おもてなしは「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 育成計画・目標チャレンジ各種シート類

おもてなしは「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

他者を想い、思う気持ち、『思いやる心』は、人の「心の礎」です。それは「おもてなし」・「マナー」の礎です。
17-3-照らす横


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s「思いやり」ってどんなこと?ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

こちらに載っている殆どの記事は、現在までの実体験と学び、その中で得られた気付きから投稿しています。
思いやりや感謝・誠実など心に関する項目は、様々な人と触れ合う時の知識や一つの目安とし御利用下さい。
私的利用以外のコピぺ・転載は御遠慮下さい。無断での教材や営利を目的とした引用は禁止と致します。
使う際は、記事右、Categoryの上にある「問合せMail」でお名前・連絡先を必ずお知らせ下さい。

目標実行計画の推進チェック項目

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

目標実行計画

新年からの目標について実行計画を推進する上でのサンプル項目です。

項目

1.職務目標、自己啓発目標を明確にしてあるか?

2.自分(設定対象者)の身の丈に合った内容で目標設定がされてあるか?

3.目標実行計画作成に必要とされる教材、資料はあるか?(種類)

4.目標に自己啓発、自らの仕事上の成長を促す為のテーマや課題が取り入れられているか?

5.目標は、社会状況、経済状態、地域環境、経営環境などの変化に合わせたものであるか?

6.会社の方針やコンセプトに基づいて設定されているか?

7.部門(部署)課や店舗の営業方針に基づいて設定されていか?

8.目標計画を実施する上で職務遂行に支障や無理はないか?

9.置かれた環境や現状分析結果に基づいた的確な目標になっているか?

10.自らの設定した目標項目の内容と上司の目標項目に差がある際、その訳、理由、結果の予測などを
  互いに検討し充分に話合い、共に納得した上で設定してあるか?

11.目標基準やレベルに、上司の求めるものや期待と差が生じた場合、その訳、理由、結果の予測などを
  互いに検討し充分に話合い、共に納得した上で設定してあるか?

12.目標は、期待結果や成果(質、原価、期限など)が具体的に測定できる表現がされているか?

13.目標を達成することによる「結果」や「成果」について上司と合意を得ているか?

14.目標を達成するために、障害となったり、阻害となったりする要素や要因をシミュレーションし、
  その代替案の目標を前以って充分に検討しているか?

15.ボトムアップする必要のある目標や課題は、担当職務を行う上で優先して記され
  開発すべき事柄が挙げられているか?

16.目標が他のグループのメンバーや他部門(部署)との協力を得たり共同で行われたりする場合、
  自分と自部門、他のメンバー、他部門の関り方を充分に話合いをし、詰めているか?


    ブログパーツ
    スポンサーサイト
     

    On.the-Job-Trainingの実務と座学

    お薦め度【★★★★】全業種、業態用

    OJT育成計画表作成

    ●O.J.T.(On-the-Job Training)育成計画表の項目選択<
    項目-(例)

    1. 育成対象者

    2. 育成責任者

    3. 育成担当者
    イ)知識面  ロ)実務面  ハ)態度面 ニ)行動面

    4. 育成能力項目
    イ)知識面 ロ)実務面  ハ)態度面 ニ)行動面

    5. 達成目標レベル

    6. 育成の取組み方法
    a.いつ
    b.どんな場面で
    c.何を使って
    d.どうする
    e.結果の予測

    7.達成の施策
    イ)初期・上半期
    ロ)下半期
    ハ)総括(継続の有無)

    8. レベル別タイムスケジュール

    9. 中間フォロー、チェックの時期

    10. 達成評価
    イ)初期・上半期
    ロ)下半期
    ハ)総括


    管理・指導者用O.J.T・育成Chリスト

    ●日常のO.J.Tや部下育成、実施度の診断をする。

     診断は形だけの評価・診断だけでなく、その結果を部下は勿論のこと、
     自分の今後の指導育成上にどのように生かす様々な活動をすること。
     そのために、指導する者への指導記録(メモ)・フィードバック(サポート)シートの提示、
     得た結果のランク付けをした自らの職務チャレンジシートの作成が効果的です。

    【診断項目例】
    [評価例]不足←1・2・3・4・5・6・7・8・9・10→良

    1.担当する部下一人ひとりの個性や性格、特長を細かく掌握している
    2.上記1.項目に関し、周囲の意見を聴くなどし、自らの基準を見直している
    3.部下一人ひとりのスキル能力、職務適性に合わせ仕事の割振りを実施している

