catalog image

恩の意識の大切さ

受けた恩を知り、心に刻み、人々に送る知恩を知り、その恩に報い、恩を送り返す古より、日本人は受けた恩や情けについて意識が高い国と言われています。そこで、「恩」について記してみることにします。※「恩」とは、めぐみ、いつくしみのこと。自分が恵みを受けていることを自覚することを「知恩」と言い、また、恵みに報いることを「報恩」誰かから受けた恩を、自分は別の人に送ることを「恩送り」と言います。そしてその送られ...

catalog image

ポジティブ意識で取組もう-ネガティブ意識から抜け出す

ポジティブに取組む-ネガティブな気持ちから脱出人は、ポジティブ思考≒【明元素】の意識を持つことで心に余裕が生まれ、様々な事が円滑に出来、物事にスムーズに対応・対処出来ます。これは、自分や自分の周りに起こる出来事について常に前向きに捉える事です。勿論、ポジティブ(プラス)思考はストレスも溜まりにくいので、ココロの健康=メンタルヘルスも良好な状態になります。今の社会、心の病気で悩んでいる人達は増え続けてい...

catalog image

学びと知恵のイン&アウト

学びや知恵を生かす利他の活動謙虚に学びや知恵を言動に生かす思いやる心の活動社会がどんなに進化し、発展しても社会を構成する人の『心』は変わりません。人は、日々生活しながら様々な学びや生き抜く知恵を体得しています。どんなに素晴らしい学びや知識であろうともそれらを自らの心の中に確りと落とし込む活動(=インプット)無しでは何の役にも立ちません。落とし込んだことを自らの力で消化し、自らの血肉とし、それを生きる...

catalog image

やる気を見つけ出そう💕

🌈本当のやる気を見つけよう🌈○報酬の働き誰だって、全てが直ぐに上手く出来るようにはなりません。人間は、報酬(ご褒美、賞賛、微笑みなど)と罰によって動かされます。報酬(対価)は、今は出来なくても、いつかはきっと出来る筈だという信念から与えられます。それは人のやる気(モチベーション)を左右します。しかし、何らか報酬(対価)が無くなれば、やる気も消えてしまいますが、この報酬は、対価や事象の見返りと意識しないよう...

catalog image

どちらを優先しますか?心の「在り方」&「生き方」

心の「在り方」&「生き方」※以下、人の目(外見・形)や自らの「生き方」だけを大事にし、周りの人々の心を考えなかったこと、それは人として大変な「過ち」だった、との気付きや多くの反省から記します。現在の日本は、「個」優先社会となり良し悪しに関わらず、国政を司る政治家・公務員、個々人の生活や人との関わり、様々な職場の人間関係や仕事にもその現象が多く見られるようになりました。また、社会で多発しているモラル違...

catalog image

大切な人への意識と言行-診断

診断項目(1)-【大切な人に】誰でも、大切な人を持っています。その中にははもう一人の自分もあります。この項目は、過去の人生を顧み「大切な人」を失ってしまった体験を元に記しました。□=採点記入欄【意識したい=〇/気を付けたい=▲/必要ない=✖】 大切な人に、自己開示をして接していますか? 大切な人に、我欲で甘えていませんか? 大切な人に、自己都合で接していませんか? 大切な人に、無理して(自心を偽って)接...

catalog image

大切な人-「仲間」

「仲間」を大切にする!職場の仲間への意識と言動大切な職場の仲間への思い遣りの言動の主な項目と載せてみました。1. 感謝〇ありがとうのひと声・相手を思った言動、感謝の心でお辞儀をする・挨拶を進んでする(目線・アイコンタクト)・お蔭様の心で接し、話す(自己中は否)・感謝の心を込めて話す・相手を立てる事を意識した言動(尊敬・謙譲など)・常に相手に対し正面で接する・感謝を自ら進んで伝える(言葉・表情・態度)・小さな...

catalog image

「大切な人」-社会生活

大切な人への心と言行心豊かに社会生活する上で、大切な人への思いやりの項目と主な「意識と言動」を載せました。大切な人の為に、年末年始に自分自身を振り返ってみましょう。1. 感謝〇ありがとうの伝達・相手を想った言動、節度あるお辞儀をする・挨拶を進んでする(目つき・アイコンタクト)・お蔭様の心で話す・感謝の言葉、会話を、心を込めて話す・相手への立場転換意識を持つ   ・相手を立てた行動(車道側や通路の端を歩く...

