catalog image

日本人らしさを認識しよう

何故必要なの?「思いやり」の拡散!今私たちの住む日本は、毎年のように地球温暖化により度重なる自然の様々な脅威に見舞われています。生社会活では少子高齢化社会となり、様々な格差が広まっています。そして、今、新型コロナウイルスの脅威に晒されらされています。周りの人と個々人を守るための活動(モラル・自粛)をしています。日本は、憲法により外出や活動禁止がされず人間性(人としての尊厳)を重んじ個々の判断に委ねられ...

catalog image

日本の心-他人を「思いやる心」

Nippon人力「思いやる心」※この記事の内容は、体験や学びから得たことを私見で書きます。今、社会で問題となっている様々な事象を元から解決するために、時間が掛かってもひとり一人がNippon人力「思いやる心」を修得しましょう。思いやりの心溢れる「和」の日本人!日本独自のおもてなしやホスピタリティ活動の本質は、他人を思いやる心を表現することであると考えます。その「思いやる心」の大きな柱となっているのが、以下の「...

catalog image

新型コロナウイルス菌の脅威

危機管理(新型コロナウイルス)  日本の国難に対峙する今、求められる“ウイルスの脅威の自覚と個々人のモラル”自粛は何故?指示ではなく要請なのかこの度の新型コロナウイルス菌に拠る被害は全世界に広がり多くの死者が出ており、経済活動にも多大な影響を及ぼしています。世界各国の多くが自宅待機や行動指示を出している中、私達の住む日本は、このような、国難とも言える事態の時、行政機関(自治体)は国民に対し何故、指示では...

catalog image

日本人らしさ-モラルと倫理(道徳感)

日本人・社会人のモラル・倫理この度の新型コロナウイルス菌の拡散(クラスター)防止のため国内と多くの自治体で自粛要請が発しられました。今こそ世界が認める「日本人らしい和の心」を発揮し行動しましょう。この日本人独自のモラル・倫理に共通するのが 「人として行うべき社会的に正しい行為の基準」です。 「道徳」は考える余地のない社会規範であり、「倫理」は考えた後での自己規範と言える。「道徳」が先にあり、後で、相手...

catalog image

日本人らしさ( 国民性)の再認識

苦難の時こそ、日本人らしさを自覚しよう!全世界がコロナウイルスの驚異に晒され、尊い命が失われています。このような時こそ日本人らしさ(国民性=#Nippon人力)を再認識し苦難に備えましょう。1. 人の目、思惑を気にする ① 「他人の思惑が気になる」≒見栄っ張りである ② 「他人の目が気になる人」 ③ 「他人の視線が気になる人」 ④ 「他人の噂が気になる」  ⑤ 「他人の評価が気になる」2. 道徳観念は恥を重視する(恥の文化・...

catalog image

日本人の心「礼」

心を尽くす活動-『礼』今の社会は、『礼』が疎かになっていると感じられることが多く見聞きします。例えば、喪中なのに「新年おめでとうございます」と言った挨拶言葉を平気で使ったり先人への節度の無い言葉使いや無礼な態度だったり教えを受ける人に「参考に成ります」と平気で話したり教えて貰うだけでその経過を返さなかったりすることを成さない大人が増えていると思われます。即ち、利己的な『礼』を尽くさずとも生きていら...

catalog image

私達、日本人の「心の礎」は!

日本人の「心の礎」を認識するA.家庭内今私達は、新型コロナウイルスの驚異による感染拡大の不安、それに依る様々な経済活動の落ち込みによる不安の中に在ります。また、少子高齢化社会に入り震災復興や2050年問題と言われる様々な苦境に直面し、重要な【ターニングポイント】に面していると強く認識しております。私達の社会環境は情報やものが満ち溢れていると共に、物凄いスピードで様々な変貌していると感じます。日本の社会環...

catalog image

和顔和心(ワガンワシン)