    4.上記3.項目に関し、能力に優れた部下に偏よらず平等に割振りが出来ている
    5.部下と問題解決や育成課題について、会話する機会を定期的に持つようにしている
    6.自らの偏見やスキル・知識の偏りから部下を見ないようにしている

    7.個々人を認める言動をした上で仕事の指示をしている
    8.褒めることと、本気で叱ることの使い分けをし、必要があれば諭している
    9.部下に対し、何事に対しても目的意識を持たせるようにしている

    10.部下に対し感情を抑制し、常に変わらぬ態度と冷静沈着に接するようにしている

    11.人材育成の目的、重要性、必要性、成果(結果)を認識し、自ら実践している
    12.O.J.T計画表を作成し、進捗状況を記録し、常時に進捗度に気を配っている

    13.計画表以外のO.J.Tツール(個別指導シート・成長メモ)など積極的に活用している
    14.進捗状況が芳しくない時は安易に放置せず、即座に原因究明と対策にあたっている
    15.部下の成長を自ら喜びとし、それを表現すると共に次のステップを考えている
    ・・・・・など。

    ※使用される場合は、現在の環境に合った項目をお選び下さい。

      ブログパーツ

       

      自立心は目標計画力を育む

      お薦め度【★★★★】全業種、業態用

      目標計画の人間力s

      自分を信じる、即ち【自信】を持つことは、「夢」や「希望」の元であり、自立心の源です。
      この自立心は、社会人としても、企業人としても成長の礎であり、
      揺るぎない信念を支え、対立や不遇など様々な困難に耐える“バックボーン”です。

      それは、一人の人間として、重大な責任能力を授けてくれる成長のサプリメントです。
      その為には、
      「〇〇〇をする時間が足りなくて困るんです。」
      「忙しくてゆっくり考えられないのです。」
      「文書を作る余裕がないんです。」
      と言ったこと(言訳)を口にしないこと、自分の心に嘘や言訳をしないことです。

      この自立心は、活動や意思決定を行う際に、
      他者に指示・命令をされなくても、自ら進んで積極的に出来ることを言います。

      また、何のため(何故)するか、と言う目的認識の下目標を如何に選び、
      どう達成するか実用的な計画を建てることまで含まれています。
      目標・目的の内容を明確にし、6W3H・P.D.C.A.で実用的な計画表やタイムテーブルを作り、
      必ずやり遂げるという信念と自分の時間や才能を最大に生かせる「自立心」を持つことです。

      そう言ったことが、信頼や繋がりを創り出し、その結果として、多くの人々より支援やサポートを受けられることになるのです。
      もう一つは、判断を即座に下すことの出来る習慣の持ち主になることです。
      自信の元の自立心と勇気は、部下の訓練や日常の関係を通じて、部下に伝わって行きます。

      また、この自立心は、自主性とも言い換えることが出来ます。
      強い信念、自信と向上心は、大切な人、お客様、仲間と信頼の「絆」を創り出します。

      ◆目標計画のポイント

      1.何故、何のためにと言った目標を明確かつ具体的に決めること。
        「私は達成したい」でなく、具体的に6W3Hで達成するかを正確にすることです。

      2.目標達成のための実際的な計画を作る。
        自分の体験、仕事上の知識を全て生かして計画の礎とする。

      3.自分自身の能力と建てた計画に対して、強い信念と計画に自信を持つようにする。
        この信念と計画で、計画実行にハッキリ目標が目に見えるように明確にする。

      4.失敗を繰り返しても悲観しないでポジティブに捉え乗り越えるようにする。
        仮に何かの障害の為、計画がつまずいても、その時これなら出来ると言う、
        確信を持てる別の計画を練り直すようにする。

      5.他人の言動に惑わされない。
        非難を受けたり、一所懸命に努力していることを、他人の声に惑わされないことです。

      6.自分の活動には、時間制限はないと捉える。
        成功の為に必要なあらゆる時間を惜しまないこと。

      7.一つの事に集中する事を心掛ける。
        乱雑な心では、考えや創造力を捜しだせません。
        周りの環境や他の物事に気にせずに、自らの仕事に集中するように努めることです。

      8.出来上がったら、進捗表作成や内容の再確認と共に、社会人として正しいか?
        企業人として職責に合っているか?人としてどんなことが身に付くのか?
        と言ったことに照らし合わせて再確認することを怠らないようにします。


