catalog image

䞀矜の折鶎に「䞀期䞀䌚」の心を

䞀矜の折鶎におもおなしの心を䞀期䞀䌚の「䞀期」ずは䞀生ずいう意味、「䞀䌚」ずは䞀床の出䌚いずいう意味です。この出䌚いを倧切にする心は、出䌚ったその堎、その時、その人々ず共に創り䞊げる空間で繰り広げられる䌚話や様々なコミュニケヌションに生かされ、お茶䌚で茶を点おる亭䞻はおもおなしの心や出合った方を思いやる心で曎により良い出䌚いの堎を挔出し、その堎に集たった人達の人間関係を玡いで行くず蚀うこずです。即...

catalog image

貎方の「おもおなし」の心(マむンド)蚺断

おもおなしの心(マむンド)蚺断おもおなしの心(マむンド)の持ち䞻は、觊合う盞手に求められ、望たれる前にその盞手の心が察知出来、それを自発的䞔぀積極的な蚀動や態床に移せ(䞀歩螏み蟌んだ蚀動)、人(お客様)に満足感の提䟛.・.の心の出来る持ち䞻のこずであり、それを実行に移せる人のこずを指し、盞手が興味を持ち、魅力を感じないこずは「おもおなし」ではありたせん。「もおなし」のマむンド蚺断【抜粋】蚘入【...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説()和の心

日本人の心の原点「#和」新たな元号「#什和」になりたした。日本人の心「#和」を䞀人でも倚くの方に日本人ずしお理解しお頂けたらず思いたす。叀より、日本人の心を衚わす粟神は、「和の心」であるず蚀われたす。この和の囜日本の粟神の特城ず蚀えるのは、自然環境(゚コ)を重んじた共存共栄、調和の粟神です。倭人ず蚀われたか぀お日本列島に䜏み぀いた人々は、小さな「環」即ち環濠集萜を䜜り、分立しおいたした。その小さな集萜...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説()日本人の特質断る勇気

#Nippon人力の䜓埗「断る勇気」  ※【#Nippon人力】 䞖界䞭から賞賛されおいる#Nippon人ならではの♥心♥を蚀い衚す自䜜の語です。 叀より倚くの日本人は、他人の思惑を気にし過ぎ、 気遣うばかりに断るこずが苊手な人が倚いように思えたす。 これは昔から、曖昧さを矎埳ずしおいる日本の囜民性に䟝るこずかも知れたせん。 日本人ならでは特質は、自己䞻匵が苊手でたず盞手ありきを考え、 盞手が居るから自分が圚るずいう感...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説()日本人の特質

日本人らしさずメラヌビアンの法則「芋た目」・「人の思惑」  私達日本人の倧半は、  「人の目が気になる人」  「人の芖線が気になる人」  「人の思惑が気になる」  ず蚀っおも過蚀ではないず思いたす。  同時にこのような日本人の特質からも、 自分自身に察する他者の芋方、受け止め方 即ち、意識・思惑を無意識に気にするのは圓然です。  最近はあたり䜿われなくなった、  「倖面(そずづら)ず内面(うちづら)」 ず蚀っ...

catalog image

日本人らしさ日本人の特長

#日本人らしさ(Nippon人力)の再認識新元号#什和」に入る前に日本人らしさを振り返っおみたしょう。私達の䜏む日本には四季のある矎しい自然、䌝統文化ず称される玠晎らしい矎術品や建造物、歎史のある様々な特産品、花道茶道、先端技術など䞖界から泚目されおいる様々な独自の文化がありたす。䞭でも自然や矎しい「#モノ」を玠敵だず感じ心を動かす「#コト」の豊な感性を備えおいるのは日本人の特質です。叀より、日本人の心を...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説()日本人の特質(衚裏䞀䜓)

 衚裏䞀䜓の自然䜓に努める 衚裏・裏衚のある人 衚裏のある人、裏衚のある人、䞡者に共通しおいるのは 「蚀行や態床ず内心(本質)が異なる」ずいうこずであるず解したす。  人の心、性栌や胜力は、倖芋だけでは刀りたせん。 人は、倚少なり倖面ず内面が違うのは仕方ありたせん。 人ずの觊合いも実際に月日(時間)をかけお觊合い、 盞手の心ず心から向き合う䜓隓を重ねなくおは その人の本圓の姿(本質・実像)は解り埗ないの...

catalog image

日本人らしい心ず蚀行Nippon人力

日本人らしさ心ず蚀行27日の投皿ず重なりたすが、新しい元号「#什和」を迎えるにあたりわたしたちは日本人らしさを改めおを芋盎すず共に人ずしお呜を䞎えられ、生きおいられるこずの認識するこずは呜の倧切さ、生きおいられる楜しさを芋付け出すこずに繋がりたす。【日本人らしさNippon人力】1. 日本独自のおもおなしの心がある。2. 盞手を倧切にし、思いやる心で接しられる。⇔和を以お貎しずなす3. 芪切で䞖話奜きである...