和の心を和やかな顔を以って!日本の心として古より国民に周知されている「和を以て貴しとなす」(聖徳太子)の文言があります。※解説←学びのメモより 人々がお互いに仲良く、調和していくことが最も大事なことであるという教え。 聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉。 『礼記』には「礼は之和を以て貴しと為す」とある。 「和」の精神とは、体裁だけ取り繕ったものではなく、 自分にも人にも正直に、不満が...

catalog image

#日本人の 「心の軸」

日本人の 「心の軸」!世界から注目される日本人の「和の心」の自覚日本人の心の原点「和を以って尊しと成す」日本人は古より、自らが遜る心を備え持ち、「人を許し、人を生かして、共に調和して生きようとする心」を備え持つ国民性があると世界から認められています。また一方で、「和」と「輪」「環」即ち「調和」を重視するばかりに「曖昧」になると言う弊害もあります。この「調和」は、目的を同じくする様々な集団を一体化し...

catalog image

表無し「モノとコト」の実践スキル

「モノ」と「コト」-実践スキルの解説【実践スキル項目】行動力・・・今何を成すべきかを認識し、実行に移す積極性・・・客人に進んでアプローチお世話をする力判断力・・・今一番必要なことを素早く察知し、実行に移す感謝力・今ここにある幸せに気づきそれに感謝する。(日常上の幸せを見出し感謝する)共有力・・・必要とされる客人や仲間などの知識や情報を共同して持つ力共感力・・・他人の意見や感情などにその通りだと感じ取れ...

catalog image

今日から春の彼岸-解説

#彼岸の由来今日は、彼岸の入り、彼岸の解説を載せます。彼岸は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各七日間(年計14日間)。この期間に行う仏事を彼岸会(ヒガンエ)と呼びます。最初の日を、「彼岸の入り」、最後の日を、「彼岸明け」と言い、彼岸の中日には、先祖に感謝し、残る六日は、悟りの境地に達するのに必要とされる六つの徳目「六波羅蜜(ロクハラミツ)」を、日に一つずつ修めることを成す日と言...

catalog image

「先ず、人を思う」-日本のおもてなしの心

「先ず、人を思う」心-思い遣り先年平成天皇(上皇)が病後にも係らず60年ぶりに英国王室を御訪問され帰国なされました。陛下(上皇)は幼少の頃から「先ず、人を思う」ことを、師の小泉信三氏から教えられたそうです。前の訪英は大戦後間もない時期では英国人の対日感情は決して良くなかったそうです。その時行われたチャーチル首相との昼食会で、陛下(上皇)の「先ず、人を思う」お言葉が出席された方々の心を動かし、その結果とし...

catalog image

日本人の心-侘び寂び

「侘び寂び」の心と気遣い日本人みんなが生まれながらに備え持っている価値観、「相手に喜んでもらうために心を尽くす」「おもてなしの心」と侘び寂びの心の表れである「気遣い」の習慣が、おもてなしの国日本と言われ、「クールジャパン」と海外から称され、世界に誇れる独自の文化です。『ディズニーと三越で学んできた 日本人にしか出来ない「気づかい」の習慣』の著者、上田比呂志さんは、その著書で「日本には、ディズニーを...

catalog image

一羽の折鶴に「一期一会」の心を

一羽の折鶴におもてなしの心を一期一会の「一期」とは一生という意味、「一会」とは一度の出会いという意味です。この出会いを大切にする心は、出会ったその場、その時、その人々と共に創り上げる空間で繰り広げられる会話や様々なコミュニケーションに生かされ、お茶会で茶を点てる亭主はおもてなしの心や出合った方を思いやる心で更により良い出会いの場を演出し、その場に集まった人達の人間関係を紡いで行くと言うことです。即...

catalog image

貴方の「おもてなし」の心(マインド)診断

おもてなしの心(マインド)-診断おもてなしの心(マインド)の持ち主は、触合う相手に求められ、望まれる前にその相手の心が察知出来、それを自発的且つ積極的な言動や態度に移せ(一歩踏み込んだ言動)、人(お客様)に満足感の提供=C.S・C.Dの心の出来る持ち主のことであり、それを実行に移せる人のことを指し、相手が興味を持ち、魅力を感じないことは「おもてなし」ではありません。「もてなし」のマインド診断-【抜粋】記入【...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(9)-和の心

