Post image

人と心を動かす、「1/2の法則」-新

"人を指差す前に、自分自身を見つめる"お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 【自分が他者にされる態度や行為の1/2は自らの心や行動がそうさせている、と捉える法則】※この法則は、今迄の人生で味わった数多くの体験を元に私なりに定めた独自の「法則」です。 社会生活での多くの人々との出会いを始め、お客様、職場の上司・仲間と言った人々との触合いから実感し、感じたことを「1/2の法則」と名付けました。 接客業に携わりながらお...

Post image

『仏教の教え』と「にんげん力」

思い遣りの心『無財の七施』お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私達は行き先の見えない社会環境の中に在り、古より伝わる素晴らしい日本の文化を、【温故知新】の心で見直す必要があります。その一つは、お釈迦様の仰っている「仏教の教え」であると考えます。いつの世でも、人は自分を含め誰もが幸せに成りたいと考え、そして願っています。本当に幸せに成りたければ、日々幸せの種を蒔き続けねばなりません。幸せの種の一つ、「思...

Post image

謙虚&謙遜

謙虚な人、謙遜出来る人お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用謙虚な人、謙遜出来る人と言うのは、思慮深く控えめで他人の意見や忠告を、真摯に受け止め、素直に受け入れられる人、即ち「直き心」を備えている人のことです。それは、日本人らしい「侘び寂び」を表す、何気ない気遣い、心遣い、自らが遜る慎ましさを備え持った美徳であり、自然と人を惹きつける魅力となります。実際にはこの「謙虚さ」を表す「謙遜」という言葉を誤解し...

【6W・3H&T.P.O. &P.D.C.A】

ビジネスに、プライベートに役立つ基礎知識お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 ※この6W.3HとT.P.O.とP.D.C.Aは、社会で生きるために必要な信頼関係構築の原点です。 [6W]1.When<いつ>⇒日時・時期・時刻2.Where<どこで>⇒処・場所・場面・エリア・どの地域3.Who<だれが>   ⇒主体者・主催者・責任者・どの様な地位でどんな役割を果たす人・場長・首長4.Whom<だれに>⇒対象者(誰を主に・誰に対して・どの...

Post image

ジャパンシンドロームへ目を向けよう。

親として【子供の心を育む】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用今、私達大人が成さなければならない少子高齢化対策活動の提言日本の社会は、「個」の環境と成り、個々人の生活が優先される時代になりました。同時に、今現在の自分自身の容姿を磨くことにも力を注ぐ傾向があります。決して、そのような目の前のこと自体を否定している訳ではありません。ネット上やSNSなどの投稿からですが、子供を持っておられる方の今現在の豊か...

Post image

おもてなしの「礎」三味一体(3)

三味一体(店の味)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 店の味(お客様と店の絆、信頼性、余韻、雰囲気・・・)心⇒お迎え準備(盛り塩・水打ち・天候対応)の徹底、清潔感、お勧めメニュー、朝終礼 etc.技⇒五Sの徹底、季節感の表現、催事、案内告知のアピール度、各種演出 etc.体⇒独創的な店造り、適正な居住性、時節感漂う店舗、イベントの実施、感謝祭 etc.[対象]リストの項目を以下のA~Cに別け、下時点での重要度・必要度も必...

Post image

おもてなしの「礎」三味一体(2)

三味一体(物=商品・料理の味)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用物(商品・料理)の味(商品・料理の味、お客様の嗜好との相性、感性・・・)心⇒料理人の心を表わす、お客様への心遣い(季節感・目的・時間)、安全性、etc.技⇒調理技術、素材選択、季節感の表現力、技の追及、こだわり。オリジナリティ etc.体⇒T・P・Oに合わせた器や盛付、美観、季節感 食器のセンス  etc.[対象]A.商品やメニューについての知識として持つべきこと...

