catalog image

ひと言(=一言)の挨拶言葉を大切に!

ひと言(一言)の挨拶に人物が表れる※ひと言は「👨人👨」の言葉!長い文言で表せない心のメッセージである日々の「ひと言の挨拶」に心を篭めてしていると、その挨拶をすればするほど「利他の精神」と共に「💗愛💗」が心のプールに溜まって行き心が豊かになります。このような挨拶のスキルを育むことは、自分が自由になる感覚が強くなります。心を込めた挨拶をする度に、豊かな人間関係の構築がなされるのです。心を込めた「ひと言」の挨...

catalog image

意味 「行ってきます」 「いってらっしゃい」の意味

お出掛け時の挨拶言葉 「行ってきます」 「いってらっしゃい」の語彙出かける時の「行ってきます」の明日察言葉には、💞これから外で仕事をしてきます。💞外出先で頑張ってきます。💞留守にしますが、留守中の色々なサポートやアシストをお願いします。💞留守中の安全と保守をお願いします。  何か用件が入ったら、代わりに応対や対処しておいて下さい。※このような語彙のある「行ってきます」に対しての返事は、 「はい」だけでは...

catalog image

「こんばんわ(は)」の意味

夕刻~夜の挨拶言葉「こんばんわ」の語彙日々何気なく使う挨拶言葉「こんばんは=今晩は」には、次のような心があります。挨拶する際にこの心を意識することは、豊かなコミュニケーションを作る礎です。🌃今晩は如何お過ごしですか?🌃こんな晩まで、お疲れ様です。🌃夜になりましたが、お元気ですか?🌃今日も晩方になりましたね。🌃挨拶した相手への一日の労いとその人を慈しむ心。...

catalog image

「こんにちは」の意味!

昼の挨拶言葉-「こんにちは」の語彙日々何気なく使う挨拶言葉「こんにちは=今日は」には、次のような心があります。挨拶する際にこの心を意識することは、豊かなコミュニケーションを作る礎です。☀️今日と言う一日、どうぞよろしくお願いします。☀️ あなたに出会ったことに感謝します。☀️ 皆さん、私は元気ですから、要らぬ気遣いはしないで下さい。☀️ 今日と言う一日の為に、新しい気持ちで仕事に励みましょう。☀️ 今日一日皆さ...

catalog image

「おはようございます」の意味

朝の挨拶「おはようございます」の語彙日々何気なく使う挨拶言葉「おはようございます=お早うございます」には、次のような心があります。挨拶する際にこの心を意識することは、豊かなコミュニケーションを作る礎です。🔴あなたに支えられていることに感謝します。🔴私は元気一杯です!(よ)🔴あなたは(も)元気ですか?、皆さんはいかがですか?🔴早朝からお疲れ様です。(ご苦労様です)🔴皆さん、私は元気ですから、要らぬ気遣いはしない...

catalog image

挨拶のの心「一I挨一拶」

あなたの心の現れる-挨拶   【挨拶は、互いの心の通い合い】   実社会での様々な対人関係やおもてなしは、   総て「挨拶」から始まります。   禅の教えに「一挨一拶」(イチアイ、イチサツ=イツサツ)、   と言う熟語があります。   この言葉には、   「自らの心を開いて、相手の心に近づく」   と言う語彙があります。私見ですが、「一挨」(いちあい)は ・一会いは、一つの出会い ・一逢いは、一つの出逢い・巡り逢...

catalog image

『挨拶』の研修テキストー(サンプル)

『挨拶』の講座テキスト-サンプル教材※挨拶研修に使ったテキストです。(短時間の研修向き)■『挨拶』の語源挨拶は、相手の心を開き、相手の良い部分を引出す。磨かれた挨拶は、利他心を育み、素敵に輝き、人を幸福に導きます。『挨』=「開く」「押す」「迫る」 『拶』=「押し返す」「引き出す」「迫る」■『挨拶』時のポイント「あ」アイコンタクトして (or) 相手の目を見て(相手に向かって)「い」いち早く (or) いつでも「さ...

catalog image

「おはようございます」&「いらしゃいませ」

『おはようございます』・『いらしゃいませ』の💗心💗朝の「ひと言」の挨拶を大切に!挨拶は人間の基本であり、人間関係の原点です。では、なぜ挨拶が人間の基本なのでしょうか。挨拶は、人間関係の原点であり相手に対する思い遣りの気持ちそのものです。挨拶の言葉には、いくつもの思いが篭められています。挨拶は、「礼節」を以って表わすとよく言われます。では、礼節とはどんなことを言うのでしょうか。「礼」は、相手を尊び敬う...

catalog image

心の温もりを「ひと言・ひと声」に!

