catalog image

決して風化させてはならない東日本大震災の記憶

震災から昨日で1,000日お薦め度【★★★★★】全業種、業態用1,000日前、未曾有の東日本大震災に見舞われた私達は、「人の命の尊さ、大切さ」、周りの人々を「思いやる心の大切さ」、「絆の大切さ」を、改めて気付かせ知らしめたと思います。震災直後は、被災地の被災された方々を支援する「自分の為よりも誰かの為に」と言う言葉が生まれ、他人を思い遣り、見知らぬ他者をも、もてなす意識が芽生えることに依って様々なボランティア活...

catalog image

喉元過ぎても、熱さ忘るべからず

【忘れてはならない、あの日のこと!!】あの忌まわしい阪神大震災から昨日で18年、東日本大震災から2年目を迎えようとしています。震災後まとまり、ひとつになっていた人々は、誠に残念ながら利己的な風潮が強まり、震災直後のことを忘れがちになり、個々人の安心安全や個人生活を優先する傾向があると思えてなりません。また、今後の復興に震災直後の気持ちを改めて再認識すべきであると考えます。それと同時に、私達は18年...

catalog image

大震災の教訓【心遣いと思いやり】

私達は、「大震災の教訓」を風化させてはならない!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇心遣いと思い遣り昨年の震災後民放のテレビコマーシャルに、【心は見えないけれど、心づかい(心遣い)は見える、思い(想い)は見えないけれどおもいやり(思い遣り)は見える。】と言った内容が流れていました。この文言の[こころづかい(心遣い)]と[おもいやり(思い遣り)]を辞書検索すると【心遣い】は、・あれこれと気を配ること。心配り。配...

原発事故は、「人災」

「人災」に気付くお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨日、原発事故調査委員会から昨年の原発事故は、地震国の日本を知りつつ、その災害に対する備えを、国や東電が自らの利益や保身の為を優先し先送りしてしまったこと、またその対策を国も東電も怠ってきた結果に依り起こるべきして起きてしまった「人災」であると発表されました。そして、原発事故は「防ぐことが出来たのではないか」とのコメント調査委員の方からもありました。...

東日本大震災の学びと教訓(新)-20.

〇豊かな社会の「当たり前」を見直すお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用多くの人の命や様々な資財を失った東日本大震災からもう一年が過ぎました。五年前の6月8日は人々に大きな衝撃と悲しみを与えた秋葉原の無差別殺傷事件が起きました。この二つの出来事は共に私達の心に深い悲しみを思い出させると共に、「人の命の大切さ」、「思い遣りの心の大切さ」を、私達に改めて気付くように知らしめたと思います。古より日本人は自然を...

東日本大震災の学びと教訓(新)-19.

〇マニュアルを超えるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用東日本大震災に見舞われた際やその後の対処に於いて、マニュアルに関する様々なことを再認識させられることが数多くありました。特に、東京ディズニーランドのスタッフ(殆どがアルバイト)が、被災時に園内にいらっしゃったお客様に対する思い遣り溢れた温かさのある気遣いの態度・行動は、マニュアルが災害時に行動する上で基本ルールとして活用されたとても素晴らしい「マニ...

東日本大震災の学びと教訓(新)-18.

〇日本のターニングポイントお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇おもてなしの心への回帰少子高齢化社会に突入した今迄の日本は、「見た目」や「人の目」を重んじる国民性が更に高まり、お金さえあれば何でも手に入る豊かな社会になり、自らの見た目や外見を飾ることに走る体質が強くなると共に、人の為より自分の為ばかりを優先して思考する「個」の社会になってしまい結果として人と人との結び付きや繋がりが薄れて来つつありまし...

東日本大震災の学びと教訓(新)-17.

〇日本人の特質<見た目と人の思惑>お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私達日本人の大半は、「人の目が気になる人」「人の視線が気になる人」「人の思惑が気になる」と言っても過言ではないと思います。同時にこのような日本人の特質からも、自分に対する他者の見方即ち意識・思惑を無意識に気にするのは当然であるとも思います。最近はあまり使われなくなった、「外面(そとづら)と内面(うちづら)」と言った表現の仕方も、日本人が...

東日本大震災の学びと教訓(新)-16.

〇人の背中を見て、心の体力を育むお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本の伝統文化と言われる様々な文化は、精神的にとても高いものを数多く秘めています。特に茶道や華道などの作法、剣道や柔道の武道、能や雅楽や歌舞伎などの日本芸能、神道や仏教などの宗教的行事など、様々な伝統文化に於いて、その高い精神性を見ることが出来ます。日本は、1945年第二次世界大戦をして負け、一時米軍に占領されアメリカ流の考え方中心で...

東日本大震災の学びと教訓(新)-15.

〇『思い遣る心』は、我が心と子の心を育むお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用震災後日本は全世界から多くの支援を受け、今後の日本人の動向に対し善きにつけ悪しきにつけ多くの注目を浴びています。昨年の東日本大震災は、地震や津波の被災地となったエリア、地震と津波に伴って起きた原発事故の甚大な被害を受けた福島県と近隣の市町村の多くの方々が未曾有の大変な苦境に陥り、大きな苦難に遭遇しているのを目のあたりにしてきま...

