catalog image

素直な心で傾く

 豊かな想像力「プロの傾聴力」 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用傾聴力を高めることで身に着けられる【実例】  察知力・洞察力が身に着けられる  お互いが理解し合おうとする心を持てるようになる  相手の精神状態、コンディションを会話内容から汲み取る力が付く  相手や大切な人のために、信念や勇気を持てるようになる  話を傾聴することから、相手や他人のために役立つことを考えられるようになる  人の嫌がる...

catalog image

目配り&5.S.のポイント

目配り&整理・整頓・清掃・清潔・習慣は心の表れお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【目配り&5.S.のポイント】 (こんなことを意識しましょう) 人や物を大切にする心と活動には, 目配り&5.S.が欠かせないと自覚しましょう。 目配り&5.S.のスキルは,仕事は勿論のことプライベートにも大切なことと心得ておきましょう。 御客様や相手の目が届かない所も目配り&5.S.しましょう。 なぜ目配りや5.S.が必要なのか?を知...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[8]

主観と心の「軸」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間が真っすぐ立って居られるのは「骨」があり、その骨が軸となり、立っていることが出来、歩いたり、走ったりすることが出来ます。喩え倒れても、起き上がることができるのは、身体の軸となる骨があるからです。逆にいえば、骨がなければ、立っていることさえいられません。人の心も同様で、その安定のためには、確りした骨が必要です。心にその骨あることで、人の思惑や世間の...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[7]

主観と「思い」『想い』お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用主観(≒自心)を紐解く上で「思い」『想い』の理解認識はとても大切です。私見ながら文字構成から 「思い」は、一人称である自分自身の心の領域を表す「田」と「心」、『想い』は、二人称である相手や相対する物事などを表す「相」と「心」それぞれの語は、このような異なった二文字から組み立ててあると解します。「思い」『想い』の心の占有率は個々人の主観的・客観的な思考力、想像力の大...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[6]

主観と当たり前-(2)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇自分自身の当たり前の「ものさし」自分が「当たり前」と思っている主観であっても、社会生活や人間関係にどの様に生かし活動するのかを、自分と触合う相手、社会や会社の様々な客観的視点の「ものさし」に照らし合わせながら理解判断し活動することが今の情報過多の時代に生きる私たちに求められているのではないでしょうか。正直、私の過去の人生でも体験として、この「当たり前」...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[5]

主観と当たり前-(1)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇当たり前のこと「当たり前」のこととして、人と和するため、繋がりを持つためになくてはならない義務・責任・ルール・マナー・モラル・礼儀作法と年齢や立場相当のコンプライアンスなど関することは、主観だけで「当たり前、知っている、判っている」と思っているだけで終わらせないよう自らの言行や態度に表し、活動していくことではないか、と考えます。同時にそれは個々人の...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[4]

主観・客観と目配り・気配り        ・思いやりについて-4.(正しい判断基準)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用『正しい』主観・客観⇒思考(意識)と判断(基準)■思考と判断のポイント1.人として何が正しいのかを判断する(道徳・倫理感)2.原理原則を弁え、正論を導き出す 3.公正、公平に判断する 4.無私に徹する(好き嫌いの感情を自制する) 5.利他、誠実、正義、勇気、努力、博愛と言ったことを認識する 6.適正な判断の...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[3]

主観・客観と目配り・気配り     ・思いやりについて-3.(主観-内面/外面)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用多くの人との関わりから、人と触合いや何事も実体験なくしては、の相手の本質(本心)は解らないと学び知り実感し痛い思いもしました。ですから容易く人や物事、事象の批判や評価は口にしてはならないと学びました。わたしの場合、人生後半で学んだ「思いやり」で発した言葉が要らぬ誤解や感情を害したなどと言ったこと...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[2]

主観・客観と目配り・気配り      ・思いやりについて-2.(主観)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用            主観図前記の私見投稿-[1]では、社会で起きている様々なネガティブなことを記しましたがブレない確りとした主観を備えた活動や結果として現れている人について載せます。主観を備え持ち活動し、結果を出している人[それは、実際に出会った人、様々なプロの世界で活躍している人、人の上に立つ人など]...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[1]

主観・客観と目配り・気配り・思いやりについて-1.お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※今回の私見投稿シリーズの内容を投稿は以前から載せるか、否か かなり迷いがありましたが、まもなく人生の節目を迎えること、 また、加齢のためか五感障害を感じるようになり思い切って投稿します。 お読み頂く際、記事の殆どは私なりの見解で載せます旨を御承知下さい。 ☆主観・客観・目配り・気配り・思いやり・心配りの関連記事-抜粋〇思...

