catalog image

認める☞支え支え合う活動

「認める」&「認められる」活動  サービス業/敬語の原点       ☟☟☟☟☟☟☟〇「認める」ステップ【原点】-自分はいつも誰かに支えられていると自覚する観察する☞見つける☞認める☞信じる☞信頼する☞尊敬する ○「認められる」活動イ) 認められる(=支え合い)→褒められる→信認される  →親しまれる→信頼される→尊敬される→表彰されるロ) 自分自身は多くの人に支えられている自覚  →肉親・親友→仲間→周りの人→会社(組織) →...

catalog image

認める心の活動って?

認める意識と心掛け認めることは相手の心を支える第一歩1. 相手の為に、役に立ちたいと意識する2. 人間としての温もりを意識し、表せるように意識する3. 相手の話に返事で頷いたり、相槌を打ったりしながらの会話を意識する4. 寛容さを持って接するよう意識する(広い心・許す心)5. 同じテーブルで会話できるよう意識する6. 相手に対する信用、信頼の言動、態度に心掛ける7. 受容・傾聴を意識する8. 内容によって同情、共感、共鳴を...

catalog image

認める活動する人

積極的に認める人のタイプは!挨拶をしたり、返事をしたり、感謝したりすることは、人を認める活動の一つです。それは、繋がりや信頼などの対人コミュニケーションの礎です。この対人関係において認める活動がないと「心の闇」を作る原因にもなります。 ...

catalog image

自分を認める活動って?

自分を認めて生まれる意識と活動自分を自ら認めるためには、まず自分自身と向き合い未知の自分自身を知ることです。その自らを理解すること、言い換えるなら、素直に今のありのままの自分を認めることです。社会生活で他人と触れ合いその人を認め理解するために、己の器を知り、認め、自らの尺度(判断基準)を確り知り、弁えておくことです。そして、それは相手を大切にし、重んじる思いやる心です。【活動&意識】-抜粋1. 自分の...

catalog image

「認める」活動は?

認める具体的な活動お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私達は、他者に生かされ、認められながら日々生活をしています。みんな他人に「認められたい」と思う気持ちは、人間である以上多少なり持っています。しかし、何人、何事に対しても「認められたい」「認めて欲しい」「認めさせる」などと言った「見返り」を意識した活動は、決して良い結果を生まないことが多いと思われます。人に、「認められたい」と思うなら、先ず「認める」...

catalog image

大人(社会人)の義務&責任

認め合う活動-人間としての義務&責任お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 ※以下松下幸之助氏 「一日一話」 から引用我々お互いが、自ら進んで常識を豊かにして行くとか、仕事の力を更に高めて行くということは、勿論自分自身の為ではありますが、それは同時に、社会に対する一つの義務でもあると思います。例えば、我々の社会で、総ての人が一段ずつ進歩したとするならば、社会全体も一段向上します。ところが他の人が皆三段進歩...

catalog image

「認める活動&勇気」-1.

現在の承認欲求「認める活動」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用豊かな環境で生活する現在の日本の少子高齢化社会に於いて、コンプライアンス(≒モラル)違反行為、孤立、いじめ、ハラスメント、事件や犯罪などを少しでも無くすため、個々人の心身り安心安全のためにも【承認欲求】と言われる自他の対人関係になくてはならない様々な「認める活動」と、それを行うための「勇気」に目を向け、向き合う意識と力を身に付けなければなりません...

catalog image

認める【一言】-対面&非対面時

不安を与え易い「一言」(電話&メール)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用☎やmailで伝えた用件の重軽に関わらず、「折り返します」「後程」「改めてこちらから」と返事され、所要時間や日時を知らされないまま電話を切られることが多々あります。内容にもよりますが、聞く人は相手に『期待感』が生まれ色々な想像したり、想定します。ビジネスなら尚更です。そして、連絡が来ないと要らぬ心配や想像し、多少なり【不安感】を覚えてい...

