catalog image

素直な心で傾く

 豊かな想像力「プロの傾聴力」 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用傾聴力を高めることで身に着けられる【実例】  察知力・洞察力が身に着けられる  お互いが理解し合おうとする心を持てるようになる  相手の精神状態、コンディションを会話内容から汲み取る力が付く  相手や大切な人のために、信念や勇気を持てるようになる  話を傾聴することから、相手や他人のために役立つことを考えられるようになる  人の嫌がる...

catalog image

傾聴時の心得

話しを聴く時の心得お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用傾聴の「聴」の文字は、耳偏と悳で構成されているですが、私見ながら敢えて、耳・十・目・心で組立てられている、と解します。その中の【十】の文字の意味は、以下のような仏教の10徳目であると考えます。傾聴時に、このようなことに照らし合わせながら会話すると色々なことに気付きます。【仁】人を慈しみ愛し、思いやる心で聴く【義】正義を貫く意識で、人道に従い、道理に...

catalog image

おもてなしは聴器(きき)上手

"おもてなし"に不可欠な「キ・ク」ツールお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「話し上手は、聞き上手」と古より言われています。お客様や大切な人を、おもてなしする際にいつでも心掛けたいのは「おもてなし上手は聴器(キキ)上手」ではないかと考えています。「聴器」などと言う熟語は存在しませんが、敢えて当て字の「聴器」にした理由は、「聴」と言う文字を、大切な方、或はお客様の声を耳と悳とで構成されていると解釈し、直き心...

catalog image

人と繋がる傾聴力

傾聴力の実例と効果お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間関係を育む豊かな傾聴力、• 察知力・洞察力が身に着けられる• お互いが理解し合おうとする心を持てるようになる• 相手の精神状態、コンディションを会話内容から汲み取る力が付く• 相手や大切な人のために、信念や勇気を持てるようになる• 話を傾聴することから、相手や他人のために役立つことを考えられるようになる• 人の嫌がること...

catalog image

傾聴力を顧みる

コミュニケーション&チームワークに欠かせない傾聴力お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用コミュニケーションとチームワークを意識した傾聴力は人間関係に欠かせないスキルです。聴の文字は「耳」へんに「直き心」と書きます、文字通り素直に耳を傾けて会話することが傾聴です。人とのコミュニケーションや仲間との会話は、先ず相手の話を聞く(聴く)ことがスタートです。この聞くこと≒傾聴力が大切だと、誰もが自覚していることだと思...

catalog image

傾聴力チェック

自他の傾聴力を診断する (姿勢・態度) お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「聞き」『聴き』方の良し悪しによって会話やコミュニケーションの度合いが変わります。 と共に、上手い下手が、日常生活、接客接遇仕事上でも信用や信頼に繫がります。 同時に、その人の人格=人現力が表れることを認識しておき、忘れないことです。 会話した相手に、また話してみたくさせる傾聴力を身に着けて、接客接遇の場、おもてなし、 人との触合いに...

catalog image

あなたの傾聴力は?

傾聴力診断【50選】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【採点】良く出来る=4.出来る=3.時々出来る=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.1. 「聞き」『聴き』方の良し悪しで会話やコミュニケーションの度合いが変化すると自覚している2. 相手に、また話してみたくさせる傾聴力を身に着けている3. 「応対」は(=相手の立場を主に考え、相手に応じて受け答えする)二人称との自覚がある4. 「対応」は(=相手の状況に対し、こちらが...

catalog image

傾聴時の意識

傾聴力の修得と心得お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇「聴」と「徳」の文字に隠された心「聴」の部首は耳偏、「徳」の部首は行人偏で、残る右半分の旁(つくり)は全く同じです。あくまで私見ですが、この旁の部分は、人の「十」の「目」と「心」、即ち、仏教の教えである「十の徳目」を指し示していると解します。〇傾聴当たり前ですが会話やコミュニケーションは、「聞く」『聴く』ことからスタートします。人の意見を聞いたり...

catalog image

自らの傾聴力を振返る(2)

傾聴力チェックリスト(姿勢、態度編)お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用【記入採点方法】各項目を①A、Bに分け、次に②重要度を記入した後、下記の③で採点し、1と0の付いた項目は④優先順位を付ける。①A.「聞く」=自分中心、B.「聴く」=相手中心②(重要度)重要=◎・要=〇・随時=△  ③出来ている=3・大体出来ている=2・僅かに出来ている=1・出来ていない=0④優先順位) 最優先=1・優先=2・やや優先=3※(  )内は参...

catalog image

自らの傾聴力を振返る(1)

傾聴力に人間力が表れるお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用人との触合いの会話やコミュニケーションは、『聞く・聴く・訊く』ことからスタートします。同時に必要とされるのが己の心を無にして相手を受け入れる謙虚さです。会話上で、自分の意見を発信するよりも『聴く』ことに重点を置くのは、相手の心を自らが一度は受け入れることの表れです。そうした聞き『聴き』方の良し悪しによって会話やコミュニケーションの度合いが変わり...

人として豊かな「傾聴力」を、備え持つ

「聴くと聞く」は相手を「思い遣る心」でお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人と人との会話やコミュニケーションは、話すことからではなく『聴く』「聞く」ことからです。豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を備えることは、出合い触合う相手への「思い遣り」です。それは最も身近であり、多くの時間を費やす活動でありながら、意外と疎かになりがちです。そして、「聞き」『聴き』方の上手下手が、日常生活や仕事の場でも、会話をするお...

人としての「傾聴力」を、備え持つ

豊かな傾聴力は、「思い遣り」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用人と人との繋がりや結び付き、お付合い、チームワークなどでの会話やコミュニケーションは、話すことからではなく『聴く』「聞く」ことがスタートです。豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を備えることは、出合い触合う相手への「思い遣り」です。それは最も身近であり、多くの時間を費やす活動でありながら、意外と疎かになりがちです。そして、「聞き」『聴き』方の上手...

豊かな傾聴力は、「思い遣り」(2)

好感の持てる「傾聴力」-2.お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※≪キク≫活動には、以下があります。 イ)相手の話・注意・忠告などを「聞く」」「聴く」 ロ)音楽やお客様の声、心の声を「聴く」 ハ)判らないこと、知らないことなどを「訊く」B.顔の表情 ※夫々の≪キク≫に該当する文字、「聞く」「聴く」「訊く」を当て嵌めながらお読み下さい。 1. 笑顔や引き締まった顔など、会話内容に合わせた表情で≪キク≫ 2. 相手の表情に合わせ...

catalog image

豊かな傾聴力は、「思い遣り」(1)

好感を与える「傾聴力」-1.お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を持つことは、触合う相手への「思い遣り」です。人と人との会話やコミュニケーションは、「聞く」『聴く』ことから始まります。それは最も身近であり、多くの時間を費やす活動でありながら、意外と疎かになりがちです。そして、その良し悪しによって会話やコミュニケーションの度合いが変化します。また、「聞き」『聴き』方の上手下手が...