catalog image

「心」を変える?

心を変え、人生を変える⁉️「人の心を変える」と言うことは、言葉で表現すことはすごく安易です。しかし、実際に自心や人の心を少しでも変えると言うことは、強い信念と意思、日々の努力とたゆまぬ精進が必要です。現在に至るまでの様々な対人関係上や社会生活上の体験から実直に自他の備え持つ多種多様な心を如何に【リスペクト】≒敬意を払い表せるかことが出来るか?が大切である、と思います。現在世界的な活躍をしているテニス...

catalog image

👤人間力を測ってみよう!

人間力の数値化項目【人間力診断項目】(備考)一般的な人間力の診断項目と異なる、視点を変えた項目にしてあります。【評価】自信あり=4、保有している=3、少しある=2、僅かにある=1、0=無1. 🔲個性的感性力2. 🔲予知先見力3. 🔲目的目標設定力4. 🔲立場転換力5. 🔲洞察分析力6. 🔲感謝力(謝意表現力)7. 🔲会話力8. 🔲意志伝達力9. 🔲奉仕力(自己犠牲の精神力)10.🔲寛容力11.🔲T.P.O適応力12.🔲5W-1H力(ゴールデンサークル力...

catalog image

人間力を定義する

人間力の定義と解説【出典不明、学びメモより転載】人間力の定義(1) 学力やスキルだけでは量ることの出来ない、人間としての総合的な魅力。人間力の定義(2) 「社会を構成し運営すると共に、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」〇人間力をその構成要素に着目する。① 「基礎学力(主に学校教育を通じて修得される基礎的な知的能力)」、 「専門的な知識・ノウハウ」を持ち、自らそれを継続的に高めて行...

catalog image

取り組み姿勢(12)-人間力を学ぶ

心の学び、体現力の学び!“A.I.にない心の温もりを創る「人間力」を育もう”【視点&5W・1H】情報過多の社会環境で生活していると「頭でっかち」に成りがちです。過去の体験に照し合せて自ら見つけ出したことは忘れません。例えば<信頼>、自分の力で職場内や友人との信頼を築き上げた人はどういった活動や感情が信頼なのか?を心から理解認識できます。また、思いやり、優しさ、誠実などの心の理解や活動も心に落とし込み易いも...

catalog image

取り組み姿勢(11)-自ら考え 行動する人

“自分で考え行動できる人の育成”もう『過去の思考判断基準=常識』は通用しない❗️❗️時代は昭和から平成、そして令和と変わり、生活環境や意識も大きく様変わりしています。人の心や思考・意識は、今迄の当たり前や常識では、適切に対応対処が難しく、通用しない現代社会です。また、温暖化による自然の環境や自然災害も同様です。変化が激しく情報過多な現在の社会環境🌍では、自分自身が出来ないこと(=💓心の能力不足)を、自分の置...

catalog image

取り組み姿勢(10)-心・技・体

心・技・体&心技一体●【心磨き、技練り、心等し】=心技一体現在の社会は上記の「心技体」のバランスが崩れ、【心技一体】ではなく、個々人の対外、対人関係に於ける「技」や見た目の「体」に重視し、肝心な💗心の育成が軽んじられているといるように思えてなりません。外面と内面の差の拡大、いい人と思われたいなど気持ちから言行や態度を曖昧に表現したり、見た目優先したりすると言った、まず自分の都合などの行為が日々の生活...

catalog image

取り組み姿勢-(9)判断&決断

判断・決断のポイント★決断の質を左右する【5要素】①知性 ②情報 ③自信 ④感情の円熟度 ⑤効果的なタイミング。まず、知性について、この要素は大切ですが、ここでいう知性は、日々の問題に適用する知性、詰り“実際的な判断”とか“常識”とかいわれる特質であり、それは、適切な情報や日々の経験と組合せ問題を解決する能力です。より良い決定をするため、決定に関する新しい情報を絶えず収集しておくことです。決定の大部分は即座...