catalog image

サービス業(おもてなし)のお辞儀

接客業(もてなし)のお辞儀  ※人の真似やネットの動画で学べないポイントと心を記しました。お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「三味一体」の心を表わし伝えるお辞儀三位一体のお辞儀には、おもてなしならではの【その時・その場・その人】の意もあります。※貴方だけのひと味違った個性的なお辞儀で心を表わし伝えましょう。【素敵なお辞儀、仕草】背筋を伸ばし、優しい視線と笑顔で、物品の受渡の時は両手(左手~右手の順)でする...

catalog image

♯コミュニケーションと【目の表情】

目に感情と心が表れる大切な人や仲間とのコミュニケーションには、触合うその人の目(お客様・相手)の感情や心と身体の状態を目(視線)から素早く察知し言動に移すことは社会生活・サービス業・《おもてなし》に必須です。また、【心眼】とも言われるバーチャルなことも、視覚と五感が必要です。(≒個々の持つ感性)相手の気持ちを察知するには、『立場転換意識』=【客観意識≒顧客目線で思考する】ことも必要です。「目は口ほどに物を...

catalog image

傾聴時の心得

話しを聴く時の心得お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用傾聴の「聴」の文字は、耳偏と悳で構成されているですが、私見ながら敢えて、耳・十・目・心で組立てられている、と解します。その中の【十】の文字の意味は、以下のような仏教の10徳目であると考えます。傾聴時に、このようなことに照らし合わせながら会話すると色々なことに気付きます。【仁】人を慈しみ愛し、思いやる心で聴く【義】正義を貫く意識で、人道に従い、道理に...

catalog image

人的付加価値で売上UP-10. 当たり前

「当たり前」のレベルアップお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用お客様と店舗・自社の「当たり前」を見直す為に、お客様と店舗・自社の「当たり前」の応対と商品をお客様ファーストになっているか?を見直す為に、先ず現在の自店・自社としての「当たり前」の基準の取組み意識と実際現場の活動を観察し知ることからスタートしなければなりません。その為に、店舗(会社)と一人ひとりの「当たり前の基準」のレベルアップ、意識改革こそ...

catalog image

人的付加価値で売上UP-8. 目配り&気配りの実践

目配り&気配りの活動(飲食店用)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※以下の項目以外にも、地震などの自然災害時・火災時・人災時などの事象関連、  病人・子供・老人・身体障害者、不審者などへの対人関連、この両方に対する項目も必要です。1. お客様と目が合ったら何か一言(声)をかけられる2. お客様のお顔を覚えられる3. お客様のお名前を覚えられる4. お客様の癖や仕草を覚えられる5. 客席の適度な巡回・観察行動が出来る6. お...

catalog image

人的付加価値で売上UP-7. 「観察」と「目配り」の実践

プロのアンテナを張るお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用「観察」と「目配り」の活動-抜粋1. お客様の来店目的をいち早く知ろうとするアンテナを備えて行動する2. お客様の特長や仕草を覚えるよう観察や目配りをする3. お客様の言動に合わせて接客応対する4. お客様の現在の精神的、肉体的状況を察知する5. お客様の置かれている公私の立場や環境を察知する6. お客様の召上り物(飲食物)とその順序を覚えられる7. お客様の召上り物(...

catalog image

人的付加価値で売上UP-6. 実践-顧客ファースト

顧客(お客様)ファーストの実践お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用お客様には、顔と同様夫々異なった『心』(≒個性的な感性)があります。お客様とスタッフの心の通い合いは、人とお店の「心の礎」です。お客様ファーストの実践は、認める、立場転換、覚える、変化を読む、礼節を弁える、洞察力、といった意識を常に磨きながら、おもてなしや接客をすることです。実践項目-抜粋[採点]自信有・良く出来る=3/大体出来る=2/一部出...

catalog image

人的付加価値で売上UP-5. 従業員

従業員ファースト-E.S.お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用個人以外の会社やお店は、何らかの形で従業員やスタッフ即ち感情や心を持つ「人」に支えられ成り立っています。大切なお客様(顧客)に充分なC.S.(顧客満足)を与えるにはE.S. (従業員満足)が欠かせません。そのために経営者は、「従業員ファースト」意識を以って、三現(現実・現場・現物)を顧客と従業員の目線で注視する必要があります。当然このような活動は、売上UP、お店や組...

catalog image

人的付加価値で売上UP-4. 認める

「対人ファースト」相手を認める活動「自分のためより、誰かのために」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人と人の触れ合いや接客・おもてなしに欠かせないのは「承認欲求」を満たし、安心感を芽生えさせる、「認める」ことを伝える態度・言葉です。その活動は、何らかの形で戴いた御縁を育み己の心を豊かにしてくれます。サービス業では、顧客確保やリピーター作りに欠かせません。この「認める」(≒見留る)活動と「承認欲求」については、今迄...

