catalog image

気付きは心を育む

“気付きは、いつまでも心に残る”お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「気付き」は、人の心・行動や物事を「何故の心」=「Whyの心」で観察、思考することから自らの心(意識)に生まれます。 研修やセミナー、仕事をする現場などで、何故の心を以って「目的」や「結果・成果」を伝達したり、説明したり、教えたりしていない場合、表面上の形や方法だけになってしまうことを多々見聞きしてきました。 そのような教えられ方をされた場合、...

catalog image

なぜ?の心を以って、当たり前を見直す

「気付き」に勝るものなし“気付きはいつまでも心に残り、             形あるものはいつか崩れる”お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用この図にある項目で見直してみましょう。「気付き」は、何故の心で物事を見聞きし、何故の心で考えるから始まる。多くの研修や対象者が様々なセミナー、仕事の現場に於いて何故の心を以って行動や態度、言葉の使い方などについて「目的」や「結果・成果」を話したり、教えたりしない場...

catalog image

自心を豊かにするサービス業

他人も自分も大切にしようお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  自分を大切にする事は、当然自分のためになります。 他人を大切にすることも自分のためになることを知りましょう。 自分を大切にすることは、二つの理由があります。 一つ目は自分のため、二つ目は他人のためです。 他の人を大切にしていることは、結果として巡り巡って自分の為になります。 自分のことを大切にすることばかり考えていた人は、 誰かのことを大...

catalog image

「顧客満足」&「自心」の礎

自他を大切にするお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「お客様の満足感を、自心の喜びとする」自分自身を大切にする事は、当たり前ですが自分の為になります。他人を大切にすることも自分の為になるということを知りましょう。自分を大切にすることは、二つの理由があります。一つ目は自分の為、二つ目は他人の為です。他の人を大切にしていることは、結果として巡り巡って自分の為になります。自分のことを大切にすることばかり考え...

catalog image

信頼される店の礎-人物&「5.S.」

人物&清潔感「5.S」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【人物】は何を指す言葉?『挨拶』のキチンと出来る「人」、見える物見えない物に関わらず「物」の『整理・整頓』が出来る人この二つが出来る人を【人物】と言い表します。 【5.S】?整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketu)・躾=(習慣)(Situke)の5つの頭文字「S」を言います。整理<整頓 <清掃<清潔<躾≒習慣のように整理から整頓、清掃と...

catalog image

サービス業従事者の「礎」(5)

心の基礎体力「心・技・体」の修得お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇現代社会の「心・技・体」現代社会は、【心磨き・技錬り・体等し】でなく、「心技体」のバランスが崩れ、個々人の対外、対人関係に於ける「技」やカッコよさ、見た目の「体」作りに重きを置き、人として大切な心の育成が軽んじられているように思えます。また、現在の日本社会では、個々人の「心の基礎体力」不足が否めないと思います。例えば、思い遣り、誠実...

catalog image

サービス業従事者の「礎」(4)

サービス業従の心・技・体-[3]お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇先ず、自分の「心・技・体」と向き合う人と繋がり和するためには、人間関係力の原点である、自分自信の強み弱みを知り、本当の自分の姿を素直に認め受入れ理解する活動から始めることです。その活動を怠ると“自分の心に都合のよい言い訳をしたり、嘘をついたりしながら”生活するようになってしまい、ネガティブ思考や活動になり、挙句の果てに人との繋がりを失っ...

catalog image

サービス業従事者の「礎」(3) 

サービス業(もてなし)k心・技・体-[2] お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 『心』【感謝の心・誠実な姿勢・貢献の精神で絆を創る】・おもてなしに感謝の心を乗せて、お客様を笑顔にさせる「ありがとうございます」を伝えます。・本物の味、真心の味、誠実な態度でお客様との信頼の絆を創ります。・お客様の喜びと楽しい笑顔作りに努め、豊かな食文化を味わう為のおもてなしをします。など。『技』【人のブランド・個々人のクオリテ...

catalog image

サービス業従事者の「礎」 (2) 

サービス業従事者の「礎」(2) 心・技・体-[1]お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇「心磨、技練、体斉」を心・技・体と言う、 古の教えに「心・技・体」、即ち「心磨技練体斉」(ココロミガ、ワザネリ、カラダヒトシ)という教えがあります。簡単にいえば、精神を磨き、技術の訓練に努め、その心と技を、体で表現伝達するために身体を鍛えさいということです。 「心技体」の教えは、単に精神力だけではダメ、技術力だけでもダメ、もちろん体力だ...

catalog image

サービス業従事者の「礎」 (1) 心・技・体  

接客・おもてなし従事者の礎(1)心身の姿勢お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇心身の姿勢の礎  心=姿勢/技=態度/体=動作(所作)スポーツ界でも素晴らしい実績を残し、成長するために最も大切なのが基礎体力です。その基礎体力は、一流と言われる選手の皆さんの原点であり、礎です。人と触れ合うことが多い様々なサービス業も同様に、基礎体力は、大切で個々人の個性美や統一された美しい姿、豊かな心を創り出します。同時に...

catalog image

サービス、ホスピタリティ、おもてなしの心!

サービス・ホスピタリティ・おもてなしの特長お薦め度【★★★★★】全業種、業態用「サービス」と「ホスピタリティのおもてなし」、「日本のおもてなし」の夫々の持つ特長と違いについて、やや曖昧でしたので、多方面から色々と調べた結果、私見乍ら以下のようにまとめてみました。※語源 □サービス   【Service】   "Servitus"(セルヴィタス)・・・奴隷・召使い≒従順。  □ホスピタリティ 【Hospitality】  "hospice"(ホスピス)・・...

catalog image

職場は「人」で築かれる

皆さんの職場の環境は?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用◆リスクの要素と要因を探る最近の傾向として、個人としては自らの心を磨くことに目を向けず、自社や自分自身の保身や対外的なことばかりに目を向ける利己的な心を持つ人が多くなっているように思えます。また、厳しい社会環境の中やっと入社した会社を、いとも簡単に辞めて行く人も増加しています。このような原因として個人の心の体力の低下が挙げられますが、決して個人的...