catalog image

道徳意識を顧みる!

道徳教育と【心の礎】~親として自ら実践しているか?~現在義務教育の場で「心のノート」として教えられている下記のことがあるそうです。以下【心のノート】から引用小学校から中学校を通じて、身に着けるべき四つの柱に基づく内容項目が学習指導要領で挙げられている。※「徳目」「価値項目」と言われることと、学習指導要領上「内容項目」として〇主として自分自身に関すること低学年・健康・安全。物や金銭を大切にする。整理整頓。...

catalog image

私たちのモラルとマナーを見直そう!

新型コロナウイルスは私達に何を?知らせたいのか!今、新型コロナウイルスが国内に広がりつつあり、大きな驚異となっています。今迄、我が国に、何らかの形で災いが降りかかるのは何らか?理由があるように思われてなりません。私見ながら、今の日本の社会は、個人中心に動き過ぎ、日本人らしさとも言える「和の心」や他人を「思いやる心」が薄れていると受止められる事象・事件が多発し、自分だけの安心安全を優先している個人中...

catalog image

「ルール」と「モラル」の違い!

今、社会に求められるモラル  自ら考え、行動する社会人をどう増やすか? 現代社会(企業)では、量より質の高い人間力を求められ、 自主性、自発性、自立性の高い人物が求められます。 それには、先ず人として、対人関係力「マナー」の基礎となる モラルとルールの意識を確りと持つことが必要とされます。 ◆モラルとルールの違い モラル※2.は、私達ひとり一人が人として備え、 目指すべき心(気持ち)の根底(中心)に存在する...

catalog image

「マナー」は思いやりを表す形!

社会人の「心と行動」-マナー マナーの本質は「他者を気遣う」ことでると解します。また、マナーは、「仁」の表現であると解し、利他の心を以って万人を慈しみ、愛し思いやりの心であり、同時に利己的な欲望を抑えて礼儀を執り行なうことです。大きく捉えると日本古来の「おもてなしの心」ではないかとも考えられます。日本の社会は、過大とも情報に満ち溢れたスマホ社会になり、独りで楽しもうと思えば色々なジャンルで楽しめる...

catalog image

モラル・マナー・礼儀と調和

モラル、マナー(躾)、礼儀を見直す(調和の認識)この記事は、『誰よりも愛し、大切にしている自分を見失わないで欲しい!』そんな想いで記しました。「世界中が日本の文化、日本人の素晴らしさを認め賞賛しているのに、日本人はその良さを失いつつある、それを若者たちに気付いて欲しい」と、世界で一番貧しい大統領と言われ親日家である元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏も訪日の際に多くの場で話されています。現代社会は、自己保身...

catalog image

"正しい判断"?

"正しい"と言う判断基準※今話題になっているお笑い芸人の皆さんが務める会社の責任者の 判断や対処の仕方の問題もこの正しい判断の有無が問われています。現在の民主主義の社会制度は、人によって『正しい』と思うことは人それぞれが違うというのを大前提にして作られているそうです。古から正しいと決られている物事や全員が正しいとされていることが『正しい』のであり、「自分が決めたから正しい」「自分が正しいと思うから正...

catalog image

にんげん力とモラル

にんげん力とモラルの関係お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用●モラル(倫理・道徳)観(≒社会的意識・活動)モラルは人としてやるべきこと、やってはいけないことを分別する品性です。社会では責任ある立場の人の倫理道徳観の欠如による不正汚職などもあります。今後、倫理道徳観は益々重要なファクターとなってくると思われます。〇「にんげん力」人間力の原点 漢字の「人間」の元となる要素を、ひらがなの「にんげん」と捉え『人間の保...