東日本大震災の学びと教訓(新)-14.

〇日本のおもてなしとマナーお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用東日本大震災、原発事故により、被災地で様々な苦難にも関わらず冷静に秩序を守り、自らのことよりも周りの人々を思い遣る姿、災害時の礼儀正しさ、マナーの良さ等を、世界中が認め、褒め讃えたルーツは、古からの日本独自の文化「おもてなし」に培われたものであると思われます。世界の国々の人々が、昨年の震災後のこのような日本人の態度や行動を認め称賛したことは...

東日本大震災の学びと教訓(新)-13.

〇日本人の特質とおもてなし文化お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨年の東日本大震災やそれに伴う原発事故により、被災地で様々な苦難にも関わらず秩序を守り冷静に対処する姿、災害時の礼儀正しさ、色々な場所でのマナーの良さ等について、世界中の国々が日本(日本人)に対して称賛しています。また、中国に於いては半世紀以前のあった第二次大戦による反日意識、近くには尖閣諸島問題で反日運動が数多くありました。しかし、昨年...

東日本大震災の学びと教訓(新)-12.

〇「大切な人」の源を知るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日々の人との触合いやおもてなし・接客・接遇の場で、全ての『源』になる【キーワード】があります。この【キーワード】は、潤いのある人間関係構築の為、愛する人の為、お客様をおもてなしする為、会社(施設)やお店の仲間の為、今後直面すると思われる復興に向けての厳しい社会状況を乗り越える為に常に強く認識し、心掛ければならない大事なことです。強いて言えばリス...

東日本大震災の学びと教訓(新)-11.

〇自己犠牲の精神(心)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨年の震災後、世界各国や国内のボランティア、国内外赤十字の方々、自衛隊、警察官、被災地やその周辺の行政機関の人々、原発の現場で事故の対処をする人々、消防官と言った方々の行動を始めとして、自らが被災された方々の活動は、まさに自己犠牲の心そのものだと感服しております。そこで、大震災復興や原発事故の後の為ばかりか、これからの日本の社会を生き抜く為にも、...

東日本大震災の学びと教訓(新)-10.

〇『心』の「ものさし」を見直すお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今回は人を支え、動かす大きな要因(誘因・動因)と言える、『心』の当たり前となっている「ものさし」に目を向け、見直すべき項目として何回かに別けて取り上げてみることにします。*立場転換 ※立場転換とは「相手の立場に立って」思考し、行動することです。相手の立場に立つことは子供達も大人であれば誰もが知っていることです。但し、この立場転換は、相手の立...

東日本大震災の学びと教訓(新)-9.

〇今迄の「当たり前」とその「ものさし」を見直す お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用世界各国から震災時の様々な行動や活動、日本人のモラルは認められ、称賛されました。しかしながら、私達は今まで持ち続けて来た豊かな社会生活での当たり前の「ものさし(基準)」を復興や今後の厳しい社会に対処して行く為にも見直さなければならなりません。現在の日本では、昨年の夏のように国内では節電や節約が必要とされ、震災後の復興支援活...

東日本大震災の学びと教訓(新)-8.

〇6W.3H.とT.P.O.お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨年の地震に関する国や報道機関からの様々な告知、連絡、報告に於いて改めて知らされたことは「6W.3H」のそれぞれの大切さ、T.P.O.を弁えた発言の重要性ではないかと思われます。特に、地震の詳細やそれに関するあらゆる情報伝達や対処方法、状況、また福島原子力発電所の被害状況や経緯、対策と言ったことの会見などでの6W.3Hの重さ、大切さを体験出来たことは...

東日本大震災の学びと教訓(新)-7.

〇復興の街造りは、人創りと共にお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【復興の街造りは、人創りと共に】は、昨年の大震災に合った被災地ばかりか、 今後の日本の健全で豊かな社会をつくる為の大切な≪キーワード≫であると考えます。 我が国では少子高齢化が進み、経済状況が悪化し、格差社会になりつつあるのが現状です。このような社会環境の中で、日本は東日本大震災の被害に遇ってしまいました。 この人創りの≪キーワード≫の一つは、...

東日本大震災の学びと教訓(新)-6.

〇日本の心へ原点回帰お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用あの忌まわしい東日本大震災が起きてから今日で一年が経過しました。各メディアでは、今だから開示出来る写真や動画、文書など様々なものを公開しています。そのような中で、改めて『人の命』の大切さ、重さを再認識させられます。今や日本人の生活は、集団である会社や組織を中心に考えて行動する塊(集団)の社会から、個人優先の「核化社会」と言われ個々人を中心に考え、行...

東日本大震災の学びと教訓(新)-5.

〇被災した方々への思い遣りお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用震災も一年を迎え、少しずつ復興に向けての歩みがあちこちに見られるようになりました。これからは、「心のケア」や「仕事の支援」と言ったことが大切になる時期に入ります。そのような様々な活動をする時に、予め弁えておくことは各被災地の県民性であると思います。30数年前に起きた宮城沖地震を、仙台に在住時に仕事と生活の場で身を以って体験しました。其の時に、...

