catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(32) 実践-#挨拶

おもてなしは挨拶から【挨拶は、互いの心の通い合い】 実社会での様々な対人関係やおもてなしは、総て「挨拶」から始まります。 禅の教えに「一挨一拶」(イチアイ、イチサツ=イツサツ)、と言う熟語があります。 この言葉は「自らの心を開いて、相手の心に近づく」と言う語彙です。※「一挨一拶」の語彙(私見) 「一挨」(いちあい)は ・一会いは、一つの出会い ・一逢いは、一つの出逢い・巡り逢い、或は、感情の存在する逢瀬(おうせ)   ...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(31) 実践-#空間管理

空間を上手に使ってもてなす!対人関係やおもてなしを実践する場では、お互いの身体の位置、空間や時間の使い方次第で、感情や心の通い合いに役立ちます。人と人とが対人関係の際、会話や大切な人との心の交流をする時、互いの身体の位置(角度=空間管理)によって印象や受止め方が変化します。会話する際、目的に応じてこの空間を上手に使いこなすことです。                               ①#恐...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(30) 実践-「#コト」~10.

#何気なく #さり気ない #おもてなし日本独自のブランド「おもてなし」は、何気ない「気配り」「気遣い」と「心遣い」「心配り」客人に気を遣わせない何気なさやさり気なさをとても重視します。同時におもてなしは一つの付加価値であり、とても心温まる洗練された美学とも言えます。それには、温かい人の心と心が一つとなり、互いの心が通い合える、さり気ない目配り、気配り、気遣い、心遣い、心配りが大切です。其の一つに、臨機...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(29) 実践-「#コト」~9.

#日本ブランド#おもてなし―「#コト」の診断 ※おもてなしに必要とされるマインドとスキルの項目です。☑マインド・スキルの項目[評価例-サンプル]例①有=〇・無=✖?=無記入(空白)例②有る=2./少しある1./無=0.1.[ ] 愛情(人・モノ・仕事・国・社会・自然)2.[ ] おもてなし(≒ホスピタリティ・接客・接遇などの各語彙の理解と認識)3.[ ] 奉仕力(≒利他・愛他・お世話・自己犠牲心など)4.[ ] 察知洞察力(≒感受性・想像力・推測...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(28) 実践-「コト」~8.

#クールジャパンの自覚-日本発の「モノ」と「コト」⦿日本の世界に誇れる独自の素晴らしい文化がある!ここまで日本ブランドおもてなしについて記してきました内容は外国人がクールと捉える日本発の「モノ」と「コト」であり、それは日本の魅力の総称として【クールジャパン】と呼ばれている。その「#モノ」と「#コト」は、リアルなモノとバーチャルなコトに限らずゲームなどのようにモノの個々の使い手を意識し、一体化させた物もある。#おも...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(27) 実践-「コト」~7.

「モノ」&「コト」を以ってなす 戦後日本では、「モノづくり」にみんなで大きな力を注いで来ました。 その結果一時GDPでも世界一になりましたが、 現在はその座を他国に越されてしまいました。  しかし、世界に類のない日本独自の「モノづくり」が 無くなってしまったのではなく時代にマッチしたモノや文化が増えています。 一例としては世界中から評価されている100円ショップの商品数の多さにも現れてます。  また、先年...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(26) 実践-「コト」~6..

コトの表現伝達「N」「H」「K」「T」「V」「I」「W」を以てもてなす「N」ニコニコ  これは満面の笑顔のこと。お客様だけでなく、 本人も微笑めば心が楽しくなります。 しかも笑顔で発する声は、とても柔らかく聞こえます。 そしてオープンな心は、オープンな心を誘うもので、笑顔に惹かれて千客万来。 更に目や頬の周りを同時に動かすと 脳の活性化にもなるという学術的な分析も出ています。「H」ハキハキ(言葉使い・言葉遣...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(25) 実践-「コト」~5..

