのメルアドをお申込み時に御知らせ下さい

                                                ※ 印は、読まれた上で、御自分で書き込んで頂くシートです。
                                                1. (解説)-心の基礎体力
                                                2.テキスト№0.-仁・思いやり
                                                3.テキスト№1-.認める
                                                [思いやり自己診断]
                                                [認め・認め合う]
                                                [思いやりの三要素と五配り]

                                                〇講座の内容

                                                皆さまの気付きに繋げられるワークショップです。
                                                チャート、テキスト、ドリルを使ってワークショップスタイルで学び合います。

                                                ❤この心の基礎体力を身に付けた効用として、
                                                 ●豊かな人間関係力の基礎が修得できる
                                                 ●他人の心や行動が「見えるようになる」
                                                 ●モテ力がアップする
                                                 ●引き寄せ効果が生まれる
                                                 ●利他のココロの基が修得が出来る
                                                 ・・・・・等々。

                                                この講座は、初回「仁・思いやりと認める」とし、 以下のA.「心」とB.「体」を一つずつ組合せながら
                                                シリーズとして同じような形で継続する予定です。
                                                また、いつからでも、学びたい講座だけの参加も可能です。

                                                A「心」と「技」=認識と実践

                                                【認める、認め合う】【共感(同情)】【優しさ(厳しさ)】【やる気】
                                                【モラル】【感性】【心眼】【誠実】【謙虚(謙遜)】【協調(絆・和)】
                                                【立場転換】【感謝】【サービスマインド】【奉仕・お世話】
                                                【尊び敬う】【寛容】【自主・自立】【自制・コントロール】

                                                B「体」と「技」=表現伝達力

                                                【大切にする】【覚える】【活動パフォーマンス】【居心地】
                                                【表情】【挨拶】【身嗜み態度】【礼法・作法】【配慮・五配り】
                                                【感動・余韻】【知恵・知能】【サポート&アシストの実践】
                                                【意思決定表示】【正しさ・基準】【不の解消】【保安・守護】

                                                □講師

                                                大阪マツダ自動車「ホスピタルカード」に、『おもてなしの解説』を載せております。
                                                大阪府教育委員会 足袋の季節—60頁に記事転載。
                                                  ヒューマンアドバイザー 基みのる

                                                □日時第一回 00月 00日(・) 課題【思いやり】【認める、認め合う】

                                                □参加定員 5~20名様位


                                                □参加費 一回講座毎 3,000円~(テキスト代込み)当日ご持参下さい。

                                                □お持ち頂く物 初回配布テキスト類・筆記用具・USBメモリー。

                                                ■参加者へのプレゼント
                                                ココロを育むドリル(カスタマイズ可)をお持ち帰り頂きます。
                                                初回は「思いやり」・総てのの原点「認める」です。
                                                (dataをお渡しします。USBメモリーをお持ちください。)

                                                心の育成に興味のある方、教え導く立場の方、教育関係者に、お勧めします。

                                                <開催地と地図>・・・・・

                                                【お申込み方法】minoru.motoi@gmail.com 迄パソコンのアドレス・連絡先☎を記入されお申込み下さい。


                                                ・主催 Humane-Project礎 おもてなしの心を育む「心の礎の会」

                                                ☟こちらは、13年9月7日の都内での講座の様子です。
                                                027.jpg

                                                  ブログパーツ
                                                   

                                                  「ココロの基礎体力エガオの講座」の御案内

                                                  "皆さんと共に学ぶワークショップ形式の勉強会です。"

                                                  ココロの基礎体力に自信はありますか?

                                                  ~ココロの基礎体力をしっかり身に着け、

                                                            ココロからあふれるエガオを♡~




                                                  あの人とココロが通じたらどんなにしあわせだろう。

                                                  なんでこんなに思っているのに想いがつたわらないのかな?

                                                  そんなこと考えたことありませんか?

                                                  人との触合いの基礎となる心は「」、
                                                  即ち思いやり、慈しむ心とは、どんなことを言うのでしょうか?

                                                  言い換えるなら人として幸せになれる元は
                                                  思いやりのココロ】人間関係力(コミュニケーション) といっても過言ではありません。
                                                  その人間関係力の基礎となる
                                                  ココロの基礎体力」をワークショップ形態で学んでみませんか?

                                                  ひとことでいえば・・・・「思いやりのココロを一緒に育てる勉強会」です。

                                                  スポーツでも勉強でも基礎が大切。
                                                  基礎体力をつけるためには、日々の積み重ねが欠かせません。

                                                  ココロも「基礎体力つくり」が大切♡
                                                  そのココロをはぐくむために今回は、チャート、テキスト、ドリルを使います。

                                                  これであなたの「ココロの基礎体力つくり」はばっちりです!