東日本大震災の学びと教訓(新)-4.

〇心遣いと思い遣りお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨年の震災後、民放のテレビコマーシャルに、「心は見えないけれど、心づかい(心遣い)は見える、思い(想い)は見えないけれどおもいやり(思い遣り)は見える。」と言ったコマーシャルが昨年の大震災後多く流れておりました。また、同時に様々な方々の被災地へのエールも放映されていました。この[心づかい]と[おもいやり]を辞書検索すると【心遣い】は、・あれこれと気を配る...

東日本大震災の学びと教訓(新)-3.

〇感謝の言葉とその重さを知るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨年の震災後は毎日のように、大震災に被災された様々な年代の方々や職業の方のインタビューやコメントをテレビやネットを通し見聞きされました。そのような被災者の方々の話す言葉の中で、最も私の心に響き、残る言葉があります。それは、共に感謝(深謝)を表し、伝える「有難いです」と「有難う御座います」この二つの言葉です。被災された人々が、心の底から感謝を...

東日本大震災の学びと教訓(新)-2.

〇災害時の一人ひとりのモラル≒思い遣りお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨年に起きた東北地方太平洋沖地震に関し、世界各国からのツイッターやメッセージ・コメント上に「日本人のモラルの高さ」についての内容が数多く見られます。一方国内のテレビや報道では、都市部における被災しなかった人々の買占めや買い溜めなどに見られる「モラル」について警鐘する内容が少なくありません。ここの処、買物に行ったスーパーやコンビニに...

東日本大震災の学びと教訓(新)-1.

東日本大震災から一年お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用間もなくあの忌まわしい東日本大震災から一年を迎えようとしています。震災後あのようにまとまり、一つになっていた人々に、残念ながら利己的な風潮が強まり、個々人の安心安全や個人生活を優先することが増えつつあると思えてなりません。また、今後の復興に震災直後の気持ちを改めて再認識すべきであると考えます。それと同時に東日本大震災での事実を、絶対に風化させては...

2011年を振返る。<6.>

「日本のターニングポイント2011」-6.(総括)お薦め度【★★★★★】全業種、業態用様々な自然災害、原発被害、経済状況の変化、生活環境の変化、事件など多くの出来事があった2011年でした。思い返すに、2010年を表わす一文字は「変」でした。この昨年の「変」は、今年の一文字「絆」に繋がっているように思えてなりません。あくまで私見ですが、私達の環境と心は「絆の社会へ、変化する」と解します。震災に見舞われる前の我国...

2011年を振返る。<5>

「日本のターニングポイント2011」-5.●日本人の心「おもてなし」を再認識するお薦め度【★★★★★】全業種、業態用日本独自の文化である「おもてなし」は、古くから私達ひとり一人がもてなす相手と同じ立場に立ち、触合うお客様や大切な人、仲間や友人をお迎えする心と態度、言葉や行動を指して言われます。それは日本人独特の持つ決め細やかな思いやり心と伝統文化が融合して作り出されたものです。現代の日本の社会は閉塞感が...

2011年を振返る。<4>

「日本のターニングポイント2011」-4.●日本人の意識改革(当たり前を見直す)お薦め度【★★★★★】全業種、業態用東日本大震災や自然災害に見舞われた今年は、「人の命の尊さ、大切さ」、周りの人々を「思い遣る心の大切さ」、「絆の大切さ」を、改めて私達に気付かせ知らしめたと思います。古より日本人は、礼節を重んじる共に、質素倹約を旨とし、おもてなしの心、侘び寂びの心を大切にして来た歴史があります。第二次大戦後、...

2011年を振返る。<3>

「日本のターニングポイント2011」-3.●日本人の意識改革(日本の文化、おもてなしへの回帰)日本のおもてなしは、世界に類を見ない素晴らしい文化であると思います。外来のホスピタリティの語句にも、おもてなしをすると言う意味が含まれておりますが、日本のおもてなしとは、やや異なっていると考えます。未曾有の震災に見舞われ、現在の豊かな情報社会で生活している子供達や大人に至る迄、日本人の誰もがこの日本独自の文...

catalog image

2011年を振返る。<2>

「日本のターニングポイント2011」-2.●社会、子供に対する大人の意識改革-2.(挨拶)お薦め度【★★★★★】全業種、業態用現在に至る迄、社会生活や様々な職場に於いて、多くの人々に出会い(出逢い)ました。そして、その方々から数えきれない学びや教えを得ることが出来ました。同時に、人を大切にすること、人との繋がりと結び付きの重要さ、感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、自らの煩悩や感情を自制することの大事さ、...

catalog image

今成すべきこと、成さなければならないこと

東日本大震災からの学び先年私達は、東日本大震災を始めとした大雨などの様々な自然災害によって大切な尊い命を失い、また原発事故による被害に合ったり、自然災害に見舞われたりして様々な財を多く消失してしまいました。同時に異常気象による様々な自然災害、ヨーロッパを起点とする世界的な経済危機とそれに伴う円高など多くの苦難を受けている状況の中に在ります。このような厳しい環境に置かれながらも、私達日本人は、多くの...