catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-どうやって自信をつけるの?

相互承認活動は自信の源“自信は【無視の活動】に勝る“※人から、会社、仲間から「#認められたい」「#認めて貰いたい」などと、 何らかの【見返り】を求め望んでする活動は良い結果が得られません。 少しでも良い結果を得たいならば、互いの承認活動と 私利私欲(私心)の無い活動に努め、それを継続することです。●#自信をつける依頼主、上司、経営者などの皆さんと御一緒に仕事をする上で「君の経験を生かして、この仕事を受けて...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-#躾 と#モラル のイノベーション

日本人の#躾と#モラル改善個人の#当たり前の判断基準や躾・常識力、モラルは、生活環境、置かれている立場、年齢や体験の量によって個人差が出ます。特にその人の育った環境と体験や年齢による差異は顕著に表れます。幼少期から親から厳しい#躾をされて育てられた人、甘やかされ自由奔放に育った人でも差異が生まれます。特に「躾」は、子供の頃からの環境や親の考え方子育ての取組み姿勢や生活環境に大きく左右される場合が大変多...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-『道徳』?(1)

道徳の心と活動く(1)今年から心の育成のため文部科学省で、#道徳教育を見直し小学校の授業にも取り入れました。社会に出たばかりの頃「#道徳ってどんなこと?」と問われ、答えに困ったことがありました。今はIТ社会になり、検索すれば直ぐに様々な答えが見つけられるようになりました。しかし、ネットや辞書検索だけでは実社会に生かせる回答は得られないと思います。ここでは、社会生活で生かされ生きてこられた体験や壮年以降の...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-「#正しい」ってどんなこと?

『正しい判断』 日本の民主主義の社会制度は、 それぞれの人によって『正しいと考え、思うことは異なる』 と言うことを大前提にして作られ、実生活の中で生かされています。 社会人として弁えて置くべきと言われている、 当たり前の知識や人として成すべきことを『正しいこと』 だと話すと、年長者は、「押し付けがましい」とか、 「今の時代に合わない」と言われることも度々あります。 これは、『#正しい』という判断基...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-挨拶の心に気付く!

「#挨拶」の大切さを気付く「気付き」は、物事を何故の心で見聞きすること、読書や体験などによって得られます。私は今迄、職場内研修や様々なセミナー、仕事の現場で何故の心を以って原義原則を解説したり、「目的」や「結果・成果」を伝達したり、説明したり、教えたりせずに、即役立つ表面上の形や方法、テクニックだけで成されている姿を多々目にしてきました。そのような教えられ方をされた場合、教えられた其の時からしばら...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-さんま(三間)の自覚!

三間(さんま)って何?高度成長時代を経て、都市化現象、少子高齢化が進む中、教育環境も大きく変化しました。その現れの一つに、社会生活上における対人関係で「三間(サンマ)=仲間・時間・空間」が少なくなったと思います。この「三間」とは、仲間、時間、空間とその夫々に関連することを指して言います。現在の生活環境の中で、大人や子供達が人間関係の結び付きである友人である「仲間」を無くし、その仲間や友人と一緒に過ごし...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-気付きをメモる

“#気付き”の記録! 今迄生きて来て、何らかの「気付き」が自らの心の中に生まれるのは、運命的なものがあると思えることが少なくありません。それは、人として或は仕事上で、何らかの「#気付き」が生まれるのは、仕事上や人間関係で何らかの挫折や失敗した時、障害や苦難にあった時、また一方では心身の成長時、努力精進している時、己のことを考えず我武者羅に何かにものや人、物事に打ち込んでいた時などが多かったと思います。...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-#何故?の心で考え、気付く(つづき)

何故の心?で活動する日本の社会環境は、豊かな生活環境に甘んじた結果興味や関心を向けなかった様々なこと、或は心の持ち方、物事の捉え方についてなど様々なことを数多く学び知り、気付かされることが多々あります。例えば、先年の節電により、必要もないのに今迄無意識に点けっぱなしにしていたエアコンや照明などの電気機器、必要以上に置かれている自販機などと言ったものなど多くの物の豊かさ、その環境に慣れっなっていたこ...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-何故?の心で考え、気付く