        ブログパーツ
         

        計画シート - サンプル  (部署or.個別)

        お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

        ・作成年月日
        ・所属部署(店舗)
        ・職位
        ・氏名
        ・管理監督上司氏名
        (備考)A.Bは縦項目です。


        A.課題項目
         a.半期の課題項目
         b.一期の課題項目
        c.一定期間の課題項目

        B.目標項目
         a.半期の目標項目
         b.一期の目標項目
         c.一定期間の目標項目



        C.難易度
         (例) S/A/B/Cに別けて設定(会社側から見た・個人としての)

        D.優先順位(重視度)
         (例) 重い順にS/A/B/Cに別けて設定

        E.ウェイト
        (タイムテーブル)
         所要する時間並びに労力

        F.課題目標実施に必要な要素と条件
         ①人的(スキル他)
         ②環境とその他条件

        G. 課題目標実施に伴うリスクの予測とその対策(解決法)
         ①リスク
         ②対策(解決法)
         ③リスクのサポート法

        H.具体的方策

        ①課題
         a.半期
         b.一期
         c.四半期

        ②目標
         a.半期
         b.一期
         c.四半期

        I.タイムスケジュール
         a.半期
         b.一期(全体)
         c.四半期

        J.進捗度評価
        1.第1次チェック
         ①実施上に必要な要素、条件の見直し
         ②現在のリスク要素と対策
        2.第2次チェック
         ①実施上に必要な要素、条件の見直し
         ②現在のリスク要素と対策
        3.第3次チェック
         ①実施上に必要な要素、条件の見直し
         ②現在のリスク要素と対策

        K.報告と連絡のサイクル
         定期・不定期・随時

        L.:結果・成果の予測
         達成段階に別けて予測する


          ブログパーツ
           

          目標チャレンジシートの内容

          お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

          目標チャレンジシート構成項目

          1. 目標・課題の項目
           イ) 対内関連(社内・職場・店内)
           ロ) 対外関連(営業・開発・マーケティング)
           ハ) 顧客・クライアント関連(御客様関連)
           ニ) 自己啓発(意識・スキル・技術)
           ※改良・改善・改革の必要性と其の事由
          2. 目標課題の内容
          3. 優先順位
          4. 重要度(重視度)
          5. 難易度
          6. 実施時期(期間)
          7. 実行方法
          8. 経緯プロセス
          9. 予想される結果と成果
          10. 予知可能な障害や妨げとその対策
          11. チャレンジシートの進捗記入時期(日時)と報告時期(日時)
          12. チャレンジシートについての面談(相談)時期(日時)

          6W3Hで内容を思考、作成する

          6W
          ① 何故(理由)-WHY
          ② 何を(対象事象)-WHAT
          ③ 担当者(個人・全員)-WHO
          ④ 誰に対して(個人・全員)-WHOM
          ⑤ 実施時期-WHEN
          ⑥ 場所(店舗・職場・全社)-WHERE

          3H
          ⑦ プロセス・方法-HOW 
          ⑧ 期間-HOW LONG
          ⑨ 実施する為の経費/予算、労力(日数)、時間数-HOW MUCH

          P.D.C.A.で組立てる

           .(プラン)=Plan
            プラン目標内容に合わせて計画、タイムテーブル(時間配分)タイムスケジュール(時間管理)

           .(実行・実施) =Do
            実行目的、意図を明確に掴む

           .(チェック・点検確認) =Check  
            何時も見直し、振返り、点検。確認する意識を持つ

           .(アンサー・アクション) =Answer・Action
            答え(成果・結果)実績成果・行動・実行


            ブログパーツ
             

            アクションプランを組立てる

            お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

            様々なチャレンジシートモニタリングなどと言ったアクションプランの作成をする際は
            6W.3HP.D.C.Aで組立てることです。


            1. 何の為に行うのか(何故・目的)

            2. 結果・成果として得られる物事は何か(先見・予測)

            3. 対象となる店舗・部門・部署

            4. 誰(何)に対し行うのか
             a. 対象となる人物
             b. 対象とする活動
             c. 対象とする商品(物品・メニュー)

            5. いつから、いつ迄、実施するのか
             a.対象となる時期(期間)≒タイムスケジュール
             b.実施する為に必要な時間と労力≒タイムテーブル

            6. 誰が実施するのか(人数・職位)

