catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-謙虚さ

謙虚さを知ろう!「思いやり」と「敬意」、「利他」の心を備え持ち、それが何たるかを気付く為の心身の姿勢が「謙虚さ」です。その心は何事、何人の心や言動・態度であったとしても、己自身が素直に(=徳の心)受容れられる心とその姿勢・態度を言います。(以下仏教の学びメモから転載)謙虚文字の“謙”という字は、下へ下へと遜る、“虚”という字は一番下から目に見えないバーチャルなもの全てを「+」に受け入れるという意味です。自分...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-感情・理性(診断)

感情と理性☑自己診断感情も理性も子供と大人、新人とベテラン、心の器の大小・強弱、高学歴の有無、生い立ち、生活環境(格差)、自分への関心度、目標(夢)の有無、活動環境(心と職場)などに拠って個人差が生まれます。感情は【時・場・相性・性別・立場・常識(判断基準)・モラル】などや経験度(≒年齢)によっても個人差が出易いと意識する。一方、理性は特に【心の成熟度、立場(社会的・対象別)、自制力】の意識や必要性の有無や大小...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-感情&理性

人間は💕感情💕で思考・言動する●感情と理性の理解!◎自らの感情と仲良くし、理性を弁える人間は、#感情があるからこそ、喜びや楽しみを分かち合い、人生を豊かにできると思います。一方、感情があるからこそ、悲しい思いや寂しい思い、嫉妬、罪悪感、と言った辛く苦しい思いもします。また、解っていてもその苦しい思いと仲良く出来ず、行動が感情に左右されてしまうこともあります。※思いやりの語彙を知る前の私もそうでした。人間...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-誠実さ

「誠実さ」ってどんなこと?誠実は、自分が正しいと信じていることや相手への思いやり(利他心)の為に、謙虚な真心と態度で他者と接し、自分が確固とした「志」を備え、同時に高い価値観を備え持つこと。それは、他人の心を素直で謙虚な態度や言動を自ら一度受け入れ認めることであり、同時に、嘘偽りのない正直で真の心の活動をすること。誠実な人の心は善良で徳を持ち、その言行・態度は素直で嘘偽りのない清らかな人生を送るため...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-人生の学び

当たり前はどのようにして知るの?情報過多の社会環境で、人として豊かに生抜く心(知恵)と活動💕基礎知識と活動項目【解説】現代のようなネットが普及して手に入れようと思えば子供でも簡単に得たい情報が得られる社会環境です。また、少子高齢化が進み個人中心の個の社会環境になり一方ではIT化・スマホが普及し正しい情報選択が難しく時に誤った情報や知識を得がちになっている現在の私達です。このような情報過多の社会環境で...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-常識の判断

判断の基準はどうやって知るの?情報過多の社会環境で人として豊かに生抜く心(知恵)と活動💕弁えて置きたい心の知識とその活動(知恵)日本の社会環境は二十世紀に入る前までは550仲間(ご近所さん)意識が高く町内会や祭りなとのコミュニティの場や集会なども多くありました。また、親の子供に対する躾や礼儀、道徳観念と言ったことも社会全体にあったように思えます。二十一世紀に入り今の日本の社会全体が、良くも悪しくも個人中心の...

catalog image

楽しく生きる「知識&知恵」-具体例と解説

誠実さ&真摯さ?実社会で体験したことを人生後半の学びを基に記します。 今現在の自分の心(意識)や過去に照らし合わせてみましょう。 ※この中には、私自信も出来ていないことも多々あります。【誠実さと真摯さ】の解説真摯さ(真面目・正直)は、「誠実さ」と共通点が多くあります。社会の中枢を成す人、政治家、事業家をはじめ人間関係を重んじるビジネスマンに何よりも大切なのは真摯さや真面目さと言った「誠実さ」ではないでしょ...

catalog image

生きるを楽しむ「知識と知恵」-『道徳』

道徳の心と活動く(1)今年から心の育成のため文部科学省で、#道徳教育を見直し小学校の授業にも取り入れました。社会に出たばかりの頃「#道徳ってどんなこと?」と問われ、答えに困ったことがありました。今はIТ社会になり、検索すれば直ぐに様々な答えが見つけられるようになりました。しかし、ネットや辞書検索だけでは実社会に生かせる回答は得られないと思います。ここでは、社会生活で生かされ生きてこられた体験や壮年以降の...