catalog image

「心の基礎体力」の修得(改訂版)

心の基礎体力の創造お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本国内では少子高齢化社会に入り、個々の生活を主に捉えた核化社会化現象が目立つようになると共に、個の時代、無縁社会と言われている現在の状態です。一方我が国では、日本国債の格付けランクが下がり数年後には国の借金が国民預貯金を上回ると言った不安も生じています。また、世界中から、「ジャパンシンドローム」と言われ、2050年には日本の労働人口が現在の半分に...

catalog image

「心の基礎体力」知・情・意

知・情・意とは!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人の心を動かす「心の基礎体力」の原点、人間の心を形成する元とも言えるのが【知情意】です。この【知情意】は、予期せぬ想定外の何らか事象が起きた時に、平然と人(相手)や物事(事象)に立ち向かえ、対応・対処の出来る心(意識・気持ち)と、その能力のバロメーターであると解します。【知】:テクニカルスキル・知識とか知性などに相当する領域・知っているか、知らないのか?・...

catalog image

「心の基礎体力」の講座テキスト№5.

修得方法お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用◆修得方法の解説(実体験や見聞きしたことなどと照し合せ記します)【ステップ】-1. ☞身に着けると自らの意思決定をする。心を育むと言うことを目的とする、確固たる意思を持つ⇒意思決定、夢を抱き、ビジョンを掲げ、挑戦する。【ステップ】-2. ☞自分を見つめる=自分を知る⇔自己認識する自分を認める≒自分を愛せる他人を認める≒他者を愛せる人から認められる≒他者から愛される【ステッ...

catalog image

「心の基礎体力」の講座テキスト№4.

心の基礎体力を創る日本国内では少子高齢化社会に入り、個々の生活を主に捉えた核化社会化現象が目立つようになると共に、個の時代、無縁社会と言われている現在の状態です。一方我が国では、日本国債の格付けランクが下がり数年後には国の借金が国民預貯金を上回ると言った不安も生じています。また、世界中から、「ジャパンシンドローム」と言われ、2050年には日本の労働人口が現在の半分になってしまうことに関し、日本が国...

catalog image

「心の基礎体力」の講座テキスト№3.

心の基礎体力のある人お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用心の基礎体力の強い人スポーツ競技のメダリスト、様々な方面で成功を収めた人達、社会から高い評価を受けている企業人、国内外のスポーツ界やエンターテナーと言われ芸能界で活躍されている人々などに共通するのは、強い「心の基礎体力」を保有し、確りとしたビジョンを掲げ、挑戦し続けていることです。一昨年の東日本大震災や原発事故の被害を受けた多くの被災者の中にもお...

catalog image

「心の基礎体力」の講座テキスト№2.

身に着けるのは「今でしょ!」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在の日本では人の思惑や目を気にし過ぎるばかり、日本人本来の素晴らしさや良さがあるにも関わらず、外面や外見を重視したり、態度や行動をマニュアルに頼ったりする傾向が見られます。マニュアルは、一定の基準の元に色々な作業や業務の手順を記述したものです。従って、最も大切な人としての「心」の持ち方や「心」の育て方については記されてありません。人夫々...

catalog image

「心の基礎体力」の講座テキスト№1.

「心の基礎体力」の修得 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※9月7日に行う講座のテキストを数回に別けて記載します。この内容は以前の記事と重複している部分もあります。心の基礎体力(Physical fitness&heart)最近は、ネット上でも、人としての「思い遣り」や他人に対する「おもてなし」について関連した記事か多く見られるようになりました。同時に、対外的なスキルを身に着ける為の対人関係力については、数多くの方々がセミ...

catalog image

心の基礎体力「思い遣り」-新

思い遣りと心技一体お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今の日本の社会では、「心技体」のバランスが崩れ、【心磨き・技錬り・体等し】でなく、個々人の対外、対人関係に於ける「技」や見た目の「体」に重きを置き、心の育成が軽んじられているといるように思えてなりません。社会生活の場で、人間の知情意である「心の基礎体力」不足が否めないと思われます。例えば、思い遣り、誠実、謙虚などと言ったことについての心に関する基礎...

catalog image

心の基礎体力「仁」

「仁を以って貫く」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人との関わりや仕事上でもなくてはならない「仁」を学び知る。孔子の思想の真髄は「仁」にあると言えるほどに、頻繁に「論語」の中に登場してきます。いったい私達はこの「仁」をどのように理解すればよいのでしょうか?孔子が言った「我一を以って貫く」とは「仁を以って貫く」ことの意味であり「相手に対する思いやりの心」が、即ち「仁」と言えると解します。この「仁」は、...