catalog image

「承認欲求」を満たす言行と心

具体的な認める言葉、態度を知る!認められる「認めること」上のマズローの承認欲求にあるように=「承認」「確認」「信認」「認知」「容認」を意味する先ずは、自分自身をよく知り自らが自信を持つために真摯に自分と向合い嘘偽りなく認めることから始まる。※心身で表す認める活動は、社会生活上で#対人関係力(心の活動≒#思いやり)の原点備考)下表は実体験を元に作ってみました。   採点・チェックリストやドリルにもお使い頂けます...

catalog image

認める心の活動って?

認める意識と心掛け認めることは相手の心を支える第一歩1. 相手の為に、役に立ちたいと意識する2. 人間としての温もりを意識し、表せるように意識する3. 相手の話に返事で頷いたり、相槌を打ったりしながらの会話を意識する4. 寛容さを持って接するよう意識する(広い心・許す心)5. 同じテーブルで会話できるよう意識する6. 相手に対する信用、信頼の言動、態度に心掛ける7. 受容・傾聴を意識する8. 内容によって同情、共感、共鳴を...

catalog image

認める活動する人

積極的に認める人のタイプは!挨拶をしたり、返事をしたり、感謝したりすることは、人を認める活動の一つです。それは、繋がりや信頼などの対人コミュニケーションの礎です。この対人関係において認める活動がないと「心の闇」を作る原因にもなります。 ...

catalog image

認める☞支え支え合う活動

「認める」&「認められる」活動  サービス業/敬語の原点       ☟☟☟☟☟☟☟〇「認める」ステップ【原点】-自分はいつも誰かに支えられていると自覚する観察する☞見つける☞認める☞信じる☞信頼する☞尊敬する ○「認められる」活動イ) 認められる(=支え合い)→褒められる→信認される  →親しまれる→信頼される→尊敬される→表彰されるロ) 自分自身は多くの人に支えられている自覚  →肉親・親友→仲間→周りの人→会社(組織) →...

catalog image

承認欲求を満たす-認める活動

自信の源【承認欲求満足】の活動 新型コロナウイルス感染防止で自粛が長引くと、人の心に様々なネガティブ要素が芽生えて来ます。誰がに対し、そのようなネガティブな気持ちを抱いた時は、自分は果たしてその人を「💓ココロ💓を持つ独り人として認めているだろうか?」と自心に問いかけてみることも平常心を持つためにも必要です。⦿「認め」「承認」「信認」人の心を育むためのコーチング活動の礎、認める・信認、褒める、諭す、励ま...

catalog image

自分を受容れる心の活動-「認め、理解する」

簡単に出来る自分と「向き合い」心の【礎】を築く活動今日本は、個の生活が柱となり、人に干渉されたくない意識と裏腹に、他人と繋がりたいと思う心と自己主張する心が同居する複雑な社会に成りつつあります。そのような現代社会での人間関係は、互いが「認める、認め合う」、そして人を「思いやる」ことが、その人の「心の礎」となると考えます。同時に、人は他の人に支えられていきていられると自覚しながら、一方で自らがその認...

catalog image

認知の活動-【認めて褒める】

「認め、認め合う心と活動」を大切に!社会での日々のお付き合いや触合う中で、大切なことは互いが人間として「認め、認め合う」ことです。その円滑な人との関り、繋がりに欠かせないのが「認める」「認め合う」の心と言動です。対象となる人を「認める」ことは態度に表し、言葉を発する前の、自分自身の心の持ち方やその取組み姿勢がベースとなります。人々が先ず、人としてお互いが「認め、認め合う=認知」ことのキャッチボール...

catalog image

認知-認める、認められる

認める、認められて伸びる人は!・嫌いな人は運命の人と自覚出来る人・褒められて伸びる人・叱咤激励されて伸びる人・報酬など、何らかの見返りを示され伸びる人・プライドをくすぐられ伸びる人・感謝されて伸びる人・劣等感を持ち、反骨精神で伸びる人・生活環境に左右され伸びる人・志を掲げ、その目的達成の為に努力し伸びる人・努力している姿を言葉や行為で示され伸びる人・有言実行の出来る人・成功志向が強く実利的な人が伸...

catalog image

人として認める「心と活動」

互いが人として信認し合う少子高齢化社会、不安の拭えない社会環境、個の意識の高まりに依る引きこもり、人としてあるまじき犯罪やいじめ、ハラスメント、孤立死や孤立による自殺者の増加、このようなことの起因は、個中心の社会になり自己保身が優先するが故に、他者を「認める」意識の欠如にあると思われます。詰り、円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、先ず「人を認める」と言う言葉や態度です。この「認める」言動や態度...

catalog image

「認め、認められる」-陰と陽

個人中心社会の「陽と陰」現在の日本は、個人の生活が柱となり、他者に自分を干渉されたくない意識とは裏腹に、一方で他人と繋がりたいと思う心と自己主張する心が同居する複雑な社会環境に成りつつあります。そのような現代の社会環境の中での人間関係は、互いに「認め、認め合う」ことが「心の礎」となっています。同時に、人は、他の人に支えられて生きていられると自覚しながら、一方で自らがその認識のためも含めて、孤独さや...

catalog image

自分を理解する-「認める活動」

自分を知り、認める“自分の文字は、「自」+「分」”1.自らを分ける(自分を知る・自己分析)。 (自己分析=別々にする。分配、区分、配分、分業、分解。) どういう自分がいるのか、自分が知らない自分も含め、己を知るということです。2.自らを分かる。 (保有能力・スキルの量。作っている基。気分。)  ✡他人&自分と「向き合う」 自分を知り、認めるには、自分と向き合い自分が知らない自分を知る、 そしてその自らを分か...

catalog image

間違い(過失)を素直に認める

素直に間違いを認める(出典不詳)自らの間違いを素直に「認められる人」は、 それだけ色んな意味で成長も早い人だと思います。 人の忠告や指摘を、感情に捉われることなく心の中に受入れられる人にこそ、器の大きさを感じます。 理想はそうなのですが、実際は中々受け入れ難いのも事実。増して、その忠告や指摘の中に、 嫌味や負の感情を見つけ出してしまったとしたら尚更です。 ★相手の負の感情に腹が立ったからと言って 言われた...