catalog image

個性を生かす-自他認知の活動

承認欲求を満たす 「認められたい」承認欲求を満たす  「自分を知り、受容れ、理解することは人間関係の礎」 溢れるばかりの様々な情報が手に入れやすくなり、色々な情報発信やキャッチが スマホなどのIТ機器の普及により何処にいても手軽に出来る社会になりました。 このシリーズを書いた目的は、外に向けられ、或いは外からの情報に向けている意識が 強くなればなるほど人は外からの情報を適正に判断し、適切に選択する ...

catalog image

個性を生かす-自分らしさ

自分らしさのプロデュース! 自分らしい自分をプロデュース 自分をプロデュースするには、自分を愛し、一番良く理解し、与えられた命を守り 大切にしたいとの思いで日々生活している“有りのままの自分”を素直に受入れることです。 そして次のようなことから自分に合った取り組みをします。  (ア) どういった目的で行うのか?  (イ) どんな期間(スパン)でするのか?  (ウ) どのような自分に成れるのか?  (エ) そのため...

catalog image

個性を生かす-和の心

 和の心を大切に!「和」=「輪・話・環」と調和 私達の住む日本の気候は、温暖さ湿潤さを兼ね備え、 照葉樹林を中心とした多くの森林に覆われ、 四季の変化に富み、台風があり、降雨量にも恵まれています。 このような日本の自然の風土が長年に渡り人々の生活に影響し、 互いが敬い、そこから生まれる「和」(=倭)を好んで尊ぶ 国民性から形成されたとも考えることが出来ます。 また、日本人は自然の様々な現象に「調和」...

catalog image

個性を生かす-「目的」Targetの認識・設定

「目的」Targetの認識 「目的」What=Targetを知るために 「目的」と「目標」この二つ言葉は似ていますが、 目的は、「何のため(=What)にするか」という動機の意味であり、 目標は、「どんなことを目指すのか」というゴールの意味があります。 自分を愛し、一番解っている自らの心と心静かに素直な気持ちでポジティブに 良いところ(長所)を見付け出す「向き合う」活動によって、新しい自分の発見や 自信が付くと共に心のエンジンを動かす...

catalog image

個性を生かす-支え生かされる自分. 

生かされている自覚 と認島 ひとり一人の人生は、周囲の人や物からの様々な支えや祖先の恩恵を受け、「他人に支えられながら、生かされている人生」であると思います。 それは、支え合う「人」の文字であり、社会や会社の「会」の文字にもあります。 この度の千葉の台風災害や様々な自然震災の被災地、 様々な支援を受け、多くの人々の温かな心に支えてあり生きていられることについて、 子供から年配者に至る、多くの被災者の...

catalog image

個性を生かす-有りの侭の自分!

有りの侭の自分を知る? 〇自心と「向き合う」⇔楽しく生きるために有の侭の自分を見つけるこうした活動は、自分の生き方が楽になり、人と人を繋ぎます。 1. 自然で有の侭の自分はどんな自分なのかを探り知る⇒受容れれる 2. 今の姿は有の侭の自分だろうか?有の侭の自分で生きているかを顧みる 3. 1と2の結果から楽しく生きる自分らしい自分を認知する 4. 自分が有のままの自分でいることを当たり前にする 5. 自信(有無)と言...

catalog image

個性を生かす-自信

自信をつけて生きる! (1)自信を付ける活動に目を向ける 私達日本人は近年までは、どちらかと言えば人の目や思惑を気にするシャイな性格の持ち主で、 欧米人の持つ体質と異なり「褒める」ことが比較的苦手だと言われてきました。 近年の情報社会になり、この「褒めて育む」活動のことが成果・効用が他方面で論じられ、 それが成果実績情報としてネットや指導者から得られるようになり、 以前よりも、この「褒める活動」が盛んに...

catalog image

個性を生かす-素の姿

自分の個性・素の姿(本質)を生かす自分の可能性を見付け出さないなんて“もったいない”  日常生活、接客・接遇やおもてなしの仕事から会社での仕事、総て「人」に関わります。 今の少子高齢化社会は、益々「個」の意識が高まりを見せ、良し悪しは別にして、 個性を発信する個々人の色々なパフ―マンス化(演ずる活動)が目立ちます。一方では、スマホなどの一人で楽しめる I.Т.機器の発展や女性の社会的進出や若者たちの草食化などから...