catalog image

『子』の文字の由来

『子』の文字の心を知る『子(=ねずみ)』の文字は、生命が生まれることと物事の始まりを表わした『一』、人生を全うし終了する意と物事を完了させる『了』から組立っていると、以前にどなたか覚えていませんが聞きました。その時からとっても意味のある深い文字だと受留めています。名前に「子」の文字がある人は知っておくと良いでしょう。十二支今年の干支は「子(ネズミ)」=から始まります。...

catalog image

ポジティブ意識で取組もう-ネガティブ意識から抜け出す

ポジティブに取組む-ネガティブな気持ちから脱出人は、ポジティブ思考≒【明元素】の意識を持つことで心に余裕が生まれ、様々な事が円滑に出来、物事にスムーズに対応・対処出来ます。これは、自分や自分の周りに起こる出来事について常に前向きに捉える事です。勿論、ポジティブ(プラス)思考はストレスも溜まりにくいので、ココロの健康=メンタルヘルスも良好な状態になります。今の社会、心の病気で悩んでいる人達は増え続けてい...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(8)-自心を知る

自分の心を知る活動自分の心と素直に正直に向き合ってみましょう。人間は元来、孤独で寂しがり屋ではないかと思います。弱く脆い自分や格好の悪い自分自身を認めたくない、そんな気持ちは自分と向き合う為に必要ありません。素直に、今の自分自身の心と姿を認めて下さい。同時に、自らの当たり前の意識を見直すことも必要です。その為に、先ずは、今の自分自身を理解するため真摯に、かつ客観的に見つめ、認めることから始めること...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(7)-心の魅力

見た目の魅力と心の魅力-どちらから?情報過多で変化に満ちた、流れの速い現代社会は、大きく捉えると「遠回りを避け、如何に近道を見つけ出し選択するか、否か」と言うことに意識や消費が向いていると現在の社会状況から痛感しました。人間力の基礎とも言える心の育成に関する講座やセミナーはあまり人気がありませんが、多くの皆さんは、手軽に対人関係力(コミュニケーション)のスキルやテクニックを身に着けられる講座やゼミナ...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(6)-人称別思考

コミュニケーションの源-人称別思考『自分=一人称思考』と『他人=多人称思考』に分ける「生きている自分」と「生かされている自分」「自分の物差し」と「他人の物差し」「認める自分」と「認められる自分」「敬意」と「敬意表現」「利己・自利」と「利他・愛他」 「人を愛する自分」と「愛されたい自分」 「親切な自分」と「無関心な自分」「与える自分」と「求める自分」(物・魅力・心)「愛する自分」と「愛される自分」「...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(5)-『二人の自分』

『二人の自分』の認識※過去の実体験を元に記します。【心に中に在る二人の自分】行き詰った時「基礎に戻れる自分」&「応用スキルを探す自分」人の意見を「一度は素直に受容れられる自分」&「受け容れられない自分」「他人を観(診)る時の視点」&「自分自身を観(診)る時の視点」(≒他人に厳しく、自分に甘く&人に優しく自分に厳しく)「自然体で有りの侭自分」&「パフォーマンスしてしまう自分」「表裏一体な自分」&「内面・外面...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(4)-内観の活動

先ず自分と向き合う活動●自分自身を知り、認める!自分自身と真剣に向き合うには、先ず自分自身と真摯に向き合い、有の侭の自分の心の姿と自分がまだ気付かない未知の自分を知る、そしてその自分自身を受容れ理解し、認めることです。大切なのは自分の心に嘘偽りや言訳をしないよう努めましょう。それには先ず、内観(内省)する活動、即ち自分自身の強みと弱み、夫々と本気で真摯に「向き合う」ことから始めましょう。また、他人に...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(3)-感性を磨く

●感性を磨く(日本人・おもてなし)【感性の診断項目】評価 (有=〇・無=✖・わからない=?)1.( ) 人・物・事象の本質を探究出来る 2.( ) 何事、何人に対しても感受性が強い 3.( ) 本物が解る独自の感性を備えている 4.( ) 本物を見分ける心眼がある(本物志向が強い) 5.( ) 利休七則の心を理解している 6.( ) 良好な対人関係を築ける 7.( ) 自然への愛着がある 8.( ) 共感、感動、余韻を味わえる 9.( ) 約束事、約束した時間...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(2)-ビジョン・ハート