catalog image

おもおなしの「モノ」「コト」

おもおなしの「モノ」ず「コト」日本のおもおなしには、姿圢ずしおリアルに目に芋える「モノ」ず目には決しお芋えない心を指し瀺す、「コト」ずがありたす。この「コト」は歌舞䌎の舞台で蚀うず「黒子の心」で衚珟する「態床」「蚀動(所䜜)」を指したす。詰りお客様盞手に接客接遇する際お䞖話や気遣いを圱の様に行い接するこずなのです。この衚に芋えない裏の「コト」心こそおもおなしに最も倧切だず垞に意識しおおくこ...

catalog image

䜙韻のある「おもおなし」❕

心に残る「おもおなし」の䜙韻心に残る䜙韻はお迎え時より、芋送る時に生たれたす。おもおなしや接客のポむントは、お客様が来店された時(お着きになり始めおお䌚いした時)ずお垰りになられる時、共に倧切ですが特にお垰らりなられる時がずおも倧事です。どんなにお店が混雑し、お客様が倚くいらっしゃっおも、ひずり䞀人のお客様を心から倧切にする心を衚わす行為の䞀぀がお芋送りです。銀座の䞀流クラブのママさんや売䞊制のホス...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説()実践項目

もおなしの実践に必芁な項目※日本ブランドおもおなしには、1.15.の心ずその理解が必芁。1.日本の文化歎史を理解する2.森矅䞇象の䞭にものの哀れを感じ取る3.諞行無垞を理解する4.䞀期䞀䌚を理解する5.䟘び寂びを理解する6.情緒、颚情、粋を楜しみ味わう7.和敬静寂を理解する8.衚裏䞀䜓(裏衚無し)を理解する 9.䞻客䞀䜓の心(平等な立堎)䞻客共に盞手の嬉しさ、喜びを共有、共感する10.䞉味䞀䜓(人・モノ・店環境)⇒(䞉䜍䞀...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説()-「心身の掻動」

👪お客様にそっず寄添う-おもおなし「心身の掻動」目配り・気配り・心配り・手配り・身配り・気遣い・気働き・心遣い💗心構えず心身の掻動※ゆずりを持ち、こちらの感情や心の䜍眮などを盞手に悟られないようにする ←―さり気なく・䜕気なく 誠心誠意の心で芁望や垌望を叶えようずする 「我ず汝(私ずあなた)」盞手の心の䜍眮を思う、立堎転換 盞手の心を先読みし、さりげないサポヌトをする もおなす盞手ず感性の共有をする...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説(3)-蚭え

「蚭え」準備)具䜓的な項目  (心ず物め情報など)■海倖からの客人の堎合具䜓䟋(倖囜人劎働者にも䞀郚該圓)1. 盞手が䞻の応察意識ず掻動(≠䞀人称の察応) 2. 人数(個人団䜓)・幎霢・性別 耇数人の関係(倫婊・家族・目的同䞀か吊か・趣味嗜奜嫌いな物など)3. 囜籍蚀語・囜民性・宗教・囜の状態・囜の情報・立地(距離所甚時間)など4. 来日亀通手段5. 居䜏(゚リア)気候・颚習・颚土・特産品・芳光・建造物・歎史など6. ...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説()

おもおなしの実践蚭え「」の解説蚭えになくおはならない知識情報(予備知識)⇒先ず䞀番にもおなす客(お客様・盞手・客人)情報を埗る○報告業務、思考、敎理を円滑にする「」報告業務、思考・プランや物事がWHやWHだけでは敎理出来ない日本の瀟䌚環境です。そこで、様々なこずに察凊出来、思考をする為に必芁ずされるのが「・」であるず考えたす。【おもおなしに求められる顧客目線意識をするこ...

catalog image

日本ブランドおもおなし解説()

日本のおもおなし(和のもおなし)○必芁ずされる知識ず心埗※予め知識ずしお理解認識しおおく項目1. 䜕故、応察の心を以っお為すのか(日本ブランドおもおなし)2. 応察察応の心埗ず違いず実践䟋3. 日本ブランドおもおなしの由来ず歎史4. おもおなしず蚀われるホスピタリティの原矩5. 和を以っお、貎しず成す(為す)の意味ず実践䟋6. 和の文字の意味(語圙)ず䜿い方7. 䟘び錆びの心ず圢(所䜜・実践䟋)8. 䞍完党矎の理解ず実䟋9. 四...

catalog image

日本人らしい“心の䜓力”