                                                  心の基礎体力を身に付けた効用として、

                                                  ★利他のココロの修得
                                                  ★人間関係力の基礎修得
                                                  ★モテ力アップ
                                                  ★引寄せ効果
                                                  ★人の心や行動が「見えるようになる」

                                                  ・・・・・等々。

                                                  第一部ココロの基礎体力の講師は『接客マナーは心の礎』の基みのるです。

                                                  <初回のテキスト類>

                                                  大切な時間を有効にお使い頂く為に参加される皆さんに前以て御読み頂きたい
                                                  以下のテキスト並びに、[思いやり診断]と参加する前に皆さんに書き込んで頂く
                                                  [認め・認め合う][思いやりの三要素と五配り]を御申込頂いた時点でお送り致します。
                                                  お手数でも、メルアドをメッセージで基みのるまでお送り頂けますようお願い致します。

                                                  【初回配布教材リスト】

                                                  1.テキスト№0.-思いやり
                                                  2.テキスト№1-.認める
                                                  3.(記入教材-1)思いやりの三要素と五配り
                                                  4.(記入教材-2)思いやり自己診断・認める
                                                  5.人的(心の能力)スキル項目リスト
                                                  6.(解説)ライフスキルと心の知能指数

                                                  第二部ではあなたのココロをお伝えするための
                                                  「あなたらしいエガオ」のレッスンを行います。


                                                  せっかく相手を思っていても、伝わらなくてはじまらない。
                                                  エガオ」ってどんな効果があるんだろう?
                                                  あまり「エガオ」が得意じゃないけど・・・・どうやったらできるの?
                                                  そんな疑問におこたえします。

                                                  エガオの講師は都内で活躍されていらっしゃる岡谷佳代さんが担当致します♡

                                                  ココロの基礎体力がついて、エガオをマスターしたら・・・
                                                  「人間関係力(コミュニケーション力)」はあなたのものに♡
                                                  ココロ豊かに、円滑な人間関係をつくりだし、しあわせふやしていきませんか?
                                                  「あなたらしいエガオ」のレッスンの講師は、岡谷 佳代さんです。

                                                  第三部は

                                                  皆さまの気付きに繋げられるワークショップです。
                                                  ※この会は、シリーズとして継続できるように考えています。


                                                  【講座詳細】

                                                  〇日時  9月7日(土) PM14:00~PM17:00

                                                  〇場所 スター会議室 新橋  103号室
                                                      東京都港区新橋4丁目24番8号 2東洋海事ビル
                                                      
                                                  〇参加定員 15名様9月3日締切です。(28日現在残り5席)

                                                  〇参加費 3,000円(テキスト代込み)当日ご持参ください。

                                                  〇持ち物 筆記用具

                                                  ◎参加者へのプレゼント 
                                                  【ココロを育むドリル(カスタマイズ可)】
                                                  (データーをお渡ししますのでUSBをお持ちください)

                                                  これからの日本の為にも、人を教え導く方に是非参加をお勧めします。

                                                  【問い合わせ・お申込み方法】

                                                  内容など細かくお知りに成りたい方は、右カテゴリー下にありますと問い合わせメールか、
                                                  下記基みのる迄メッセージにて問い合わせ下さいませ。
                                                  ・基 みのる minoru.motoi@gmail.com 
                                                   

                                                  rogogreen111.jpg

                                                  コンセプトと記載主旨
                                                  このブログはひとり一人の【心の礎の創造】をコンセプトに書いてあります。

                                                  人生の後半に運よく学び得ることが出来た、「利他心」(≒利他愛)を以って載せております。 

                                                  ※「利他心」は、自分以外の他人を利する心を言い表したもの。
                                                    他人の利益を重んじ、他人が利益を得られるように振舞おうとする人を思い遣る心。
                                                  ※「利他愛」は、自分がどんな状況下にあろうとも、他人のために行動・奉仕をすること。


                                                  人間関係の基礎とも言え、生きていく上で大切な他者に対する「思いやる心」「感謝の心」
                                                  おもてなしの所作や接客マナーに限らず、様々な作法・マナーから身に着けることによって、
                                                  人として幸せな生活を送るための土台の意で「心の礎」と致しました。

                                                  現在に至る迄、おもてなしや接客について数多くの方々にお話し、伝えて参りました。
                                                  その結果として学んだことは、人は自らの「気付き」がないとマナーは修得出来ないと言うことを知りました。