#接客#もてなしには#目的#起因がある現在のような情報社会において、人、もの、出来事、テレビ、ネットなど見たり、読んだりする時その他、何事についても【何故?(どうして)の心=ゴールデンサークル】の意識(物事や行為には原因・起因があるの心)で思考し理解・認識した上でそれを弁え活動や行動に移すこと。こういった活動は、人が社会で生きて行く上でとても大切です。特に、モラル違反、犯罪や事件の起因と要素となる目に見え...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-#感動させる?

感動は、求み望むこと?最近私どもの「接客マナーは心の礎」の記事検索語の中に、とっても気になる検索言葉があります。それは「〇〇〇を、#感動させるための言葉、行動・・・・・」です。そこで改めて、この言葉について記事します。【感動】をウェブで辞書検索すると次のように記されてあります。1.ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること。 ※三省堂国語辞典では2.美しいものや素晴らしいことに接して強い印象を受...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-#コミュニケーションの『源』に気付く

#コミュニケーションの #源 を知り生かす日々の人との触合いや接客において、以下の項目全ての『源』になる【キーワード】があります。このキーワードは一人ひとりの愛する人のため、顧客であるお客様一人ひとりをおもてなしするため、家族、会社やお店でともに働く仲間のため、これから直面する少子高齢化社会を乗切るためにも再認識し常に心掛けなければならないことです。強いて言えばリスクをチャンスに変える【キーワード】で...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-気付く

心を築く礎⇔「何かに気付く」自分と向き合い「気付く」人として或は仕事上で、何らかの「気付き」が生まれるのは、仕事上や人間関係で何らかの挫折や失敗した時、障害や苦難にあった時、心身の成長時、努力精進している時、己のことを考えず我武者羅に何かに打ち込んでいた時などが多かったと経験から思います。人は、他者との出逢いや触合い、事象と巡り合せによって様々な「気付き」(=何かに気付く)を得ることが出来ます。そし...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-#信頼度を推測する

心と言行から推測する #信頼度※本来人の心を測ることは出来ませんが、体験からも推測することは出来ると思います。#信頼度 を推測する項目-抜粋[採点]大いに在る=4・在る=3・多少は在る=2・僅かに在る=1・ない=0.1. 人の痛みを我身に置き換えられる。2. 言行一致している。3. 自らした約束事はどんな小さなことでも必ず守る。4. 相手を裏切らない。5. 相手の大切を大切に出来る。6. 思い遣る心がある。7. 感謝の心を持ち、...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-信頼される人って?

 信頼される人-例(抜粋) ◎信頼される人はこのような人! 1. 揺るぎない信念を備えている 2. ホスピタリティ精神を持っている 3. 寛容さがある 4. けじめ(公私の区別)をキチンと付けている 5. 人に弱みや苦しんでいる姿を見せない 6. 見えない処で努力精進している 7. 仕事に対する情熱がある 8. 人を人として認められる 9. 誰に対しても平等である 10. 誠実である 11. 勇気がある 12. 利他の心がある 13. 相手の立...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-【#信頼】出来る?or される?

#信頼 ってどんなこと? ※以下の内容は今までの体験と壮年以降の学びで得たものです。 #信頼は、人を信じ、その人のことが頼れると書く通り #信頼とは疑う余地が無く、#信頼した結果が得られなくても その責任を自分に求めることが出来る状態をも言い表します。 ですから、人は心から本気で#信頼するために、 相手を徹底的に疑ってかかる場合も多々あります。 さて、此処で『#信頼』を、少し突き詰めて考えてみることにしま...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-【#信用・#信頼】される?

どうれば【#信用・#信頼】されるの?💕信頼は絆の原点※この内容は今までの体験から書きました。《絆》を創る→【信頼】を紐解く】人として必要とされる信頼を紐解くには、先ず信用と信頼の関係を知っておくです。信用は文字の示す通り、信用は信じて用いると書き、信頼は信じて頼ると書きます。信頼の二文字は、「人」 「心」 「口」 「束」 「頁」の五つ文字で構成されると解します。この五つの文字を人間、仕事上、組織・会社...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-#認められる人・#認められない人?

