catalog image

「和」の心・日本のもてなしの心

日本人の「和」もてなしお薦め度【★★★★★】全業種、業態用  相手をもてなすために必要なマインドの持ち主は、 「直き心」(=素直さ・受容・謙虚)である「和」の心を持ち、 触合う相手(客人)から求め、望まれるアクションをされる前に その相手(客人)の心をいち早く察知(洞察)することが出来、 それを相手に合わせて、自発的且つ一歩踏み込んだ言動や態度に移せ、  相手(客人)に和やかな心、満足感(≒C.S)の提供出来る持ち主で...

catalog image

心の通う「おもてなし」

優しさ溢れる「おもてなし」お薦め度【★★★★☆】全業種・業態用鋭い感受性と研ぎ澄まされた感性を以って    “心の通い合う優しい「おもてなし」”優しさには、身体で味わったり目に見えたりすることと、目に見えなくとも雰囲気や仕草などで心に感じられる優しさがあります。共に、人間的要素である≪思いやりの心≫が無くては相手やお客様に伝わりません。おもてなしの中でも、「優しさ」の表現、伝達は大変に難易度の高い「こと」...

catalog image

客人ファースト意識と活動の基礎

日本のおもてなし心を表し伝える!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用先ずお客様を慮る≒(客人)ファースト意識※【慮る】 の意味  出典:デジタル大辞泉[動ラ五(四)]《「おもいはかる」の音変化。「おもんばかる」とも》周囲の状況などをよくよく考える。思いめぐらす。「相手の体面を慮る」<活動の心得>もてなす側(主人)⇒表現伝達スキル(会話など)・客人の目的理解・歓待意識・・・・などもてなされる側(客人)⇒一見・人種・人...

catalog image

日本独自の文化「おもてなし」(10)-設えの心

 設えの「モノ」と「コト」 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  設え=(しつらえ)とは何を指して言うのでしょうか?  先ず、この「しつらえ」の意味を知る為にgoo 辞書検索してみますと、 設え=(しつらえ)と言う名詞は、しつらえること。 準備。「食事の—がしてある」「会場の—をする」「照明の—がない」 設える=(しつらえる)と言う動詞は、しつら・える しつらへる【設える】 1.ある目的のための設備をある場所に設ける。...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-9.(モノとコト)

おもてなしのモノとコト お薦め度【★★★★★】全業種、業態用 目に見えるモノ、目に見えないコト日本独自のおもてなしを表現する言葉に、リアルに五感で味わう「モノ」とバーチャルな心や個々人の感性である「コト」があります。この「モノ」と「コト」が巧みに組み合わされ心身の活動を「日本のおもてなし」と言います。具体的に言えば、リアルな美しく盛り合されたお料理そのものが「モノ」であり、お料理を調理した人の感性が表れる盛り合...

catalog image

行列の出来る店には理由(わけ)がある

 心温かな日本のもてなしが味わえる!       行列の出来る印度料理店「シタール」      お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用      ※これは、私見で書きます。シタール様は一切関係ありません。 〇日本「おもてなし」の心を感じた! 今年の一月、このブログからテレビや食の専門誌で行列の出来る専門料理店として 数多く紹介されている千葉市検見川にある印度料理店シタール様と御縁を戴きました。 お店に数回お邪...

catalog image

主客一体≒表裏一体

【主客一体≒主観と客観】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用アナタは人や事象に対し何等かの答を求められたら、「自分の考えを柱に、感じ取って主観的に答えますか?」それとも「自分の意見を入れず、有りの侭に物事を見て客観的に答えますか?」。改めて昔自分を省みると、思いやりの大切さを知り学ぶ以前は「主観・客観」などとゴチャ混ぜの状態で何も気にせず無意識に答えていました。主観は相対的な事実を現したものです。例えば...

catalog image

日本の心「おもてなし」

おもてなし心の修得お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用おもてなしとその心を修め身に付けるためには、人としての自心、総ての人間関係力の源の心ともいえる「仁」、先ず、人を思い想う「利他の心」の【思いやり】がどのような心であるか、そして、その具体的な活動はどのようなことか?を具体的に学び知り、それを自分の「心の器」に合わせ、日々の生活に取り入れ、生かすことです。このもてなしの心を理解し、身に着けることで信用や信...

catalog image

日本の心「侘び寂び」

「侘び寂び」の心を紐解くお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「侘び寂び」という日本人独自の意識(感性)は、世界中のどの言語でも、正確に翻訳ができないとても曖昧な存在であるのかもしれないと考えられます。 「侘び」は、「侘ぶ」と云う動詞の名詞形で、「わびしい、悲しい、悲観する、気落ちする」という意味があり、 一方「寂び」は「寂ぶ」と云う動詞の名詞形で、この言葉は「錆びて行く、廃れていく、古くなる、色あせる」と...

catalog image

日本のおもてなし(新)