ビジョン・ハート・アイデンティティを磨く【ビジョン・ハート・アイデンティティの診断項目】評価 (有=〇・無=✖・わからない=?)1.( ) 具体的なビジョン=目標(夢)がある2.( ) 志(信念・信条)を現す言行をしている3.( ) 志の目的が明確である4.( ) 目標達成に必要な知識(スキル)が何かを理解している5.( ) 思考は他人の意見に左右されない6.( ) 心を支えるもの(本・言葉・信仰)がある7.( ) 頭で考えず心で行動する(物事に...

catalog image

社会人-心の体力を磨く(1)-理性の見直し

●社会人としての理性  ●見直そう、理性の認識今社会で多発している、いじめ、ハラスメント、自殺、犯罪などと言ったことは自分と向き合うことに背を向け、「理性」を失うことが原因(起因)であると考えます。そしてこの「理性」は、自心に人として生きる道を正すこととも考えられます。【理性】※辞書検索1.道理によって物事を判断する心の働き。論理的、概念的に思考する能力。2.善悪・真偽などを正当に判断し、道徳や義務の意識を...

catalog image

社会人基礎スキル-【心の基礎体力】

【心の基礎体力】の自覚         (Physical fitness&heart)【心の基礎体力】がある人「心の基礎体力」とは、人としての心の器を形成する源(元点・原点)とも言える知情意です。心の基礎体力とは、上図の心の要素を備え、年齢や立場相応の人物や事象の判断力、対応対処力、感情の制御、予期せぬ何かが起きた時に平然と人(相手)や物事に立ち向かえ、対応・対処・処置の出来る心(意識・気持ち)と能力のバロメーターを指すと...

catalog image

三現主義の実施スキル

>三現主義に必要なスキル(知能)-抜粋以下、三現主義を実施・徹底する上で必要とされる主な能力の項目をピックアップしました。※この項目には、ソリューション(問題解決力)やイノベーションに当て嵌まる項目が多数あります。1. 自らと自店舗(自社)の現実を指させる。2. ビジョンと現実のギャップを正確に捉えられ、その要因・要素の分析が出来る。3. 何事にも動じない強靭な心の体力を備えている。4. 顧客(クライアント)目線で...

catalog image

学びと知恵のイン&アウト

学びや知恵を生かす利他の活動謙虚に学びや知恵を言動に生かす思いやる心の活動社会がどんなに進化し、発展しても社会を構成する人の『心』は変わりません。人は、日々生活しながら様々な学びや生き抜く知恵を体得しています。どんなに素晴らしい学びや知識であろうともそれらを自らの心の中に確りと落とし込む活動(=インプット)無しでは何の役にも立ちません。落とし込んだことを自らの力で消化し、自らの血肉とし、それを生きる...

catalog image

やる気を見つけ出そう💕

🌈本当のやる気を見つけよう🌈○報酬の働き誰だって、全てが直ぐに上手く出来るようにはなりません。人間は、報酬(ご褒美、賞賛、微笑みなど)と罰によって動かされます。報酬(対価)は、今は出来なくても、いつかはきっと出来る筈だという信念から与えられます。それは人のやる気(モチベーション)を左右します。しかし、何らか報酬(対価)が無くなれば、やる気も消えてしまいますが、この報酬は、対価や事象の見返りと意識しないよう...

catalog image

社会人基礎力-人的スキル

ライフスキルと社会人基礎力私達を取り巻く生活環境や社会の環境は、地球温暖化に拠る自然環境の変化、国内外の様々な変貌もあり先が読めない時代となりました。また、思考のジェネレーションギャップや様々な格差が生まれつつあります。そして、個々人中心の意識の高まりとともに皆で意見を出し合い協力してソリューションやイノベーション、意思の統一などに取組む姿は素晴らしいです。そのような中、これから日本の少子化社会を...

catalog image

表裏のある人、無い人?