ひと言、ひと声に『心』を載せて『人』には、身体に体温があり、その心には温もりを備えています。その『人』の心の温もりは、言葉で伝えることが出来ます。『人』の文字は、言うまでもなく支え、支えられていることを表しています。また、言葉の文字は「心」と口」と様々な「言の葉」の「葉」で組立てられています。と言うことは、言葉には話す人の「心」(言霊)が存在していることを表しているのです。人と人との結び付き、繋がり...

catalog image

挨拶力育成法?

「挨拶力」7つの育成ステップ 第一のステップ  認める 「まず、認めることの大切さを自覚させる」お客様からすれば、自分が客として挨拶されると言うことは、自分自身が大切な人として認めてもらえていることだと理解、自覚させる。第二のステップ  原義を知る 「何故(どうして)の心で、挨拶の原義を知る」挨拶の語源は、「相手を押す、押し合う」、「挨」という語にも「拶」という語にも共に「心を開く」「迫る」という意...

catalog image

心を通わす挨拶は➡「察知(洞察)活動」

👀目配り(観察)-あなたの魅力UP挨拶時、相手への目配り・気配り・気遣い・心配り・心遣い=思いやる心は、社会生活上で心を表すマナー(礼儀作法)であり、人とのコミュニケーションでも人と触合うおもてなしやサービス業で接客する上でもとても大事です。豊かな人間関係のため、観察・察知(洞察)を挨拶に!間もなく年末(年始)を迎え、色んな方と挨拶を交わす機会も多くなります。触れ合う人と挨拶を交わす際、挨拶の原義「押す、...

catalog image

挨拶とお辞儀-#新社会人向

あなたの心を現す挨拶と形 〇挨拶に心を表現する(挨拶言葉とお辞儀)「礼に始まり礼に終わる」これは礼儀作法の教えです。おもてなしや接客における「礼」は『挨拶』であり、簡単な当り前の事ですが、中々マスター出来ません。それは見た目の形式や形に捕らわれて、肝心な「心や気持ち」が入っていないからではないからではないでしょうか。お客様には勿論、仲間や社員同士でも自然に心の篭った挨拶が出来るよう努めましょう。挨拶は...

catalog image

【挨拶】心得&活動

自他の挨拶を顧みるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用挨拶診断A.心得・認識1. 挨拶の語彙を理解していますか?2. 良い挨拶は、承認欲求を満たすと意識していますか?3. 挨拶することを軽く考えていませんか?4. 挨拶をする目的と影響力を認識していますか?5. 挨拶で心と心を繋げるよう精進していますか?(心の触合いは挨拶から)6. 挨拶はコミュニケーションの源と自覚していますか?7. 挨拶は、御縁の源と意識していますか?8. 真...

catalog image

誰彼かまわず『お疲れ様です』 ⁉

挨拶言葉に心が表れるこれで良いのか?語彙軽視、形ばかりの挨拶お薦め度【★★★★★】全業種、業態用 ○労いの挨拶言葉「お疲れ様です」 ※労う (ねぎらう) 辞書検索    苦労や骨折りに感謝し、いたわる。現代では、「従業員の労を労う」同等または下の人に対して用いられている。  他の使い方=労を労う、使いの人を労う、激務にある人を労うなど先日の『ヨルタモリ』(フジテレビ系)でのタモリ氏の「子役が誰彼かまわず『お疲...

catalog image

挨拶と笑顔で他者と触れ合う(新)

挨拶時の笑顔と察知力お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用あなたが今迄、仏頂面で「挨拶」していたのなら、今日から溢れ出る笑顔で「挨拶」しましょう!挨拶と笑顔は、人との繋がりの原点、サービス業やおもてなしの登竜門、と言われていますが、その限りなく大きな影響力に気付き、関心を持って積極的に身に付けようとしている人は、まだまだ少ないのではないかと思います。◆面識の有無に関わらず挨拶時に推察、察知する。 ※いち早く...

catalog image

礼&挨拶

礼儀・礼節&挨拶お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今の日本は、即効性と利便性の時代が終り、作法やマニュアルなどの定型で表現できない感動と互いの絆を確かめるための心と心の繋がりと個々人の精神的満足感を味わう社会となりました。現代は変化が激しく予測が困難な時代、価値観が多様化している社会と言われますが、「心の礎」となることはいつの世も変わりませんし、必要不可欠です。それを支える土台は人としての『品性』即...

catalog image

「はい」の返事-新

「はい」のひと言に心を込めてお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※夫々の【 】内の文字の語彙を意識して言う。① 存在感【輩】 「私は今ここに居ます」という存在感を『はい』と元気よく言って表す。 会議や学びの場で挙手をする時『はい』と元気よく言って自己アピールする。 離れた場所から呼ばれての返事は、相手から居場所が分かり安心感を与えます。② 受託・認証【背・拝】 言われたことを素直に認め、それを受け入れた時、頷...

catalog image

挨拶にあなたの心が現れる!