catalog image

「主観」or「客観」-心のフィルター

個々人の心のフィルター「主観」or「客観」?※図は主観と客観を総体的に捉えたものです。皆さんは「主観」or「客観」どちらで物事や人物を捉えますか?主観は、主に相対的な事実を現したものです。詰り、個人的な見方に染められた世界観で、姿形によって識別したり、個人的な推測によって解釈したり、誤った知識の捉え方や、原則的な道徳に対する無明さや、驕り高ぶりや、未知のものへの恐怖心、などを元に理解するように仕向けられてき...

catalog image

主観と客観 (6) プライベートと外の顔

主観・客観(6)-内面・外面多くの人との関わりから、人と触合いや何事も実体験なくしては、の相手の本質(本心)は解らないと学び知り実感し痛い思いもしました。ですから容易く人や物事、事象の批判や評価は口にしてはならないと学びました。わたしの場合、人生後半で学んだ「思いやり」で発した言葉が要らぬ誤解や感情を害したなどと言ったことも幾度かあります。振返ってみるとその殆どが、押しつけがましい言葉使いや、人として○○...

catalog image

主観と客観 (5) 個人の主観

主観と「思い」『想い』個々人の主観(≒自心)を紐解く上で「思い」『想い』の理解認識はとても大切です。「思い」は、どちらかと言うと一人称でり、自分自身の心の領域を表す「田」と「心」、『想い』は、多人称の二人称である相手や相対する物事などを表す「相」と「心」この夫々の語は、異なった二つの文字から組み立ててあると解します。「思い」『想い』の心の占有率は個々人の主観的・客観的な思考力、想像力の大小によって差異が生じます。そ...

catalog image

主観と客観(4)-心のものさし

主観と客観(4)-当たり前のものさし〇自分自身の当たり前の「ものさし」自分自身が「当たり前」と思っている主観であっても、社会生活や人間関係にどの様に生かし活動するのかを、自分と触合う相手、社会や会社の様々な客観的視点の「ものさし」に照らし合わせながら理解判断し活動することが今の情報過多の時代に生きる私たちに求められているのではないでしょうか。正直、私の過去の人生でも体験として、この「当たり前」の「ものさし」が...

catalog image

主観と客観 (3) -個人的主観

主観との「軸」人間が真っすぐ立って居られるのは「骨」があり、その骨が軸となり、立っていることが出来、歩いたり、走ったりすることが出来ます。喩え倒れても、起き上がることができるのは、身体の軸となる骨があるからです。逆にいえば、骨がなければ、立っていることさえいられません。人の心も同様で、その安定のためには、確りした骨が必要です。心にその骨あることで、他人の思惑や世間の風に流さることなく生きられます。...

catalog image

主観と客観(2)-正しい?

主観-(正しいと言う判断基準)🍀『正しい』主観・客観⇒思考(意識)と判断(基準)思考と判断のポイント1.人として何が正しいのかを判断する(道徳・倫理感)2.原理原則を弁え、正論を導き出す 3.公正、公平に判断する 4.無私に徹する(好き嫌いの感情を自制する) 5.利他、誠実、正義、勇気、努力、博愛と言ったことを認識する 6.適正な判断のタイミング(ТPО)の認識する7.強い意志力を備え持つ 8.悲観視や楽観視をせずに客観視する...

catalog image

主観と客観 (1) 個人の主観

主観と客観 (1) 個人の主観-当たり前主観と客観は、対応と応対の心と言動とも言えると考えられます。主観と客観性を共に備えたスポーツマンの世界的な活躍や文化人の社会貢献活動、一方、ネガティブなことでは今年起きた人として残念な様々な事件(京アニ・肉親同士の殺傷事件・無差別殺傷事件・あおり運転・イジメ自殺・・など)それは、犯罪や事件を起こした犯人の主観に拠るものが殆どです。これは、「心の闇」や何らかの原因で...

catalog image

人間力の礎「💖思いやり💖」-心と言動診断

人間力を育む「思いやりの心」≒マナー思いやる心(≒マナー)は、職場内や仲間同士の円滑な人間関係力、企業と人の魅力を創り出し育くむ≪源≫。【アンケートor自己診断】-(採点サンプル) はい=3.まあまあ=2.少し(時々) =1.いいえ=0【評価】-(採点サンプル) よく出来る=4.出来る=3.一部出来てない=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.1. 人と向き合うことの大切さ、その効用を自覚していますか?2. 言行一致をし...

catalog image

無視と心の闇!

