catalog image

見直そう!日本人の心「和」

見直そう「和を以て貴しとなす」の心何処に行ったの?日本人らしさ「和」「礼」「義」一部の国政を司る方達の保身や原点を忘れた言行をはじめ、国技の一つである相撲界や様々なスポーツの監督・責任者のプロアマ問わず人としてあるまじき言行や取り組み姿勢の乱れ、一方では、大げさなパフォーマンスや過大な個人主張・保身、セクハラ・パワハラ・モラハラなどの拡大と被害者の保護不足、こういった一連の事例の根幹にある起因・要...

catalog image

心を育む知識集-新版「心の礎の手引き」

新版「心の礎の手引き」の御案内心の基礎知識を学びたい方/社会人基礎力/指導的立場/人材育成関連の方にお勧めです。お薦め度【★★★★★】全業種、業態用 ※申込や料金などの詳細は最後に載せてあります。 新版「心の礎の手引き」が仕上りましたのでお知らせします。人間関係や心の持ち方は人生経験を重ねて我が身に修めることですが、少子高齢化の情報社会の現代では個人で学ぶツールが必要ではないかと思います。例えば「思いやりっ...

catalog image

どうして書いたの?「心の礎の手引き」

 「心の礎の手引き」の使い方 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  思いやりってどんなこと? 40代半ばに仕事先で若い方から訊ねられた この質問がその後の生き方に大きく影響しました。 そして、50代後半からの心の学びの礎になりました。 この質問を受けるまでは、読み書きが全く苦手で 委託指導先でのみんなと一緒に汗を流して導く 現場が総てと言う気持ちの実践中心な活動をして来ました。 また、この質問をされ...

catalog image

「和」のもてなしの礎-(序章) 抜粋-3.

「和」のもてなしの礎-3. 副題≪心の礎の手引き≫より抜粋  「もてなす」ってどんなこと?「もてなす」の語源は「以て成す」ですが、この「もてなし」に丁寧語のついた「おもてなしの心」を殆どの日本人の持っているのではないか、と思います。それは、象徴天皇崇拝の心、親切心、礼儀や規律正しさなどに表れています。この「おもてなしの心」は、茶の湯千利休が世に広めたと言われていますが、その心は聖徳太子の「和を以て貴しとな...

catalog image

「和」のもてなしの礎-(序章) 抜粋-2.

「和」のもてなしの礎-2. 副題≪心の礎の手引き≫より抜粋    お薦め度【★★★★★】全業種、業態用心と心を繋ぐ」和」のおもてなし「和」のもてなしは、日本人の≪心の礎≫私たちは日々多くの人々との出会いや触合いの中で生活しています。そして、人の一生は、人と人との御縁を出会いや触合いによって頂けます。その御縁は、日本人のみんなが備えている「和の心」から始まります。この心の由来は、聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条...

catalog image

「和」のもてなしの礎-(序章) 抜粋-1.

「和」のもてなしの礎-1.     副題≪心の礎の手引き≫より抜粋お薦め度【★★★★★】全業種、業態用序 「和」のもてなしの理解と認識◎「和」のもてなしの理解認識の必要性現代社会に求められる日本の「和」のもてなしの心美しいものを「素敵だ、美しい、綺麗だ」と感じ取れるのは人間だけです。豊かな感性を備え持ち、更にそれを磨いて行くことが出来るのが人間です。また、同じ人間でも、心が歪み、すさんでいる時は、心にゆとりが持て...