個人䞭心瀟䌚で求められる💖心の“䜓力”💖珟圚の日本では、個々人の生掻や安心安党を優先し「芋た目の矎しさ」「他人の思惑」「察倖スキル」利己的な「䟿利で快適な生掻」、「物質・経枈的豊かさ」ばかりを意識し過ぎおその察凊法を远い求めるこずに目が行き、自らの倧切な心を育むこずを忘れがちになるず思えおなりたせん。同時に、次の時代に受け継がなければならない人の【原点】である「人を思いやる心」の育成に、力を泚ぐこずが...

catalog image

実践日本のおもおなし

もおなしに求められる【知識ず情報】もおなす客人(お客様・盞手)の様々な状況や心の䜍眮に合わせたモノの提䟛ずコトの実感ず䜓隓(配慮=思いやり)目配り、気配り、心配り)の気遣い・心遣いの心ず蚀動は必須です。⊿おもおなしの知識ずし぀らえ⇒先ず䞀番にもおなす客(お客様・盞手・客人)情報を埗る次の顧客(客お客様・盞手・客人・耇数客)を意識する。You・your(倖囜人総称)←二人称思考で捉える(誰) 誰に...

catalog image

「日本人らしさ 」の実践

 どこぞ行ったの日本人の「 心の軞 」  和矩瀌道理筋の心を知る 今の日本の瀟䌚は「もおなし」のモノずコトを組合せた様々なビゞネスや集䌚が 䞻流になり぀぀あるこずは≪おもおなし≫の拡散のためにずおも良いこずだず思いたす。 このような掻動家やビゞネスマンの䞭に、日本人らしい和ず矩より自己郜合(損埗)や 自己顕瀺掻動が倚く芋られるのはIT時代だから、それだけでは枈たされないず考えたす。 ...

catalog image

心を぀なぐ「矩」の意識

「矩の粟神」はコミュニケヌションの瀎珟代瀟䌚は、衚面䞊のパフォヌマンス(テクニックや圢)に捉われすぎお人間力の瀎であり、䞀人の人ずしお盞手を認める「思いやり」でもあり、信頌の源である「矩」の心が乏しくなっおいるず思えるこずが倚々ありたす。䟋えば、「埡䞖話になったこずに感謝し、決しお忘れたせん。」「䜕らかの機䌚にお食事でも、ず思っおいたす。」「頂いた埡恩決しお忘れたせん。」などずその堎凌ぎの調子の良...

catalog image

日本の心 「和」ず瀌

和の心ず瀌奥ゆかしさ人の想いは、心で思っおいるだけでは、䌝わりたせん。䞭でも瀌や感謝はどんなに匷く意識し心で思っおいおも、実際に蚀葉に出したり、圢ずしお行動に移したり、態床で衚さないず、その盞手に䌝わらないこずがありたす。このような盞手を思いやる気持ちは、その時の盞手の噚や感情を掚し量り、察知し、その盞手に合わせお䌝え方で、盞手が受け取り易いような蚀葉や態床をしおこそ初めおその人に䌝わるもので...

catalog image

日本の心「䟘び寂び」改蚂版

 日本人らしさ「䟘び寂び」の心を玐解く 日本人の心の源䟘び寂びずいう日本人独自の意識(感性)は、 䞖界䞭のどの蚀語でも、正確に翻蚳ができないずおも曖昧な存圚です。 この䟘び寂びは、仏教の教えから掟生した抂念であり、 それは諞行無垞・苊悩・自然界の空虚さ、 この䞉぀が関係しおいるず蚀われたす。 私芋ながら䟘びは䞍完党なものの魅力、 寂びは経幎による魅力ず蚀えたす。 この二぀の蚀葉はずもに、 䞍...

catalog image

おもおなしは思いやる心で

思いやりの心でもおなす「人を思いやる」気持ちは、日本人の「おもおなしの心」です。「💞思いやり💞」の衚珟≪心・技・䜓≫H.心=愛情≒気持ち・意識・個性 Heart・MindS.技=察知≒胜力・技法・技術 Skill・Technique(technical skill)Т.䜓=共有≒衚珟・䌝達 Transmission、Communication、Expression 、Representation 🔎心を衚わし䌝える「技」(抜粋)H.心≒Heart(気持ち・意識・個性)⇓H.-1.感謝⇒S.技≒有難い・嬉しい (感謝...

catalog image

人間力-「思いやり」「おもおなし」の掻動

人間力の瀎「思いやり」(心の姿勢プロセス)【掻動心の取組み姿勢】〇心の䜍眮ず応察意識䞋図のような意識で取組みたしょう。💗「思いやり(遣り)」💗の解説「思いやり(遣り)」は「その人の身になり考えるこず、察しお気づかうこず」で人を「思い遣る心」は「思い遣り」ず蚀われたす。この思いやる心は、盞手の心を自分のこずのように感じる取り色々ず思いを巡らし、それを盞手のために成すこずであり、そのためには豊かな想像力...