「#認め」られる人・られない人今年話題になった「ハラスメント」「いじめ」「コンプライアンス欠如」などの要因の一つは、「人の文字」の心を自覚認識せずに対象者に対する感謝の心を失い、相手を「心ある人と認めない活動」即ち「#無視(スルー)」「無回答・返事」などからではないでしょうか。こういった心無い行為が純な子供の心や社会経験の少ない若年層の「#心の闇」を創り出し、非行や事件の起因・誘因になる場合が多々あり...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-感情と理性(診断項目)

感情と理性の自己診断☑感情も理性も子供と大人、新人とベテラン、心の器の大小・強弱、高学歴の有無、生い立ち、生活環境(格差)、自分への関心度、目標(夢)の有無、活動環境(心と職場)などに拠って個人差が生まれます。また、感情は【時・場・相性・性別・立場・常識(判断基準)・モラル】などや経験度(≒年齢)によっても個人差が出易いと意識することです。一方、理性は特に【心の成熟度、立場(社会的・対象別)、自制力】の意識や必...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-感情と理性

#感情と#理性を知ろう!💕自らの#感情と仲良くし、#理性を弁える◎人は#感情で動き行動する人間は、#感情があるからこそ、喜びや楽しみを分かち合い、人生を豊かにできると思います。一方、感情があるからこそ、悲しい思いや寂しい思い、嫉妬、罪悪感、と言った辛く苦しい思いもします。また、解っていてもその苦しい思いと仲良く出来ず、行動が感情に左右されてしまうこともあります。※思いやりの語彙を知る前の私もそうでした。人...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-#対応・ #応対

相手を立てるのは? #対応? #応対?📚古よりの名言から学ぶ◎相手を立てる意識&活動あなたは、触れ合いやコミュニケーション時問-1.他人称You・Your・You、一人称I・My・Me    どちらで捉え思考・言行していますか?問-2.他人称の#応対、一人称の#対応    どちらで捉え思考・言行していますか?問-3.相手を立てる他人称、自己表現の一人称    どちらで捉え思考・言行していますか?古より日本では、自らの保身の為...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-シリーズ概要(学びの案内)

どうやって知るの?常識の判断基準皆さんと一緒に、このシリーズの内容を学ぶワークショップが出来ます。会場費など実費で3人以上の人数から行えます。参加ご希望の方は本文右の「問合せメール」でお知らせ下さい。情報過多の社会環境で人として豊かに生抜く心(知恵)と活動💕弁えて置きたい心の知識とその活動(知恵)⁂どうして作ろうと思ったの?(作成動機)日本の社会環境は二十世紀に入る前までは仲間(ご近所さん)意識が高く町内会...

catalog image

心💑を生かす「知識と知恵」-行動の具体例と説明

📖真摯さと誠実さ≪ご案内≫このシリーズ全体の内容は明日記事に期します。そしてこの学びの場を近々開きます。※実社会で体験したことを人生後半の学びを基に記します。 皆さんの心に照らし合わせで読まれて下さい。 中には、私も出来ていないことも少なくありません。〇真摯さと誠実さ真摯さ(真面目・正直)は、「誠実さ」と共通点が多くあります。社会の中枢を成す人、政治家、事業家をはじめ人間関係を重んじるビジネスマンに何より...

catalog image

その場の空気や温度の読める人

「場の空気=KY」や「その人の温度」を読む〇その場の空気や温度の読める人相手の感情や気持ちを知る事、その場の「空気」や「温度」をいち早く読み取り、適切な対応・応対・対処・応答することは、対人関係構築上の活動や判断基準の糧なるとても大切なことです。そのためには、鋭い察知・洞察力も必要とされます。このスキルを育むために先ず具体的な観察(目配り)をすることから始めると良いでしょう。以下、体験からその観察する...

