利他心とマナー

「マナー」と「おもてなし」は、利他心を以ってお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用現在は日本の社会全体が豊かになり、あらゆる情報に満ち溢れてその選択に迷います。そして、人々の生活は会社や組織、物づくりを中心に考える団塊(集団)の生活から、個人を中心に考える生活、即ち個の時代、心の時代へと変わりつつあります。個人重視の生活においては、当然のことながら人と人との繋がりは欠かせません。昨年の東日本大震災、また平...

ルールを作り、守る

職場のルール(規律)-サービス業お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用サービス業は、人が行い人に関わる職業です。人が行う以上、人としての『マナー』、『人としての心』と【ルール】が必要です。一人ひとりが職場のルールを守り、仲間への思い遣りを心掛けて勤務することです。お客様第一の心を基本とし、営業最優先の心構えで職務に取り組ことが何より大切です。その為に【ルール】が必要なのです。ルールは皆さんが会社(店舗)の...

自立心(自主性)

自立心を創り出し、築くお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用自立心は、自分自身の心を磨き、築くためばかりか、仕事を成功させるための「礎」です。また自立心は、対人関係の対立や仕事上の競争、様々な不遇に耐え抜く「心の体力」とも言われ、様々な障害から心を守り、心を支えるバックボーンを指しています。と同時に、重大な義務と責任を果たすための様々な能力を授けてくれます。自立心を持つ為に先ず、「〇〇をする時間が足りな...

明元素の言葉と態度

プラス思考と明元素お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用プラス思考というのは自分や自分の周りに起こる出来事について常に前向きに捉える事です。プラス思考は心に余裕が生まれ、様々な事にスムーズに対応出来ます。勿論、プラス思考はストレスも溜まりにくいのでメンタルヘルスも良好な状態になります。今、心の病気で悩んでいる人達は増え続けています。仕事の悩み、人間関係、育児、心にストレスを溜めてしまう人はとても辛く苦し...

おもてなしは、「裏表なし」と「表無し」

「裏表なし・表無し」の「モノ」と「コト」お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用おもてなしは「裏表なし」と一般的に言われていますが、私は敢えて「裏表なし」と「表なし」の両方の意味として解釈しています。この表裏とは、お客様をもてなす際の「モノ」と「コト」にあたることを指しています。表は「モノ」を指し、目に見える様々な形や言動、裏は「コト」を指し、お客様に接するスタッフの裏に隠された思い遣る心で接客することが...

「立場転換」と、人としての義務

「立場転換」に大切な義務と責任お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日々の人との触合いで相手を思い遣る心と言うと、先ず相手のことを思うこと、そして相手の立場に立ち、その人になったつもりで言動や意識、物事を推し量り、行動する「立場転換」が想い浮かびます。この立場転換と言うのは、簡単なようで中々上手く出来ません。若しも、自分だったらどう思うと考える意識を備えることは人間関係を円滑にするためにも必ず身に付けて...

Post image

電話応対に、組織と個々人の心が表れる

電話応対、対応の心得・実務—ポイントお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用A.電話応対のポイント1.緊張感の保有2.人の字を意識する(支えられている・支え合っている)3. 電話での役目の自覚、役割範囲の認識4. 責任範囲の自覚5. 組織の代表意識6. 感情の自制≒平常心7. 大切な人と意識した言動8. 一期一会の心で9. 表裏のない心で(無心、無欲、無我)10. 誠心誠意(誠実・真心)11. ご縁を頂く、ご縁を生かす心で12. もてなす側よりも...

一期一会の表現と伝達

一期一会は、「義」と「仁」を以ってお薦め度【★★★★★】全業種、業態用皆さん御存知の通り、「一期一会」は、茶道の教えであり、そして日本人の心でもあります。人と人との出会い、語らいは一度限りの大切なものといった意味で使われている言葉です。一期一会の心は普段の生活や大切な人とのお付き合いにも決して忘れてはならないことです。同時に、一期一会の心は、『大切な人の大切を大切にする』ことにも当て嵌まります。即ち、...

Post image

店と心のクリンリネス

見えない処を拭く心お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用クリンリネス(クリンネス)は、「輝くような清潔さ」という意味があります。一般的に実際の接客接遇やサービスを行う上で、ビジターやお客様が触れる店舗の各設備、テーブル、椅子、実際に料理やデザートなど使われる食器などを綺麗磨き込むと同時に、清潔にし、清潔感のある手入れをすることを言います。同時に接客接遇担当者の「身体」と「心」のクリンリネスもとても大切なこ...

