catalog image

目配り&5.S.のポイント

目配り&整理・整頓・清掃・清潔・習慣は心の表れお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【目配り&5.S.のポイント】 (こんなことを意識しましょう) 人や物を大切にする心と活動には, 目配り&5.S.が欠かせないと自覚しましょう。 目配り&5.S.のスキルは,仕事は勿論のことプライベートにも大切なことと心得ておきましょう。 御客様や相手の目が届かない所も目配り&5.S.しましょう。 なぜ目配りや5.S.が必要なのか?を知...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[8]

主観と心の「軸」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間が真っすぐ立って居られるのは「骨」があり、その骨が軸となり、立っていることが出来、歩いたり、走ったりすることが出来ます。喩え倒れても、起き上がることができるのは、身体の軸となる骨があるからです。逆にいえば、骨がなければ、立っていることさえいられません。人の心も同様で、その安定のためには、確りした骨が必要です。心にその骨あることで、人の思惑や世間の...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[7]

主観と「思い」『想い』お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用主観(≒自心)を紐解く上で「思い」『想い』の理解認識はとても大切です。私見ながら文字構成から 「思い」は、一人称である自分自身の心の領域を表す「田」と「心」、『想い』は、二人称である相手や相対する物事などを表す「相」と「心」それぞれの語は、このような異なった二文字から組み立ててあると解します。「思い」『想い』の心の占有率は個々人の主観的・客観的な思考力、想像力の大...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[6]

主観と当たり前-(2)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇自分自身の当たり前の「ものさし」自分が「当たり前」と思っている主観であっても、社会生活や人間関係にどの様に生かし活動するのかを、自分と触合う相手、社会や会社の様々な客観的視点の「ものさし」に照らし合わせながら理解判断し活動することが今の情報過多の時代に生きる私たちに求められているのではないでしょうか。正直、私の過去の人生でも体験として、この「当たり前」...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[5]

主観と当たり前-(1)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇当たり前のこと「当たり前」のこととして、人と和するため、繋がりを持つためになくてはならない義務・責任・ルール・マナー・モラル・礼儀作法と年齢や立場相当のコンプライアンスなど関することは、主観だけで「当たり前、知っている、判っている」と思っているだけで終わらせないよう自らの言行や態度に表し、活動していくことではないか、と考えます。同時にそれは個々人の...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[4]

主観・客観と目配り・気配り        ・思いやりについて-4.(正しい判断基準)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用『正しい』主観・客観⇒思考(意識)と判断(基準)■思考と判断のポイント1.人として何が正しいのかを判断する(道徳・倫理感)2.原理原則を弁え、正論を導き出す 3.公正、公平に判断する 4.無私に徹する(好き嫌いの感情を自制する) 5.利他、誠実、正義、勇気、努力、博愛と言ったことを認識する 6.適正な判断の...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[3]

主観・客観と目配り・気配り     ・思いやりについて-3.(主観-内面/外面)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用多くの人との関わりから、人と触合いや何事も実体験なくしては、の相手の本質(本心)は解らないと学び知り実感し痛い思いもしました。ですから容易く人や物事、事象の批判や評価は口にしてはならないと学びました。わたしの場合、人生後半で学んだ「思いやり」で発した言葉が要らぬ誤解や感情を害したなどと言ったこと...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[2]

主観・客観と目配り・気配り      ・思いやりについて-2.(主観)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用            主観図前記の私見投稿-[1]では、社会で起きている様々なネガティブなことを記しましたがブレない確りとした主観を備えた活動や結果として現れている人について載せます。主観を備え持ち活動し、結果を出している人[それは、実際に出会った人、様々なプロの世界で活躍している人、人の上に立つ人など]...

catalog image

目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[1]

主観・客観と目配り・気配り・思いやりについて-1.お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※今回の私見投稿シリーズの内容を投稿は以前から載せるか、否か かなり迷いがありましたが、まもなく人生の節目を迎えること、 また、加齢のためか五感障害を感じるようになり思い切って投稿します。 お読み頂く際、記事の殆どは私なりの見解で載せます旨を御承知下さい。 ☆主観・客観・目配り・気配り・思いやり・心配りの関連記事-抜粋〇思...

catalog image

プロのおもてなしの活動-観察・察知

プロのおもてなしの巡回・歩行診断お薦め度【★★★★☆】全業態用 ◆目配り・気配りの巡回歩行診断[採点]出来ている=3.大体=2.やや出る=1.どちらとも言えない=0.時々出来る=-1.出来ない=-2.1. 適度なスピードで、軽快に歩いていますか2. 視線(目線)はお客様の方を向いていますか3. 横目でお客様を見ないようにしていますか4. 上目づかいで応対、会話をしないようにしていますか5. 歩行時に、柔和な表情を保って...

catalog image

五配りは「思いやり」

「五配り」の徹底お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用おもてなしや接客接遇サービスは、もてなす相手やお客様と私達の間でリアルタイムに、リハーサルなしの一発勝負で行われるものです。それは、物や形として、どこかに残しておくことが出来ないものです。其のため、常に緊張感を備え持ち、愛他と一期一会の心を以って本気で取組む必要があります。もてなす相手やお客様は私達にとってなくてはならない大切な人ですが、その大切な人...

catalog image

【五感】のアンテナを張り、覚える

プロの「アンテナと記憶」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※仏教の十八界眼(げん)六境=色(しき)→ 眼識(げんしき)耳(に)六境=声(しょう)→ 耳識(にしき)鼻(び)六境=香(こう)→ 鼻識(びしき)舌(ぜつ)六境=味(み)→ 舌識(ぜっしき)身(しん)六境=触(そく)→ 身識(しんしき)、上記の夫々がまとまり生じる意識(いしき)と言う。感度の良いアンテナを備え、覚えることは、魅力やモテ力をアップします。サ...