            7. どの様な方法で実施するのか(書式・形体)

            8. 対象となる仕事や物事の項目を洗い出す

            9. 対象となる仕事や物事の項目を分解、分析し、整理する

            10. 夫々の項目について、押さえるべき点を必ず明らかにする

            11. 夫々の項目を出来るだけ評価や達成値として数値に落とし込む

            12. 進捗を誰がいつ、どのような形で点検し、確認するのか

            13. 報告業務はいつ、誰が、誰に、どんな所で、どの様な方法で行うのか

            14. 人や物の妨げになることなどの問題が起きた場合、誰が対処するのか

            15. このアクションプランは定期的に行うのか、随時行うのか

            16. 数値化した結果はどの様な方法で周知するのか


            以上のことなどを、図表に転換して活用することをお勧めします。

              ブログパーツ
               

              個別面談フィードバックシート

              お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

              このシートは、アンケートや各種チェックを行った時の個別面談時に活用します。また、期末や年初、年末の面談用としても使えます。

              ※印は指導内容年  月  日記入( )
              フィードバックシート対象者氏名(    )
              褒める点(評価項目)    
              コメント    
                   
                  
              認める点(項目)    
              コメント    
                   
                  
              アドバイス・気付き1.   
              コメント2.   
               3.   
                  
              優先順位項目最優先   
              (最優先・1・2)1.   
               2.   
                  
              重要度項目・コメント   
              (S・A・B・C)   
                  
                  
                  
              課題項目・コメント   
                  
                  
                  
              修得項目・コメント   
                  
                  
                  
              総括及び指示事項1.   
               2.   
               3.   
                  
              サポート実務1.   
               2.   
               3.   
                  


                ブログパーツ
                 

                来年(今年)のおもてなし接客(接遇)目標課題設定

                お薦め度【★★★★】全業種、業態用

                下記のA.B.で1.~15.の項目に当て嵌めて選択する。
                A.B.の何れかの場合とA.B.両方の場合があります。


                Ⅰ.項目の選択

                A.職場全体の目標課題の設定
                B.個人の目標課題の設定


                1. おもてなしの表現伝達
                2. ホスピタリティの表現伝達
                3. 積極性(自主自発性)
                4. 取組み姿勢(顧客第一・思いやりの言動)
                5. 立場転換の意識と表現伝達の言動
                6. 感謝・奉仕の表現伝達
                7. 察知力(観察・目配り・気配り・気遣い)
                8. お世話(サポート・アシストの態度と言動)
                9. 心の通い合う応対態度(姿勢・表情・笑顔)
                10. 挨拶力(お辞儀・言葉用語・TPO)の精度アップ
                11. 会話力(敬語・言葉づかい・商品説明・お勧め)の向上
                12. 余韻力(印象力)のレベルアップ
                13. 環境整備(店内居住性管理)
                14. 新規顧客開発(顧客確保)の態度と言動  
                15. 既存顧客へのフォロー

                Ⅱ.課題目標チャレンジシートの作成

                ◆横項目
                 1.課題目標(課題又は目標した理由=課題設定の経緯、目標の経緯)
                 2.項目№
                 3.難易度⇒S.A.B.C.
                 4.優先順位(例=1.~3.)
                 5.重要度(重視度)重=5.~軽=1.
                 6.項目の詳細(内容)
                 7.実施上で必要な知識・スキル・心構え(取組姿勢)  
                 8.振返るサイクル⇒日・週・10日・半月・月・三ヶ月・半年・一年・期毎
                 9.実施上の障害点・問題点
                 10.結果の予測(どの様に成るか、成果は)
                 11.目的と結果・成果の予測
                 12.期間と時期=着手実施月日(何月何日より・即日実行)

                ◇縦項目
                 イ.おもてなし・接客(接遇)の項目№&項目名
                 ロ.スキル項目№&項目名


                  ブログパーツ
                   

                  目標実行計画シートの内容

                  お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

                  [期間]△△年度、上・下期
                  [面談月日]・・・・・・[面談者]・・・・・・・・
                  [所属]・・・・・・[役職位]・・・・・・[氏名]

                  【実行計画シートの構成項目】

                  1. 目的の明確化
                  2. 重要度(S.~C.)
                  3. 優先順位(1~5)
                  4. 項目別のウエイト(%)
                  5. 期限の有無(有・無)

