Post image

基礎から学ぶ日本の「おもてなし」(2) in関西

「もてなす心」、それは他者を「思いやる心」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用★このような方々にお薦めします〇おもてなしやサービス業に関わる方〇教育や指導に携わる方〇企業の経営や管理をしている方 【開講意図と目的】 「おもてなし」の基礎とも言える原点は、相手を「思いやる心」です。この心は、あらゆるサービス業に限らず、日常生活の人間関係でもとても大切です。この「思いやる心」を知得することは、あなただけの「も...

社員心得(サンプル)

社員の心得お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用※社員心のサンプルとして掲載しました。1. 常識力を身につける2. 倫理観を備える3. 真心、思いやりを持つ4. 挨拶はシッカリ5. 感謝の「ありがとう」と誠実な「ごめんなさい」を伝える6. 常に謙虚な気持ちを忘れずに7. 機知に富んだ活動をする8. 気配りと配慮を9. 自信と信念を持つ10. 目的意識を持つ11. 積極的に歩みよる12. 自分の為に仕事をする13. 出来ないとやらないは違う14. 約束...

Post image

接客と接遇の違い

接客と接遇?お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用よく「接客と接遇はどう違うのですか?」と言う質問をされます。色々と調べてみましたが、接客と接遇の違いを定義したものはありません。そこで、私見ながらこの二つについて記してみます。「接客」は言葉の通り、会社・お店や家庭へ見えた大切なお客様に触合いや接待の場などでの「もてなし=おもてなし」の心とその心を伝え現す会話や態度行動を意味しています。一方の「接遇」は、...

Post image

日本人の特質(改訂)

日本人の心「和」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用古より、日本人の心を表わす精神は、「和の心」であると言われます。この日本の精神の特徴は、自然環境(エコ)を重んじた共存共栄、調和の精神です。かつて日本列島に住みついた人々は、小さな「環」即ち環濠集落を作り分立していました。その小さな集落が徐々に国家を形成するようになり、やがて大きな国家に統合されました。そのような中、人々の心に対立・抗争より調和・融合を...

Post image

感情と心の礎&心の軸

感情と「生き方」と「心の在り方」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用 人は感情の動物と言われ、この感情は主にその人の「生き方」と「顔付き」に表れます。一流と言われる人、エンターテナー、メダリストやプロのスポーツマン、社会から信頼される経営者などの皆さんは、彼らを支えてくれる人やファンに対し、決して自分の感情を出さずファンへの感謝の表現を忘れません。そして彼らは、自分自身や仲間に対し、目いっぱいの感情を表現し...

Post image

人間としての「在り方と生き方」

「在り方・生き方」と【心の礎と軸】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間としての「在り方」は、人としてどう生きるかと言う「生き方」の土台、即ち【心の礎】になるものではないかと解します。「生き方」は、土台となる礎(在り方)の上に、「生き方」という建物を建てる為の『心の軸』を意味すると解します。言い換えるなら、【心の礎】である「在り方」は、人が物事に触れた時に感じ取る観点でその人がどんな人間であるかと言うことを意...

Post image

人間力と心の礎【言霊】

「自分の発した言葉に責任を持つ」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間不信、いじめや引きこもり要因や起因となると考えられることの一つに「自分の発した、言葉の重さを弁え、責任を持つ。」と言うことがあります。その一例として、人を管理指導する立場の方から、「時間を作って、こちらから連絡します。」と話される言葉があります。この言葉には、捉え方が二、三あると考えられます。一つは、言葉通りで時間調整をした上で連...

Post image

これで良いのか「日本語」の乱れ

大切にしたい「日本語」お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用先日原爆記念館の方が被爆した方の毛髪や着衣について「これは、被爆時に子供が身に着けていた衣服になります。」「被爆し亡くなった子の毛髪になります。」と、原爆資料館に訪れた人々に説明しておりました。その言葉使いを聞き、正しい日本語を話す言葉の大切さを痛感致しました。<なります言葉>最近私達は、日本語の正しい原義を失い誤った言葉の乱れを余りにも多く聞...