catalog image

心の礎「認める、認め合う」

自分をいちばん理解し、愛せるのは自分だけ!そして、真の自分の心と向き合い、知ろうとしないで、自心に言い訳や嘘をつき、背を向けて生きている自分もいます。今迄見えなかった色々な世界が見えることに気付くのに、みんなに生かされ生きているって、もったいない、です。※私見ですがそう思います。お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用◎誰でも簡単に出来る自分と「向き合い」心の【礎】を築く今の日本は、個の生活が柱となり、他人...

catalog image

認める・褒めるスキル

認める・褒めるスキルは「先心後技」でお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「認めるスキル・褒めるスキル」は、“先ず、相手を思いやる心”があってこそ生かされる。認め、褒めることは本気で真剣に相手を考える心と洞察力、思いやり、気遣いが必要です。中でも、褒めることは状況によっては、本心から褒めて言いても、素直に受入れられず、心にも無いことをヨイショしている、お世辞を言っている、または、何らかの見返りが欲しくて褒...

catalog image

承認とコーチング

「認め」「承認」「信認」⇒【承認】の活動 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人を育むコーチング活動で、認める・信認、褒める、諭す、励ます、受け入れる、自己開示など、直接相手のモチベーションを高めるアプローチを総称して「承認」と呼んでいます。「承認」は人を動かす力を持っています。しかし、言われて嬉しい「承認」もあれば、素直に受入れられず反発を感じてしまう場合もあります。「承認」をする場合は、先ず受け止め...

catalog image

人との触合いは、先ず【認める】ことから

「認め、認め合う心」を大切にお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用社会での日々のお付き合いや触合う中で、大切なことは互いが人間として「認め、認め合う」ことです。その円滑な人との関り、繋がりに欠かせないのが「認める」「認め合う」の心と言動です。対象となる人を「認める」ことは、態度に表し、言葉を発する前の、己の心の持ち方やその取組み姿勢がベースとなります。この度の岩手で起きた中学生のいじめによる自殺SOSを...

catalog image

認める活動の源

「認める」から生まれる他者への意識お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用⦿認める活動は1. 人としての温もりを表現する2. 相手の為に、役に立ちたいと意識する3. 相手の話に頷いたり相槌を打ったりしながら会話する4. 寛容さを持つ(広い心・許す心)5. 同じテーブルで会話する6. 信用、信頼の言動、態度をする7. 傾聴を意識する8. 共感共鳴出来る9. 小さなことでも褒め、讃えられる10. 安易に判断、決断しない11. 同情する12. 心と感情...

catalog image

自ら認める、認められる

自ら認める、人から認められて伸びる人のタイプお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用・嫌いな人は運命の人と自覚出来る人・褒められて伸びる人・叱咤激励されて伸びる人・報酬など、何らかの見返りを示され伸びる人・プライドをくすぐられ伸びる人・感謝されて伸びる人・劣等感を持ち、反骨精神で伸びる人・生活環境に左右され伸びる人・志を掲げ、その目的達成の為に努力し伸びる人・努力している姿を言葉や行為で示され伸びる人・有...

catalog image

認める心

信認し合うお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用少子高齢化社会、不安の拭えない社会環境、個の意識の高まりに依る引きこもり、人としてあるまじき犯罪やいじめ、ハラスメント、孤立死や孤立による自殺者の増加、このようなことの起因は、個中心の社会になり自己保身が優先するが故に、他者を「認める」意識の欠如にあると思われます。詰り、円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、先ず「人を認める」と言う言葉や態度です。この「...

catalog image

認める心のエンジン

認める心のエンジンを動かすお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人は得てして、「認めて貰いたい」と言う他人の心のエンジンを動かすことに目が向いてしまいます。何故か、その元となる自らの心を認識する「己と向き合う」心のエンジンを動かそうとしません。本当に大切なのは、先ず自省(内省)の「自分と向き合う」エンジンを動かすことではないでしょうか。この自省(内省)と言われる自分自身をより深く知るためのエンジンを動かすこ...