                  6. 期限の時期・期間
                  7. 重点目標項目
                  8. 細部目標、達成基準
                  9. 実施計画プラン作成
                   (例)プランを考える~触れる~掴む・見通す~実施する~振り返る~改善する~一期(初期)終了
                  10. 実施タイムスケジュール

                  11. 施策・手段と手順(方針を立てる)
                  12. 中間報告・進捗報告の手段と時期(タイムスケジュール)
                  13. 計画実施に障害となる事柄(項目毎)
                  14. 上長への要望事項
                  15. 上長との了解事項

                  16. 共同・共通目標とその先
                  17. 自己評価の方法と時期(中間含)
                  18. 上長評価の方法と時期(中間含)
                  19. 上長評価のフィードバック
                  20. 仕事上の目標

                  21. 顧客管理上の目標
                  22. 業務遂行上の目標
                  23. 上司指導事項(コメント・サポート)
                  24. 前回反省と気付き
                  25. 自己啓発目標と目的
                  26. 自己啓発点と必要性


                  ※このシートはエクセルで作ることをお勧めします。

                    ブログパーツ
                     

                    新人用目標チャレンジシート(年間)

                    お薦め度【★★★☆☆

                     ◆各項目についてのP. D. C. A.明細

                    P. プラン
                    イ)目標項目
                    ロ)難易度[A=難しい・B=やや難しい・C=普通・D=易しい]
                    ハ)内容

                    D. 実行 
                    イ)実行期間
                    ロ)実行方法

                    C.チェック
                    イ)経緯
                    ロ)中間報告

                    A. アンサー/アクション
                    イ)予想結果・行動

                    ◆計画表の作成

                     以下の6項目について上記のP. D. C. A.で目標チャレン計画表を作る。

                    1.当初の目標と課題の設定
                    ・期間全体的を通しての目標と課題

                    2. 職場に慣れる
                    ・雰囲気に慣れる
                    ・上司、仲間を知る

                    3.職場と職務を知る
                    ・ルール
                    ・職務内容

                    4.仕事を知る
                    ・総合
                    ・接客、接遇
                    ・業務

                    5.仕事を覚える
                    ・総合
                    ・接客、接遇
                    ・業務

                    6.仕事を磨く
                    ・総合
                    ・接客、接遇
                    ・業務

                    ブログパーツ

                     

                    課題、職務遂行、職務目標チャレンジシート作成の要点

                    お薦め度【★★★★


                    以前にも載せましたが、年末や期末に使える目標チャレンジシートの改訂版です。
                    簡単なエクセルなどに使える構成表を下に載せました。


                    P・D・C・A

                    1.P プラン-目標項目.内容
                      Plan 目標に合わせて計画を立てる

                    2.D 実行-実行時期(期間) 実行方法
                      Do 目的と結果、成果を明確に掴む

                    3.C チェック-習得方法・経緯 
                      Check  振返り確認する、進捗状況確認、障害となる要素の洗出しとその対策

                    4.A アンサー・アクション-予想結果.行動  
                      Answer Aaction答え(成果・結果)成果、結果や答え・行動を起こす、実施する

                    P・D・C・Aに必要な6W3Hの内容

                    When=何時?チェックの時期

                    Where=何処で?チェックの場所と時間

                    Who=誰が?チェック実施者

                    What=何を?(目標テーマの項目) どれだけ?(達成すべき質・量・状態)

                    Why=何故?(目的認識) 成果、結果は? (達成結果の内容と成果)

                    Whom=誰に?チェックの対象者

                    How=どのように?(達成するための施策・手段・方針・問題点)チェックの方法

                    How/long=期間いつまで?(期限・スケジュール・時間の割振り) 中間チェック

                    How/much=予算・労力

                    ※提出事前打合せ日と相手
                    ※作成提出時期、期日


                    ◇横項目

                    P.a 課題目標の種類(自己申告、上司指示、社命)
                    P.a-1.目標項目
                    P.a-2.内容
                    D.b.優先順位⇒1.~5.
                    D.c.重点職務(重要度)重⇒軽
                    D.d.難易度⇒S.A.B.C.
                    D.e.実施上で必要なスキル・能力・技能
                    C.f.実施上の障害点・問題点

                    ◇縦項目

                    イ.総体課題目標
                    ロ.接遇・接客・営業面
                    ハ.人事面
                    ニ.業務面
                    ホ.職場内
                      他

                    ブログパーツ 
                     
                    a.
                    a-1
                    a-2
                    b.
                    c.
                    d.
                    e.
                    f.
                    備考
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     
                     

