E.Sを充実させる

E.Sの充実を図る為にお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用21世紀に入る前までの日本は、従業員の総和と創意工夫を基盤に共通のゴールを目指すことが経営を支える強みでした。しかしながら、21世紀に入ってからはこの強みが薄れてきていると感じられます。その強みを取り戻すために、企業はE.Sに着目し、その向上の為の取組みを行い、そして企業内に広げて行くことは、重要な課題≒イノベーションであると考えます。その為にも優...

言葉に「思い遣りの心」を乗せて

思い遣りの心を伝える言葉お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用話しをしたり、聞いたりすることは、人との触合いでとても大切なことです。 話し聞くことには、言葉だけでなく、相手を思い遣る姿勢、態度、心遣い、気遣いが必要です。 聞き方・話し方の良し悪しが、日常生活、仕事の上でも貴方の信用や信頼に繫がりますし、 その人の人格が表れてしまいます。 正しい言葉遣いでの感じの良い話し方は、好ましい態度と共に行われて...

職場長の悩み-部下の育成

部下に思い遣りの心を育むお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用以前にある会社の方から、部下育成について質問のあったことについて皆様の部下育成の参考になればと考えて載せました。◆質問の内容-抜粋仕事は、PCのサポート業務を行っております。サポート業務と言いましてもコールセンター形式の電話によるサポートではなく、実際にお客様のところにお伺いし、対面式でサポートを致しております。サポートする上でPCの知識は必須では...

誠実さと立場転換力の自己診断

自分自身の誠実さと立場転換力を振返るお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用日々生活して行く上で、先ず相手のことを思い考えること、言い換えれば思い遣りの心で相手と触合い、接する上で大切な誠実さと立場転換力についての自己診断の項目を抜粋しました。いつも相手の立場に立って考え、話し、行動することは、人間的な魅力をより向上させます。誠実さとは、自分が正しいと信じていることの為に、高い価値観を持ち生きることです。...

お客様、患者さん、訪問者への応対を振返る

お客様、患者さん、訪問者への応対を振返る接客接遇応対チェックリスト・アンケート(抜粋)お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用 (評価用の採点基準) 劣)殆んど無い=0 可)僅かながら有る(出来る)=1 並)普通に有る(出来る)=2 良)優れたものが多少有る(出来る)=3 秀)優れたものが多い(出来る)=4 優秀)優れ秀でたものが多い(出来る)=5(アンケート・セルフチェック用採点) はい=3/まあまあ=2/少しだけ(時々)=1...

「先ず、人を思う心」を大切にする

「先ず、人を思う」ことは、思い遣りお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用この度、天皇陛下が病後にも係らず60年ぶりに英国王室を御訪問され帰国なされました。陛下は幼少の頃から「先ず、人を思う」ことを、師の小泉信三氏から教えられたそうです。前の訪英は大戦後間もない時期で多くの英国人の対日感情は決して良くなかったそうです。その時行われたチャーチル首相との昼食会で、陛下の「先ず、人を思う」お言葉が出席された方々...

自分自身の当たり前の「ものさし」を見直す

自らの当たり前の「ものさし」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用自らの心を育み、個性的な魅力を作るために自分自身の当たり前の「ものさし」を見直すことは自分の心を成長させ、触合う人々への思い遣る心を育みます。この「ものさし」とは、見方・尺度・捉え方・定義上・意識上などの基準を言い表します。別な捉え方として、対象となる相手を立場転換意識の元に、「判断・決断」することでもあります。このことは、対象となる相手...

人を育むルールを作る

ルール作成のポイントお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用人を育み会社の業務を円滑に行う為に必要な様々なルール作成ポイントをピックアップしました。人に愛され、お客様に喜んで頂ける接客人に育てるためには、教育と共育に心掛けることです。そして、教えることより【気付かせる】ことです。1. 企業人として会社や職場の理念・ビジョンを確りと構築する2. 基本ルールを必要とされることを洗い出す3. そのルールは、社内全体七...

思い遣りの心と態度の修得

自分自身の思い遣りを振返り、修得するお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用心にいつまでも残る余韻があり、思い遣りのあるおもてなしは、豊かな「人原力」の源です。その為の一例として、感謝を取上げてみました。※「人原力」(原点)=物事を考えるときの出発点・心=思い遣り、ホスピタリティ(おもてなし)の心を持ち、表現伝達の基礎であるマナー修得がスタート〇感謝の表現・伝達【採点】良く出来る=4・出来る=3・大体出来る=...

豊かな感性と共感力は、「対人関係力」を高める源

共感と思い遣りお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用人としての感性を高める、その精度を上げるために不可欠なものは共感出来る感性です。又、対人関係上で自らの感性を磨くには、共感(共感性スキル)を身に着けることが必要です。この共感を辞書検索すると、「他人の意見や感情などにその通りだと感じること。また、その気持ち。」とあります。例えば、仲間や友人、愛する人が辛らそうで暗く表情や苦しそうな態度をしている時など、そ...

「心の体力」と「感性」

日本人の「心の体力」と「感性」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私達の住む日本は戦後物凄いスピードでものづくりをした結果として、経済を成長させ各家庭の生活環境、或は自動車の保有台数などの文化のレベルも向上し、また暫らくの間GDPでも世界のトップクラスになりました。しかしながら、現在の日本社会は、モラルや感性の危機に遭遇していると言われています。今、人として成してはならない凶悪な犯罪や大切な命を自ら捨...

