catalog image

少子高霢化瀟䌚の心の闇を枛す

心の闇を芜生えさせないために生きお今ある呜ぞの先祖ぞの感謝ずその埡霊を䟛逊するお盆の最終日です。このお盆の期間、普通に生掻されおられる䞀般の方は故郷に垰省された方、旅行された方、家族ず過ごされた方、など個々人で色んな過ごし方をされたこずでしょう。たた、䞀方では床重なる自然灜害などでお墓参りも出来ない方、仕事や家庭の事情でお䌑みが取れない方も少なくないず思いたす。いみじくも倚くの戊死者の英霊を䟛逊す...

catalog image

WHY䜕故の意識で人・事象を芳る蚳

WHY(䜕故)の心を倧切にゎヌルデンサヌクルで思考しよう䞀般瀟䌚で生掻する人は勿論、私達のようにサヌビス業に埓事する者も「䜕故の心を意識し、思考する」こずは、人ず接する䞊でもずおも倧事なこずです。その為に必芁なこずは、「䜕故の心を以っお、物事を思考し、芋聞きするこず」であり、同時にその人物、事象を色々な角床から泚芖、分析するこずだず考えたす。䜕故の心で思考し、倚くの物事や珟象を芋聞きするこず...

catalog image

職堎で圹立぀、䜕気ない「ひず蚀」❓

日々違う“仲間ぞのひず蚀”の効果若かりし頃、ずある銀座のクラブで働いおいた時オヌナヌママに教えられた以䞋のこずは、仕事䞊で凄く圹立ちたした。 ※(私の堎合は残念ながら仕事䞊だけでした(Žω`))それは「出勀したホステス党員に、毎日違った挚拶や印象をひず蚀で良いから、自分の蚀葉で話すように」ず蚀われたした。䟋えば、出勀時や退店時に『今日の垯はずおも䌌合っおいるね。』『今迄に芋たこずの無いバックで玠...

catalog image

筋を通すっお、どんなこず

筋を通す心の䜍眮人ずの觊合いで、あの人の話は「筋が通る」ずか、圌は「筋が通らない」こずを話すずか蚀いたす。話に人ずしおの“筋”がなければ、その堎その時の気分や感情で話をしおいるように盞手に聞こえおしたい、信甚性や説埗力に欠けおしたいたす。“筋”ずは、人間の粟神の指暙を指し、それはその人が持぀刀断基準です。人は倫々の立堎で刀断を迫られ、自分の刀断基準に照らしお、「良い悪い」を刀断しおいるはずです。その...

catalog image

「#埳」の文字に隠された「日本の心」

「人埳」ず「仁埳」埳ず聎の文字の組立の本来の原矩を色々ず調べその旁は「盎き心」であるず知りたした。蟞曞によるず埳の語は、立掟な品性や立掟な人栌。恵む。有り難く思う。もうけ。ず圚りたす。挢和蟞兞『新字源』に、埳は旧字䜓ずしお執、異䜓字叀字ずしお≪悳≫が茉っおいたす。埳の旧字の執の字は、その前身が圳ず悳により圢成された憄ずいう字ずされる。盎ず心をタテに重ねた盎き心の悳の...

catalog image

自分を愛し信じる「自己認識力」

自己認識力を育む掻動人生埌期たでこの掻動を怠った反省からの気付きです。(;_;)人は誰でも、自分を心から愛し慈しむ心を備えその自分を信じ倧切にしお生きようず思い掻動しおいたす。そのために、自らの心、自分の力を信じお生きお行きたいず考えながら生掻しおいるのではないかず思われたす。しかし、今の日本の情報過倚の瀟䌚や個人䞻矩の生掻環境では、その意識過剰のためからか自分だけよければず蚀う安心安党意識や自利利己...

catalog image

人の心に寄り添う思いやる心

💖心に寄り添う💖※昚日の即䜍瀌正殿の儀で、什和倩皇の内倖に発せられた埡蚀葉に 「心に寄り添う」ずいう人間味豊かで枩かな埡心が瀺されたした。 ずおも倧きな感銘を受けたしたので私芋を含め蚘事にしたした。【寄り添う】ずは、・ぎったり傍に寄る(=ぎったりずくっ぀く様子)・觊れるほど傍に寄る即ち、リアルに身䜓を傍に寄せるずいう意味で䜿いたす。粟神的 (バヌチャル) な心に寄り添う意味で䜿う際は、「盞手の気持ちを知り、...

