catalog image

人を診る眼を育てる!

人を診る眼-「項目例」[a.][b.]あなたは、どちらを選びますか?※[a.][b.]何れかが相手を想う心が多くある人です。1. a愛したいと思う人  b.愛されたい思う人  2. a私「は」と言う人  b.自分「が」と言う人 3. a感謝を自ら伝えられる人   b.他者からの感謝されるのを待ち望む人4. a共感してくれる人   b.形だけの同情をしている振りをする人5. a自ら信じようと思う人  b.人から信じられたいと思う人6. a一緒に嬉しさを...

catalog image

取り組み姿勢-所作

サービス業従事者の所作〇個々の資質に合った所作※1.(≒※2.作法)【所作と作法の原義】※1.所作=行い。振る舞い。しわざ。身のこなし。しぐさ。また、演技の動作。※2.作法=物事を行う方法。決まったやり方。決まり。しきたり。個々人の所作とされる動作や態度は本人のスキルと感情、その時点の店舗や場所などでの営業環境とその状態、周囲の人的環境に状況によって、かなりの差が生じます。動作の基本は何時も、お客様の身になって...

catalog image

取り組み姿勢-心身の姿勢②

心と身体の姿勢-身嗜み②..⦿日本人とメラービアンの法則古より、私達日本人は、「他人の思惑が気になる」「他人の目が気になる人」「他人の視線が気になる人」「他人の噂が気になる」 「他人の評価が気になる」と言っても過言ではないと思います。同時にこのような日本人の特質からも、自分に対する他者の見方即ち、思惑を無意識の内に気にするのは当然であるとも思います。最近はあまり使われなくなった、「外面(そとづら)と内面(...

catalog image

取り組み姿勢-(2)心身の姿勢①

〇心と身体の姿勢-身嗜み①接客業従事者として大切なのは、お客様に対して、どんな状況であってもどなたにも感情に左右されず、平等に、観察・お世話しようとする心の取組み姿勢とその表し方を理解認識し備えておくことです。特に見た目の身体の姿勢である仲間や部下の、接客係として客席に於いての態度、姿勢、待機時、通路などでの姿勢を、常に自らが意識すると共に、互いがチェックし合い少しでも不適切な姿勢の者は速やかに互...

catalog image

社会人の基礎人的スキル-E.Q

心の知能指数E.Q (Émotional Quotient)?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用知能指数(I.Q)については世の中に浸透しているようですが、E.Q. (emotional quotient)に関しては、一般的に余り知られていないようです。E.Q.に含まれる項目は、実社会の生活に役立つことが多くあります。それは、社会人として必要とされる様々なことを紐解く言葉ではないかと考えます。一方、現在の少子高齢化社会、核化社会、格差社会に大切な人として...

catalog image

#目線を変えて「人と物事」を捉える!

リアルな肉眼とバーチャルな心眼心眼(意識)とリアルな視点私達人間は、人としてこの地上に生まれ二つの目が与えられました。その一つは、リアルに目に映る見える物を見る目、もう一つは、目に映らないバーチャルな見えない物事や事象人の心(人間力)を感じ取れる心の眼(マナコ=目)です。始めのリアルに物を見る目を肉眼といわれ、目に見えないものを見る目を心眼といわれています。人は二つの目を様々なことに上手に使い分けることで...

catalog image

当たり前の基準を備える

「姿勢・動作・態度」1. 姿勢・動作・態度の当たり前・正しい基準はありますか? 会社、店舗で定められた当たり前とされる姿勢・動作・態度を熟知し、身に付けて置くことです。また、何事も正しい判断基準(人・会社員)として弁えて置くことは大事です。一般社会では『正しい』と判断する個人的思考の基準は夫々の人により『正しいと考え、思うことは異なる』ということが前提とされ時代の進化と共に様変わりしています。また、その...

catalog image

判断&決断!

判断・決断のポイント★決断の質を左右する【5要素】 ①知性  ②情報  ③自信 ④感情の円熟度 ⑤効果的なタイミング。まず、知性について、この要素は大切ですが、ここでいう知性は、日々の問題に適用する知性、詰り“実際的な判断”とか“常識”とかいわれる特質であり、それは、適切な情報や日々の経験と組合せ問題を解決する能力です。より良い決定をするため、決定に関する新しい情報を絶えず収集しておくことです。決定の大部分...

catalog image

五感を磨こう-5 ☞  味覚

味覚【味わう・味・食する・三味・美味】味覚=味動物の五感の一つで、口にする物の化学的特性に応じで認識される感覚です。生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられています。基本味の受容器はヒトの場合主に舌にあります。基本味が他の五感の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚として、味は風味(flavor)と呼ばれることがある。また、認識の過程を味わうと言う。仏...

catalog image

五感を磨こう-☞ 4  触覚

触覚【触れる・触る・感じる】触覚【触れる(触れる)】【触る(さわる)】 触覚には、「触れる」と「触る」の二つ表現の仕方が出来る。仏教における「触覚」を表わす語句=六根-身(しん)/六境-触(そく)六識-身識(しんしき)イ)「触れる」「触る」の語彙を知る。ある物が他の物に、瞬間的に、または軽くくっつく。(ちょっと触る)手などをそのものに軽くつける。また、何かが身体に触れて、そのものの存在が感覚的にわかる。ロ)...