日本人の心の原点「#和」新たな元号「#令和」になりました。日本人の心「#和」を一人でも多くの方に日本人として理解して頂けたらと思います。古より、日本人の心を表わす精神は、「和の心」であると言われます。この和の国日本の精神の特徴と言えるのは、自然環境(エコ)を重んじた共存共栄、調和の精神です。倭人と言われたかつて日本列島に住みついた人々は、小さな「環」即ち環濠集落を作り、分立していました。その小さな集落...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(8)-日本人の特質-断る勇気

#Nippon人力の体得-「断る勇気」  ※【#Nippon人力】 世界中から賞賛されている#Nippon人ならではの♥心♥を言い表す自作の語です。 古より多くの日本人は、他人の思惑を気にし過ぎ、 気遣うばかりに断ることが苦手な人が多いように思えます。 これは昔から、曖昧さを美徳としている日本の国民性に依ることかも知れません。 日本人ならでは特質は、自己主張が苦手でまず相手ありきを考え、 相手が居るから自分が在るという感...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(7)-日本人の特質

日本人らしさとメラービアンの法則「見た目」・「人の思惑」  私達日本人の大半は、  「人の目が気になる人」  「人の視線が気になる人」  「人の思惑が気になる」  と言っても過言ではないと思います。  同時にこのような日本人の特質からも、 自分自身に対する他者の見方、受け止め方 即ち、意識・思惑を無意識に気にするのは当然です。  最近はあまり使われなくなった、  「外面(そとづら)と内面(うちづら)」 と言っ...

catalog image

日本人らしさ=日本人の特長

#日本人らしさ(Nippon人力)の再認識新元号「#令和」に入る前に日本人らしさを振り返ってみましょう。私達の住む日本には四季のある美しい自然、伝統文化と称される素晴らしい美術品や建造物、歴史のある様々な特産品、花道茶道、先端技術など世界から注目されている様々な独自の文化があります。中でも自然や美しい「#モノ」を素敵だと感じ心を動かす=「#コト」の豊な感性を備えているのは日本人の特質です。古より、日本人の心を...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(6)-日本人の特質(表裏一体)

 表裏一体の自然体に努める 表裏・裏表のある人 表裏のある人、裏表のある人、両者に共通しているのは 「言行や態度と内心(本質)が異なる」ということであると解します。  人の心、性格や能力は、外見だけでは判りません。 人は、多少なり外面と内面が違うのは仕方ありません。 人との触合いも実際に月日(時間)をかけて触合い、 相手の心と心から向き合う体験を重ねなくては その人の本当の姿(本質・実像)は解り得ないの...

catalog image

日本人らしい心と言行=Nippon人力

日本人らしさ-心と言行27日の投稿と重なりますが、新しい元号「#令和」を迎えるにあたりわたしたちは日本人らしさを改めてを見直すと共に人として命を与えられ、生きていられることの認識することは命の大切さ、生きていられる楽しさを見付け出すことに繋がります。【日本人らしさ=Nippon人力】1. 日本独自の「おもてなし」の心がある。2. 相手を大切にし、思いやる心で接しられる。⇔「和を以て貴しとなす」3. 親切で世話好きである...

catalog image

おもてなしの「モノ」「コト」

おもてなしの「モノ」と「コト」日本のおもてなしには、姿形としてリアルに目に見える「モノ」と、目には決して見えない心を指し示す、「コト」とがあります。この「コト」は歌舞伎の舞台で言うと、「黒子の心」で表現する「態度」「言動(所作)」を指します。詰り、お客様相手に接客、接遇する際、お世話や気遣いを影の様に行い、接することなのです。この表に見えない裏の「コト」=心こそ、おもてなしに最も大切だと常に意識しておくこ...