                                                  そして、このような体験から思いついた名称が=土台石です。

                                                  は、建物の土台となる石。柱石。礎石。物事の基礎となる大事なもの、人。と言う意味です。
                                                  このブログを読まれる皆様方が、御自分で先ず建てるべき柱(=どんな柱なのか気が付く)を知り、
                                                  そして建物(=心)「築く」ことに繋げて頂きたいと想いから「礎」
                                                  と致しました。
                                                  この様なことから、こちらに投稿する記事の内容は、

                                                  「答」よりも気付き・気付くに繋がる内容を優先し、載せております。

                                                  さて、まだ記憶に新しい秋葉原無差別殺傷事件は、人としての心を亡くした悲しい出来事でした。
                                                  また、約十数年位前に阪神大震災のことは皆さんの記憶にあると思います。

                                                  その結果としてねこの災害は人々の「心の繋がりを強くした」
                                                  被災した方が話しをしていたのが印象的でした。
                                                  きっと人々が忘れかけられていた
                                                  「他者を思いやる心」大切さを教えてくれたのだと考えております。
                                                  神戸の場合は、人々の心の繋がり、結びつきが現在の素晴らしい復興を支えたと思います。

                                                  そして2011年の春には、未曾有の東日本大震災や原発被災に見舞われました。
                                                  震災後多くの方々が自らの豊か過ぎた生活環境を見直したり、

                                                  自分の為より誰かの為に

                                                  と言った<他者を思いやる心>の活動に目を向け始めた年でもありました。

                                                  この震災で得られた、みんなが一つになり諦めないで頑張る頑張ろう日本
                                                  の精神が原動力になり、 サッカーでは、なでしこジャパンが世界一に成った年でもありました。

                                                  あくまでも私見ですが、社会全体が豊かになり、情報が溢れている現在の日本です。
                                                  一方では、人間性喪失と思われる悲しい様々な事件が多発する一方、
                                                  個の意識が高まり、人々の心の中に「自分さえ良ければ
                                                  と考える
                                                  利己的な「保身、自己防衛、自己顕示
                                                  の意識が強くなり、
                                                  他人のことに無関心になってしまう個の時代、格差社会になりつつあります。


                                                  今起きている地球温暖化などの影響による様々な自然災害、大地震、
                                                  人としてあるまじき悲しい事件や経済悪化と言った社会現象は、
                                                  人と人が認め合い繋がり思いやる心を失いつつあることの<警告>と思えてなりません。


                                                  ほんの僅かなことと思いますが、
                                                  今の私に出来ることとして、この「心の礎」を御覧になる方々に
                                                  大切なお客様、大切な人への「心の礎」となる「思い遣り」の【】を現すとも言える
                                                  マナー」と ひとり一人が「感謝の心」を身に着け、
                                                  大切な人の大切を大切にする」心を、
                                                  社会生活や日々の生活に生かして頂きければと願いつつ書いております。
                                                  勿論、日常生活のお付合いの「」として活用出来る内容も記してあります。

                                                  おもてなしや接客の世界に於いては、現在のような厳しい社会状況になればなるほど
                                                  お客様への一期一会の心」「感動のおもてなし」が求められます。

                                                  そのためには、裏表の無い心大切な人、大切なお客様
                                                  思い遣る優しい言葉・態度」「気遣いの立ち振る舞い」は不可欠なことです。
                                                  また、ご縁があって勤められた人の育て方のポイント、
                                                  活かす為の離職率低下の施作やシステムなどについての記事もあります。


                                                  「貴方の大切な人、貴方自身」の為に

                                                    思い遣りの心溢れた、心温かなおもてなしは《心》の「礎」 

                                                  少子高齢化社会に入った今、一人でも多くの人々に「思い遣る心」を広められたらとも考えます。

                                                  利他の精神
                                                  自分の為より、誰かの為に」の思いやり心を、日本で生活する人々が持つことは、
                                                  震災復興・日本再生に必ず結付き、そして幸せに繋がると確信致します。

                                                  ※おもてなしや接客、人との触合いにおける本来の姿は、
                                                  実際に様々なことを見聞きし体験して始めて心に落とし込めることです。
                                                  本物だけの持つ本質や真の心は、文字では伝え切れません。
                                                  皆々様から、此処に記載した文字だけではなく、おもてなしや接客の「技」と「心」について、
                                                  実際の現場を拝見し、お伝え出来る機会を頂戴出来ることを生き甲斐としております。

                                                  ブログパーツ