catalog image

利他の心「無財の七施」

「モノ」と「コト」から生まれる感動お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本の「あもてなし」には、あらゆる「モノ」を以って、その主人のもてなす心である「コト」を、客と共に通わせ合い、それを成すという利他の意味があります。このもてなしには姿形として目に見えるものと言われている「モノ」と、決して目に映ることのない心や意識を指し示す「コト」とがあります。その「コト」は歌舞伎の舞台で言うと、「黒子の心」を以って表現...

catalog image

「仁」の心を知る

 「仁」を紐解くお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用以前放映されたテレビ映画「JIN‐仁」は、現在でも世界中で沢山の人達に多くの感動を与え続けていると聞いております。どうしてそんなに人の心を動かすのでしょうか?それは、世界中の人々に「仁の心」が伝わるからではないかと思われます。私見ですが、この『仁』の文字を【二人の人】と解します。即ち、一人称の自分と二人称の他者が対象の対人関係力の一つであると考えます。ま...

catalog image

自己表現&克己復礼

利己・自己顕示と現代社会お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本では、21世紀になって、人前で堂々と化粧をしたり、電車やバスの中で食事をしたり、多くの人達が通行する公の場所で目的もなく、しゃがみこむ人が目に付きます。「どんなことをしようが私の勝手でしょう」、「公道だから、俺の自由だろ」などと、その人達は思っているのでしょうか。このような利己的で自己中心の行為は、礼を重んじる日本人の振る舞いとは言えない...

catalog image

八風の戒め

日蓮『八風の戒め』(仏教学びのメモより転載)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用八風とは、利・衰・毀・誉・称・譏・苦・楽のそれぞれの人の心に吹く風を指します。日蓮大聖人は、「賢人は八風と申して八やつの風にをかされぬを賢人と申すなり。」楽なり。心は利有るによろこばず、をとろうるになげかず等のなり。此の八風にをかされぬ人をば天はまほらせ給ふなり。」(四条金吾殿御返事)と、四条金吾に対してお手紙を認(したた)めら...

catalog image

『礼』と『仁』

「仁」を「礼」に生かすお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現代社会は、『礼』が疎かになっていると感じられることが様々な処で見聞きします。例えば、目上の方や上司との会話で、腕組みや足組みをして聞いていたり、目上の方への承諾を「了解しました」と返事をしたり、喪中なのに「新年おめでとうございます」と言った挨拶言葉を平気で使ったり、目上や教えを受ける人に「参考に成ります」と平気で話したり、教えて貰うだけでその...

catalog image

『仏教の教え』と「にんげん力」

思い遣りの心『無財の七施』お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私達は行き先の見えない社会環境の中に在り、古より伝わる素晴らしい日本の文化を、【温故知新】の心で見直す必要があります。その一つは、お釈迦様の仰っている「仏教の教え」であると考えます。いつの世でも、人は自分を含め誰もが幸せに成りたいと考え、そして願っています。本当に幸せに成りたければ、日々幸せの種を蒔き続けねばなりません。幸せの種の一つ、「思...

catalog image

一隅を照らす

一隅を照らす「実践3つの柱」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用年に一度の年の瀬だからこそ、自らの行いを振返って見ましょう。【天台宗一隅を照らす運動】より転載 1.生命 私達は人間に生まれたことにまず感謝し、先祖や両親から受け継がれてきた生命の中で生かされていることを自覚しましょう。 そして未来に生きる子供達のために、私達は先祖によって培われた正しい人間のあり方を伝えて行きましょう。 また、大自然のあらゆる恩...

catalog image

お釈迦様の教え「八正道」

実践徳目の「八正道」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用お釈迦様が最初の説法で説かれた八種の実践徳目の「八正道」で今年一年の自分を振返って見ましょう。自分と真摯に「向き合う」ことは成長の源です。 【正見】 自己中心的な見方や、偏見をせず中道 (一方に片寄らない、真ん中という意味ではなく、 その時々の真理の条件・立場に合った最善の方法)の考え方の見方をすること。 【正思】 自己本位に偏らず、真理に照らし物事を考...

catalog image

「知恩・報恩・恩送り」

受けた恩は心に刻み、かけた情けは水に流すお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用古より、日本人は受けた恩や情けについて意識が高い国と言われています。そこで、「恩」について記してみることにします。※「恩」とは、めぐみ、いつくしみのこと。自分が恵みを受けていることを自覚することを「知恩」と言い、また、恵みに報いることを「報恩」誰かから受けた恩を、自分は別の人に送ることを「恩送り」と言います。そしてその送られた人...

catalog image

仏教「十の徳目」は日本人の原点!

