catalog image

社会人としてのモラル・倫理(道徳)?

道徳・倫理の原義とモラル先ず、両者に共通するのが 「人として行うべき社会的に正しい行為の基準」です。 「道徳」は考える余地のない社会規範であり、「倫理」は考えた後での自己規範。「道徳」が先にあり、後で、相手との関わりの中で矛盾が起きた場合に、それを解決する為に考え、自らの判断を規範とするのが、「倫理」であると解します。また、倫理には大きな意味が含まれて、倫理は「社会的な行動の規範となるもの」を言い、...

catalog image

「マナー」は思いやりを表す形!

社会人の「心と行動」-マナー マナーの本質は「他者を気遣う」ことでると解します。また、マナーは、「仁」の表現であると解し、利他の心を以って万人を慈しみ、愛し思いやりの心であり、同時に利己的な欲望を抑えて礼儀を執り行なうことです。大きく捉えると日本古来の「おもてなしの心」ではないかとも考えられます。日本の社会は、過大とも情報に満ち溢れたスマホ社会になり、独りで楽しもうと思えば色々なジャンルで楽しめる...

catalog image

「ルール」と「モラル」の違いは!

 今求められるモラルの確立 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  自らの頭で考え、行動する社会人(従業員)をどう増やすか? 現代社会(企業)では、量より質の高い人間力を求められ、 自主性、自発性、自立性の高い人物が求められます。 それには、先ず人として、対人関係力「マナー」の基礎となる モラルとルールの意識を確りと持つことが必要とされます。 ◆モラルとルールの違い モラル※2.は、私達が人として備え、目指す...

catalog image

モラル・マナー・礼儀と調和

モラル、マナー(躾)、礼儀を見直す(調和の認識)この記事は、『誰よりも愛し、大切にしている自分を見失わないで欲しい!』そんな想いで記しました。お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「世界中が日本の文化、日本人の素晴らしさを認め賞賛しているのに、日本人はその良さを失いつつある、それを若者たちに気付いて欲しい」と、世界で一番貧しい大統領と言われ親日家である元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカ氏も訪日の際に多くの場で話さ...

catalog image

人間の「軸」と「礎」

心の「軸」と「礎」?お薦め度【★★★★★】全業種、業態用〇個々人の人間力≒心の「軸」と「礎」「心の軸」と「心の礎」は信頼され、愛される人間力の源です。最近数多くの文献やネットで見聞きする言葉に「心の軸」と言う言葉があります。現代社会は、有り余る他人や情報に翻弄され易くなっていると思います。大切なのは、他人や情報に惑わされない自分の中の「心の軸」を持つことが、必要だと思います。その為には、自分の中に、自分...

catalog image

マナーとモラルを理解する?

モラルとマナーを身に着けるキチンとしたマナーを身に着けるには、大人として必要とされる「しつけ」を備え同時に、社会人としての常識を弁え「ルール≒コンプライアンス」を遵守することが不可欠です。これを「モラル」と言います。○モラルは、常識力に不可欠モラル(Moral)は、「道徳・道義的な」「教訓」などを意味する英語から来ています。大きく捉えると、現実社会や実際に生活をする上での態度や気持ちの有り様を言い、「マナー」...

catalog image

にんげん力とモラル

にんげん力とモラルの関係お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用●モラル(倫理・道徳)観(≒社会的意識・活動)モラルは人としてやるべきこと、やってはいけないことを分別する品性です。社会では責任ある立場の人の倫理道徳観の欠如による不正汚職などもあります。今後、倫理道徳観は益々重要なファクターとなってくると思われます。〇「にんげん力」人間力の原点 漢字の「人間」の元となる要素を、ひらがなの「にんげん」と捉え『人間の保...

catalog image

道徳の実践-親の背中

道徳教育から振返る【心の礎】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用~親として自ら実践しているか?~現在義務教育の場で「心のノート」として教えられている下記のことがあるそうです。以下【心のノート】から引用小学校から中学校を通じて、身に着けるべき四つの柱に基づく内容項目が学習指導要領で挙げられている。※「徳目」「価値項目」と言われることと、学習指導要領上「内容項目」として〇主として自分自身に関すること低学年・健康・...