                    個人(育成)面談個別記録シート

                    お薦め度【★★★☆☆

                    実施月日    月  日(  )曜日
                    対象者 氏 名・・・・・・・・・・・・(   )職位
                    勤務店舗名
                    所属分類(社員・アルバイト)
                    職務担当者
                    時間    00:00~00:00
                    指導者名・・・・・・・


                    内容(面談のポイント項目)

                    ◆役割認識

                    ◇意識度合い
                    A.強く持っている、B.少し持っている、C.普通、D.やや不足している、E.不足している

                    ◇理解度
                    A.よく理解している、B.多少理解している、C.普通、D.理解して無いことが多少ある、
                    E.理解していない

                    ◇実行
                    A.よく行っている、B.多少行っている、C.普通、D.多少行ってないことがある、
                    E.行っていない

                    ◆コーチング・注意・指示事項の内容

                    ◆当面の課題・目標・方法・期間

                    〇課題-1
                    方法
                    期間:00年00月~00年00月

                    〇課題-2
                    方法
                    期間:00年00月~00年00月

                    〇個人目標
                    方法
                    期間:00年00月~00年00月

                    ◆習得すべき項目
                    接客
                    業務
                    その他

                    ◆総合評価・感想
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    現状診断

                    (以下の、イ~ヌの項目は自店舗に合わせ、項目名変更するなどしてお使い下さい)。

                    イ.規律性
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    ロ.取組み姿勢
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    ハ.接客マナー
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    ニ.モティベーション
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    ホ.チームワーク
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    ヘ.けじめ
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    ト.誠実さ
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    チ.5.Sの実施
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    リ.向上心
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    ヌ.自己犠牲の精神
                    A.優秀、B.良い、C.並、D.可、E.劣る(備考・コメント・メモ)

                    (メ モ)

                    ブログパーツ

                     

                    目標・ビジョンチャレンジシート[サンプル]

                    ★P・D・C・Aの実行、行動の大切さの自覚(4つのサイクルを自から行う事) 

                    ★6W3Hで組立てる。


                    横項目

                    P)プラン
                    1. 優先順位

                    2. 重点職務(重要度A~Cでランク付け)

                    3. 目標項目

                    4. 細部目標内容

                    5. 達成基準内容

                    D) 実行

                    6. 実行時期(期間) 

                    7. 実施スケジュール

                    8. 実行方法⇒施策・手段(方針)

                    C)チェック 

                    9. 経緯

                    10. 進行度(チェック)

                    11. 反省点

                    12. 中間変更項目(理由)

                    A)アンサー・アクション

                    13. 実際の行動

                    14. 予想される結果・成果

                    15. 達成度

                    16. 評価

                    縦項目

                    1. 個人(職務)項目

                    2. 個人(スキル)項目

                    3. 個人(自己啓発)項目

                    4. 店舗(会社)職責職位項目

                    5. 店舗(会社)全体項目

                    6. その他(特別な目標・ビジョン)

                    ※個人の場合は上司指導事項・自己啓発の必要点などを備考の欄を作成し記入する。

                    ※個人の場合は次回・期間面談日程の予定も記入する。面談シートも併用する。

                    ※店舗の場合はミーティング・会議の予定も予め決めて置くと良いでしょう。
                     

                    「仕事」と《心》のプラン創りのページと共にお使い下さい。

                    ブログパーツ
                     

                    目標・ビジョンの構築

                    年、年度変り、期初めに確りとした目標とビジョンの構築をしましょう

                    ※方法、手段 P・D・C・A = (計画)・Do(実行)・Chech(確認)・Answer(結果)Action(行動)
                    で段階(ステップ)と時期別に組み立てる。

                    1、接客と仕事の関連事項

                    ①心を育む方法は

                    ②知識を得る方法は

                    ③技術を磨き体得する方法は

                    ④タイムテーブルは=費やす期日(時間)の割り振り

                    ⑤タイムスケジュールは(月毎、年間など)

                    2、現在の状況把握

                    ①自己診断

                    ・必要な習得事項は(精神面・能力)
                    ・実現のための不足点は(精神面、環境、人、今後の設計、など)
                    ・現時点での店(自分)の位置は(店舗・自己診断)
                    ・当面の課題作り(月、四半期、半期、年毎など)
                    ・即急に身に付けなくてはならない事は(技術面、精神面)
                    ・店(自分)今一番必要な事は(技術面、精神面)

                    ②今後三ヶ月のプランと目標

                    ③今後半年のプランと目標

                    ④今後一年のプランと目標

                    ⑤一年後の自分の予想される状況

                    ⑥今後三年のプランと目標

                    ⑦三年後の自分の予想される状況

                    ⑧今考えられる将来のビジョン(生き方・仕事)

                    3、目標&ビジョン作成

                    ①具体的な目標・ビジョンは?

