catalog image

日本独自の「おもてなし」-8.(サービスと日本独自のおもてなし)

 サービスとホスピタリティ&日本の「おもてなし」を紐解く お薦め度【★★★★★】全業種、業態用  広く知られている「サービス」の語源はラテン語 Servitus(セルヴィタス・サーバス)意味は「奴隷」です。 サービスは「奴隷」の語源の通り、サービスを受ける側、即ちお客様を主であり、 そのお客様に触合い接し、一定の行為(お世話・奉仕)を提供する側が従と考えられます。 大きく捉えるとサービスは、画一したものであり、マニュ...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-7-1.(守破離を紐解く)

 おもてなし、接客業での守破離 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  人に関わる接客・接遇、おもてなしでの守破離の解説・解釈は、 今迄のように「守」は、基礎である物事を型通り(形・真似)にすること。 型通りにしていては対応出来なくなるので、型(形)を突破する「離」の段階に入る。 「破」は、型に嵌ったことを破る為に努力精進し、破ることである。 と言うことだけでは様々な情報が溢れる現代社会においては 個々人...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-7.(守破離)

おもてなしの「守」「破」「離」お薦め度【★★★★★】全業種、業態用おもてなしの原点である茶道を始め、花道、書道の世界では、武道が発端と言われている、様々な修行の過程(プロセス)を、修得状況に応じて「守」、「破」、「離」の三段階に分けています。「守」は、基礎である物事を型通り(形の習得)にすることであり、それが一通り出来ようになると、型通りにしていては対応出来なくなるので、型(形)を突破する「破」の段階に入る...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-6.(主客一体)

 主客一体の心で「以て成す」  お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  茶道に於ける、おもてなしの根底にあるのは「主客一体の心」です。 この主客一体の心は、茶道に限らず、通常の人間関係にも合い通じることだと思います。 即ち、思い遣りの心、立場転換、※1.自他一体などの心にも同様なこと必要であると解します。 茶道の根底には、「主客分離」を前提とした欧米的な「サービス」の精神とは異なった 「主客一体」という禅...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-5.(表現)

 (5)おもてなしの心の表現と作法 お薦め度【★★★★★】全業種、業態用 現在の社会で日本のおもてなしを表現する代表的なこととして、サービス業と言われる接遇・接客と客人を歓待すると言ったことがあります。サービス業接客・接遇は、様々な場や場面で人をもてなすこと、応接すること、接待することで、一般的なおもてなしは、日常の人との触合い、会社、店や家庭へ、訪ね見えたお客様に対し、その相手に合わせて応対し、訪問者やお客様...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-4.(能力)

 (4)「おもてなし」(=物づくり)に必要とされる能力 お薦め度【★★★★★】全業種、業態用   (以下の内容は、日本の物づくりにも言えます) 日本人は、不完全美という美意識(感性)を持ち、侘び寂びや儚さや不完全さを 受け入れる感性(感受性)を備えている民族だと、古より言われて来ておりますが、 現代社会を担う若手の方々には個の感性が薄れつつあると受けとめられることがあります。 日本のおもてなしを学び知ることは、...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-3.( 解説)

 (3)日本独自の文化「おもてなし」を紐解く お薦め度【★★★★★】全業種、業態用  日本独自の「おもてなし」は、お客様や大切な人を心地よくお迎えし、 心を通わせ合う心の持ちとそれを表す態度、言動を指します。 それは日本人独特の持つ、相手に気遣わせないように配慮したきめ細やかな思いやる心と 様々な伝統文化や自然環境などが融合して創り出されたものです。 現代社会は、人が人を大切にする時代ではなくなっている...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-2.( 修得)

 (2)心と型(所作)を身に付ける お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  日本文化と言われている「おもてなし」は、人間性に依る処が大変多く、奥が深いのです。 この日本独自の「おもてなし」を修得するためには、様々な手段があります。 中でも一番知られているのがもてなしの原点、お伊勢参りの旅人に、 一杯のお茶を出したことが始まりと言われている茶道です。 この茶道や懐石料理・和食は、対人関係でのおもてなしの心と技を...

catalog image

日本独自の「おもてなし」-1.(語源と特質)

  (1)おもてなしの語源と特質を紐解く お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 〇おもてなし語源 『おもてなし』は、「もてなし」に丁寧語「お」を付けた言葉です。 「もてなし」の語源は「モノを持って成し遂げる」という意味です。 別に、お客様に応対する扱い、待遇とも言われています。  「おもてなし」のもう一つの語源は「表裏なし=表裏一体」、 詰り表裏のない「心」でお客様をお迎えすることです。  接客業、サービ...