catalog image

取り組み姿勢-(8)マナーは心

リアルな姿勢に『心』が表れる来店のされたお客様は、礼節のあるキチンとした言行、姿勢、態度から、次のようなことを推察したり、期待したりします。・心地よい満足できるおもてなしや接客が受けられる。・スタッフ全員の姿勢はお店の心の表れだから安心できる。・在店中は心地良く過ごせる。・規律正しさを感じて、平等なおもてなしやサービスが受けられる。・キッと提供される商品に満足できるものがある。・大切な人をこの店に...

catalog image

取り組み姿勢所作-(8)自らの姿勢と言行

取組み姿勢・所作・マナーの診断項目現在の自分自身と向き合い、振り返り、自己診断して見ましょう。自分の今後の為にも、△や☓が付いた項目を少しずつでも少なくして行きましょう。 [CH採点基準(例)] 自信あり=◎/はい=○/どちらとも言えない=△/いいえ=☓☑診断項目-抜粋 【採点基準例】よく出来る =3./出来る=2./どちらとも言えない=1./出来ない=01. 相手が、感情を持った人間であると意識していますか?[  ...

catalog image

取り組み姿勢-(7)現場スタッフ

現場スタッフ-姿勢・動作・態度いつも一人ひとりが会社の代表者としてお客様や相手と接している、との意識と社会人としてのモラル(=コンアプライアンス・倫理)を備え持ち、誰に対しても平らな態度で冷静沈着に言行することが大切です。特に店長、現場管理監督者と言った役職者は、全従業員のおもてなしや接客態度を観察すると共に、不適切な態度で従事している場合は直ちに指導し、全員が同一レベルの姿勢態度をするよう指揮する...

catalog image

取り組み姿勢-(6)おもてなし

おもてなしの所作(仕草)&表と裏〇「おもてなし」は、表裏なしおもてなしの裏と言われるものは、主人が客人に対する目に見える所作(仕草)の形や言行の心「コト」を指しています。この「コト」は主人客人、夫々の体験から生まれます。言い換えるならお客様に接するスタッフの裏に隠された思い遣る心で心からもてなす接客サービスをすることが大切だということです。また、「コト」は舞台で言えば、「黒子の役割を果たす心構え」を言...

catalog image

取り組み姿勢-(5)心のイノベーション

【心・技・体】それぞれの取り組み姿勢-1.●心のイノベーショントに取り組む!“もう、今迄の当たり前(常識)は通用しない”◎社会と共に激変する取り組み姿勢今、日本の社会ではその取り組み姿勢が問われ、その為の「個々人の人格形成」が求められている。変化の激しい現在社会は、格差や自分の出来ないことを他人や環境のせいにしていては、生き抜くことは困難な社会環境です。ではこう言った環境や事象に柔軟に対応できる社会人をどの...

catalog image

取組み姿勢-(4)所作

サービス業従事者の所作〇個々の資質に合った所作※1.(≒※2.作法)【所作と作法の原義】※1.所作=行い。振る舞い。しわざ。身のこなし。しぐさ。また、演技の動作。※2.作法=物事を行う方法。決まったやり方。決まり。しきたり。個々人の所作とされる動作や態度は本人のスキルと感情、その時点の店舗や場所などでの営業環境とその状態、周囲の人的環境に状況によって、かなりの差が生じます。動作の基本は何時も、お客様の身になって...

catalog image

取組み姿勢-(3)心身の姿勢②

心と身体の姿勢-身嗜み②..⦿日本人とメラービアンの法則古より、私達日本人は、「他人の思惑が気になる」「他人の目が気になる人」「他人の視線が気になる人」「他人の噂が気になる」 「他人の評価が気になる」と言っても過言ではないと思います。同時にこのような日本人の特質からも、自分に対する他者の見方即ち、思惑を無意識の内に気にするのは当然であるとも思います。最近はあまり使われなくなった、「外面(そとづら)と内面(...

catalog image

取組み姿勢-(2)心身の姿勢①

〇心と身体の姿勢-身嗜み①接客業従事者として大切なのは、お客様に対して、どんな状況であってもどなたにも感情に左右されず、平等に、観察・お世話しようとする心の取組み姿勢とその表し方を理解認識し備えておくことです。特に見た目の身体の姿勢である仲間や部下の、接客係として客席に於いての態度、姿勢、待機時、通路などでの姿勢を、常に自らが意識すると共に、互いがチェックし合い少しでも不適切な姿勢の者は速やかに互...