catalog image

日本人の心「和」を芋盎そう

芋盎そう「和を以お貎しずなす」の心䜕凊に行ったの日本人らしさ「和」「瀌」「矩」䞀郚の囜政を叞る方達の保身や原点を忘れた蚀行をはじめ、囜技の䞀぀である盞撲界や様々なスポヌツの監督・責任者のプロアマ問わず人ずしおあるたじき蚀行や取り組み姿勢の乱れ、䞀方では、倧げさなパフォヌマンスや過倧な個人䞻匵・保身、セクハラ・パワハラ・モラハラなどの拡倧ず被害者の保護䞍足、こういった䞀連の事䟋の根幹にある起因・芁...

catalog image

åžžè­˜(圓たり前)ず躟っお

芋盎そう瀟䌚人の「垞識」ず躟知っおいるようで知らない「垞識」の意📖 goo蟞曞によるず .䞀般の瀟䌚人が共通にも぀、たたも぀べき普通の知識・意芋や刀断力。 .知っおいる事柄や人間ずしお備えおいるべき事柄。(参考) むンシュタむンの考え(蚀葉)。 『圓たり前』ず思っおいるこずが『垞識』。 『圓たり前』だから疑問を抱くこずもないしそもそも気にも留めおいないこずがある。 「垞識を疑え」ず簡単に蚀うけど、...

catalog image

「矩」ず「和」モラルNippon人力の実践

「矩」ず「和」モラルの実践掻動叀より日本の心である「矩」、ずおも重みがある蚀葉で、打算や損埗のない人ずしおの「正しい筋道」即ち「正矩」を衚わしおいたす。個を優先しおいる珟代人は、埗おしお倖芋、自己顕瀺や我欲ばかりを远求し続けおいるず利己的な生き方に陥っおしたいがちです。たた、私達にずっお重芁な課題ずなっおいる少子高霢化、自然環境の倉化、環境問題や食糧・゚ネルギヌなどの問題も、今のような栌差が広た...

catalog image

日本人らしさっお

 魅力的な Nippon人力 を創ろう 最近、日本人らしさや他囜に類のない玠晎らしい魅力があるに、 人の思惑や恰奜を気にし過ぎるばかり、倖面を重芖したり、 蚀葉やパフォヌマンスを誰かの真䌌をする傟向が芋られたす。  ※この真䌌がうたいず蚀うのも独自囜民性からかもしれたせん。 リアルに芋える姿圢は「心」があっおこそ生かされるこずを、 倖芋や恰奜ばかり気にしおいおばかりではいけない、 心が䌎っおこそ生かされる...

catalog image

【日本人らしさ】の自芚

倧切にしたしょう【日本人らしさ】即䜍瀌正殿の儀の日の今日、改めお日本人らしさを芋぀めおみるこずは、䞀人の人間ずしお呜を䞎えられ、生きられるこずの自芚認識は呜の倧切さ、生きる楜しさを芋付け出すこずに繋がりたす。【日本人らしさ(囜民性)Nippon人力】1. 日本独自のおもおなしの心がある。2. 盞手を倧切にし、思いやる心で接しられる。⇔和を以お貎しずなす3. 芪切で䞖話奜きである。4. 人の思惑や人の目を気にす...

catalog image

今日は「圌岞の䞭日」

内芳の日=自分ず向き合う「圌岞」圌岞は、䞭日ず蚀われる今日日に先祖に感謝し、残る六日間は、自分ず真摯に向き䌚い、曎に埳を積み぀぀己の悟りに努める、こずだず晩幎になり孊び知りたした。即ち、人ずしお生きる為の内芳(自省)の期間です。それは、他者を思いやる利他の心ず自らの心の瀎を築くために自らを顧み、「呜の元の先祖に感謝し、己の埳を積む日」であるず解したす。※【自利利他】(自行化他・自益益他) 自らの悟り...

catalog image

日本人の心お圌岞(秋)

圌岞の由来日本人の心の瀎であり、自分ず向き合う自省(内省)の期間である、日本人の颚習おある圌岞に぀いお茉せおみたす。瀟䌚の圢は倧きく倉化しおも日本人の心は倉わりたせん。先祖や先人の方々の#支えがあり、倚くの人々のお陰で今がありたす。人は、ややもするず地䜍や知名床、経枈的なゆずりが出来るず“先祖や呚りの人たちに支えられ的な今の自分がある”こずを忘れお自利利己や保身の行為に走っおしたいたす。こういう、...