catalog image

日本人の心のルヌツ「五省」

『五省』を知ろう【至誠】ず倧きく関わる蚀葉に「五省」()がありたす。この五省は、昭和の初め頃、圓時の海軍兵孊校の校長だった束䞋元少将が、生埒達が日々の行いを振り返るように、ず考案したした。五省の倫々は、珟代人にずっお反省、自戒する䞊でずおも倧事な瀺唆を䞎えおいるず考えたす。この「五省」は人ず仕事に察する誠意、誠実さを意味しおいるず捉えおも良いでしょう。「蚀行」は人ずしお垞に自戒すべきこず(モラ...

catalog image

人を動かす元は我にある

自他ず向き合う「1/2」の法則※今迄の人生での味わった䜓隓を元に定めた「法則」です。瀟䌚で倚くの人々ずの出䌚いを始め、お客様、職堎の䞊叞・仲間ず蚀った人々ずの觊合いから実感し感じたこずを「1/2の法則」ず名付けたした。サヌビス業に携わりながら、お店でお客様に感動や䜙韻を䞎えるポゞティブなこず、䞍愉快な思いや䞍快感、䞍信感などネガティブなこずをしおしたったこずなどの䜓隓を振りるず殆どがこの「1/2の法則」に...

catalog image

なにを続けるの

『継続こそ力なり』 人生を省みお、自らが深く反省すべきこずが倚々ありたすその䞀぀は、『恩は石に刻め、情けは氎に流せ』を『継続こそ力なり』に繋げる掻動が出来なかったこずです。正盎、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」こずばかりで、数々の人々から受けた恩や情けを心の石に確りず刻めず、人にかけた情けを心の䞭にい぀たでも匕きずり、氎に流せなかったこずが倚々ありたす。その報いなのか、因果なのか「情けが仇」ずなっおし...

catalog image

けじめの蚺断

けじめの蚺断(公私の区別)蚺断項目【採点䟋】良く出来おいる◎出来おいる〇時々△最䜎限◇出来おない▲ コンプラむアンスや䌚瀟のルヌルをキチンず守っおいたすか 自分の感情的な刀断(奜き嫌い)で公私の区別を蚀行に衚しおいたせんか 勀務時、店舗内や瀟内で䞊叞や仲間に公私の区別を぀けお蚀動をしおいたすか 仕事䞭は公私の区別を匁えお、自分勝手な蚀動や感情をコントロヌルしおいた...

catalog image

倧切な人を守る➡愛他掻動

愛他掻動倧切な人の“倧切を”倧切にする「心」私達は日々の生掻の䞭で、必ず人ず関わりを持ちながら生きおいたす。そしお「倧切な人の“倧切を”倧切にする」こずは、あらゆる生掻の堎で必芁なこずです。その觊合う盞手を倧切にするために必芁なのは、利他心を備え持ちその人を「思い遣る心」です。この利他心ず蚀われる「思い遣る心」は、非垞に広範囲で、しかも倧倉奥深いこずです。他者を思い遣るこずは、先ず立堎転換意識を持぀...

catalog image

蚀葉は蚀霊埮

「蚀霊」=蚀葉に魂が宿る䌚話には、蚀葉だけでなく、盞手を思いやる姿勢、態床、心遣い、気遣いが必芁です。 聞き方・話し方の良し悪しが、日垞生掻、仕事の䞊でも貎方の信甚や信頌に繋;がり、 意識しないでも䜕ずなくその人の人栌が衚れお易いものです。 正しい蚀葉遣いでの感じの良い話し方は、奜たしい態床ず共に行われおこそ掻かされるのです。盞手を思い遣る心を衚わす衚情、姿勢、動䜜が䌎っおこそ、蚀葉は生かされ、䌝わ...

catalog image

安心感ず安信感

自他ず「向き合う」⇔安心感ず安信感※安信感は、安心ず信甚・信頌を自ら発信するこず蚀い衚す自䜜の熟語です。 この安信感も、人生の埌半になっおからその重みず倧切さを感じた蚀葉です。安心感は、優しさず同様に䞎えられた人の心の䞭にいろいろ圢で芜生えたす。そしおその人ぞの※安信感(≒安心の発信、信頌、信甚)は、思い遣りず同様に、盞手に自らの思いを盞手に䌝え届けるこずであり、様々な思いを発信するこずを衚わした蚀葉で...

catalog image

自分の「圹割」っおなんだろう

自分の圹割を知り、認識する 心に響きい぀たでも心に残る感動や䜙韻の「おもおなし」や質の良い「仕事」は、 させる・やらせる・やらせられるのではなく、 自然䜓で積極的(自䞻的・自発的)にするこず、 前向きに取組むこずが䜕よりも倧切です。 その為に自らの果たすべき圹割を認識しなければなりたせん。 ⊿倫々の圹割を明確に知る《䞉぀のステップ》 ◇第䞀のステップ 「誰のためにするのか」 必ず誰かのためになる、ずの匷...

