#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 職能基準書

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
2016・6


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載せてる記事は、現在までの実体験と人生後半の学び、その中で得られた自心の気付きや知恵です。
コミュニケーションや人財育成のポイント、自心の持ち方などがありますが押し付ける内容ではありません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は、人と触合いでの参考資料にお使い下されば幸いです。

尚、私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。教材-営利を目的とした無断での引用転載は禁止します。
使われる場合は、記事の右、Categoryの上にある「問合せMail」で、お名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

職位とそのステップ

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

ステップUP職位

職位(職種区分)の定義・評価要素のウエイト

このシートは、全社員用の人事考課表ステップアップシート用に私どもで作成したものです。

職位(職種区分)の定義(サンプル)

(職務内容や職位による分類=職能基準書

□=職位(職種区分)、下段は定義のサンプル

※職場により、各々の職位について最低勤務期間を設ける場合もあります。

一般社員
日常業務の基本的な知識に基づき実務者として営業方針、指示に従い職務を行う

担当職=リーダー
日常業務に関する知識と経験に基づいて指示を受け、営業、技術的な職務を行う

指導・育成職=キャプテン
業務全般において必要な知識と経験を基に指揮を取りながら実践的な職務を行う

指揮・監督職=主任
上長、会社の意図に従って指示、命令を出し、円滑な業務が行えるよう調整する
業務全般において必要な知識と経験に基づき指揮、監督し実践的な職務を行う

管理職=マネージャー状況判断の基に部下を指揮、監督し、日常業務について実質的な責任を有する。
部下を掌握した上で、職務遂行管理を行い適切な指示、命令をする。
営業分析、FL調整実務の中心的な役割を果たしながら店長の補佐を行う。

総括職=店長
社針の元、総合的な観点で部下全員を導き、円滑な運営が出来る舵取りを行う
会社から命じられた営業実績を達成することばかりか成績向上の施策を行う

■評価要素ウエイト

職種区分(職位)と別に評価要素の占有率を定義します
□=職種区分、下段は評価要素の%です。(数字はサンプル)


一般社員
B=7%/S=6%/L=16%/О=55%/総合評価=16%/計=100%

担当職≒リーダー
B=7%/S=9%/L=15%/О=52%/M=3%/総合評価=15%/計=100%

指導・育成職≒キャプテン
B=7%/S=17%/L=23%/О=22%/M=13%/総合評価=19%/計=100%

指揮・監督職≒主任
B=5%/S=16%/L=24%/О=22%/M=15%総合評価=18%/計=100%

管理職≒マネージャー
B=0%/S=15%/L=25%О=20%/M=22%/総合評価=19%/計=100%

総括職≒店長・部門長
B=0%/S=15%/L=24%/О=20%/M=23%/総合評価=18%/計=100%


評価要素

B=基礎知識(ベース)・・・・・・・・・・Base
S=能力(スキル)・・・・・・・・・・・・・Skile・Capacity
L=情意(ロイヤリティー)・・・・・・・・Loyalty
О=業務実積 (オペレーション)・・Operasion
M=管理・総括(マネージメント)・・Management


    ブログパーツ
    スポンサーサイト