Post image

おもてなしの「礎」三味一体(1)

三味一体(人の味)お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用三味一体のおもてなしは、感銘と余韻の「礎」です。三味一体とは「人・モノ・店」夫々の三つ味を一つにし、心を込めてお客様を「おもてなし」することです。また、この三味一体はおもてなしに於ける「知・情・意」「心・技・体」「目配り・気配り・心配り」とそれぞれがリンクし合います。人の味  (味のある接客、人物から感じる人間味・・・)心⇒思い遣り=さり気ない心配り、心...

Post image

人の背中から学ぶ

人の背中を見て、育つお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人の背中を見ること、学ぶことに関連する内容を載せます。1.人間関係人間関係では、「相手に関心(興味)を持つ」ことが何より大切です。日常、仕事上でも人間関係の基本的は、真摯に相手に向き合いその相手に関心を持つことです。関心を持つことを積極的に行うことによってお互いの心を通わせることが出来るのです。自分に関心を持っている人に対して、「今日一日は、何も変わ...

Post image

「人の背中を見る」

人の背中を見て学ぶお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  「人の背中を見る」と言うことは、身近なことでは両親、  会社のトップ・上司・仲間、先駆者・年長者や尊敬する  人の背中(≒行い・取組姿勢)を見るなどがあります。  日本は、古くから歴史のある独自の習慣や確りした考え方で   社会を作って来ましたが、先の第二次世界大戦の敗戦により  その多くが否定されてしまいました。  私達の住む日本は、21世紀に入...

Post image

信頼の礎「感謝」

感謝の気持ちの伝達お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用様々な環境や人に生かされている現実、相手在ってこその自分、即ち支え合う【人】の文字です。そのことを常々意識し、感謝すること大切さを自覚し、表現伝達かることは、「信頼」の【礎】です。そして、円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、先ず人を「認める」ことと、何事、何人にも「感謝」を意識し、その夫々を表現する態度、言動です。一般的に、「感謝」は相手に...

Post image

感謝の言葉「ありがとう」

感謝を伝えるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用感謝は人を動かします、そして自らの気分を良くしますある日バスを降りる時に、今迄ほかの乗客に無愛想な態度をしていたバスの運転士さんに、「お世話さまです」と言って声を掛けて降りるとその運転士の方が、「ありがとう御座いました」と言い軽く会釈をしてくれることが多々あります。その時は、とても気持ち良くバスを降りて目的地に向かうことが出来ます。これこそ、まさに感謝の言...

Post image

感謝を楽しむ!

感謝は人のためならずお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人は、一つひとつのものごとに対して、一生懸命、一所懸命に取組むことなくしては、『真の自分の姿、本来の本質』や『自分にピッタリな生き方』など見つけることは出来ません。 どんなことの中にも楽しみはあるというものです。大切なことは、どんなこと、どんな瞬間でも、「楽しめる自分になる」ことだと考えます。「自分にピッタリな、楽しい生き方を探し求める」のではな...

Post image

【思いやりとその表現・伝達】の要点

思いやりの表現と伝達お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用自らの思いを現し届けるポイントと効用  ≒人現力(その人物を現す力)⇔「心」「技」「体」1. おもてなし・マナーの源=原点(利他心の原点)2. 共感し合える3. 性善の意識が不可欠4. 欲や煩悩を自制する(無私≒私利私欲を持たず利他の心で)5. 人と人との触れ合いに必要な仁の心と義と礼節6. 本人はもとより周りの人々の心を豊かにし、成長させる7. 人間関係を円滑にする8. 自利自...

Post image

思い遣る心のある人

思いやる心を備えている人—己と「向き合う」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用現在の日本は、個々人の生活や安心安全を優先し、「対外スキル」、利己的な「便利で快適な生活」、「物質・経済的豊かさ」「見た目の美しさ」「他人の思惑」などばかりを意識し過ぎてその対処法を追い求めることに目が行き、自らの大切な心を育むことを忘れがちになると思えてなりません。同時に、次の時代に受け継がなければならない人の【原点】である...