#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心の礎の手引き

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2017-夏


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

ここに投稿してある「人の心」や「対人関係」の記事は、壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の楽やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方等を過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから、書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かし使えません。

お読み頂く異なった心やSkillを持たれている個々人に見合った内容を選択して生かして頂ければ有難いです。
コミュニケーション思いやりなどの人の心に関する色々な記事は決して押し付ける意図で投稿しておりません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。教材-営利を目的とした無断の引用転載は禁止しています。
使われる場合は、記事の右、Categoryの上にある「問合せMail」で、お名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

豊かな心を育む!「心の礎の手引き

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用


    心の礎の手引き新表紙


    新版「心の礎の手引き」が仕上りましたのでお知らせします。

    人間関係や心の持ち方は人生経験を重ねて我が身に修めることですが、
    少子高齢化の情報社会の現代では個人で学ぶツールが必要ではないかと思います。

    例えば思いやりってどんなこと?」
    信頼されるために必要なことは?」
    「自分と向き合うどんな風にするの?」


    と疑問が湧いてもついつい仕事や時間に追われて後回しになりがちです。
    このような心や自分を知るための学びは、社会生活上の良好な人間関係、
    仕事のやる気UPにも繋がると体験からも思います。

    この心の礎の手引きは,2008年から書き続けてきた「おもてなしは心の礎
    に投稿した内容を基に「社会生活の知恵」、「対人関係(コミュニケーション)」、
    「人間力」、「自心を育む」、普段の生活でも必要な、認める、感謝信頼など
    についての体験からの解説やチェックリストが載せてあります。

    以下、手引きの「はじめに」の文言です。

    はじめに

    ここに記載してある内容は,壮年に至る迄の生き方と様々な体験,
    人と関わる仕事から体得出来た知識や接客・もてなしの技と表現法,
    コミュニケーションに関する表面上のパフォーマンステクニック,
    と言ったことを,後半での「人の心」の知識の学びに照らし得られた
    もてなし・接客・人財育成,生き方,心の持ち方等に関する知恵を
    今後の個の社会、少子高齢化社会,ビジュアル中心の社会環境で
    生活する個々人の「心」の育成や気付きに僅かでも役立てばと考え,
    日常生活や仕事の「心」の持ち方,対人関係で大切だと思われること,
    を私なりの見方や判断で選び載せてあります。

    人生の壮年に至るまでは,先々のことや人の心や思い(想い)を考えず,
    その時の楽,その場の感情・我欲を自制出来ず、利己的で刹那的に
    人と付き合いや生き方をして来てしまいました。

    思いやりって何?」と問われたひと言が,自省のキッカケになり,
    様々な人の「心」に関する知識や先人の書などから学びました。
    このひと言から気付かされた,自分の本質と向き合う内観や他の人への
    思いやり(洞察・想像)の大切さ,自心の在り方・持ち方と言ったことを
    過去の体験に照らし「あの時,あの場であの人への言行態度」は
    間違いでこうすれば良かった,と言った壮年後の気付きから得られた
    心を育み方,人生を幸せで豊かに過ごす手法知恵などを記しました。


    「こうしなければならない」と言う,押し付けの意図ではありません。
    私自身,こちらに載せている内容総てが実際に体現出来とは限らず,
    甘く見ても精々二~三割位しか実生活で生かして使えません。

    ですからお読み頂く異なった心やSkillを持たれている個人個人に
    見合った内容や心や生き方の知識を選ばれ参考としてお読み下さい。
    これからの社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたら幸いです。

    〇この手引きの使い方
    日々の人間関係上、内省(内観)で必要と思われる項目を選ばれてから、
    知識として修めておきたいことの□に✔を入れるなどしてお使い下さい。


    下にある新版「心の礎の手引き」の御案内の続きを読むに目次があります。
    節目の歳に至った2017年7月末申込分までの期間限定の特別価格です。
    詳しくは続きを読むの最後に記してあります。

    スポンサーサイト