日本人の「和」の心

「和の心」と「おもてなし」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用古より、日本人の心を表わす精神は、「和の心」であると言われます。この日本の精神の特徴は、自然環境(エコ)を重んじた共存共栄、調和の精神です。かつて日本列島に住みついた人々は、小さな「環」即ち環濠集落を作り、分立していました。その小さな集落が徐々に国家を形成するようになり、やがて大きな国家に統合されました。そのような中、人々の心に対立・抗争より...

人源力は、総ての「礎」

総ての「礎」は人創りからお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今の日本では、一方では少子高齢化社会に突入し、震災復興が大きな課題とされています。同時に個々人の安心安全意識が高まる傾向が見られ、個の生活を重視する生活環境になり、どの会社や職場でも「個人の生活と仕事を如何に繋げるか」が大きな課題となっています。同時に、社会全体として誰もが安心出来る幸福な社会造りが必要だと、叫ばれ始めました。最近の調査では日...

「五原」を以って、当たり前と常識を見直す

会社や個々人の常識、当たり前を「五原」で見直すお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用現在の日本の社会は、有り余る物が溢れ、価格競争が一段と激しさを増し、また商品や店舗などに関わる欲しい知識や溢れるばかりの様々な情報が簡単に手に入ります。このような社会の状況と昨年の東日本大震災の復興やこれからの少子高齢化社会、2050年問題として世界から注目されている「ジャパンシンドローム」やヨーロッパの経済不安など環境...

新人時代の雑用や作業は何の為

新人に雑用や作業をさせられるのは何故? お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用四月に入った新しい社員やスタッフも三ヶ月を過ぎそろそろ職場に慣れてきた頃だと思います。新人の内は、単純作業や簡単なこと、雑用をさせられて、何故このようなことをしなければならないのかと疑問に感じている新人の方も多いと思われます。私も仕事を始めたばかりの新人時代を思い返してみると、どうして新人は、直接接客やおもてなしに関係のないトイ...

気付きを記録し、活用する

気付きのメモを作るお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間は、忘れることで新たなことを覚える生き物と言われています。閃きや気付きは時間が経つと以外と忘れてしまことが度々です。日々の出来事の様々な気付きや学び、知り得たことを忘れないためにも、「メモ」にしておくことは、その後の生き方や仕事の上にも役に立ちます。※個人的にも、仕事上でも、現場・職場・多店舗・研修・文書・学び教えられたことの気付きや知識、 各種...

絆度をチェックする

自らの絆度をチェックしてみるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用東日本大震災に見舞われた2011年は『絆』の一文字で表現されたように、私達日本人ひとり一人が私生活や職場での人との繋がりの大切さに気付かされ、「自分の為より、誰かの為に」と言った、他者を思い遣る心(人間関係力)の大切さを改めて再認識させられた昨年でした。現在の厳しい社会を生き抜く為、幸せに成れる心を育む為にも「絆」は大切です。今までの自分自...

「当たり前」を何故の心で見直す

「当たり前の基準」を何故の心でレベルアップするお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用現在の日本の社会は、震災復興や原発事故、円高と言った様々な不の要素が巷に広がると共に、経済状態も安定していません。そのような中、私達は昨年の東日本大震災以降、今まで豊かな生活環境に甘んじ、興味や関心を向けなかった様々なこと、或は心の持ち方、物事の捉え方についてなど様々なことを数多く学び知り、気付かされることが多々あります...

「心の体力」の必要性

対人関係力は、自らの心磨きと共に身に着けるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在の日本人が今直ぐにでも目を向けなければならないこと、それは経営者や人の上に立つ多くの人々が自分自身と自店舗(自社)従業員の「心の体力」作りと、心の育成であると強く思います。即ち、何事にも耐えられる強い「心の体力」を作るために必要とされる【思い遣る心】を、ひとり一人が学び知り、その心を育み、仕事に、人生に生かすことであると考...

学生時代に身に着けておきたい基礎知識

就活に役立つ基礎知識とマナーお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用最近大学で行ったインターンシップの授業に使う為に作ったテキストの項目です。就活ばかりか研修などの項目づくりの参考にされて下さい。1.実社会に出る前に知って置きたい知識の数々〇躾とマナーの相互関係〇ルール(規律)とは〇モラルとコンプライアンスを知る〇“モラル”は、常識力に不可欠/モラルのレベルアップ”〇マナーとエチケット〇けじめ(公私の区別) ○マ...

従業員の心とそのケア

不満の要素と要因お薦め度【★★☆☆☆】全業種、業態用最近の傾向として、個人としては自分自身の心を磨くことに目を向けず、対外的なことばかりに目を向けることが多くなっているように思えてなりません。また、厳しい社会環境の中やっと入社した会社を簡単に辞めて行く人も増加しています。その原因として個々人の心の体力低下が挙げられますが、決してそればかりではありません。その一つとして、職場では会社側の事情が優先し、ま...