人は見かけに依らぬもの(内と外の顔=内面⇔外面) 長く続く親友関係、中の良い夫婦、社内や組織での人望がある人こう言った人達の共通点は、内(内面)と外(外面)が異ならず物事や人の言行を心で思考し行動することです。・素の自分(心・姿)を表せるパフ―マンスをしていますか?・それとも、格好良見られる自心を偽ったパフ―マンスをしていませんか?現代社会は、他者の目や思惑、評価を気にし過ぎるばかり、己の本質を偽り、日本人の...

catalog image

どちらを優先しますか?心の「在り方」&「生き方」

心の「在り方」&「生き方」※以下、人の目(外見・形)や自らの「生き方」だけを大事にし、周りの人々の心を考えなかったこと、それは人として大変な「過ち」だった、との気付きや多くの反省から記します。現在の日本は、「個」優先社会となり良し悪しに関わらず、国政を司る政治家・公務員、個々人の生活や人との関わり、様々な職場の人間関係や仕事にもその現象が多く見られるようになりました。また、社会で多発しているモラル違...

catalog image

大切な人への意識と言行-診断

診断項目(1)-【大切な人に】誰でも、大切な人を持っています。その中にははもう一人の自分もあります。この項目は、過去の人生を顧み「大切な人」を失ってしまった体験を元に記しました。□=採点記入欄【意識したい=〇/気を付けたい=▲/必要ない=✖】 大切な人に、自己開示をして接していますか? 大切な人に、我欲で甘えていませんか? 大切な人に、自己都合で接していませんか? 大切な人に、無理して(自心を偽って)接...

catalog image

大切な人-「仲間」

「仲間」を大切にする!職場の仲間への意識と言動大切な職場の仲間への思い遣りの言動の主な項目と載せてみました。1. 感謝〇ありがとうのひと声・相手を思った言動、感謝の心でお辞儀をする・挨拶を進んでする(目線・アイコンタクト)・お蔭様の心で接し、話す(自己中は否)・感謝の心を込めて話す・相手を立てる事を意識した言動(尊敬・謙譲など)・常に相手に対し正面で接する・感謝を自ら進んで伝える(言葉・表情・態度)・小さな...

catalog image

「大切な人」-社会生活

大切な人への心と言行心豊かに社会生活する上で、大切な人への思いやりの項目と主な「意識と言動」を載せました。大切な人の為に、年末年始に自分自身を振り返ってみましょう。1. 感謝〇ありがとうの伝達・相手を想った言動、節度あるお辞儀をする・挨拶を進んでする(目つき・アイコンタクト)・お蔭様の心で話す・感謝の言葉、会話を、心を込めて話す・相手への立場転換意識を持つ   ・相手を立てた行動(車道側や通路の端を歩く...

catalog image

「主観」or「客観」-心のフィルター

個々人の心のフィルター「主観」or「客観」?※図は主観と客観を総体的に捉えたものです。皆さんは「主観」or「客観」どちらで物事や人物を捉えますか?主観は、主に相対的な事実を現したものです。詰り、個人的な見方に染められた世界観で、姿形によって識別したり、個人的な推測によって解釈したり、誤った知識の捉え方や、原則的な道徳に対する無明さや、驕り高ぶりや、未知のものへの恐怖心、などを元に理解するように仕向けられてき...

catalog image

主観と客観 (6) プライベートと外の顔

主観・客観(6)-内面・外面多くの人との関わりから、人と触合いや何事も実体験なくしては、の相手の本質(本心)は解らないと学び知り実感し痛い思いもしました。ですから容易く人や物事、事象の批判や評価は口にしてはならないと学びました。わたしの場合、人生後半で学んだ「思いやり」で発した言葉が要らぬ誤解や感情を害したなどと言ったことも幾度かあります。振返ってみるとその殆どが、押しつけがましい言葉使いや、人として○○...

catalog image

主観と客観 (5) 個人の主観

主観と「思い」『想い』個々人の主観(≒自心)を紐解く上で「思い」『想い』の理解認識はとても大切です。「思い」は、どちらかと言うと一人称でり、自分自身の心の領域を表す「田」と「心」、『想い』は、多人称の二人称である相手や相対する物事などを表す「相」と「心」この夫々の語は、異なった二つの文字から組み立ててあると解します。「思い」『想い』の心の占有率は個々人の主観的・客観的な思考力、想像力の大小によって差異が生じます。そ...

