Post image

【信頼】

信頼の絆お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 信頼は文字通り、≪信じることを頼ること≫です。 故にその対象の人に、 信じるに足りる根拠になり得るところが無ければ、 その相手を信じることも頼ることも出来ません。 人としての本当の信頼関係は、 表面上の仲良しや明るく振舞ったり、 心を開いたりするだけで築かれることではありません。 それは、相手を認めることから始まり、 思い遣り、誠実さ、厳しさ、自分を指差し、 他人を批...

役割認識と「にんげん力」

夫々の役割認識は三現主義と「にんげん力」を以ってお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用三現主義を実践するには、それ対象となる三つの“現場”“現物”“現実”の夫々を、自らに与えられた役割認識と「原義(原点)」を踏まえた上で「原理」※①「原則」※②であらゆる方面から思考し、対処することが必要とされます。その為には、“現場”“現物”“現実”の夫々を分析できる能力である優れた「にんげん力」※③と夫々の職位に合った役割認識を備え持たな...

指示・指示シート&指示・受命リスト

指示シート・指示リスト・受命確認リストお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用職務の効率化、報告連絡の徹底を図るためのシート項目です。1.指示シート=受命者用1. No.2. 所属部署3. 宛(誰に)4. 指示日 平成 年 月 日( 曜日)5. 指示者 6. 重要度S・A・B・C7. 指示テーマ8. 指示事項9. 指示内容・詳細10. 完了期限 年 月 日迄(+1ヶ月未満)11. 報告(要・不要)12. 報告事項13. 完了日 年 ...

Post image

【心の基礎体力】の修得

心の基礎体力を身に着ける「方法」(実体験や見聞きしたことなどと照し合せ記してみます)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【ステップ】-1.確固たる意思を持つ。心を育むと言うことを目的とする⇒意思決定、夢を抱き、ビジョンを掲げ、挑戦する。【ステップ】-2.自分を見つめる=自分を知る⇔自己認識する自分を認める≒自分を愛せる他人を認める≒他者を愛せる人から認められる≒他者から愛される【ステップ】-3.自らをコントロー...

Post image

【心の基礎体力】-新(改訂版)

心の基礎体力(改訂版)お薦め度【★★★★★】全業種、業態用「心の基礎体力」とは、人としての心の器を形成する源(元点・原点)とも言える知情意です。それは予期せぬ想定外の何かが起きた時に、平然と人(相手)や物事(事象)に立ち向かえ、対応・対処の出来る心(意識・気持ち)と、その能力のバロメーターを指す、と私は考えます。〇心の基礎体力のある人≒強い人「自分の苦境や問題は、自らが解決出来る」「他者に気遣いや心配をかけない...

Post image

「にんげん力」とは-(新)

 「にんげん力」の定義-(新版)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用『人間の保有能力』である以下の七つをまとめた力≪にんげん力≫と、私は定義します。社会生活を始めとして、人との触合い、おもてなし、接客・接遇に無くてはならない「にんげん力」を確りと見つめて、認識し、見直すことは、人と企業の成長に繋がり、必ず役立ちます。☆印は、仏教の教え八正道を各々の「にんげん力」に当て嵌めてみました。1.人元力「磨かれた五感...

信頼の「礎」-傾聴力(新)-態度

「聞く」と『聴く』の態度※夫々の≪キク≫に該当する文字、「聞く」「聴く」「訊く」を当て嵌めながらお読み下さい。お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用〇顔の表情1. 会話内容に合わせて表情を変化させて≪キク≫(笑顔や引き締まった顔など)2. 相手の表情に合わせて(ミラーニング)≪キク≫3. 場面によるが自分の感情は表情に出さないよう自制して≪キク≫4. 正面を意識し、内容によっては真剣な面持ちで≪キク≫5. 言葉によっての表情の変化をい...

Post image

信頼の「礎」-傾聴力(新)-心得

「聞く」と『聴く』の心得お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【傾聴力の項目】※夫々の≪キク≫に該当する文字、「聞く」「聴く」「訊く」を当て嵌めながらお読み下さい。1. 相手の個性に合わせて≪キク≫2. 相手の話すことを思いやりの心で察しながら≪キク≫3. 相手の話の内容の主旨や目的を知ろうとして≪キク≫4. 何故の意識を備え持ち≪キク≫5. 立場転換意識を以って≪キク≫6. 謙虚な心身の姿勢で≪キク≫7. 椅子に寄りかからないように心掛け...

人として豊かな「傾聴力」を、備え持つ

「聴くと聞く」は相手を「思い遣る心」でお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人と人との会話やコミュニケーションは、話すことからではなく『聴く』「聞く」ことからです。豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を備えることは、出合い触合う相手への「思い遣り」です。それは最も身近であり、多くの時間を費やす活動でありながら、意外と疎かになりがちです。そして、「聞き」『聴き』方の上手下手が、日常生活や仕事の場でも、会話をするお...

Post image

一期一会の「おもてなし」

「一期一会」の心を、一羽の折鶴に! お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用一期一会の「一期」とは一生という意味、「一会」とは一度の出会いという意味です。この出会いを大切にする心は、出会ったその場、その時、その人々と共に創り上げる空間で繰り広げられる会話や様々なコミュニケーションに生かされ、お茶会で茶を点てる亭主はおもてなしの心や出合った方を思いやる心で更により良い出会いの場を演出し、その場に集まった人達...