catalog image

五感を磨こう-3 ☞ 嗅覚

人間力【臭う・香り・薫る】嗅覚嗅覚は様々な「におい」を感じる感覚。揮発性の化学物質の刺激を受けたときに生じる。臭覚とも書く=物から発散されて、鼻で感じる刺激。香り・臭みなど。臭気。仏教における「臭覚」を表わす語句=六根-鼻(び)/六境-香(こう)六識-鼻識(びしき)イ)「におう」の語彙を知る。1.「匂う」は香りが快く、心地よく感じる場合に多用される。2.「臭い(におい)」は快・不快両方について表す。「香り」...

catalog image

五感を磨こう-2 ☞ 聴覚

人間力-2.【聴くと聞く】人間力とは、「磨かれた五感」と「豊かな感性」(第六感)が人としての元(根本)と私見で捉える。人間力の要素「五感(five senses)」=視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚を知るこの聴覚には、リアル(Real)なものとして感じること、アンリアル(Unreal)≒Virtualなものとして感じることがあります。普段の生活での人とのお付合いはもちろんのこと、おもてなしや接客接遇の場に於いても、この五感+六感無しでは円...

catalog image

五感を磨こう-1 視覚☞(心眼・眼力)

人間力-1.視覚  「人眼力」⇒人をみる眼(=心眼・眼力☜人原力) ※人眼力=人を見る(診る・覧る・観る・看る・視る)目や能力・眼力を称した自作の語句です。     いかに他人と違う人眼力を持ち、それによって異なった捉え方や動きが出来るかが勝負。 【眼力】 目で物を見る力。視力。ガンリョク。 物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能力。 人や物事を理解する気持ち 理解のあること  【眼識】 ある状況を深く、明解に見...

catalog image

眼力≒心眼力

眼力を身に着ける眼力は、目力とも言われ、人の心や意志、内面の強弱などが現れる目の表情を言われます。人との触合いやおもてなしに欠かせない「眼力」について大切なことを、幾つか挙げてみます。1. 外見(身なりや持物、風貌)などを見て、様々な推測、洞察をする2. 外見全体から、生活状態を推し量る3. 身に着けているもの、お化粧、身嗜みなどの見た目からその人のセンスやトレンド意識を知る4. 表情や仕草(所作)を観察し、心理...

catalog image

三現主義➡「五現」&「5原」

三現主義は、「五つの現&原」とを以って三現主義には、現場・現物・現実と共に、現況・現状(現状認識)の二つも切り離せません。同時に、人原力でもある人眼力を以って、原義・原点(=原点回帰)・原因・原則・原理の五つの要素で物事や現場を視ることです。このことを私は、<5つの現>と≪五つの原≫と表現しております。現場や物事を視る時に忘れてはならないのは、自分自身、自店舗、自社、自施設、自職場を指さして(省みる)見る...

catalog image

人間力を定義する

コロナ社会での人間力とは?【出典不明、学びメモより転載】人間力の定義(1) 学力やスキルだけでは量ることの出来ない、人間としての総合的な魅力。人間力の定義(2) 「社会を構成し運営すると共に、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」〇人間力をその構成要素に着目する。① 「基礎学力(主に学校教育を通じて修得される基礎的な知的能力)」、 「専門的な知識・ノウハウ」を持ち、自らそれを継続的に...

catalog image

👨人間力を測ってみよう!

人間力の数値化項目【人間力診断項目】(備考)一般的な人間力の診断項目と異なる、視点を変えた項目にしてあります。【評価】自信あり=4、保有している=3、少しある=2、僅かにある=1、0=無...

catalog image

人間力を学ぶ取組み

心の学び、体現力の学び!“A.I.にない心の温もりを創る「人間力」を育もう”【視点&5W・1H】情報過多の社会環境で生活していると「頭でっかち」に成りがちです。過去の体験に照し合せて自ら見つけ出したことは忘れません。例えば<信頼>、自分の力で職場内や友人との信頼を築き上げた人はどういった活動や感情が信頼なのか?を心から理解認識できます。また、思いやり、優しさ、誠実などの心の理解や活動も心に落とし込み易いも...

catalog image

行動・活動への取組み

“自分で考え行動できる人の育成”もう『過去の思考判断基準=常識』は通用しない❗️❗️時代は昭和から平成、そして令和と変わり、生活環境や意識も大きく様変わりしています。人の心や思考・意識は、今迄の当たり前や常識では、適切に対応対処が難しく、通用しない現代社会です。また、温暖化による自然の環境や自然災害も同様です。変化が激しく情報過多な現在の社会環境🌍では、自分自身が出来ないこと(=💓心の能力不足)を、自分の置...

