#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) E.S(従業員満足)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2016・6


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載せてる記事は、現在までの実体験と人生後半の学び、その中で得られた自心の気付きや知恵です。
コミュニケーションや人財育成のポイント、自心の持ち方などがありますが押し付ける内容ではありません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は、人と触合いでの参考資料にお使い下されば幸いです。

尚、私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。教材-営利を目的とした無断での引用転載は禁止します。
使われる場合は、記事の右、Categoryの上にある「問合せMail」で、お名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

心と感情を持つ人間が関わる顧客満足

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

顧客満足 2016・5・23
顧客満足(C・S)には、抽象的で具体性にかけますが
従業員満足(E・S)、顧客目線、提供する側の人間力は欠かせません。
顧客満足(C・S)、感動(心に刻む)、いつまでも心に残る余韻、人間力の総ての原点であり、
相対し、触合う相手に対する以下の八つのことではないかと考えます。

一、自社の人もの、顧客と本気で向き合うことが礎

二、顧客の心、目線を理解した上で最も適した形で提供する

三、人が創り出し、相手となる人が『心』と[五感]で味わう

四、顧客の心が自然に感じ取る

五、与えるものではなく、相手の中に生まれ、それを心や体で味わえる

六、提供する側が求め、押し付けない(≒要求・強要・要望・要請)

七、見返り(感謝・価値対価)を求めたり、望んだりしてはならぬ

八、提供する側の従業員満足(E・S)が基礎となる


また、「企業は人なり」と言われていますが、企業を支える人間力
従業員一人ひとりの満足(E・S)が欠けていては、掲げた目標に向かえません。

下の続きを読むに顧客満足(C・S)向上のポイント(抜粋)が載せました。


    ブログパーツ 
    スポンサーサイト