人言力「会話」

会話は、心と心を会すことお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用「会話をする」「コミュニケーションを取る」共に共通するのは会って話すことですが、私見ですが、コミュニケーションを取ろうと言うよりも会話をしようと言われた方が自然に受け止められるのではないか、と考えます。互いに言葉を交わすことを表わしている「話しをする」、「お喋りする」についても相手や状況(場面)、内容によって異なります。そこで「話す」と」喋る」...

おもてなしの表情と笑顔、目付き

表情と笑顔、目付きに人物と心が表れるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用おもてなしや接客接遇時に欠かせないのは、笑顔と親しみ易い表情です。緊張感が窺える硬いコチコチの表情、不自然でぎこちない表情は、相手に警戒心や不安感を抱かせてしまう場合が多々ありますので気を付けることです。また、表情とはやや異なりますが、人柄が顔付きに出ることも心しておかなければなりません。人と接する時に、自分が出来る表情と笑顔にど...

Post image

「思い遣り」を知ろう

「思い遣り」は、心の礎お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人が健全な社会生活する上で必要とされる『心の基礎体力』である「思い遣り」について、各個人が人として学び知ると共に、上司や育成担当者が教育指導、監督する上で、統一した解説(説明)が出来るようにするためにも役立ちます。思い遣りは、個人差がありますので、ここでは極一般的なものを載せました。[質問]-アンケート式1. №1~50の項目で、大切だと思う項目、自分に...

Post image

ひと言、ひと声に「言霊」がある

「ひと言」、「ひと声」を大切にお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用『人』には、身体に体温があり、心には温もりがあります。その『人』の心の温もりは、言葉で伝えることが出来ます。『人』の文字は、言うまでもなく他者を支え、人々に支えられていることを表しています。人との関わりや大切な人とのコミュニケーションは「言葉」という手段なしでは得られません。 会話をしたり、人の話を聞いたりすることは、人との触合いでとても...

身嗜みは、人とお店の心の表れ

大切なお客様への身嗜みお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用お客様への「思い遣り」の第一歩は身嗜みからです。一般的に身嗜みに先ず最優先されるのが清潔感です。お店は大切な方と触れ合い、飲食物を提供する場ですから、清潔・衛生はどうしても欠かせません。お店の持つ物質的な清潔感と、人のもつ清潔感とがお客様に安心感を与えます。おもてなしや接客する人の明るく・スッキリの身だしなみこそが大切なのです。また、身嗜みとい...

「笑顔」と「目線 」

笑顔に、人物と心が表れるお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用普段の生活は勿論のこと、サービス業に於いても、好感を与えるのが自然な明るい笑顔です。人の心を和ます素敵な笑顔は、鏡に向かい、自分の出来る最高の笑顔を作ってみて、表情筋の使い方を覚え、その笑顔が自然に出せるように日々訓練を絶やさず行うことです。出勤前や大切な人と会う前に必ずウィスキーと何度も言うトレーニングを鏡の前で行うことを毎日行ってみて下さ...

姿勢と態度に心が表れる

人として恥じない姿勢と態度を育む お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用傾聴力1.人を惹きつける姿勢見た目の姿勢は大切な役割を果たします。それは信頼の礎を作る第一歩です。背筋が伸び、あごを僅かに引き、手を前で軽く組み、かかと揃えつま先をハの字に広げた安定感を感じる足元の姿勢は、安心感があり、大切な方をお迎えしたり、大切な人からの話しを聴いたりしようと思う心の表れです。即ち、心の通うおもてなし(接遇・接客)をし...

Post image

日々精進!

「精進」を日々継続する。役割を自覚し、精進する三つのステップ心に響き余韻の残る「おもてなし」や質の良い「仕事」は、<させる・やらせる>のではなく自ら進んで積極的(自主的・自発的)にすること、前向きに日々精進し取組むことが何よりも大切です。◇第一のステップ「誰のためにするのか?」必ず誰かのためになると信念を持ち、同時に「利他の心」を自覚し、認識すること。A) 大切な人のためB) 仲間のためC) 知人や友人のため...

Post image

感動の特質を弁える

感動が何たるかを弁え、その心を育むお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「感動」は広辞苑によると ・深く物に感じて心を動かすこと ・強い感銘を受けて深く心を動かされること、 ・人の心を動かして感情を催させること、 ・他からの刺激に反応すること、作用を受けて動くこと、または動かされること。 とあります。 このことを念頭に置き、感動についてそのメカニズムと特質を考えてみます。私達はこれまで、出合った様々な人や...

【心の基礎体力】"正しい"とは

"正しい"と言う判断基準【心の基礎体力】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在の民主主義の社会制度は、人によって『正しい』と思うことは人それぞれが違うというのを大前提にして作られています。古から正しいと決られている物事や全員が正しいとされていることが『正しい』のであり、「自分が決めたから正しい」「自分が正しいと思うから正しい」という利己的な理屈は「自分は全員である」ということになり、社会通念上では有り...