Post image

学び、修める

学びの修得 お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用私達は、日々生かされ、生きていると数多くの学びや言葉に出逢います。ましてや溢れるばかりの情報社会の現在、己を知り、認め、その器にあった学びを選択し、我が身に修めつつ、自らの生き様に活かす。それこそが、自らの心に生かされた「真の学び」だと解します。...

Post image

「折り返します」のひと言の重み

「折り返します」・いつ?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用話した用件の重軽に関わらず、「折り返します」「後程」「改めてこちらから」と言われ、所要時間や日時を知らされないままで電話を切ってしまわれることが多くあります。「何分後位に(何時に・いつ)、折り返します。」と言われたらどんなに安心することでしょう。このことは、電話に於けるコミュニケーションに限らず、会話時の対人関係力、メールのレスにも言えることで...

Post image

己の「心・技・体」

「五現」と「五原」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用◇自分を知り、認める為の「五現」と「五原」◇己の心・技・体を知り、認めるために、一般社会で三現主義【現場・現物・現実】の三つの現と共に、【現況(認識)・現状(認識)】 の二つの現は、決して切り離すことが出来ません。同時に、【原義・原点・原因・原則・原理】の五要素で己の心・技・体を診ることも大事です。このことを私見ながら「五現」と「五原」と、表現します。★【...

Post image

会話に「利己」と「利他」の心が表れる

              私「が」と「は」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「利己」と「利他」➜ 『我』 と 『和』 会話時の一人称(私・僕・俺・自分など)の後の助詞「が=我」と「は(和)=輪・和・環」の語句に、意識、協調性と自己主張(顕示)が現れます。 私「は・わ(=和・輪・環)〇〇〇と思う」⇒協調性が出る。置かれた環境を重んじる。 私「が(=我)」〇〇〇だと思っている」⇒強い自己主張・自己顕示が表れる。利己の(自己...

Post image

祖先に感謝し、自分と向き合う「彼岸」

彼岸と自利利他お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用彼岸は、中日に先祖に感謝し、残る六日間は、自分に真摯に向き会い、己の悟りに努めることとされていることだと、恥ずかしながら晩年まで知りませんでした。この彼岸の7日間は、人として生きる為に大切な期間なのです。一言で言えば、自利利他の礎を築くために「先祖に感謝し、徳を積む日」だと解します。【自利利他】(自行化他・自益益他) 自らの悟りのために修行し努力すると同時...

Post image

人間力と魅力の原点

「学び、修める」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用皆さんは、以下の4つの項目に優先順位を付けるとしたら、どんな順で付けられますか?A.外面的な自分磨き(身体・持物) B.テクニック(技)・対人関係の知識と技C.資格スキル・習い事D.心磨き(心を知る学び)・感性磨きまた...

Post image

おもてなしの心構えと態度(新)

おもてなしの特質と「一期一会」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「一期一会」は、一生に一度限りの機会と言うことを意味します。『あなたとこうして出会っているこの時間は、 時間の移り変わりと同じく、二度と巡っては来ないたった一度だけ、 だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』と言う、物事は常に消え生まれると言う諸行無常の心構えを表した言葉です。平たく言えば、これからも何度でも...

Post image

おもてなしの心得

大切な人とおもてなしお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「おもてなしは、大切な人と意識する」ことから始まります。若かりし頃、お客様が理不尽な言動をされたり好き嫌いや感情的に成り接客態度を変えていた時、「まだ若いからお客様を大切な人だと思え、って言っても、 分からないだろうから、飯のタネだと思え、 それが出来ないなら、女性は恋人か身内の女性、 男性は、肉親か親友だと思って接客しろ!」と先輩や経営者から言...

Post image

おもてなしの表裏

【表裏一体】でもてなすお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「おもてなし」は、もてなすの形容詞、「もてなし」に、丁寧語「お」を付けた言葉です。この「もてなし」の語源は、「モノを持って成し遂げる」という意味です。ひらがなの「おもてなし」は、「表無し」或は「裏表なし」とも書き、表わされます。私は二つのものの関係が、表と裏のように密接で切り離せない【表裏一体】と解します。 また、日本人の特質とも言える、内面(ウ...

Post image

大切な人へ(改訂版)

大切な人への意識と態度お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用自分を知り、認め、大切な人と触合うための自己診断項目【50選】(新)以前、実体験を元に載せた記事をより理解し易く内容を手直ししました。皆さんは、〇の付く項目が幾つありますか?キッと幸せを手に入れられる参考になると思います。有る=〇・無=✕で自己診断されてみて下さい。...

Post image

日本の「おもてなし」とホスピタリティの「おもてなし」

おもてなしの語彙お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用「ホスピタリティ」は、「思いやり」「心からのおもてなし」という意味です。特にサービス業や人に関わる企業でよく使われている言葉です。態度や行動で示す「マナーの所作」と言われる形は、相手に不快感を与えないための最低限のルールです。そこに「心」が加わると、ホスピタリティになるのです。それは、相手の心に深い心地良さが加わることで、感動、信頼や信用、安心感が生...

Post image

おもてなしの心の原点「感謝」

心を空にして感謝する!お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用謙虚に感謝!好きな人、嫌いな人に関係なく、して頂いたこと、それが喩え意に反することであっても、一度は謙虚に心に受け入れ感謝する。その広い心が、あなたの幸せを引き寄せます。「感謝」は、相手を受け入れ認める心の表れです。 どんな些細なことでも、疎かにせず、大切にする心は、あなたの魅力の源です。勿論、伝える時を逃さないタイミングも大切です。 感謝の心の...

