#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 接遇・接客チェックリスト(ホテル)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2017-夏


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

ここに投稿してある「人の心」や「対人関係」の記事は、壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の楽やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方等を過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから、書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かし使えません。

お読み頂く異なった心やSkillを持たれている個々人に見合った内容を選択して生かして頂ければ有難いです。
コミュニケーション思いやりなどの人の心に関する色々な記事は決して押し付ける意図で投稿しておりません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。教材-営利を目的とした無断の引用転載は禁止しています。
使われる場合は、記事の右、Categoryの上にある「問合せMail」で、お名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

ホテルスタッフチェックリスト (勤務態度・接客接遇チェックリスト)

採点 [良=2・並=1・劣=0]

A.勤務態度のチェック

①職務中私語雑談はしなかった。
②自分の表情、姿勢を常にチェックしていた。
③チームワークを意識し職務に取組んだ。
④仲間への挨拶ははっきり大きな声で、相手の目を見ておこなえた。
⑤職場の仲間を大切にした。
⑥勤務時は常に節度ある態度を心がけた。
⑦職場の清潔感(清掃、清潔、整理、整頓、美化)に心掛けた。
⑧自己啓発に心掛けた。
⑨遅刻、突然の休みの時は、前もって連絡をいれた。
⑩体の具合が悪い時、前もって申し出ていた。

B.接遇応対のチェック

①いつでも笑顔を絶やさなかった。
②その日の気分、好き嫌いでお客様に接しなかった。
③常に節度ある姿勢と身嗜みを心掛けた。
④お客様に対し「大切な人」の意識で応対出来た。
⑤お客様に対し「感謝の気持ち=有難い」で応対出来た。
⑥いつでもお客様に伝わる心を込めた挨拶が行えた。
⑦挨拶は時間とお客様のタイプに合わせて行えた。
⑧会社の代表としての意識を持ちお客様に接遇出来た。
⑨常にお客様最第一を心掛けて職務に臨んだ。
チェックインの際お客様の表情や状態に合わせた挨拶が出来た。
⑪客室に不行き届きがなかったか確認した。
⑫会計時にお蔭様の気持ちで心から挨拶出来た。
⑬お客様と会話時にアイコンタクトしながら出来た。
⑭お客様に接する時、客層に合わせ適切な応対用語が使えた。
⑮お客様の声(情報・不満)は必ず上司に報告した。
⑯館内歩行、立つ場合は定められた姿勢と態度で行動した。
⑰館内のどんな質問にも答えられるよう知識習得を怠らなかった。
⑱電話の応対には常に気を配った。
⑲お客様へお顔、お名前、ルーム№を覚えるよう意識した。
⑳常に定められた待機の姿勢でフロント業務が行えた。

ブログパーツ

スポンサーサイト