catalog image

新社会人のマナー 「挨拶と返事」

新社会人の心得-挨拶と返事新人研修で近年までは、礼儀作法・マナー・ルールを会社全体のイメージとして捉えて行われてきました。現在のような個の社会では、個々人個性を生かすため様々な研修手法を取り入れる会社も増えてきています。来る4月より新社会人になる方々の中には、陽気で明るくてコミュニケーション能力のある人、内気でややコミュニケーション力が少ない方、笑顔が素敵な方、無表情な方、など様々です。社会で生き...

catalog image

実社会で役立つ【個性的な挨拶と感謝】

キラリと光る個性的なコミュニケーション力〇心と心を繋ぐ、「挨拶と感謝」の表現コミュニケーションに必要な挨拶力、会話力を身に着ける第一歩は、先ず基本となる礼の形(作法)、言葉、仕草(所作)を覚えることです。次に触合う相手に合わせた、あなたにしか出来ない、あなただけの個性的な挨拶力を身に着けることです。また、社会人として忘れてはならない心構えの一つ、感謝(有難い・嬉しい・おかげ様で)の個性的な表現力と奉仕 (...

catalog image

あなたの誠実さは?

誠実さの自己診断⇔心の体力〇備えておきたい社会人力【自己採点】出来ている=3.やや出来ている=2.僅かに出来ている=1.出来てない=0.1.真心を持って人と触合える2.誰に対しても変わらない、節度を持って接する⇔礼節 (けじめ≒礼儀・節度がキチンとしている)3.いつでも、誰に対しても変わらない挨拶ができる4.相手によって、会話内容や態度を変えない5.心身の姿勢が正しい6.相手を思いやる対人マナー、ビジネスマナーを弁...

catalog image

内外面の異なる人間!

人は「見かけ」たけで破断出来ない!          【自他の内し外の顔と心】〇素の姿に勝る物なし!【表裏一体】現代の生活や社会環境はビジュアル的な面ではもの凄いスビードで変化、成長しています。同時に人としてのオリジナリティや独創的な個性が注目されいます。そこでまず、日本人の持つ表裏の二面性について考えみます。人間の持つ、外への自分=外面と中の自分=内面の統一、即ち「表」と「裏」の顔について考えて...

catalog image

ビジネス・プライベートに活かす思考!

ゴールデンサークルと6W・3H&T.P.O&P.D.C.A ※ゴールデンサークルと6W.3H・T.P.O.・P.D.C.Aは、社会で生きるための人間関係構築の原点です。 [6W]1.When<いつ>⇒日時・時期・時刻2.Where<どこで>⇒処・場所・場面・エリア・どの地域3.Who<だれが>   ⇒主体者・主催者・責任者・どの様な地位でどんな役割を果たす人・場長・首長4.Whom<だれに>⇒対象者(誰を主に・誰に対して・どの地域に対して)5...

catalog image

「御縁」の継続は心なり!

「御縁」を生かす(活かす)社会生活での人との触合いや「おもてなし」の第一歩は、折角出合えた「御縁」を大切にすることから始まります。人と触合う仕事や様々な接客やもてなしの仕事をしていますと、人と人の「御縁」は不思議で、運命だと感じることが多々あります。日本の住宅には、御縁を繋ぐ縁側がありましたが個人中心、少子化、人口減少などから今は減少しています。人は一生懸命生きていると「善き御縁」努力を怠り刹那に生...

catalog image

実社会で活かされる「人的スキルと心」を知ろう

≪実社会に出る前に備えて置こう≫~本質と異なる虚偽のパフォーマンスは、いつの日か崩れる~現代社会は、良し悪しに関わらず様々なビジュアル(≒パフォーマンス)に溢れ、貴重な人生の時間を楽して楽しもうとすれば退屈することはありません。また、A.I.の進歩で人間のしていたことも機械が変わってすることも増えています。一方、個人中心な生活環境と少子高齢化社会に変化して益々人としての個性(感性)を磨かなければならない社会...