Post image

利他心の礎

✡「認め合う心」と「アフターユー」の活動✡お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用私達は社会人として、また人との触合いや仕事上において、人として欠かすことの出来ない礎はお互いが「認め合う」ことです。そして、生きて行く上での人との円滑な関り、繋がり、結び付きに欠かせないのが、この「認め合う」と言う意識、態度です。それは、先ず人を思う心、即ち思いやりの活動である相手の立場を優先し思考する立場転換の心であり、アフター...

Post image

道徳の実践-親の背中

道徳教育から振返る【心の礎】お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用~親として自ら実践しているか?~現在義務教育の場で「心のノート」として教えられている下記のことがあるそうです。以下【心のノート】から引用小学校から中学校を通じて、身に着けるべき四つの柱に基づく内容項目が学習指導要領で挙げられている。※「徳目」「価値項目」と言われることと、学習指導要領上「内容項目」として〇主として自分自身に関すること低学年・健康・...

Post image

究極の立場転換

「茶道」の心得-利休七則お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用日本の茶道は、主客夫々が互い立場を理解し、互いを思いやることを表わしています。即ち、現代社会での人間力の元となる対人関係力の「立場転換」を表すものだと言えます。様々な海外の教えや心理学などを学ぶ前に私達が日本人であることを認識するために、改めて古よりの日本独自文化、茶道、武士道に目を向ける必要があるのではないでしょうか。クールジャパンと海外から称...

Post image

人間関係の心の軸

「心の軸」を持つお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用人間が立って居られるのは「骨」があり、その骨が軸となり、立っていることが出来、そして歩いたり、走ったり出来ます。喩え倒れても、起き上がることができるのは、身体の軸となる骨があるからです。逆にいえば、軸となる骨がなければ、立っていることさえ、まともに出来ません。 人の心も同じで、その安定に確りした骨が必要です。 心にその骨あることで、人の思惑や世間の風に...

Post image

何処へ行ってしまった日本の心

現代社会の【心の闇】を減らす お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用二十一世紀に入って以降、この度の高校生の殺人事件、いじめの増加、引きこもり、無差別殺人、自分の子供の虐待殺害と言った、今迄の通念では思いもつかない事象や事件が多発しています。見方を変えると、人や物事を一人称で捉える個人中心の社会と成り、 二人称である他人に対する意識で捉える人として為してはならない犯罪よりも、我欲や己の心をコントロール出来...

Post image

【役割認識】

自分の役割を知り、認識する お薦め度【★★★★☆】全業種、業態用  心に響きいつまでも心に残る感動や余韻の「おもてなし」や質の良い「仕事」は、 <させる・やらせる・やらせられる>のではなく、 自然体で積極的(自主的・自発的)にすること、 前向きに取組むことが何よりも大切です。 その為に自らの果たすべき役割を認識しなければなりません。 ⦿夫々の役割を明確に知る《三つのステップ》 ◇第一のステップ 「誰のためにする...

Post image

心に響く「ひと言」

真心で「礼」「感謝」「励まし」を伝えるお薦め度【★★★★☆】全業種、業態用【私心無く、見返りを望まない言葉】「ありがとう」と言う、子供の声はどうして心に響くのでしょうか?「有り難い」と言う、被災者の皆さんの声はどうしていつまでも心に残るのでしょうか?「頑張れ」と言う、応援するみんなの声は、どうして大きなエネルギーになるのでしょうか?それは、総て何らかの見返りを望み、求めない、無私の心で、一方通行とも言える「礼...

Post image

「感謝」二つ心

感謝の二つの心お薦め度【★★★★★】全業種、業態用【感謝】は、国語辞書:大辞泉に(ありがたいと思う気持ちを表すこと。またその気持ち。)とあります。この「感謝」は、一般的に相手に伝えるだけものと考えがちですが、その気持ちだけでは、心の篭った感謝は伝えることが出来ません。私心のない謙虚な心で、「嬉しい」「有り難い」「お陰様で」と深く念じてこそ、自然に、何気なく相手の心に通じ、心に響く感謝の伝達が出来るのです。それは...