おもてなしは「裏表なし」&「表無し」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在、私たちの受けるおもてなしは、本来もてなされた側の心が自然と感じとるものなのに、笑顔や仕草をこれでもかと、見せつるパフォーマンス化が多くなりつつあるのではないでしょうか。日本伝統文化であるおもてなしは、「裏表なし」と言われていますが、私は敢えて「裏表なし」と「表無し」の両方の意味と解釈します。この表裏とは、お客様をもてなす際の...

catalog image

日本の文化【所作】

日本の所作の美しさお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※最近このような姿を見かけることが少なくなってしまいました。【何気なく、さり気なく】 或る時は目立たぬように何気なく、或る時は表立ってさり気なく。【陰になり日向になり】人に知られないような面においても、また表立った面においても。何かにつけて絶えず、陰に陽に。【陰に陽に】目に映らぬよう秘密裏に行ったり、陽に当たるよう公然と行ったりする様。...

catalog image

日本のおもてなしのスキル&マインド

おもてなしに求められるスキル&マインドお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本独自のおもてなしには、様々なスキル(臨機応変なテクニックの応用力)ともてなす人独自の豊かなマインド(感性含)が必要とされます以下、日本のおもてなしに必要とされるスキル&マインドの主なものを記します。【求められるスキルの色々】1.会話力 滑舌/声の表情/相手に合せた言葉の選択/敬語/季語など2.表情・目付き笑顔/表情筋の使い方/平静(冷...

catalog image

「心を通わす、日本のおもてなし」

日本独自の「おもてなしの心」色々お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用以下、「日本のおもてなし」に必要とされる様々な「心」を取り挙げてみました。1. 日本の文化歴史を理解する心2. 森羅万象の中に「ものの哀れ」を感じ取る心3. 諸行無常の心4. 一期一会の心5. 侘び寂びの心6. 情緒、風情を味わう心7. 人の心を受け入れる心8. 裏表のない心(表裏一体)9. 主客一体の心(平等な立場)10. 三味一体の心11. 素材のその物と物語を楽しむ心12. 「モ...

catalog image

「おもてなし」とその特質

日本独自の文化「おもてなし」とその特質お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇日本独自「おもてなし」これからの時期、御世話になった方や親しい方へ「おもてなし」をする機会が多くなります。何事も原義原則を弁えてすることは、様々な応用出来る心や形を創り出します。そこで、日本独自の文化と言える「おもてなし」について記してみます。「おもてなし」の語源は、「もてなし」に、美化語の「お」を付け「おもてなし」と言い表さ...

catalog image

日本人の特質(改訂)

日本人の心「和」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用古より、日本人の心を表わす精神は、「和の心」であると言われます。この日本の精神の特徴は、自然環境(エコ)を重んじた共存共栄、調和の精神です。かつて日本列島に住みついた人々は、小さな「環」即ち環濠集落を作り分立していました。その小さな集落が徐々に国家を形成するようになり、やがて大きな国家に統合されました。そのような中、人々の心に対立・抗争より調和・融合を...

catalog image

日本のおもてなしの心

「侘び寂び」「和敬清寂」「主客一体」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「おもてなし」は、【お持て成し】と書き、動詞『もてなす』の連用形名詞『もてなし』に美化語(丁寧語)の接頭辞『お』が付いた言葉です。現在の意味は「お客様を歓待すること。お客様の世話をすること。」などを意味しています。この「おもてなし」の心の底に流れているのは、儒教の「仁」、西洋のキリスト教の「慈愛」とも言えるhospitalityの言語ホスピス...

catalog image

おもてなしの心

「おもてなし」と日本独自の和の「お持て成し」お薦め度【★★★★★】全業種、業態用「おもてなし」は、【お持て成し】と書き、動詞『もてなす』の連用形名詞『もてなし』に美化語(丁寧語)の接頭辞『お』が付いた言葉です。現在の意味は「お客様を歓待すること。お客様の世話をすること。」などを意味しています。この「おもてなし」の心の底に流れているのは、儒教の「仁」、西洋のキリスト教の「慈愛」とも言えるhospitalityの言語...

catalog image

<日本のおもてなしの特質>「心遣い」と「気遣い」

何気ない「心遣い」と「気遣い」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本のおもてなしは、自然さ、何気なさ、さり気なさと言ったことを重視します。同時におもてなしは一つの付加価値であり、とても心温まる洗練された日本の美学とも言えます。それには、温かい人の心が通い合うさり気ない気配り、気遣い、心遣いが大切なのです。其の一つに、臨機応変な応対、対処が出来ることがあります。それはお客様の意向・状況・雰囲気を一早く...

catalog image

和の心「懐石料理」

懐石料理(茶懐石)の由来お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「懐石料理」(茶懐石)は、安土桃山時代に、茶道の創始者としても有名な「千利休」が、禅の精神を追究し確立した料理を言います。当初は、空腹状態で茶を飲むことを避け、茶をより美味しく味わうことが目的の質素な料理でした。しかし、大正時代に入ると、諸外国から多量の肉などを容易に手に入れられるようになり、徐々に今日に見られる豪勢な懐石料理となってきました。一...