catalog image

人的付加価値で売上UP-3. お客様ファースト

「お客様ファースト」の心でお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用お客様のことを第一に考え行動するこのお客様ファーストの活動は、どのような業態であっても提供する側になくてはならないもの大切なものです。そしてその活動は業態によって様々に変化して、提供されます。基本は、お客様を思いやる心と商品・その人を引立てる様々なおもてなしの心と実際にそれを表現伝達する各々の業態にマッチした様々な感性豊かで個性のあふれる個々...

catalog image

人的付加価値改革で売上UP-2. レディーファースト

レディーファースト(≒アフターユー)の意識  ≒紳士力・大人力・利他力(思いやり)・奉仕力・ホスピタリティー力(もてなし力)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用相手や大切な人を立て、尊重する意識や仕草さにレディーファーストがあります。その例として、写真右のように男性が車道側を歩くことで、事故や危険から女性を守り安心安全の意識を生むこと、服装から女性は、座る時に椅子座る時男性が椅子を引いてあげる、などがあります...

catalog image

人的付加価値改革で売上UP -1.

〇固定客・定着率を上げるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用1.おもてなし・接客力の意識改善 【顧客ファースト】の意識※このブログの内容においての「ファースト」は、意識(心の持ち方・姿勢)です。 従って、主義主張の「○○第一主義」という意味は強くありません。サービス業に従事する人の心は、人間の顔と同じように多種多様で就業動機・志・目的意識や取組み姿勢も人によって様々です。現在のように、食や飲物についての多方面...

catalog image

お客様を覚える

プロの記憶力お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用如何なる時も高感度の「アンテナ」を張り覚える覚えるとは、五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)で得られる過去の刺激を脳内に記録することです。即ち、生まれてからの行動や経験を知識として頭脳に記録することを指します。その為に、自らのアンテナの精度を上げ、感度の高いアンテナを張り巡らす必要があるのです。覚えることで、生まれる様々な意識、感情、感動は人間関係の「元点...

catalog image

来店時のおもてなし

来店時に、お客様が感じるおもてなしお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用お客様の目線で自分達の接客・おもてなし、商品、店を省みる1) 入口に案内出来るスタッフが居る・客として認められた(来たのを分かってくれた)・依頼心が生まれる(案内してくれるだろう)・挨拶で心が和む・来店主旨を伝えられる・安心感が生まれる(席を探さないで済む) ・案内係へ依存心が生まれる・要望(席、個室、喫煙など)を伝えたい・期待感が生まれる2) 心...

catalog image

おもてなしは聴器(きき)上手

"おもてなし"に不可欠な「キ・ク」ツールお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「話し上手は、聞き上手」と古より言われています。お客様や大切な人を、おもてなしする際にいつでも心掛けたいのは「おもてなし上手は聴器(キキ)上手」ではないかと考えています。「聴器」などと言う熟語は存在しませんが、敢えて当て字の「聴器」にした理由は、「聴」と言う文字を、大切な方、或はお客様の声を耳と悳とで構成されていると解釈し、直き心...

catalog image

人と繋がる傾聴力

傾聴力の実例と効果お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間関係を育む豊かな傾聴力、• 察知力・洞察力が身に着けられる• お互いが理解し合おうとする心を持てるようになる• 相手の精神状態、コンディションを会話内容から汲み取る力が付く• 相手や大切な人のために、信念や勇気を持てるようになる• 話を傾聴することから、相手や他人のために役立つことを考えられるようになる• 人の嫌がること...

catalog image

サービス業・プロに必要される心とスキル-1.

 おもてなし、接客・接遇のプロの人的スキル (1)                     (Professional Humane-Skill) お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用   [評価診断サンプル] 有=〇・無=✖?=無記入(空白)又は、 有る=2./少しある1./無=0.〇心(マインド)&スキル 1.[ ] 愛情(人・仕事・国・社会・自然) 2.[ ] 各語彙(おもてなし≒ホスピタリティ・接客・接遇)の理解力 3.[ ] 奉仕力(≒利他・愛他・お世話...

catalog image

「観察」と「目配り」(飲食向け)

目配りの原点「観察・察知」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用おもてなしの行動(観察)それぞれの項目には、各々の店舗独自のやり方があると思われます。また、答の出せる項目から徹底することに着手することをお勧めします。個々人の特長を生かしながら、自然に出来るように心掛けましょう。1. お客様の来店目的をいち早く知ろうとするアンテナの精度を上げ行動する2. お客様の特長や仕草を覚えるよう、観察や目配りをする3. お客様...

catalog image

サービス業プロ、人付き合いの上手な人の共通点

 アンテナを張り巡らし、覚えるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用おもてなし、接客や接遇のプロは、お客様様々な情報を覚え、細かな記禄として持っています。この覚えるという活動は、人との繋がりや普段の人付き合いにも欠かせません。【覚える項目】  有=〇/ 無=×/ どちらとも言えない・解らない=? で[ ]内に記入。 1.[ ] お客様それぞれに合ったアブローチ法を覚える2.[ ] 店内外の現況を把握し、覚え、接客応対...