                    ②目的は?(何故)

                    ③コンセプトは?(店舗・自己)

                    ④内容、形態は?

                    ⑤実現のために必要な事は?

                    ⑥実現に障害になる事は?

                    ⑦着手時期、完了時期は?

                    ⑧そのために果たすべき自分の役割は?

                    4、実施(実現)するためには?

                    ①先ず行うべき事は?

                    ②プラン(計画)の作成は?(いつ迄に、いつから)

                    ③成功する為の必要条件は?(失敗しない為には)

                    ④実施(実現)する上での不足点は?

                    ⑤実現した結果として得られるものは?(人間的、社会的、経済的になど)


                    個人と仕事に別けて、目標ビジョン構築をする事は成功への第一歩です。
                    ブログパーツ
                     

                    仕事プランを創る

                    ワクワクするような結果を予測しながら、目標・計画を立てよう。

                    店舗と個人の目標を具体的な表として使うために必要な項目をピックアップしてみました。

                    仕事ばかりではなく自分のを創りにも活用できます。

                    使用目的に合わせてお使い下さい。

                    ※診断リスト・職能面談・アンケートに基づいて作成すると効果的です
                    。 


                    1.各種実施計画書
                    [作成のポイント]
                     ①何を?(目標のテーマ・項目)
                     ②どれだけ?(達成する質・量・状態)
                     ③どのように?(達成するための施策・手段・方針)
                     ④いつまで? (期限・スケジュール)
                     ⑤結果は?(達成結果の評価)


                    A.タイプ・・・各種実施遂行計画書 
                    [横項目]
                    ◇優先順位(着手順位)
                    ◇目標項目
                    ◇内容
                    ◇実行時期
                    ◇予想結果
                    ◇総括
                    ◇備考
                    [縦項目」
                    ◇優先順位(着手順位)の№


                    B.タイプ・・・各種実施遂行計画書 

                    [横項目]
                    ◇優先順位
                    ◇重点職務
                    ◇目標項目
                    ◇内容
                    ◇実行時期(期間)
                    ◇実行方法
                    ◇経緯
                    ◇予想結果
                    ◇備考
                    [縦項目」

                    ◇優先順位(着手順位)の№


                    2.育成タイムスケジュール(・・年・・月~・・年・・月)
                    [横項目]
                    ◇概要
                    ◇月(期間)
                    ◇時間(所要時間/月・/日)
                    ◇単元名(項目)
                    ◇資格実務内容
                    ◇過程(プロセス・フォロー)
                    ◇目標・課題(ビジョン)
                    ◇育成活動(フォロー・アシスト)
                    ◇支援・サポート・要点
                    ◇評価(結果・成果)の視点&基準
                    ◇特記事項(難易度)
                    ◇概要
                    [縦項目」
                    ①見つける(対象となる要素・事柄)
                    ②考える(手段、時期など)
                    ③触れる(体験する)
                    ④つかむ(内容など)
                    ⑤見通す(難易度など)
                    ⑥実施する
                    ⑦振り返る
                    ⑧改善する
                    ⑨初期終了
                    ⑩総括・まとめる
                     を目的事項に合わせて繰り返すことがポイントです。


                    3.職務目標チャレンジシート作成のポイント
                    ※下記のP・D・C・Aと6W3Hを組合わせ優先順位、難易順位、着手順位などで振り分けて下さい。

                    ◇P=プラン(プラン目標に合わせて計画)

                    ◇D=実行(実行目的を明確に掴む)

                    ◇C=チェック(振返り確認する意識を何時も持つ)

                    ◇A=アンサー・アクション(答え、成果、結果や行動)


                    6W=【When】【Where】【Who】【What】【Whom】【Why】

                    3H=《How》《How/long》《How/much》


                    何故作るのか?

                    作ったことによってどんな事が得られるのか?

                    などの目的を理解・認識した上で、楽しみながら自主的に作成することです

                    ブログパーツ