実践に必要な「コト」―国民性の認識#日本人らしさ (日本人の特質) #おもてなしに活かせる「#コト」が多くあります。※これは「クール」と海外から評価されている要素も含まれる。1.礼儀正しくきちんと挨拶をする。2.相手を大切にし、思いやる心で接する。3.親切で世話好きである。4.義理がたい5.対人関係で、目に見え難い心を優先する。6.気遣いや気配りの意識が高い。7.人の思惑や人の目を気にする。8.「群れ意識」を持ち集団行動を好...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(24) 実践-「コト」~4.

#コト (心)の表現&伝達<実践に必要とされる項目>※特に№1.~15.の理解と意識(=日本の心)が必要。1.日本の文化歴史を理解する2.森羅万象の中に「ものの哀れ」を感じ取る3.諸行無常を理解する4.一期一会を理解する5.侘び寂びを理解する6.情緒、風情、粋を楽しみ味わう7.和敬静寂を理解する8.表裏一体(裏表無し)を理解する 9.主客一体の心(平等な立場)主客共に相手の嬉しさ、喜びを共有、共感する10.三味一体(人・モノ・店=環境)⇒(...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(23) 実践-「コト」~3. .

和の「コト」∸実践力(抜粋) ※①スキルと②テクニックは異なります。同じ意ではない。①スキルは、その人の心、個性や資質と深く関係し、人によって異なる技術。 スキルは備え持つ人の状況判断の下で能力が発揮され、どんな状況でも効果を期待できる。②テクニックは、マニュアル化が出來、誰でも一定の効果が期待出来る技術。 テクニックは一定の状況下に於いて、即効性を持ちその効果を発揮出来る。【実践力∸項目】※以下を上の①②で捉...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(22) 実践-「コト」~2.

コト-「和」の心「和」の心 相手をもてなすために必要なマインドの持ち主は、 「直き心」(=素直さ・受容・謙虚)である「和」の心を持ち、 触合う相手(客人)から求め、望まれるアクションをされる前に その相手(客人)の心をいち早く察知(洞察)することが出来、 それを相手に合わせて、自発的且つ一歩踏み込んだ言動や態度に移せ、  相手(客人)に和やかな心、満足感(≒C.S)の提供出来る持ち主であり、 それを自然な活動に表...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(21) 実践-「コト」~1.

もてなす心=「コト」の理解と認識もてなしに欠かせないマインドを主客が共に持つ心を「コト」と言う。このコトの実践の際、もてなされる側(客)ともてなす側の諸条件や環境(⇔個人・家族・仲間・複数・グループ・組織・公の市町村・国など)によってコトの表現伝達の形や方法は無限で、形も無数にある。先ず、何の目的でもてなすのか?と言う心(=コト)の理解・認識をする。次に、最初に記した≪10W6H≫を組合せ実践する。[誰に、誰が...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(19-1) 実践-設え(附)

設えの実践※もてなす相手にピッタリ合った設え(しつらえ)をすることが肝要です。※もてなす側のモノ(物)とコト(心)の準備。【項目と内容(抜粋)】 ※仕入・物関連知識理解・印刷配布物などもてなしのために準備する。設計=企画・計画設定=ルールや定義、方法設営=実際の営業のための物事設備=予め備えて置く(常設・一時的・一定期間)設置=建物や機器、用具用品を備え置く設問=もてなす側として客人に問いかける内容・アンケー...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(20) 実践-所作

所作【心-コトの表現・伝達】おもてなしの「#コト」、即ちもてなす人の心、もてなされる側の気持ち(≒心)を表し伝える様(=作法・形・仕草)を<#所作>と言います。それは、日本の文化である礼儀や作法と深く関わります。この所作は基本を会得し、それぞれの個性を生かすことが大切です。また、その場その時の状況(食事の際・芸術鑑賞・茶道華道・相撲など)に応じ、主客共に様々な所形(作法・礼法・マナー・心得)があります。#所作 は...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(19) 実践-しつらえ

しつらえの「モノ」と「コト」※コトの解説の前に、しつらえのモノとコトについて載せます。  おもてなしの設え=(しつらえ)とは、一体何を指して言うのでしょう?  先ず、この「しつらえ」の意味を知る為にgoo 辞書検索してみますと、設え=(しつらえ)と言う名詞は、しつらえること。 準備。「食事の—がしてある」「会場の—をする」「照明の—がない」 設える=(しつらえる)と言う動詞は、しつら・える しつらへる【設える】 1....