おもてなしは【挨拶】から【お辞儀】と【挨拶】を見直す 最近「接客」や「おもてなし」に対する意識や表現などへの取組み方が注目を浴びております。特に様々な接客、接遇業界においては顕著に現れてきているようです。 「おもてなし」には、形ある商品の『もの』と、人の行う接客の『こと』があります。この『こと』を形に表す第一歩は、礼である【お辞儀】と心を示す【挨拶】からです。 日常生活で、ごく当たり前である【お辞儀...

catalog image

挨拶-原義の解説

原義の説明⇒(子供と大人)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 〇子供への説明純な心の子供達から「あいさつは、どうしてするの?」とよく質問されます。① 「新しい友達をつくるため」② 「誰からも親しみやすい自分になるため」③ 「知り合いの友達と仲良くするため」④ 「親しい友達と心のキャッチボールをするため」⑤ 「友達の返事から、心と体調を知るため」⑥ 「自分の気持ち健康状態を心配させないため」⑦ 「親兄弟への礼儀として」⑧...

catalog image

挨拶を大切に!

挨拶は心と心の潤滑油お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用年末年始に、挨拶はとても大切です。様々な対人関係やおもてなしは、総て「挨拶」から始まります。挨拶の原義は「一挨一拶」(イチアイ、イチサツ=イツサツ)、と言う熟語で表わされます。この言葉には、「自らの心を開いて、相手の心に近づく」と言う語彙があります。思いやる心を表現伝達する為にも挨拶は疎かに出来ません。この内容は、自らの心を伝え、魅力溢れる素敵な「挨拶の達人」...

catalog image

挨拶の原義とひと言、ひと声

ひと言・ひと声は、「人声」「人言」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用挨拶は「人の声」だと言う自覚、そしてその原義は、相手を認めることの第一歩として、一人の人間、社会人として、親としても「当たり前」に弁えておくべき大切ことです。【挨拶の原義】1. 原義は、[押す、押し返す、迫る、開く、知る(察知する)]の意2. 新しい人間関係の原点3. 人としての礼節として4. 社会人の義務として5. 感謝の心を現すため6. 人間関係を...

catalog image

【挨拶とレスポンス】の当たり前

認める心の表れお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用〇挨拶とレスポンスに「認める心」が表れる。円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、先ず人を認めると言う意識と態度、言動です。それは、対面、非対面に関わらず「挨拶」や、メール、SNSの「メッセージ」に表れます。例えば、対面時挨拶をしても「無視」された「糠に釘」の態度、心無い挨拶、SNSツールで何らかの答が欲しくてメッセージを入れ既読の表示がされている...

catalog image

人生と挨拶

「挨拶」にその人の想いや心が現れるお薦め度【★★★★★】全業種、業態用確かサービス業に入って二、三年たった頃だと記憶していますが、勤務先のママに「私達の仕事は、挨拶で始まり挨拶で終わるのです。人生も同じですよ。」と教えられたことがありました。未だ二十歳そこそこの私は、仕事については理解が出来たのですが、其の時は後の半分の人生のことは解りませんでした。でも、不思議なことに、そのママの短いこの言葉はいつも...

心と心を繋ぐ、「挨拶と感謝」の表現

心と心を繋ぐ、「挨拶と感謝」の表現とそのポイントお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用挨拶・会話力を身に着ける第一歩は、先ず基本となる礼の形、言葉、仕草を覚えることです。次に相手に合わせた、あなたにしか出来ない、あなただけの個性的な挨拶を身に着けることです。また、忘れてはならない大切な心構えとして、感謝(有難い・嬉しい)と奉仕 (見返りを望まず・求めず) の心を持たなければなりません。特に大切なのは、感謝の伝...

当たり前の挨拶を振返る

「当たり前」になっている挨拶を見直すお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本の経済社会は、デフレ化が一層進み、物が溢れ、価格競争が一段と激しさを増し、また商品や店舗に関わる欲しい知識やいろんな情報が簡単に手に入る現在です。このようなデフレスパイラルとこの度の東日本大震災の復興やこれから迎える少子高齢化社会、2050年問題として世界から注目されている「ジャパンシンドローム」など、この様なこれからの厳しい...

心を通わす挨拶を!

何気ない挨拶に、おもてなしの心を込めるお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用挨拶は、心と心を通わせ合う為のキャッチボールであり、おもてなしや接客の登竜門です。そして、心の篭った挨拶をすることは、相手に対する思いやりを現わすことなのです。普段何気なく挨拶している「おはようございます」「こんにちは」「お疲れ様です」のひと言や感謝の挨拶言葉「有り難うございます」の前後に、伝える人の名前を入れてすると挨拶は更に...