Post image

「心の基礎体力」の修得講座(大阪)

"自分のためより、誰かのために"         思いやり「心の基礎体力」の修得◆思いやる心「自分の為より、誰かの為に」❤「七転び八起き」転んでも起き上がれる、   子供と大人の強い心を育むココロの基礎体力、「思いやりの心」を学び、身に着けませんか? <開講意図>阪神大震災が起こってから間もなく20年、東日本大震災から二年半を迎えます。その他にも、色々な地域で想定外の様々な自然災害に見舞われている日本で...

Post image

「心の基礎体力」の講座テキスト№5.

修得方法お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用◆修得方法の解説(実体験や見聞きしたことなどと照し合せ記します)【ステップ】-1. ☞身に着けると自らの意思決定をする。心を育むと言うことを目的とする、確固たる意思を持つ⇒意思決定、夢を抱き、ビジョンを掲げ、挑戦する。【ステップ】-2. ☞自分を見つめる=自分を知る⇔自己認識する自分を認める≒自分を愛せる他人を認める≒他者を愛せる人から認められる≒他者から愛される【ステッ...

Post image

「心の基礎体力」の講座テキスト№4.

心の基礎体力を創る日本国内では少子高齢化社会に入り、個々の生活を主に捉えた核化社会化現象が目立つようになると共に、個の時代、無縁社会と言われている現在の状態です。一方我が国では、日本国債の格付けランクが下がり数年後には国の借金が国民預貯金を上回ると言った不安も生じています。また、世界中から、「ジャパンシンドローム」と言われ、2050年には日本の労働人口が現在の半分になってしまうことに関し、日本が国...

Post image

「心の基礎体力」の講座テキスト№3.

心の基礎体力のある人お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用心の基礎体力の強い人スポーツ競技のメダリスト、様々な方面で成功を収めた人達、社会から高い評価を受けている企業人、国内外のスポーツ界やエンターテナーと言われ芸能界で活躍されている人々などに共通するのは、強い「心の基礎体力」を保有し、確りとしたビジョンを掲げ、挑戦し続けていることです。一昨年の東日本大震災や原発事故の被害を受けた多くの被災者の中にもお...

Post image

「心の基礎体力」の講座テキスト№2.

身に着けるのは「今でしょ!」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在の日本では人の思惑や目を気にし過ぎるばかり、日本人本来の素晴らしさや良さがあるにも関わらず、外面や外見を重視したり、態度や行動をマニュアルに頼ったりする傾向が見られます。マニュアルは、一定の基準の元に色々な作業や業務の手順を記述したものです。従って、最も大切な人としての「心」の持ち方や「心」の育て方については記されてありません。人夫々...

Post image

「心の基礎体力」の講座テキスト№1.

「心の基礎体力」の修得 お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※9月7日に行う講座のテキストを数回に別けて記載します。この内容は以前の記事と重複している部分もあります。心の基礎体力(Physical fitness&heart)最近は、ネット上でも、人としての「思い遣り」や他人に対する「おもてなし」について関連した記事か多く見られるようになりました。同時に、対外的なスキルを身に着ける為の対人関係力については、数多くの方々がセミ...

Post image

「認め、認め合う」心と行動

総ては、認めるからお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間関係はお互いが自分を「認め、認め合う心」ことから始まる 日々の人とのお付き合いや触合いの中で、忘れてはならないのが「認め、認め合う」ことです。 円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、この「認める」「認め合う」と言う意識と言動です。 また、職場や会社で離職する原因の一つとされていることでもあります。 一昨年の東日本大震災に於いて、多くの被災者の...

Post image

けじめ度[診断]

けじめ度診断リストお薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用[採点]出来ている=3・大体出来ている=2・僅かに出来ている=1・出来ていない=0 1.お客様、上司、先輩、年長者との会話で普段語を避け、敬語(謙譲語・丁寧語など)を  使うようにしていますか? 2.礼節のある態度や謙虚な言葉使いで会話していますか? 3.上司や同僚への挨拶は適切ですか? (仲間や同僚に対して『○○さん』と個人名で呼ぶ) 4.聞かれてもいな...

Post image

【信頼力】

【信頼力の診断】[採点]大いに在る=4・在る=3・多少は在る=2・僅かに在る=1・ない=0. 1.【  】人の痛みを我身に置き換えられる。2.【  】素直で謙虚である。3.【  】言行一致している。4.【  】大切な人の大切な心や物を、大切に出来る。5.【  】互いが立場転換意識を持ち、他者の心を気遣える。6.【  】常に感謝の心を持ちその心の表現と伝達が出来る。 7.【  】けじめを持ち、互いの立場を認められる。8.【...

Post image

大切な人を創る「思いやりの心」

大切な人への「心」と表現お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日々の生活で、私達は必ず人と関わりを持ちながら生きています。「大切な人の“大切を”大切にする」ことは、あらゆる生活の場で必要なことです。その触合う相手を大切にするために必要なのは、利他心を備え持ちその人を「思い遣る心」です。この利他心と言われる「思い遣る心」は、非常に広範囲で、しかも大変奥深いことです。同時に、平成天皇の御心 「先ず、人を思う心」...