心を養い育む「十徳」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本人の心の原点とも言える仏教の十の徳目をまとめてみました。仁・・愛。人を思いやる心。慈しみ。最高の徳   身近な家族→親戚→社会 と、近くから遠くへと秩序立てて広める。義・・正義を貫く心。善悪、正邪、真偽。人道に従うこと、道理にかなうこと。    仁を広める形。親への孝、兄や年長者への悌、君主への忠、社会には礼。これが道義・正義。礼・・敬意を表す心...

catalog image

「気」と「心」

心遣いと気遣いの違いお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用目配り、気配り、心配り、手配り、身配りの五配りと気遣い、心遣い、気働きは、日常の人との触合いは勿論、人の付加価値が大切な、おもてなしや接客接遇に欠かせません。或る時に、日本料理店で接客の仕事をしている方から、『心遣いと気遣いの違いは何ですか?』と、質問されました。「それは<心>と≪気≫の持つ意味を知ることです。<心>は、言うまでもなく、人として誰も...

catalog image

学び、修める

学びの修得 お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用私達は、日々生かされ、生きていると数多くの学びや言葉に出逢います。ましてや溢れるばかりの情報社会の現在、己を知り、認め、その器にあった学びを選択し、我が身に修めつつ、自らの生き様に活かす。それこそが、自らの心に生かされた「真の学び」だと解します。...

catalog image

己の「心・技・体」

「五現」と「五原」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用◇自分を知り、認める為の「五現」と「五原」◇己の心・技・体を知り、認めるために、一般社会で三現主義【現場・現物・現実】の三つの現と共に、【現況(認識)・現状(認識)】 の二つの現は、決して切り離すことが出来ません。同時に、【原義・原点・原因・原則・原理】の五要素で己の心・技・体を診ることも大事です。このことを私見ながら「五現」と「五原」と、表現します。★【...

catalog image

利他心と仏教の教え

「四苦八苦」&「八正道」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用おもてなしや接客業に必要とされる人として大切な心や思いやりや利他心を学ぶ過程に於いて仏教、儒教やキリストの素晴らしい教えに触れなければなりません。以下の「四苦八苦」や「八正道」も、人として大切で必要な学びだと解します。私は、利他心を学んだ頃より、八正道の中で特に「正語」「正行」に心掛けるようにしております。※以下、「仏教の教え」と「天台宗一隅を...

catalog image

克己心を育む

克己力を身に着けるお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用己に打ち克ち、克己利他や克己復礼の心を育むためのシートです。 【使い方】 イ)自分自身を次の内容でチェックしてみる。 ロ)必要性ランクと必要性を選択してから、自分に必要な項目を拾い出す。 ハ)その項目を優先順位や重要度別にカスタマイズする。 ニ)カスタマイズした項目に習得期限を付ける。 ホ)自分のオリジナルなシートを作り、チェックする日程を決め行う。1. ...

catalog image

『克己心』

克己は利他心の礎お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「己に克つ」と言うこと世の中で成功している人は、必ずと言っていいほど強い克己心を持っています。そしてそれは、人として大切な思いやりとも言える利他心の礎であると思います。『克己心(己に克つ心)』の原点は、自分の力はまだまだ不十分という自覚を持つことです。自分を周りとの比較で見つめているだけだと、この克己心を持ち続けることは困難です。スポーツの世界や勝負の...

catalog image

「足りるを知る」

【知足】を学び知るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私は人生の後半になってから、やっと学び得られた言葉があります。その一つが「足りることを知る」を表わす【知足】(ちそく)です。団塊の世代と言われる私達は(私だけ?)、どうも「足りる」ではなく、「足りない物やこと」即ち「不足」していることばかりを追いかけ、その不足することをどのように補い、修正し、正しく導くかと言うことを柱にして生きて来たように思えます。...

catalog image

生き方を変えた言葉との出会い

我人生に影響した言葉お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用最近特に、今迄生きて来て様々な人に巡り合い、色々な言葉に出合ったことよって生かされ生きていられる己があり、現在の自分自身があると改めて思い知らされています。 その中で、私の心と生き方を大きく変え、今も大切にしている言葉について書いてみます。 若かりし頃は、武者小路実篤氏の 『この道より我を生かす道はなし、この道を行く。』の言葉に支えられ、 中年からは...

catalog image

仏教の教え、ボランティア活動「四摂事」

ボランティアと「自利利他」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用【以下、学びのメモより引用】仏教の教えで、ボランティア活動を「四摂事(シショウジ)」と言います。仏教でのボランティアの根本精神は、自らを生かし、他者を生かすという「自利利他」のことを指しています。この「自利利他」の心を日々持ち続けることは、社会人に限らずサービス業に従事する物にとっても、とても大切な心得であると思われます。この四つの実践法は、「...

catalog image

「仁」を修める

「仁を以って貫く」 お薦め度【★★★★☆ 】全業種、業態用仁の【恭・寛・信・敏・恵】の徳※の実践仁は、主に他者を思い遣る心、即ち「他人に対する親愛の情、優しさ」を意味しており、儒教における最重要な「五常(仁・義・礼・智・信)の徳」のひとつです。また、仁と義を合わせて、「仁義」と呼ばれてもいます。一般人は元より、サービス業に従事する者にとっても、この「仁」の精神はとても大事です。※徳とは、人間性を構成する多...