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(18) 実践-「何」を以って

実践-何で! What-何で・何を以って-1.(←What about 未解決や潜在的な問題≒目的などをたずねる時)日本ブランドおもてなしの実践にはもてなす側の「#コト」と「#モノ」があります。詳しくはこちらをクリック 「モノ」と「コト」:1) リアルに目に映る「#モノ」◎飲食物=和の食文化 *生産地・生産者・歴史(生立ち)・器と器の文化・食べられる季節≒地域・食し方・独自独創性・・・など *和食とその器の解説(懐石料理)・食の歴史(...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(17) 実践-何時・何処で-季語

実践-何時・何処で! 会話時の季語と挨拶言葉挨拶や会話でその場・その時の相手の印象・感謝などを伝えると共に、日本ブランドおもてなしの会話上で必要とされる様々な季語と季節ごとの挨拶言葉を載せました。また、その地ならではの方言や言い回しの言葉があります。外国人へ原語別の伝え方も前以って身に着けておくと良いでしょう。⦿季語と挨拶言葉※各文字をクリックして御覧下さい。春の季語と挨拶言葉初夏の挨拶言葉晩夏~初...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(16) 実践-何時・何処で-附

実践(何時・何処で)!-#温故知新 を以って #地の利 を活かす―#日本ブランド「#おもてなし」の実践には「#地の利 を生(活)かす⇔日本の国、この場所と言う利便性」の意識を持つことにも取り組む必要があります。「世の中が便利になってそれと引き換えに生じる弊害は以前の東日本大震災時に皆が気付いた当たり前の有難さもう一つは「待てなくなった」ということであると思われます。昭和に生きた人達は実筆の手紙やはがきを書く時「相...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(15) 実践-何時・何処で

実践項目-何時(When)何処で.Where)日本人ブランドおもてなし実践ツール(11)~(14)で上図の1.~5.もてなされる側(客人)ともてなす側(主人)に必要とされる意識・知識・情報について載せました。以後6.以降の項目をランダムに載せます。6.When  (何時) 7.Where (何処で)大切なのはもてなす客人(相手)のその時の心の位置、動機、目的に合わせた上で今の気持ちを汲み取り期待に応えるよう努め、その人の心に寄り添うことです...

#日本ブランド「#おもてなし」!(14) 実践-個人の器

もてなす側=主人の「器≒個性」の自覚(人間力・能力・スキル=作法・会話言語力・表現伝達力・Nippon人力etc.)□もてなす側の器一人ひとりの夫々に個性(特質)と器の大小があります。個々人の個性、資質に見合ったテクニックや仕草、スキルをシッカリと自覚することが何よりも大切です。自分に適切な所作や形は、3原(原義・原則・原理)の元に思考し、心と形を学び知得してこそ身に付くものです。器≒個性を認識せず「人形作って魂入れ...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!実践ツール「#10W.6H 」

おもてなしの実践と10W.6Hの活用#日本ブランド「#おもてなし」!(12)実践ツールの解説はこれまで投稿した実践ツール(11) ~実践ツール(13)も含めて、以下の順序で載せます。1.Whom (誰に)2.Who  (誰が)3.Whose  (誰の、誰のもの) (誰と一緒に=何を使い)4.Whoever (誰でも・誰は)代名詞5.Which  (誰=何を選択)6.When  (何時)7.Where (何処で)8.What  (何を)9.What about (未解決や潜在的な問題を...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(13) 実践ツール-2.

もてなす側の実践項目-1.日本旅館和食店・リゾート・まちづくり向け💕実践「心の礎」日本ブランドおもてなしの実践は【応対】を総ての礎とする※「応対」=「相手の立場を主に考え、相手に応じて受け答えすること」                 「応対」=相手(お客様・客人)に対し、その立場や状況を観察しつつ 相手の表情や心の僅かな変化を見逃さず 一早く察知し、受け応えや活動をすること。         そして“私達...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(12) 実践ツール-1~2.顧客情報(集計)

顧客データベース作成の手順    (P=パーソナルD=データ)※データを作る上で様々な個人情報が必要です。 予めその情報のセキュリティ・ロック方法も決めておくこと。日本旅館和食店・リゾート・#まちづくり 向け(№)項目と手順の一例1. ビジター又はリピーター(紹介者有無・紹介先)2. リピーターならその履歴とアプローチ(新・未体験)3. 来日目的の周知・理解・認識(全員)4. 事前情報と訪日対峙時情報、事後フォロー記録(方法・内容)5....