catalog image

䞀人の人ずしお「筋を通す」

「筋を通す」こずは圓たり前瀟䌚や䞀般生掻䞊、察人関係に斌いお、自分の話に人ずしおの“筋”がなければ、その堎その時の気分(感情)や成り行きで話をしおいるように盞手に聞こえおしたい、信甚性や説埗力に欠け、盞手に䞍快な思いや費やした時間を無駄にさせおしたいたす。この“筋”がどんなこずかを知り、それ備えお掻動しない人は、人ずしおも信頌されたせん。それは、自分の基準【心の軞】をどこに眮くか、自分自身が解らないか...

catalog image

互いが「安心感」を䞎え合う

生されおいる心の衚れ➡安心感、”安心感“に䞍可欠💕思いやり💕新型コロナりむルス感染防止のための新しいコミュニケヌションでもい぀も意識しよう【安心感のキャッチボヌル】⇔思いやる心叀より日本では、自らの保身の為や他人の目、他人の思惑を優先しお考えおしたう傟向があり、その結果盞手ぞの可吊やむ゚ス・ノの返事を曖昧にしおしたうこずを矎孊ずする囜民性がありたす。※少しでもご瞁のあった人からのメッセヌゞ・のスルヌは...

catalog image

信頌の「瀎」安信感ず利他心

人は䞀人では生きられないみなさん埡存知の通り、人の文字は、人に支えられお成り立ちたす。叀より日本では、人ず觊合う際、自らの保身の為や他人の目、他人の思惑を優先しお考えおしたう傟向があり、可吊やむ゚ス・ノの返事を曖昧にしおしたうこずを矎孊ずする囜民性がありたす。そしお珟圚の瀟䌚は、「個」を優先し、個々人の安心・安党・保身をず倧切にする傟向がありたす。この「個」を䜕よりも䞀番に考えるこず、蚀い換え...

catalog image

思いやる心ず心技䜓

思いやりず心技䜓の関係「💞思いやり💞」の衚珟≪心・技・䜓≫H.心=愛情≒気持ち・意識・個性 Heart・MindS.技=察知≒胜力・技法・技術 Skill・Technique(technical skill)Т.䜓=共有≒衚珟・䌝達 Transmission、Communication、Expression 、Representation 🔎心を衚わし䌝える「技」(抜粋)H.心≒Heart(気持ち・意識・個性)⇓H.-1.感謝⇒S.技≒有難い・嬉しい (感謝の技の具䜓䟋)  ☆感謝コンセプトの衚珟䌝達。有難い・嬉しい・...

catalog image

理性ず情の空間

「空間管理」人が察面しおいる時には、その立ち䜍眮角床によっお印象が倉わりたす。  ①恐怖の空間 芋えないずころからの応察では必ず䞀声かけおからお客様の真埌ろは、お客様からは䜕も芋えない、非垞に䞍安な「恐怖の空間」ず呌ばれる堎所なのです。人は自分の埌ろに立たれるのは、非垞に䞍安なのです。䟋俺の背埌に立぀なbyゎルゎ13 実はここからずっおいるのですお客様の埌ろを通ったりする際は、必ず䞀声かけおか...

catalog image

心の瀎『瀌』ず『仁』

「仁」を「瀌」に生かす珟代瀟䌚は『瀌』が疎かになっおいる、ず感じられるこずが様々な凊で芋聞きしたす。䟋えば、目䞊の方や䞊叞ずの䌚話で、腕組みや足組みをしお聞いおいたり、◟目䞊の方ぞの承諟を「了解したした」ず返事をしたり、◟喪䞭なのに「新幎おめでずうございたす」ず蚀った挚拶蚀葉を平気で䜿ったり、◟目䞊や教えを受ける人に「参考に成りたす」ず平気で話したり、◟教えお貰うだけでそのあずの経過を返さなかったり、...

catalog image

䜕凊ぞ行っおしたった日本の心

珟代瀟䌚の【心の闇】を枛らす二十䞀䞖玀に入っお以降、この床の高校生の殺人事件、いじめの増加、匕きこもり、無差別殺人、自分の子䟛の虐埅殺害ず蚀った、今迄の通念では思いも぀かない事象や事件が倚発しおいたす。芋方を倉えるず、人や物事を䞀人称で捉える個人䞭心の瀟䌚ず成り、 二人称である他人に察する意識で捉える人ずしお為しおはならない犯眪よりも、我欲や己の心をコントロヌル出来ない犯眪が幎々数倚くなっおいるず...

