三現主義の実施能力

三現主義に必要とされる知能と感性(抜粋)お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用以下、三現主義を実施・徹底する上で必要とされる主な能力の項目をピックアップしました。※この項目には、ソリューション(問題解決力)やイノベーションに当て嵌まる項目が多数あります。1. 自らと自店舗(自社)の現実を指させる。2. ビジョンと現実のギャップを正確に捉えられ、その要因・要素の分析が出来る。3. 何事にも動じない強靭な心の体力を備え...

三現主義 ・・・採用関連のリスクアセスメント

採用に関わるリスクアセスメントの方法※採用時の三現主義とにんげん力に関するリスクアセスメント項目です。お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用〇リスク単元項目と想定される原因-抜粋Ⅰ.三現主義“現場”“現物”“現実”に依る場合A.内部管理環境システムのリスク(組織=部署の内部・労務管理関連)  1. 各採用システムの不備 2. 採用する者の人選(適切か否か) 3. 採用時の各基準の明確化 4. 採用される者の各職務の適正診断と方...

三現主義のリスクアセスメント

「三つの現」と「にんげん力」のリスクアセスメントお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用会社や店舗で起こっている各々の問題点や課題を速やかに解決するために行うべきことは、先ず“現場”“現物”“現実”夫々についてリスクアセスメントを行わなければなりません。実際にリスクアセスメントをする際に必要と思われる項目を拾い出してみました。皆さんの店舗や会社、施設などの夫々の環境に合わせて必要な項目をお選び下さい。1.アセスメ...

三現主義は、「五現」と「5原」

三現主義は、「五つの現」と「5つの原」を以ってお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用三現主義には、現場・現物・現実と共に、現況・現状(現状認識)の二つも切り離せません。同時に、人原力でもある人眼力を以って、原義・原点(=原点回帰)・原因・原則・原理の五つの要素で物事や現場を視ることです。このことを私は、<5つの現>と≪五つの原≫と表現しております。現場や物事を視る時に忘れてはならないのは、自分自身、自店舗、自...

三現主義と人原力・人現力

三現主義と思い遣りの三要素-3. 心配りお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用三現主義は、“現場”“現物”“現実”この三つの“現”を重んじ、思考上の論理や机上での空議・空論ではなく、実際に現場となる現地(店舗・職場・得意先など)に赴きその“現場”で“現物”を自らの目(人眼力)を以って観察し、“現実”であ(現状や現況を認識した上で、今後のビジョン構築や施作、問題の解決、改革改善を図り、行わなければならないと言う考え方のことであ...

三現主義と人原力

三現主義と思い遣りの三要素-2.気配りお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用2.三現主義と気配り三現主義は、“現場”“現物”“現実”この三つの“現”を重んじ、思考上の論理や机上での空議・空論ではなく、実際に現場となる現地(店舗・職場・得意先など)に赴きその“現場”で“現物”を自らの目(人眼力)を以って観察し“現実”であ(現状や現況を認識した上で、今後のビジョン構築や施作、問題の解決、改革改善を図り、行わなければならないと言う...

三現主義と人眼力

三現主義と思い遣りの三要素-1.目配りお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用1.三現主義と目配り日本国内の三現主義の実践は、一流企業と言われるホンダ、トヨタ自動車、花王、P&G、セブン-イレブンなどが、三現主義の原理原則に基づきモノづくりを行っていることは知られていてそれに関連する本なども数多く出版されています。この三現主義は、“現場”“現物”“現実”この三つの“現”を重んじ、思考上の論理や机上での空議・空論ではなく...

「にんげん力」と「三現主義」

三現主義に必要とされる「にんげん力」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用三現主義“現実”“現場”“現物”を実施する為には、確りとした「にんげん力」が必要です。その「にんげん力」により、現場で、現物を、現実的に視ることは、どんな職場でも大切なことです。即ち、現在起きている事実の原因・起因、今後想定されるであろう出来事の要因・要素を調査し、それに関するあらゆる知識を学び得ると共に、それに関連する情報を集収し、マ...