catalog image

心の礎「認め、認められる」

個の社会の陽と陰お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在の日本は、個の生活が柱となり、他者に干渉されたくない意識と裏腹に、一方で他人と繋がりたいと思う心と自己主張する心が同居する複雑な社会環境に成りつつあります。そのような現代社会での人間関係は、互いに「認め、認め合う」ことが「心の礎」となっています。同時に、人は、他の人に支えられていきていられると自覚しながら、一方で自らがその認識のためも含めて、孤独...

catalog image

己と「向き合う」-自分を知り、認める

自らの心を知り、認めることで生まれる意識お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用1. 自分自身と真摯に向き合えるようになる2. 己の心や姿勢を指差せるようになる3. 自分の弱みを知ることで自己啓発出来るようになる4. 自分自身の強みを知ることで本来の姿が見えるようになる5. 自分の脆さを自覚出来るようになる6. 心の優先順位の識別が出来るようになる7. 自己開示が出来るようになる8. 直な心が芽生える9. 自己顕示やアピールをする際...

catalog image

自分自身と「向き合う」・・・己を認める

自分の心を知り、認めるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人は皆、元来孤独で寂しがり屋ではないかと思います。弱く脆い自分や格好の悪い自分自身を認めたくない、そんな気持ちは自分と向き合う為に必要ありません。今の自分自身の心と姿を素直に認めて下さい。同時に、自らの当たり前の意識を見直すことを心掛けるようにすることも必要です。その為に、先ずは、今の自分自身を客観的に見つめ、認めることから始めることです。今現...

catalog image

自分と向き合い、己を知る

自分を知り、認めるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用“自分の文字は、「自」+「分」”1.自らを分ける(自分を知る・自己分析)。 (自己分析=別々にする。分配、区分、配分、分業、分解。) どういう自分がいるのか、自分が知らない自分も含め、己を知るということです。2.自らを分かる。 (保有能力・スキルの量。作っている基。気分。)  ✡他人&自分と「向き合う」 自分を知り、認めるには、自分と向き合い自分が知らない自分...

catalog image

「認め、認め合う」心と行動

総ては、認めるからお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間関係はお互いが自分を「認め、認め合う心」ことから始まる 日々の人とのお付き合いや触合いの中で、忘れてはならないのが「認め、認め合う」ことです。 円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、この「認める」「認め合う」と言う意識と言動です。 また、職場や会社で離職する原因の一つとされていることでもあります。 一昨年の東日本大震災に於いて、多くの被災者の...

catalog image

御縁は認知、認証から

認知・認証のCHリストお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用認める、認められることを大切に ★認知・認証を自覚し、実行出来ていますか?1. 相手の存在を意識した言動をする2. 心身の状態を察知した言動をする3. 同じテーブルで会話する4. 落ち着いた態度で会話する5. 冷静沈着に心掛ける6. 相手の能力に合わせて会話する7. 話すより聴く(聞く)事に重点を置く8. 相手の話の腰を折らない9. 共鳴、共感、共有に心掛ける10. 何故の心を...

catalog image

【認められる】こと

【認められる】から始まる心の触合いお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「〇〇〇さん、おはようございます」と挨拶して「△△△さん、おはようございます」とアイコンタクトで挨拶を返してくれると、とっても自然な温かさやとても爽やかに感じます。これは言うまでもなく、相手から自分が「認めてられている」言動です。ところがどんなに一生懸命挨拶しても、コックリと頷くなら多少ホッとしますが、聞こえたのか聞こえないのか、こちら...

catalog image

【認める】

「認める心」=認証するお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人として触合う相手を「認める」ことは、全て人の「心の礎」であると共に、日々生きる上で無くてはならないことです。辞書によると【認める】=見える、気付く、判断する、よいと評価するとあり、1目にとめる。存在を知覚する。気付く。2見て、また考えて確かにそうだと判断する。3正しいとして、また、構わないとして受け入れる。4能力があると判断する。5気をつけて...