catalog image

日本独自の文化「おもてなし」&ホスピタリティの「おもてなし」

二つの「おもてなし」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用ホスピタリティの「おもてなし」「ホスピタリティ」は、「思いやり」「心からのおもてなし」という語彙です。特にサービス業や人に関わる企業でよく使われている言葉です。態度や行動で示す「マナーの所作」と言われる形は、相手に不快感を与えないための最低限のルールです。そこに「心」が加わると、ホスピタリティになるのです。それは、相手の心に深い心地良さが加わるこ...

catalog image

おもてなし「和の心」

日本のおもてなしの様々な心お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用1. 相手を敬い尊ぶ心2. 主客一体の心3. しつらえの心4. 一期一会の心5. 互いの心を通わせ合う心6. 余韻と感動を与えられる心7. 観察、察知しお世話する心8. 本質を見抜く心 (洞察心)9. 自然の美を表現する心10. 物事の本質を知り、本質を的確に表現し伝える心11. さりげなさを表し、伝える心12.自分に今出来る限りのことをする心13. 物や形に心を込めて、表現し、伝達す...

catalog image

何気ない「日本のおもてなし」

大切な方への「おもてなし」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本独自の文化である「おもてなし」は、何気ない「気配り」「気遣い」と「心遣い」「心配り」客人に気遣わせない自然さ、さり気なさと言ったことをとても重視します。同時におもてなしは一つの付加価値であり、とても心温まる洗練された美学とも言えます。それには、温かい人の心と心が一つとなり、互いの心が通い合える、さり気ない目配り、気配り、気遣い、心遣いが...

catalog image

日本のおもてなしの心と茶道

「気遣い」と「思いやりの心」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用日本のおもてなしは、他の国に例のない日本歴史であり独自の文化です。それは、自然で何気ない相手に対する「気遣い」や「気配り」や相対する人へのさり気ない「思いやりの心」として現われています。この日本の茶道には、主客一体、利休七則、和敬清寂、一期一会と言った、茶席で人をもてなす際の心構えや意識を説くキーワードとなる言葉が数多く存在します。それら...

catalog image

「日本のおもてなし」の特質「気遣い」と「心遣い」

何気ない気配り・心配りお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 日本独自の文化である「おもてなし」は、自然さ、何気なさ、さり気なさと言ったことを重視します。同時におもてなしは一つの付加価値であり、とても心温まる洗練された美学とも言えます。それには、温かい人の心と心が通い合うさり気ない気配り、気遣い、心遣いが大切なのです。 其の一つに、臨機応変な応対、対処が出来ることがあります。それはお客様の意向・状況・雰囲...

catalog image

日本人としての感性を磨く

心の基礎体力「感性」お薦め度【★★★★★】全業種、業態用美しいものを「素敵だ、美しい、綺麗だ」と感じ取れるのは人間だけです。今の時代は“感性の危機”とも言われている状況です。豊かな感性を備え持ち、更にそれを磨いて行くことが出来るのが人間です。また、同じ人間でも、心が歪み、すさんでいる時は、自然界や美術の美しさを感じ取れません。詰り、精神状態が正常さを失っている時は、感性(感受性)も鈍ってしまいます。 今、日...

catalog image

和の心の原点は「思いやり」

「おもてなし」と「和の心」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用古より、日本人の心を表わす精神は、「和の心」であると言われます。この日本の精神の特徴は、自然環境(エコ)を重んじた共存共栄、調和の精神です。かつて日本列島に住みついた人々は、小さな「環」即ち環濠集落を作り、分立していました。その小さな集落が徐々に国家を形成するようになり、やがて大きな国家に統合されました。そのような中、人々の心に対立・抗争より...

catalog image

日本のおもてなしの「原点」

天皇の御心「直き心」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「徳」と「聴」の旁「直き心」「徳」と「聴」の文字の組立の本来の原義を色々と調べその旁は「直き心」であると知りました。辞書によると「徳」の語は、立派な品性や立派な人格。恵む。有り難く思う。もうけ。と在ります。漢和辞典『新字源』に、「徳」は旧字体として<德>、異体字(古字)として≪悳≫が載っています。「徳」の旧字の「德」の字は、その前身が「彳」と「悳」により形成された「憄」...

catalog image

日本の「おもてなし」とホスピタリティの「おもてなし」

おもてなしの語彙お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「ホスピタリティ」は、「思いやり」「心からのおもてなし」という意味です。特にサービス業や人に関わる企業でよく使われている言葉です。態度や行動で示す「マナーの所作」と言われる形は、相手に不快感を与えないための最低限のルールです。そこに「心」が加わると、ホスピタリティになるのです。それは、相手の心に深い心地良さが加わることで、感動、信頼や信用、安心感が生...

catalog image

おもてなしと感動(2)

「侘び寂び」の心と気遣いお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本人みんなが生まれながらに備え持っている価値観、「相手に喜んでもらうために心を尽くす」「おもてなしの心」と侘び寂びの心の表れである「気遣い」の習慣が、おもてなしの国日本と言われ、「クールジャパン」と海外から称され、世界に誇れる独自の文化です。『ディズニーと三越で学んできた 日本人にしか出来ない「気づかい」の習慣』の著者、上田比呂志さんは、そ...