無視が「心の闇」と「孤立、犯罪」を生む!こんな体験がありませんか? *挨拶しても知らぬ振り。 *電話をしても返事がない。 *約束したことは実践しない。 *メールで問い合わせてもレスがない。 *SNSでメッセージを送っても既読スルー(KS)。 *「はい」と受諾の返事をしても何もしない。こんな嫌な経験をしたことがありませんか?現在の社会環境は、情報過多になりました。その結果、社会的立場のある公的な人から普通に...

catalog image

依頼を受ける❔ 断る❔

「受ける決断」&「断る勇気」にあなたの人間力が表れる〇依頼されたことを分析し、判断する先ず、依頼内容を平らに、感情を抜きして何故の心を以って、相手の言葉の端々や態度から冷静に受け止め思考することです。受ける際、断る際に重要なことは、「自分自身の受けられる限界を確り弁えておくこと」です。それを知るには、ある程度仕事をこなすことによる経験値も必要ですが、常に自分に「出来るか否か」という想像力を働かせて...

catalog image

取り組み姿勢(12)-人間力を学ぶ

心の学び、体現力の学び!“A.I.にない心の温もりを創る「人間力」を育もう”【視点&5W・1H】情報過多の社会環境で生活していると「頭でっかち」に成りがちです。過去の体験に照し合せて自ら見つけ出したことは忘れません。例えば<信頼>、自分の力で職場内や友人との信頼を築き上げた人はどういった活動や感情が信頼なのか?を心から理解認識できます。また、思いやり、優しさ、誠実などの心の理解や活動も心に落とし込み易いも...

catalog image

取り組み姿勢(11)-自ら考え 行動する人

“自分で考え行動できる人の育成”もう『過去の思考判断基準=常識』は通用しない❗️❗️時代は昭和から平成、そして令和と変わり、生活環境や意識も大きく様変わりしています。人の心や思考・意識は、今迄の当たり前や常識では、適切に対応対処が難しく、通用しない現代社会です。また、温暖化による自然の環境や自然災害も同様です。変化が激しく情報過多な現在の社会環境🌍では、自分自身が出来ないこと(=💓心の能力不足)を、自分の置...

catalog image

取り組み姿勢(10)-心・技・体

心・技・体&心技一体●【心磨き、技練り、心等し】=心技一体現在の社会は上記の「心技体」のバランスが崩れ、【心技一体】ではなく、個々人の対外、対人関係に於ける「技」や見た目の「体」に重視し、肝心な💗心の育成が軽んじられているといるように思えてなりません。外面と内面の差の拡大、いい人と思われたいなど気持ちから言行や態度を曖昧に表現したり、見た目優先したりすると言った、まず自分の都合などの行為が日々の生活...

catalog image

取り組み姿勢-(9)判断&決断

判断・決断のポイント★決断の質を左右する【5要素】①知性 ②情報 ③自信 ④感情の円熟度 ⑤効果的なタイミング。まず、知性について、この要素は大切ですが、ここでいう知性は、日々の問題に適用する知性、詰り“実際的な判断”とか“常識”とかいわれる特質であり、それは、適切な情報や日々の経験と組合せ問題を解決する能力です。より良い決定をするため、決定に関する新しい情報を絶えず収集しておくことです。決定の大部分は即座...

catalog image

取り組み姿勢-(8)マナーは心

リアルな姿勢に『心』が表れる来店のされたお客様は、礼節のあるキチンとした言行、姿勢、態度から、次のようなことを推察したり、期待したりします。・心地よい満足できるおもてなしや接客が受けられる。・スタッフ全員の姿勢はお店の心の表れだから安心できる。・在店中は心地良く過ごせる。・規律正しさを感じて、平等なおもてなしやサービスが受けられる。・キッと提供される商品に満足できるものがある。・大切な人をこの店に...