三現主義とにんげん力-其の8.

三現主義の取組みに必要とされる知能お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用以下、三現主義を徹底する上で大切と思われる主な能力の項目です。 ※昨日の記事内にある、にんげん力を発揮する為の【ポイント】と併用してお使い下さい。1. 何事に対しても人が源、原点と言う認識で現実を視られる。2. 何事にも動じない強靭な心の体力を備えている。3. 思い遣りと感謝の心で現場のスタッフに接しられる。4. 確固たる信念を持ち、現実を注...

三現主義とにんげん力-其の7.

「にんげん力」を発揮するお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用三現主義“現実”“現場”“現物”を実施する為には、確りした「にんげん力」が不可欠です。その「にんげん力」を以って現場で、現物を、現実的に視ることはどの様な職場でも大切です。即ち、現在起きている事実の原因、今後想定されるであろう出来事の要因・要素を調査し、それに関するあらゆる知識を得ると共に関連情報を集収し、適切な判断と的確な施作を思考・討議した上で...

三現主義とにんげん力-其の6.

三現主義は「五現」と「五原」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用三現主義には、現場・現物・現実と共に、二つの現である現況・現状(現状認識)はどうしても切り離せないことです。同時に、人眼力とも言える原義・原点=原点回帰・原因・原則・原理の五つの要素で物事や現場を視ることもとても大事なことです。このことを私見ながら「五現」と「五原」と表現しております。〇現実に感じた現況、現状を正確に把握し、その現実を 原義...

三現主義とにんげん力-其の5.

<にんげん力>で“現実”“現場”“現物”を視るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用リスクアセスメント及びあらゆる角度から現場に限定せず企業(店舗)診断を実施する上で、最も大切な要素は、<にんげん力>そのものであると考えます。この<にんげん力>は、企業理念の元、営業及び施策・目標設定・ソリューションなどの源であり、心の体力であるとも言えます。確りと“現実”“現場”“現物”を視るためには、各々の成すべき役割と行うべき実...

三現主義とにんげん力-其の4.

三現主義とにんげん力≪リスクアセスメント例≫お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用実際のリスクアセスメントの例として、8月17日のホ)カフェでの体験を元にアセスメント項目について考えてみることにします。<カフェの現況=ホ)カフェでの体験>そのカフェはテ―ブル数が10卓、客席数が30程度のお店で、客席の七割程度にお客様がいらっしゃいました。まだ新人と思われる、化粧気のない一人のウエイトレスがレジの中に無表情で腰...

三現主義とにんげん力-其の3.

三現主義とにんげん力のリスクアセスメントお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨日体験談として三現主義とにんげん力の現実的な例を載せました。その例にあげたイ)~ホ)の店舗や会社のような場合も該当することですが、各々の問題点や課題を速やかに解決するためには、先ず“現場”“現物”“現実”夫々についてリスクアセスメントを行わなければなりません。実際にリスクアセスメントを実施する際に必要と思われる項目を拾い出してみまし...

三現主義とにんげん力-其の2.

三現主義とにんげん力の体験お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用では、次のような場合はどのように捉え、思考し、対処・対応をすれば良いでしょうか。最近体験したことを例に、考えてみることにします。イ)スーパーのレジでの体験。或る日、お弁当とフルーツゼリー、ジュースなどを買いレジで支払いを済ませました。お箸とゼリー用のスプーン、ストローが付けてくれないので会計をした50前後の女性に付けてくれないので貰えるように...

三現主義とにんげん力-其の1.

三現主義とにんげん力の解説お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇三現主義三現主義は、“現場”“現物”“現実”の三つの“現”を重視し、机上での空議や空論ではなく、実際に現地に赴きその“現場”で“現物”を観察して、“現実”(現状・現況)を認識した上で、今後の施作や問題の解決を図らなければならないと言う考え方のことです。現地、現場、現実を見ず(触れず)、机に向かい思考しているだけでは、現場での様々な問題点や改善点は何も見えて...