catalog image

取組み姿勢-(1)心と当たり前の基準

「姿勢・動作・態度」の基準(1)1. 姿勢・動作・態度の当たり前・正しい基準はありますか? 会社、店舗で定められた当たり前とされる姿勢・動作・態度を熟知し、身に付けて置くことです。また、何事も正しい判断基準(人・会社員)として弁えて置くことは大事です。一般社会では『正しい』と判断する個人的思考の基準は夫々の人により『正しいと考え、思うことは異なる』ということが前提とされ時代の進化と共に様変わりしています。...

catalog image

「筋を通す」?

筋を通して生きる個中心の情報社会になり、人の心や意識の持ち方、物事の捉え方、判断基準に良くも悪くも個人による差が多様化しつつある現代の社会生活環境です。今回取り上げた「筋(≒道理)」にも人の顔と同様、個人差がありますす。社会や一般生活上、対人関係に於いて、自分の話に人としての“筋”がなければ、その場その時の気分(感情)や成り行きで話をしているように相手に聞こえてしまい、信用性や説得力に欠け、相手に不快な...

catalog image

「眼力」=「肉眼」&「心眼」

人物と物事を見極める「眼力」私達人間は、人としてこの地上に生まれ出るに当たり、二つの目が与えられました。その一つは、リアルに目に映る形ある見える物を見る目、もう一つは、目に映らないバーチャルな見えない物や事象、人の心と心身を動かす色々な原因や要因を想像し感じ取る目です。人の眼力と言われることは、人物や物事(事物)の本質、善し悪し・真偽・成否などを見抜くことと能力を言います。また、自らが或るものを見て...

catalog image

職場のマインド力☑

職場のマインド力診断-(取組意識・思考力) (※面接時・適正チェック・初期個人面談時用にも使えます) ※正解は項目により、〇・×・△の三種に別けられます。〇・×・△の定義は仲間の皆さんで話し合ってみましょう。【正誤診断項目】回答の記入は[はい=〇・いいえ=×・どちらとも言えない=△]A.規律性(勤怠・ルール・常識・公私の区別)1. あなたは約束の時間に遅れた時、先ず理由から言いますか?2. 大切な人との待合わせをした...

catalog image

自らの適切な「判断力」を育む!

心の判断基準を育みましょう!人間は生まれつき善悪の多くの欲望と様々な感情を備えた生き物です。心正しく真っ直ぐに成長した大人は、相手を敬い尊ぶ自他共栄(リスペクト)出来ます。先日の全米オープンテニスで多くのファンを感動させた大坂なおみ選手の敗戦後の態度、ゴルフ界でスマイルシンデレラと称されている渋野日向子選手のファンへの自然な笑顔、感謝のステッカー配布、会見での飾らない態度は言うまでなく感謝と敬意の表...

catalog image

社会人力「聴く力」&「挨拶力」

「聴く力」&「挨拶力」のUP社会人力として求められる挨拶力、会話力、感謝力、信頼力、報連相、意思伝達力、寛容・受容さ・誠実さなど、このような様々なスキルや技は、1. 形や活動から知る 2. 文字の語彙と心を知る どちらが我が身に素直に落とし込め実際に活かせるでしょうか?例えば、「聴く」の傾聴力の場合、具体的な行動や形として身に付けた傾聴力は、同環境の下だけでしか生かされません。「聴」の文字の旁、「直」と「心」をタテ...

catalog image

人間力&魅力の原点は?

人間力と魅力の修得!皆さんは、以下の4つの項目に優先順位を付けるとしたら、どんな順で付けますか?A.外面的な自分磨き(身体・持物) B.テクニック(技)・対人関係の知識と技C.資格スキル・習い事D.心磨き(心を知る学び)・感性磨きまた...

catalog image

弱い心を知ろう!