catalog image

余韻のある「おもてなし」❕

心に残る「おもてなし」の余韻心に残る余韻はお迎え時より、見送る時に生まれます。おもてなしや接客のポイントは、お客様が来店された時(お着きになり始めてお会いした時)とお帰りになられる時、共に大切ですが特にお帰らりなられる時がとても大事です。どんなにお店が混雑し、お客様が多くいらっしゃっても、ひとり一人のお客様を心から大切にする心を表わす行為の一つがお見送りです。銀座の一流クラブのママさんや売上制のホス...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(5)-実践項目

<もてなしの実践に必要な項目>※日本ブランドおもてなしには、1.~15.の心とその理解が必要。1.日本の文化歴史を理解する2.森羅万象の中に「ものの哀れ」を感じ取る3.諸行無常を理解する4.一期一会を理解する5.侘び寂びを理解する6.情緒、風情、粋を楽しみ味わう7.和敬静寂を理解する8.表裏一体(裏表無し)を理解する 9.主客一体の心(平等な立場)主客共に相手の嬉しさ、喜びを共有、共感する10.三味一体(人・モノ・店=環境)⇒(三位一...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(4)-「心身の活動」

👪お客様にそっと寄添う-おもてなし「心身の活動」<目配り・気配り・心配り・手配り・身配り・気遣い・気働き・心遣い>💗心構えと心身の活動※ゆとりを持ち、こちらの感情や心の位置などを相手に悟られないようにする ←―さり気なく・何気なく 誠心誠意の心で要望や希望を叶えようとする 「我と汝(=私とあなた)」相手の心の位置を思う、立場転換 相手の心を先読みし、さりげないサポートをする もてなす相手と感性の共有をする...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(3)-設え

「設え」準備)具体的な項目  (心と物め情報など)■海外からの客人の場合-具体例(外国人労働者にも一部該当)1. 相手が主の応対意識と活動(≠一人称の対応) 2. 人数(個人~団体)・年齢・性別 複数人の関係(夫婦・家族・目的=同一か否か・趣味嗜好=嫌いな物など)3. 国籍=言語・国民性・宗教・国の状態・国の情報・立地(距離=所用時間)など4. 来日交通手段5. 居住(エリア)=気候・風習・風土・特産品・観光・建造物・歴史など6. ...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(2)

おもてなしの実践-設え「8W5H」の解説設えになくてはならない知識&情報(予備知識)⇒先ず一番にもてなす客(お客様・相手・客人)情報を得る○報告業務、思考、整理を円滑にする「8W5H」報告業務、思考・プランや物事が5W1Hや6W3Hだけでは整理出来ない日本の社会環境です。そこで、様々なことに対処出来、思考をする為に必要とされるのが「8W・5H」であると考えます。【おもてなしに求められる顧客目線&意識をするこ...

catalog image

日本ブランド「おもてなし」解説(1)

日本のおもてなし-(和のもてなし)○必要とされる知識と心得※予め知識として理解認識しておく項目1. 何故、応対の心を以って為すのか?(日本ブランドおもてなし)2. 応対&対応の心得と違いと実践例3. 日本ブランドおもてなしの由来と歴史4. おもてなしと言われるホスピタリティの原義5. 和を以って、貴しと成す(為す)の意味と実践例6. 和の文字の意味(語彙)と使い方7. 侘び錆びの心と形(所作・実践例)8. 不完全美の理解と実例9. 四...

catalog image

日本人らしい“心の体力”

個人中心社会で求められる💖心の“体力”💖現在の日本では、個々人の生活や安心安全を優先し「見た目の美しさ」「他人の思惑」「対外スキル」利己的な「便利で快適な生活」、「物質・経済的豊かさ」ばかりを意識し過ぎてその対処法を追い求めることに目が行き、自らの大切な心を育むことを忘れがちになると思えてなりません。同時に、次の時代に受け継がなければならない人の【原点】である「人を思いやる心」の育成に、力を注ぐことが...