おもてなしは「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心の礎の手引き

おもてなしは「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

他者を想い、思う気持ち、『思いやる心』は、人の「心の礎」です。それは「おもてなし」・「マナー」の礎です。
17-3-照らす横


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s「思いやり」ってどんなこと?ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載っている殆どの記事は、現在までの実体験と学び、その中で得られた気付きから投稿しています。
思いやりや感謝・誠実など心に関する項目は、様々な人と触れ合う時の知識や一つの目安とし御利用下さい。
私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。無断での教材や営利を目的とした引用は禁止と致します。
使う際は、記事右、Categoryの上にある「問合せMail」でお名前・連絡先を必ずお知らせ下さい。

心の礎の手引き】改訂版

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

ぶれない心の修得

皆さんは、溢れるばかりの様々な情報が飛び交う現代社会で
このような心の判断基準を、どのようにして身に着けられますか?
今迄の様々な波乱万丈な人生体験や壮年での学びから得られた
知識や知恵をまとめものがこの「心の礎の手引き」改訂版です。
これから予定している「おもてなしの人間力を学び育む」講座の教材の主となるものです。。


新16心の礎の手引き表紙枠

💛心の判断基準💛

個の社会の安心・安全、少子高齢化が目に見えて感じられる日本の社会です。
このような個々人が個(自分の心)を中心に捉える環境で人々に求められるのは
互いが【人】として「認め合う心」活動を支える、心の体力とも言える心の礎です。

人と繋がりを持ち、多くの人々に生かされ生活していると
見知らぬ未知の人と触合うビジネスや日常生活をする上でも、
瞬時に他人の心を見極め、行動しなくてはならない場合に度々遭遇します。
また、仲間同士や恋愛などのように、自らの感性の下、時間をかけて人を見極め、
この人と付き合っても良いか、否かを判断し、その上で自らの心を生かす言行をします。

人間は、心豊かな幸せな人生を歩み楽しむために、
日々の様々な心を持った人と出合Iいや触れ合いに於いて、
出会った相手の人を見極める「心の礎」が必要とされ、
その礎に、夫々の判断基準で個性を生かした心の家を建てます。

それは、次のようなことについての基準を備えることが求められます。

*自分をひとりの人として認めてくれる人か、否か?

*言行一致している人か、口先だけの人か?

*信用・信頼出来る人か、出来ない人か?

*人の身になって考えてくれる思いやりの心の有る人か、無い人か?

*嘘偽りのない正直で、誠実な人か、否か?

*何事も受容出来る、謙虚な人か、否か?

*何事にも感謝の心が表わし伝えられる人か、否か?

*感情に左右される人か、否か?

*平等で公平な心の持ち主か、否か?

*愛他の心を備えた利他の心を持っている人か、否か?

*確りした志や自分を持っている人か、否か?

*忍耐強く、寛容の心がある人か、否か?
  

 ・・・・・・・・・など。

このようなことを正しく判断する確りとした心の基準「心の礎」を
備え持つことは、個の社会の中で人との繋がりを大切に生きる上で必要不可欠です。

この「心の礎」が度なことなのるか、を学び自心に受入れ備えることで、
古からの様々な賢人や偉人、成功者などのビジネス本、
セミナーなど学びの場で得たことを確りと心に落とし込めるようにもなります。

そして、この知識によって得られた正しい判断の下に、
幸せに生きて行く為の多種多様の心の知識や対人関係スキルを学ぶことは、
大切なお金や時間の浪費を少なくします。
自分と向合うそんな時間はない、忙しくて寝る暇もない、
色々な人と向き合っている方が楽しいなどと言われる方もおられると思います。


    ブログパーツ
    スポンサーサイト