catalog image

主観と客観(4)-心のものさし

主観と客観(4)-当たり前のものさし〇自分自身の当たり前の「ものさし」自分自身が「当たり前」と思っている主観であっても、社会生活や人間関係にどの様に生かし活動するのかを、自分と触合う相手、社会や会社の様々な客観的視点の「ものさし」に照らし合わせながら理解判断し活動することが今の情報過多の時代に生きる私たちに求められているのではないでしょうか。正直、私の過去の人生でも体験として、この「当たり前」の「ものさし」が...

catalog image

主観と客観 (3) -個人的主観

主観との「軸」人間が真っすぐ立って居られるのは「骨」があり、その骨が軸となり、立っていることが出来、歩いたり、走ったりすることが出来ます。喩え倒れても、起き上がることができるのは、身体の軸となる骨があるからです。逆にいえば、骨がなければ、立っていることさえいられません。人の心も同様で、その安定のためには、確りした骨が必要です。心にその骨あることで、他人の思惑や世間の風に流さることなく生きられます。...

catalog image

主観と客観(2)-正しい?

主観-(正しいと言う判断基準)🍀『正しい』主観・客観⇒思考(意識)と判断(基準)思考と判断のポイント1.人として何が正しいのかを判断する(道徳・倫理感)2.原理原則を弁え、正論を導き出す 3.公正、公平に判断する 4.無私に徹する(好き嫌いの感情を自制する) 5.利他、誠実、正義、勇気、努力、博愛と言ったことを認識する 6.適正な判断のタイミング(ТPО)の認識する7.強い意志力を備え持つ 8.悲観視や楽観視をせずに客観視する...

catalog image

主観と客観 (1) 個人の主観

主観と客観 (1) 個人の主観-当たり前主観と客観は、対応と応対の心と言動とも言えると考えられます。主観と客観性を共に備えたスポーツマンの世界的な活躍や文化人の社会貢献活動、一方、ネガティブなことでは今年起きた人として残念な様々な事件(京アニ・肉親同士の殺傷事件・無差別殺傷事件・あおり運転・イジメ自殺・・など)それは、犯罪や事件を起こした犯人の主観に拠るものが殆どです。これは、「心の闇」や何らかの原因で...

catalog image

社会人のマナー 「挨拶」と「はいの返事」

社会人の心得-挨拶と返事近年まで礼儀作法・マナーを会社全体のイメージとして捉えて行われてきました。現在のような個の社会では、個々人個性を生かし伸ばす目的で、押し付けがましい一方通行でなく、個々人が考えるなとの様々な研修を取入れる会社も増えてきています。社会人になる方々の中には、陽気で明るくてコミュニケーション能力のある人、内気でややコミュニケーション力が少ない方、笑顔が素敵な方、無表情な方、など様...

catalog image

人間力の礎「💖思いやり💖」-心と言動診断

人間力を育む「思いやりの心」≒マナー思いやる心(≒マナー)は、職場内や仲間同士の円滑な人間関係力、企業と人の魅力を創り出し育くむ≪源≫。【アンケートor自己診断】-(採点サンプル) はい=3.まあまあ=2.少し(時々) =1.いいえ=0【評価】-(採点サンプル) よく出来る=4.出来る=3.一部出来てない=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.1. 人と向き合うことの大切さ、その効用を自覚していますか?2. 言行一致をし...

catalog image

人間力の礎-心の基礎体力

人間力「心の礎」を築く!日々の生活上で起き得る突然の出来事や災難・苦難を落ち着いて冷静に受止め、次の行動に移せる人がいます。このような人に出会うと、自己認識力であり「心の基礎体力」とも言える「承認欲求を満たせる人」、「ポジティブ≒前向きな意識の保有」、「強い責任感≒役割の自覚と認識」「揺るぎない自信と信念を持ち、それを貫く」「自らの力を信じている」「自らの心と言動を指させる」と言った力を備え、 また...