強・弱二つの心の自覚人間は、みんな強い心と弱い心、この二つの心が備っています。自分のこの二つの心を知り理解することは人としての幸せ、楽しく心豊かな人生を送るためにも必要なことです。 “弱い心”と言われる人※[  ]は、有無を付けるためにお使い下さい。1.[ ] 愛他心より自己愛が強い(強い自己愛)2.[ ] 言動に裏表がある(本当の自分を見せない)3.[ ] 自分の心に嘘や言い訳をする(自己を正当化)4.[ ] 平気で嘘をつき...

catalog image

心の強み弱みを知ろう!

自分の強い心と弱い心を知る💛強い心💙弱い心は背中合わせ人は心身共に進化成長するために未完成で適度に弱く作られています。一人の人間が、人間(自他)の持つ様々な弱さを知ることで、人間としての強さが何であるかを知ることができます。その強さは、どのような状況下でも平らに保て自らの感情・思考・意志を上手くコントロールできる強さです。自らの弱さを理解し克服するには、一時的に自分が傷つきます。人は誰でも、弱い自分の...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-謙虚さ

謙虚さを知ろう!「思いやり」と「敬意」、「利他」の心を備え持ち、それが何たるかを気付く為の心身の姿勢が「謙虚さ」です。その心は何事、何人の心や言動・態度であったとしても、己自身が素直に(=徳の心)受容れられる心とその姿勢・態度を言います。(以下仏教の学びメモから転載)謙虚文字の“謙”という字は、下へ下へと遜る、“虚”という字は一番下から目に見えないバーチャルなもの全てを「+」に受け入れるという意味です。自分...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-感情・理性(診断)

感情と理性☑自己診断感情も理性も子供と大人、新人とベテラン、心の器の大小・強弱、高学歴の有無、生い立ち、生活環境(格差)、自分への関心度、目標(夢)の有無、活動環境(心と職場)などに拠って個人差が生まれます。感情は【時・場・相性・性別・立場・常識(判断基準)・モラル】などや経験度(≒年齢)によっても個人差が出易いと意識する。一方、理性は特に【心の成熟度、立場(社会的・対象別)、自制力】の意識や必要性の有無や大小...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-感情&理性

人間は💕感情💕で思考・言動する●感情と理性の理解!◎自らの感情と仲良くし、理性を弁える人間は、#感情があるからこそ、喜びや楽しみを分かち合い、人生を豊かにできると思います。一方、感情があるからこそ、悲しい思いや寂しい思い、嫉妬、罪悪感、と言った辛く苦しい思いもします。また、解っていてもその苦しい思いと仲良く出来ず、行動が感情に左右されてしまうこともあります。※思いやりの語彙を知る前の私もそうでした。人間...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-誠実さ

「誠実さ」ってどんなこと?誠実は、自分が正しいと信じていることや相手への思いやり(利他心)の為に、謙虚な真心と態度で他者と接し、自分が確固とした「志」を備え、同時に高い価値観を備え持つこと。それは、他人の心を素直で謙虚な態度や言動を自ら一度受け入れ認めることであり、同時に、嘘偽りのない正直で真の心の活動をすること。誠実な人の心は善良で徳を持ち、その言行・態度は素直で嘘偽りのない清らかな人生を送るため...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-人生の学び

当たり前はどのようにして知るの?情報過多の社会環境で、人として豊かに生抜く心(知恵)と活動💕基礎知識と活動項目【解説】現代のようなネットが普及して手に入れようと思えば子供でも簡単に得たい情報が得られる社会環境です。また、少子高齢化が進み個人中心の個の社会環境になり一方ではIT化・スマホが普及し正しい情報選択が難しく時に誤った情報や知識を得がちになっている現在の私達です。このような情報過多の社会環境で...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-常識の判断

判断の基準はどうやって知るの?情報過多の社会環境で人として豊かに生抜く心(知恵)と活動💕弁えて置きたい心の知識とその活動(知恵)日本の社会環境は二十世紀に入る前までは550仲間(ご近所さん)意識が高く町内会や祭りなとのコミュニティの場や集会なども多くありました。また、親の子供に対する躾や礼儀、道徳観念と言ったことも社会全体にあったように思えます。二十一世紀に入り今の日本の社会全体が、良くも悪しくも個人中心の...