catalog image

あなたが認める人は どんなタイプ?

あなたの承認欲求を満たす人は?人はその人の心にある#承認欲求を満たすことにより、心と身体を元気にし、スキル・技・潜在能力・パフォーマンス夫々の能力を引き出すと共に、いつも周りの人々への感謝のキャッチボールの出来る心のエネルギー(活力)を与え、どんな時も自然で心からの素敵な笑顔で人々と触合える力を与えてくれます。今注目されているテニスの大坂なおみ選手やゴルフの渋野日向子選手がよい例です。現代社会は、Fac...

catalog image

「求める」と「与える」

【自利利他】の取組み「求めよ、さらば与えられん」「与えよ、さらば与えられん」この二つの言葉は、キリスト教に限らず仏教にも同様な内容の教えがあり、宗教を度外視して修めておくべきことだと思います。「求めよ、さらば与えられん」☞ 自利新約聖書「マタイ伝」の一節から多くの人々に知られている言葉です。『求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門を叩け、さらば開かれん』言葉の持つ語彙は、物事を成就し、...

catalog image

利他心=「リターン・アイ」

利他の心➡「Return I」利他心は、他人の利益を重んじ、他人が利益を得られるように振舞う心です。 その「利他」の心は、人を思い遣り慈しむ「仁」の心とも言えます。成功を収めている企業人に必ず共通しているのは、「利他」の心を常に内に秘めていることです。それは、自分自社だけの利益を考えるのではなく、自己犠牲を払ってでも相手やお客様に尽くそうという、人間として最も尊く、美しい心です。このことは、先年の東日本大...

catalog image

対人関係力-利他愛他の活動

利他・愛他の活動能力大切な人への対人関係力【25選】.「大切な人」への主な対人関係力をまとめました。 1.自利(利己)を捨て利他心を備え持っている。 2.愛他の精神と態度で言動出来る。3.受けた恩や情けを決して忘れない。4.与えた情けを見ずに流せる。5.身分に関係なく、謙虚な心身の姿勢で相対出来る。6.どんなに身近な人でも、感謝の心を伝えられる。7.相手の心のポジションを察知した言動と態度が出来る。8.お互いが理解し...

catalog image

利他心の理解

「利他の心」を知るコロナウイルスの驚異の今だからこそ、大切にしよう「利他心」相手を利する「利他心」は他人の利益を重んじ、他人が利益を得られるように振舞おうとする人を思い遣る心です。 利他の心は自分以外の他人を利する心を言い表したものです。それは、今生かされている己が存在しているのは、先ず自分の先祖があり、家族、親類、仲間、友人、職場、地域社会、市町村、都道府県、日本、世界があると言う考え方が「元」...

catalog image

人に何かをさせる源は?

自分の心や言行が他人を動かす元!~人々に支えられ生きて来られた学びと意識~数年間に渡る認知症の母の介護,そして他界,実家の父母の遺品整理・実家の処分や転居など人性の転機に成った今、改めて気付き認識出来たこと。身体の不自由な母親の世話・介護をしながら様々な心を持つ多くの方々と触合えました。他界した後も色んな方と出会いました。そう言った中で出会った方の中には口に出さず実際の活動をして下さった方、一緒に汗...

catalog image

「利他」の言葉が『心』を変えた

心と人生を変えた言葉との出会い今迄生きて来て様々な人に巡り合い、色々な言葉に出合ったことで現在があります。その中で、私の心と人生を大きく変え、今も大切にしている深い言葉があります。それは丁度、自分の生き方に大きな変化が起きた20年程前にご縁を頂いたとある会社の飲食部門のお世話に数年間携わり、そこでその後の人生を変えたとても大きな学びを得ました。それは、「利他愛」と言う言葉を始めて耳にしたことから始...

catalog image

今求めれる「#利他の心」

大切な人を想う心 「#利他の心」私達の住む現在の日本社会では、戦後物凄いスピードで「ものづくり」をし、経済を成長させ、各家庭の生活環境、或は自動車の保有台数などの文化レベルも向上し、また一時GDPでも世界のトップクラスになりました。 しかしながら、現在の日本社会は人としてのコンプライアンス、モラルや感性の危機に遭遇していると思われます。今、一部の政治家、大学の運営者や経営管理者などのコンプライアンス...

catalog image

どうして期待に答えてくれないの?

 期待と利他の心 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  仕事や日常の人間関係での体験からですが、 誰かに何かを期待して、それが期待外れだった時、 惨めで寂しく残念な気持ちになることがあります。 また、大きすぎる期待を想定し過ぎ、それが外れると、 時に自他への怒りの感情もおきることもあります。 「なぜ○○○してくれないの!」 「難しいことを言ったわけじゃないのに!」 「どうして○○も出来ないの!」 「お互い...

catalog image

利他の活動「認め合う」

認め、認め合う心と活動お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用円滑な人との関り、繋がりに欠かせないのが、「認める」「認め合う」意識と言動です。私達が日々のお付き合いや触合い中で、決して怠ってはいけないことは、出合ったり、触合ったりする相手を自らの意思で、何等かの形や言動で「認めること」であり、互いが夫々を一人の人として「認め合うこと」(=心や態度で伝え合う)ではないでしょうか。この「認める」ことは、他者を一...

catalog image

利他心の礎

✡「認め合う心」と「アフターユー」の活動✡お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私達は社会人として、また人との触合いや仕事上において、人として欠かすことの出来ない礎はお互いが「認め合う」ことです。そして、生きて行く上での人との円滑な関り、繋がり、結び付きに欠かせないのが、この「認め合う」と言う意識、態度です。それは、先ず人を思う心、即ち思いやりの活動である相手の立場を優先し思考する立場転換の心であり、アフター...

catalog image

利他の活動

利他心は絆の「礎」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用利他心は、人を思い遣る心の現れです。それは、自利を意識せず、他者の物や心の利を重んじ、利を得られるよう他者に働きかける心です。 ◆利他心を備える1. 「情けは人のためならず」を自覚する2. 克己無私(私心を無くす)に徹する3. 人の文字(=支えられ生きていられる)を認識出来る4. 先ず、相手の利を想い、己の利益は考えない5. 相手を受け入れる(素直さ)に徹しられる6. 他者の...

catalog image

利他-人を大切にする

自他の心を大切にお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用自分を大切にする事は、当然自分のためになります。他人を大切にすることも自分のためになることを知りましょう。 自分を大切にすることは、二つの理由があります。一つ目は自分のため、二つ目は他人のためです。他の人を大切にしていることは、結果として巡り巡って自分の為になります。自分のことを大切にすることばかり考えていた人は、誰かのことを大切に、幸せにすることを考...