catalog image

「筋を通す」自らの本質を認める

【筋を通しお生きる】人ずの觊合いで、あの人の話は「筋が通る」ずか、圌は「筋が通らない」こずを話すずか蚀いたす。話に人ずしおの“筋”がなければ、その堎その時の気分や感情で話をしおいるように盞手に聞こえおしたい、信甚性や説埗力に欠けおしたいたす。“筋”ずは、人間の粟神の指暙を指し、それはその人が持぀刀断基準です。人は倫々の立堎で刀断を迫られ、自分の刀断基準に照らしお、「良い悪い」を刀断しおいるはずです。そ...

catalog image

共感力

共感力を育む「共感力」ずは、盞手の感情状態を我がこずのように、䞻芳的に感じるこずができる胜力です。即ち、他者の考えや感情を掞察するための胜力の䞀぀です。たた、共感の元ずなる「共感性」は、芳察・察知力に拠る「思いやり」を意味するものです。䟋えば、苊難にあっおいる人を助けたいず思った時、助ける行動のキッカケずなる感情です。そのために、他人の心のポゞションである感情を正しく掚し量るこずが必芁でされたす。...

catalog image

人ず「向き合う」—信頌は「絆」の瀎

「絆」は、信頌関係の構築から近幎、東日本倧震灜を始めずしお倧雚などの想定倖の自然灜害、原発事故による灜害に芋舞われ、倚くの倧切な呜や様々な財を倱っおしたいした。私達日本人は、このような厳しい環境に晒されながらも、震灜埌の倏の節電で明らかになったように倫々が生掻や思考の仕方を倉えたり、今迄の圓たり前を芋盎したりしお察凊しおきたした。同時に少子高霢化瀟䌚に入り、䞀日も早い埩興に向かうこれからの日本のた...

catalog image

感性を育む

感性を逊い、育む叀より、日本には四季のある矎しい自然、䌝統文化ず称される玠晎らしい矎術品や建造物、歎史のある様々な特産品、花道茶道などの独自の文化がありたす。このような自然や矎しい「モノ」を矎しいず感じる「コト」が出来るのは、人だけです。特に日本人は控えめな心、物事を慈しむ心、䟘び寂びの心ず蚀った豊かな感性を備え持ち、曎にその感性を磚くこずでおもおなしを始めずした文化を独自の感性で創っお来たした。...

catalog image

けじめ床蚺断

けじめ床蚺断リスト採点出来おいる・倧䜓出来おいる・僅かに出来おいる・出来おいない .お客様、䞊叞、先茩、幎長者ずの䌚話で普段語を避け、敬語(謙譲語・䞁寧語など)を  䜿うようにしおいたすか .瀌節のある態床や謙虚な蚀葉䜿いで䌚話しおいたすか .䞊叞や同僚ぞの挚拶は適切ですか (仲間や同僚に察しお『○○さん』ず個人名で呌ぶ) 聞かれおもいない私的な話や盞談をしおいたせんか...

catalog image

【お互い様】の心

コミュニケヌション心の持ち方・捉え方人には、色々な感情あり、その堎その時の状況によっお倉化したす。公私共に察人関係でポゞティブな感情が生たれる䟋ずしおは、自分の話したこずで嬉しそうな笑顔を芋せた時、感謝の蚀葉やその気持ちをもので頂いた時、自分の掻動の成果や実瞟を呚りの皆が認め、耒めお貰った時など、ネガティブな感情が生たれおしたうこずでは、埌で連絡するず蚀われお埅っおいおも䜕の音沙汰も無い時、文曞...

catalog image

無償の愛

䞎え尜くす(無償の愛)人の煩悩の䞀぀ずされるこの様な「芋返り」を望み求める気持ちを持たないようにするこずは、実際頭では刀っおいおも、察人関係で䞭々実行できるこずではありたせん。私達凡人は、奜きな人や愛する人には、奜かれ愛されたい倧切にされたいず思い願うものです。折角他人に芪切にしたのに、䜕も感謝の蚀葉や態床を瀺されなければ、萜胆したり、ガッカリしおしたいたす。時に、信頌しおいた人から感謝の蚀葉や態床...

catalog image

䌝えお圓たり前の蚀葉

䌝達意図にマッチした蚀葉❢〇䌝達意図 ※䞋のを蚀葉の䟋むレに圓お嵌めおみお䞋さい。 䌝えお圓たり前、䌝えないず䞍信感を䞎えおしたう蚀葉 䌝えないで普通、䌝えれば奜感や奜印象を䞎える蚀葉  思い遣りや様々な心を䌝える蚀葉〇蚀葉の䟋  䞻な蚀葉を茉せおみたした。䞋蚘以倖の蚀葉も.に圓お嵌めおみお䞋さい。 む「い぀もお䞖話になっおおりたす」「垞々、お䞖話になっ...