catalog image

ブレない心の軸を持つ

ブレない心の軸の作り方1.「心・技・体」の意味するもの。「心・技・体」を私たちのビジネスや日常生活に置き換えてみると次のようになります。「心」…志、精神力、心の強さ、使命、構想、価値観「技」…技術、スキル、マ-ケッティング、セ-ルス、コミュニケ-ション「体」…身体能力、取り組みの姿勢、挨拶、返事、掃除スポ-ツの世界では心技体が三位一体となって身につくことにより、一流になれるとされています。スポ-ツに限...

catalog image

心の活動【共感・洞察⇔信頼】

コミュニケーションの礎-『共感・洞察・信頼』今迄生かされ生きて来られた数知れない出会いの実体験から知り得た学んだことです。面識のない見知らぬ人と出会い何らかの会話を交わし合った時、こちらへアイコンタクトを避け、初めから愛想が良く、作り笑顔を絶やさない人、話しを何でも「確かに、そうだ」などと肯定や安易に受入れ共感する人に会したら、その人は気をつけた方がいい場合が多いように思われます。調子のいい話や安...

catalog image

生かされている自覚!

「生かされ、生きていられる自覚」 ※感謝・承認の活動、○○ファースト・お客様は神様、  コンプライアンス、C..S(.顧客満足)E.S.(従業員満足)もその一つです。いま話題になっている吉本興業の騒動は、芸人に支えらている意識欠如と経営者としての自覚不足に依るのではないかと思われます。類似したこととして日産自動車のゴーン氏こともあります。時代が進み、どの様に社会が進歩発展しても、ひとり一人の人生は、周囲からの様々...

catalog image

対人関係を築く「S」

円滑な対人関係を創る15の「S」日々の生活で豊かな人間関係や大切な人を創るために、いつも意識しておくと良いと考えられる「S」の項目を選んでみました。勿論、おもてなしやサービス業に関わる方には必須な項目ばかりです。...

catalog image

公私の報連相-【報告力】

信頼の原点【報告力】【報告力】とは、信頼の原点【報告力】与えられた仕事の結果や経過について対面や非対面のツール・文書などで相手や顧客に対し表現伝達する能力を言います。皆さんは、報告や連絡を僅かな怠慢から怠り、折角出来つつある人間関係や仕事の繋がりを失ってしまったことがありませんか?一般社会で、【報連相】と言われる「報告・連絡・相談」は、与えられた仕事をする上で義務と責任を持ち、円滑に進める上でも、人...

catalog image

受ける決断、断る勇気!

人間力の表れ「受ける決断」&「断る勇気」〇依頼されたことを分析し、判断する先ず、依頼内容を平らに、感情を抜きして何故の心を以って、相手の言葉の端々や態度から冷静に受け止め思考することです。受ける際、断る際に重要なことは、「自分自身の受けられる限界を確り弁えておくこと」です。それを知るには、ある程度仕事をこなすことによる経験値も必要ですが、常に自分に「出来るか否か」という想像力を働かせて、判断する力...

catalog image

無視(スルー)と心の闇!

無視(スルー)が「心の闇」と「孤立、犯罪」を生む!こんな体験がありませんか? *挨拶しても知らぬ振り。 *電話をしても返事がない。 *約束したことは実践しない。 *メールで問い合わせてもレスがない。 *SNSでメッセージを送っても既読スルー(KS)。 *「はい」と受諾の返事をしても何もしない。こんな嫌な経験をしたことがありませんか?現在の社会環境は、情報過多になりました。その結果、社会的立場のある公的な人か...

catalog image

人と繋がり、和す「基礎」

社会人の義務と責任を果たす最近、少なからず実体験していることの一つに、「自分の発した言葉に、責任を持つ」意識と活動について気掛りなことがあります。それは、人を人間として認めない見ないふりや無言の態度、忘れたふり、メールなどのスルー(既読スルー)などのことです。そのような「認めない活動」をする人の殆どは、自信過剰、優柔不断、保身、意志薄弱、自己中の判断、或いは、これはと言う人に自分を認めさせたいが故の...

catalog image

「人」と向き合う

本気で「人」と向き合う※今回の岩手であった事件や少し前にあった「いじめ」について、私見で書きます。自ら積極的に【いじめ】のSOSや様々なハラスメントに遭っていることを上手く発信できない人が被害者には多いようです。全て方とは言いかねますが、ネットなどで見る限り、マナーを教えている、子供を持つ親である先生方は今回の事件のようなことがあってはならないと仲間や境遇同じ人と話題にしますが自分達に出来る、真摯に「...

catalog image

「目的・目標」=Targetの認識と設定

「目的・目標」Targetを認識する 「目的」What=Targetを知るために 「目的」と「目標」この二つ言葉は似ていますが、 目的は、「何のため(=What)にするか」という動機の意味であり、 目標は、「どんなことを目指すのか」というゴールの意味があります。 自分を愛し、一番解っている自らの心と心静かに素直な気持ちでポジティブに 良いところ(長所)を見付け出す「向き合う」活動によって、新しい自分の発見や 自信が付くと共に心のエンジ...