catalog image

己を指差す

「因果応報」≒「自業自得」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在に至る迄、私は波乱万丈な人生を生き、この二つの言葉に、身にせまされることがあります。せめて、利他の心を以って僅かでも己の過去の罪滅ぼし、今迄無事に生かされ、生きて来られた世の人への恩返しを出来る限りして行かなければならないと思う今日この頃です。その一つとして、誰もが知っていることで「心の礎」となるであろう様々な人としての「心の基礎体力」(≒...

catalog image

一隅を照らす運動

「実践3つの柱」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用この一隅を照らす運動は、仏教の教えです。日本にもこのような素晴らしい教えが多々あります。温故知新の気持ちで、改めて日本の文化を堀座けることで色々な物事が見えてきます。以下【天台宗一隅を照らす運動】より転載 1.生命 私達は人間に生まれたことにまず感謝し、先祖や両親から受け継がれてきた生命の中で生かされていることを自覚しましょう。そして未来に生きる子供達のた...

catalog image

仏教十の徳目「畏」

「畏」「畏れ」 (オソレ)【my学びメモより引用】お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用 「畏怖」「畏敬」という熟語があるように、特に「かしこまる気持、敬う気持」が含まれる場合はこちらが適しています。「神をも畏れぬ行動」などと使います。 仏教では「畏」を、五怖畏(ゴフイ)と示します。それは不活畏、悪名(アクミョウ)畏、悪道畏、死畏、大衆威徳(ダイシュウイトク)畏と言われ、人間が生きていく中での五つの畏れです。 私達は健康で長生きした...

catalog image

「十」の徳目

仏教「十の徳目」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用この十の徳目の内、『仁・義・礼・智・信・忠・孝・悌』の八つは里見八犬伝でも知られています。【以下学びメモより引用】「仁」・・・思いやりの心を持つこと。   ・・・仁義・真実・まこと・誠意。   ・・・慈しみ、思いやり。      人を思いやること、これは内面的なもの。      詰り、気持ちの事を意味しています。   ・・・互いに慈しみ合う姿で義・礼...

catalog image

利他心「先ず、人を思う」

「先ず、人を思う」御心お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用一昨年の震災後に被災地御訪問された時や記者会見時の陛下、妃殿下の態度やお言葉にも「先ず、人を思う」心を窺い知ることが出来ます。この陛下の「先ず、人を思う」心は、思い遣りに利他心に他ならない、と私は解します。そしてこの心は、日本独自の文化である「おもてなし」の表れであるとも考えられます。その「おもてなし」の心の原点とも言える「思い遣り」は自らの心...

catalog image

「一隅を照らす運動」永遠の命

永遠の命お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用引用した下記の文言を読んで、日本人の命とも言える茶道を始めとした日本の数々の文化や芸術品のこと、大河ドラマで篤姫の残した「徳川の時代は終わっても徳川の名は残る」の言葉を思い浮かべると共に、私達は、この日本の命をもっと大切にして 行かなければならないと思いました。「おもてなし」「利他心」は日本の命です。 以下【天台宗一隅を照らす運動】より転載。「人は死んだら終わ...

catalog image

「一隅を照らす運動」繋がる命

リレーされる命お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「一隅を照らす運動」以下【天台宗一隅を照らす運動】より転載。 あるお家で赤ちゃんが誕生しました。「よく生まれてきたね。生まれてくれてありがとう」と、両親を始めとする家族は赤ちゃんを迎え入れ、新しく家族が増えたお祝いをします。生命の誕生という神秘と不思議に一喜一憂した経験を持つ方も多いと思います。 その「生まれてくれてありがとう」という誕生を感謝祝福する気...

catalog image

「一隅を照らす運動」生かされている命

『生かされている命』お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間の取り分(二)『生かされている命』以下【天台宗一隅を照らす運動】より転載。 地球上の生きもの総てはDNAという物質を基本として生きていているということです。詰り、これはあらゆる生物が共通の祖先から生まれた仲間であることを意味し、人類だけでなく地球上の総ての生きものは広い意味でまさしく仲間なのです。 キリスト教の言葉で 「人はパンのみに生きるにあらず...

catalog image

「一隅を照らす運動」命

人間の取り分お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用日本にも、以下のような素晴らしい仏教の教えがあります。日本の文化を温故知新の心で見直してみましょう。生き切る命 [天台宗一隅を照らす運動]より転載自分とはどんな存在でしょうか。何のために生きているのでしょうか。私たちは気がついたらここにいました。気がついたらこの世の人になっていました。 「命」はどこにあるのでしょうか。身体にあるのでしょうか。それとも心にある...