catalog image

取り組み姿勢所作-(8)自らの姿勢と言行

取組み姿勢・所作・マナーの診断項目現在の自分自身と向き合い、振り返り、自己診断して見ましょう。自分の今後の為にも、△や☓が付いた項目を少しずつでも少なくして行きましょう。 [CH採点基準(例)] 自信あり=◎/はい=○/どちらとも言えない=△/いいえ=☓☑診断項目-抜粋 【採点基準例】よく出来る =3./出来る=2./どちらとも言えない=1./出来ない=01. 相手が、感情を持った人間であると意識していますか?[  ...

catalog image

取り組み姿勢-(7)現場スタッフ

現場スタッフ-姿勢・動作・態度いつも一人ひとりが会社の代表者としてお客様や相手と接している、との意識と社会人としてのモラル(=コンアプライアンス・倫理)を備え持ち、誰に対しても平らな態度で冷静沈着に言行することが大切です。特に店長、現場管理監督者と言った役職者は、全従業員のおもてなしや接客態度を観察すると共に、不適切な態度で従事している場合は直ちに指導し、全員が同一レベルの姿勢態度をするよう指揮する...

catalog image

取り組み姿勢-(6)おもてなし

おもてなしの所作(仕草)&表と裏〇「おもてなし」は、表裏なしおもてなしの裏と言われるものは、主人が客人に対する目に見える所作(仕草)の形や言行の心「コト」を指しています。この「コト」は主人客人、夫々の体験から生まれます。言い換えるならお客様に接するスタッフの裏に隠された思い遣る心で心からもてなす接客サービスをすることが大切だということです。また、「コト」は舞台で言えば、「黒子の役割を果たす心構え」を言...

catalog image

取り組み姿勢-(5)心のイノベーション

【心・技・体】それぞれの取り組み姿勢-1.●心のイノベーショントに取り組む!“もう、今迄の当たり前(常識)は通用しない”◎社会と共に激変する取り組み姿勢今、日本の社会ではその取り組み姿勢が問われ、その為の「個々人の人格形成」が求められている。変化の激しい現在社会は、格差や自分の出来ないことを他人や環境のせいにしていては、生き抜くことは困難な社会環境です。ではこう言った環境や事象に柔軟に対応できる社会人をどの...

catalog image

取組み姿勢-(4)所作

サービス業従事者の所作〇個々の資質に合った所作※1.(≒※2.作法)【所作と作法の原義】※1.所作=行い。振る舞い。しわざ。身のこなし。しぐさ。また、演技の動作。※2.作法=物事を行う方法。決まったやり方。決まり。しきたり。個々人の所作とされる動作や態度は本人のスキルと感情、その時点の店舗や場所などでの営業環境とその状態、周囲の人的環境に状況によって、かなりの差が生じます。動作の基本は何時も、お客様の身になって...

catalog image

取組み姿勢-(3)心身の姿勢②

心と身体の姿勢-身嗜み②..⦿日本人とメラービアンの法則古より、私達日本人は、「他人の思惑が気になる」「他人の目が気になる人」「他人の視線が気になる人」「他人の噂が気になる」 「他人の評価が気になる」と言っても過言ではないと思います。同時にこのような日本人の特質からも、自分に対する他者の見方即ち、思惑を無意識の内に気にするのは当然であるとも思います。最近はあまり使われなくなった、「外面(そとづら)と内面(...

catalog image

取組み姿勢-(2)心身の姿勢①

〇心と身体の姿勢-身嗜み①接客業従事者として大切なのは、お客様に対して、どんな状況であってもどなたにも感情に左右されず、平等に、観察・お世話しようとする心の取組み姿勢とその表し方を理解認識し備えておくことです。特に見た目の身体の姿勢である仲間や部下の、接客係として客席に於いての態度、姿勢、待機時、通路などでの姿勢を、常に自らが意識すると共に、互いがチェックし合い少しでも不適切な姿勢の者は速やかに互...