「感性」を磨く

日本人としての「感性」を磨くお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用古より、日本には四季のある美しい自然、伝統文化と称される素晴らしい美術品や建造物、歴史のある様々な特産品、花道茶道などの独自の文化があります。このような自然や美しい「もの」を美しいと感じる「こと」が出来るのは、人だけです。特に日本人は控えめな心、物事を慈しむ心、侘び寂びの心と言った豊かな感性を備え持ち、更にその感性を磨くことでおもてなしを...

心の体力を作る「絆カード」

「心の体力」を身に着ける為に!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用昨年の震災以降、相手を思い遣り、人との繋がりを持とう言う意識が強くなりました。また、一方では意思決定や意思表示の出来ない若者が多くなり、同時に忍耐力不足により自らの感情の自制力に欠け、その結果我慢が出来ずにキレ易い若者も少なくありません。現代の二割強の若者は自殺を考えたことがあり、新卒者の場合は会社に入っても三割程度の若者は早期に退社し...

思い遣りの解説

思い遣りの解説、意識と表現お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用〇思い遣り (思いやり)の解説「思い遣り」は、一般的に、その人の身になって考える事、察して気遣うことを言います。「思い遣り」は、優しさと勘違いしかちですが優しさだけではありません。「思い」は相手の気持ちになって考えたり、共感したり・同情したりすること(≒想いと類似)「やり(遣り)」届ける・差し向ける・行うこと「思い遣る心」で接することが人として豊か...

身嗜みの点検

身嗜みの点検項目リスト-サンプル このファイル(Excel)のダウンロードが出来ます。 ここをクリックして下さい。  身嗜みの点検 お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用記入日  年 月 日 記入者[    ]※採点詳細  必要性=(◎重要/○必要/△どちらとも言えない/×不要)  難易度=(難・普・易)  身嗜み総合採点[劣1・2・3・4・5良]1[ ]身嗜みは何故大切なのかを知っていますか?重要度(重視度)必要性難易度習...

運行乗務員の意識改革-2.

「気付き」を導く、お客様の定義お薦め度【★★☆☆☆】運行業務会社用〇お客様の定義(バスの乗務員・運行関係者用)どのようなサービス業でも、常に三現主義(現場・現物・現実)で取組み、自社の現況を顧客目線で見つめ、顧客の声を謙虚に聴くことは、C.Sの向上だけでなく顧客数や売上の増加に繋がります。同時に、経営者から乗務員に至る迄の一人ひとりが「人の命を預かり、目的地に正確に運ぶ職責」と「お客様の定義」を確りと認識し...

運行乗務員の意識改革-1. 

「人が人を運ぶ」原点に立ち返る ※異業種の方も、この記事の内容を自分の職業に置き換え読まれるてください。お薦め度【★★☆☆☆】運行業務会社用当たり前なことですがバスやタクシーと言った「人」を運ぶ業務に直に携わる「人」、それをサポートし、管理するのも「人」、当然ながら会社を運営しているのも「人」です。当然ながら、その「人」には、夫々に異なった感性や心があり、また温もりがあります。即ち、バスなどの顧客運行の...

日本人の「心の体力」-2.

いま日本人に求められる「心の体力」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用現代人は、「対外スキル」、「便利で快適な生活」、「物質・経済的豊かさ」「見た目の美しさ」「他人の思惑」を追い求めて、大切なものを見失いがちになっているのではないでしょうか。また、団塊の世代と言われる人達は、「経済的に豊かになれば、必ず幸せになれる」と信じ、「経済的な豊かな社会」や「ものづくり」に頑張って来ました。ところが実際に経済的...

日本人の「心の体力」-1.

これからの日本人に必要とされる「心の体力」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用子供の日に因んで現在の日本の社会環境と教育環境(家庭と学校)を見つめてみたいと思います。私達の日本には、震災復興、現在迎えている少子高齢化社会、また、2050年問題として世界中が注目して見ている「ジャパンシンドローム」と言った解決すべき数多くの問題があります。このようなこれから日本を担って行かなければならない子供達の心の中に、...

「人原力」を育み、「人源力」とする

思い遣りは人原力を育み、人源力となるお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用思い遣る心は、職場内や仲間同士の円滑な人間関係力、企業と人の魅力を創り出し育くむ≪源≫。【採点】(アンケートor自己チェック用) はい=3.まあまあ=2.少し(時々) =1.いいえ=0【評価・採点】 よく出来る=4.出来る=3.一部出来てない=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.1. 人と向き合うことの大切さ、その効用を自覚していますか?2. 言...

ルールの周知

ルールを作り、教えるお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用人を育てるために必要とされるルールのポイントと手順をピックアップしました。お客様に喜んで頂け、仲間と笑顔で仕事が出来るスタッフを育てるためには、原義を知らしめ、基準を明確にし、「教育」と「共育」に心掛けることが大切です。その為には、教えることよりも、本人に【気付かせる】ことがポイントです。※ルールはマニュアルとは、異なったものとして作成することをお...