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(11) 実践ツール-1~1.顧客情報

日本ブランドおもてなしの実践-1 【顧客情報】次の顧客(客=お客様・相手・客人・複数客)を意識する。「応対の心を以って」もてなす⇒先ず一番にもてなす客(お客様・相手・客人)情報を得て理解する(注)個人では総て収集出来ない場合は、もてなす側個々人のスキルに合わせて分担する。■相手の心を動かす「おもてなし」知識と「しつらえ」に!日本独自の「おもてなし」は、発祥と言われる茶の湯に見られるように、※1一期一会 (一生...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(10)

第六感(+五感覚)第六感 人の持つ第六感といれる感覚の大小は人それぞれで、天性のものと生き方のプロセスによって差が出るようです。特に感受性の強い人が備え持つ方が多いのではないかと体験から感じます。また、第一印象分析や洞察、運命の人の出会いにも役立つと思われます。この第六感を紐解く上で知情意に関する理解も必要です。【知情意】【意】:コンセプチャルスキル。[ethosエトス]<一人称で思考し、行動できる。徳性・...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(9)

味覚=味わう・舌識・風味※リアルな味&バーチャルな味・心で感じ取る味etc.味覚=舌識(ぜっしき)【以下、仏教の教えより引用】動物の備え持つ「五感」の一つであり、口にする物の化学的特性に応じで認識される感覚で、生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、旨味の5つが基本味に位置づけられます。基本味の受容器は人の場合主に舌にある。基本味が他の五感の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚として、...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(8)

触れる・触れ合う-触覚(=身識)“他人の考えに触れることで、自分のことを知る重要性” ニーチェ触覚=身識(しんしき)の解説 解説(仏教)触覚する心。六識のひとつ。【触れる(フレル)】【触る(サワル)】触覚には、「触れる」と「触る」の二つ表現の仕方が出来る。触れる(触る=サワル)にはリアルなモノに触れる(触る)意と心の触合いなどのバーチャルなコトがある。〇語彙を知るある物が他の物に、瞬間的に、または軽くくっつく。(...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(7)

匂い・香り―嗅覚(=鼻識)/日本のかおり【香を含む日本の諺】〇遠きは花の香(とおきははなのか)意味) 遠くのものは花の香りのように何でもよく感じられ、 近くのものはつまらなく思えるということ。〇薫は香を以て自ら焼く(くんはこうをもってみずからやく)意味) 才能ある人が、その才能のために身を滅ぼすことのたとえ。 「薫」は、香草のこと。香草はにおいがよいために焼かれるという意から〇花は清香によって愛せられ、人...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」-(6)

客人(お客様)の言葉を聴く・聞く耳で聞く言葉や音には有りの侭のリアルな #モノとその裏に隠れた言魂・心の声・意志や心などバーチャルな #コトがあります。人の五感の一つ聴覚「キク」は≪聞く≫と≪聴く≫の二つの意があることを弁えておきましょう。人と人との会話やコミュニケーションは、話すことからではなく『 #聴く』「 #聞く」ことが大事です。豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を備えることは、出合い触合う相手への「思いやり」...

catalog image

#日本ブランド「#おもてなし」!(5)

客人(お客様)をリアル&バーチャルで観る普段の生活での人とのお付合いはもちろんのこと、おもてなしや接客接遇の場に於いても、この五感+六感無しでは円滑な触合い人間関の構築は出来ません。(1)視覚≒相手を肉眼と心眼で見る視覚=心眼・眼力の解説【眼力】 目で物を見る力。視力。ガンリョク。 物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能力。 人や物事を理解する気持ち 理解のあること 【眼識】 ある状況を深く、明解に見抜く力。...